SUV に最適な静粛性の高いタイヤ 10 選

SUV のスムーズで静かなドライブの快適さは、車両全体のデザインとメーカーに大きく影響されますが、タイヤの選択によっても影響されます。

では、そのような穏やかな運転体験を得るにはどのタイヤが最適でしょうか?

SUVに最適な静粛性の高いタイヤ

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

XUVに最適な静かなタイヤ

グッドイヤー ラングラー DuraTrac Radial が最良の選択でしょう SUV 用の静かなタイヤに関しては、多くの人がそう考えています。のリストは次のとおりです。 SUVに最適なタイヤ 市場で。

  • グッドイヤー ラングラー デュラトラック ラジアル
  • ブリヂストン デューラー H/T 684 II オールシーズン ラジアル タイヤ
  • クーパー ディスカバーラー H/T
  • ブリヂストン トランザ セレニティ
  • ミシュラン プライマシー MXV4
  • ハンコック オプティモ H727、ダンロップ グラントレック AT20
  • ダンロップ グラントレック AT20 オールシーズンタイヤ
  • ブリヂストン デューラー H/L 422 エコピア
  • ピレリ チントゥラート P7
  • コンチネンタル クロスコンタクト LX20

ただし、完璧なタイヤは存在しないため、自分に適したタイヤを決定する前に、それぞれの長所と短所を知る必要があります。

1.グッドイヤー ラングラー デュラトラック ラジアル

このタイヤは、道路やさまざまな地面で使用される場合でも、全地形対応 SUV にとって理想的な選択肢となります。このタイヤは、軽量走行、重い荷物の運搬、牽引など、砂、泥、雪、砂利の上で効果的なトラクションを発揮する頑丈なトレッドを備えていますが、その設計は、そのような機能によって引き起こされる騒音を軽減するのに役立ちます。

階段状のショルダーブロック、ジグザグサイプ、トラクショングルーブ構造により、空気が滞留しにくく、走行中に空気が自動的に排出されるため、タイヤ全体のノイズが低減されます。

非対称のトレッドブロックスキーム、TractiveGrooveテクノロジー、チップや引き裂きに強いトレッドデザイン、大きなショルダー、安定性を高めるセンターブロックなど、オフロード走行のための素晴らしい機能が多数搭載されています。

過酷な地形や道路での静かでスムーズな乗り心地を実現する優れた選択肢であり、トレッドの寿命に優れ、過酷な気象条件でも信じられないほど優れたパフォーマンスを発揮します。ただし、これらのタイヤの空隙や隙間は非常に広いため、走行中に小さな小石がタイヤに引っかかったり、飛び散ったりする可能性があります。

2. ブリヂストン デューラー H/T 684 II オールシーズン ラジアルタイヤ

これは、多くの SUV に適合するオールシーズン静音タイヤで、丸みを帯びた鋳造プロファイル、非対称スキーム、革新的な溝により、さまざまな速度で使用したときに非常に静かな走行を提供します。これらには 4 つのチャンネルがあり、騒音の低減と雪の中の移動の処理にも役立ちます。

平均的な気象条件での静かな運転に最適ですが、過酷な気象条件や冬の気象条件でも安全かつ安定して使用できる優れたトラクションを提供します。

しかしながら、このタイヤはトレッド寿命があまり良くなく、トレッドブロックは非常に対称的で、空隙が非常に広いため、このタイヤの騒音低減能力がわずかに低下します。

3. Cooper Discoverer H/T Plus オールシーズン タイヤ

オフロードに適したしっかりとした設計で優れたハンドリング性能を発揮する軽SUV用タイヤです。

無指向性のトレッド構造により、特に直線的な動きで走行する際に、非常に静かです。濡れていても乾いていても、さまざまな気象条件に適しています。

デュアルチャンネルとノイズ低減のための小さな空隙を備えた非対称のトレッドブロック設計が特徴で、静かな運転体験を提供します。

このタイヤの設計には、丸みを帯びたモールド プロファイルとゴム製リム プロテクターも含まれており、タイヤのトレッド寿命全体の寿命を延ばしながらトラクションを強化するため、すべての季節や気象条件における耐久性と信頼性にとって理想的です。

ただし、このタイヤはショルダーがやや閉じた形状になっており、雪道での走行には適していません。

4. ブリヂストン トランザ セレニティ プラス ラジアル タイヤ

これらのタイヤは、非対称のトレッド ブロック パターンを備えた 3 つのチャネルとセミクローズド ショルダーを備えているため、さまざまな SUV がこのタイヤの静音設計機能の恩恵を受けることができます。

転がり抵抗が低く摩擦が少ないため、乾燥した気象条件や雨や雪でも優れた機能を発揮するため、オールシーズン使用に最適です。

トレッドの摩耗が長く、騒音レベルを効果的に低減しながら安定したトラクション量を維持します。また、これらのタイヤの空隙は、さまざまな周波数に対応するために小さいものから大きいものまで変化します。

ただし、これらのタイヤは幅広い車両向けに設計されているため、より特殊な目的に必要な場合には適さない可能性があります。

5. ミシュラン プライマシー MXV4 ラジアル タイヤ

このタイヤは、どの専門分野でもそれほど印象に残るものではありませんが、むしろ静かなタイヤのチェックリストの多くの項目にチェックを入れています。これらのタイヤはクロスオーバー SUV に適しており、小雪や降雨などのさまざまな気象条件下でもトラクションを強化しながら、タイヤのノイズを低減するように設計されています。

丸みを帯びたプロファイル、デジタル設計の非対称トレッド ブロック パターンと組み合わされた卓越したチャンネル システム、小さな空隙を備えており、これらすべてが全体的な騒音低減に優れた機能です。

このタイヤのサイズは 16 インチからあり、これらのタイヤの作成に使用されるゴムは、走行時に発生する摩擦と振動の量を軽減するために最適化されており、アクティブな 2D サイプにより信頼性の高いトラクションを実現する噛みつきエッジを提供しています。 '。

ただし、これらのタイヤは降雪には適していないため、冬の厳しい条件が発生する地域を運転する場合には適していません。

6. ハンコック オプティモ H727 オールシーズン ラジアル タイヤ

このタイヤは、さまざまなモデルの SUV に静かでスムーズな運転体験を提供するとともに、さまざまな気象条件下で適切なトラクションを提供し、トレッド寿命を延ばすように設計されています。

ノイズ低減に優れた丸みを帯びたセミクローズドショルダーが特徴で、水よけ、ハイドロプレーニング防止のための 4 つのチャネルがあり、設計されたテーパー状の横方向スロットとの相互接続によるさらなるノイズキャンセリングを実現します。

また、デジタル的に設計された非対称のトレッドブロック方式も特徴で、間にさまざまなサイズの適切に機能する空隙があり、安定性を高めるためのセンターリブも備えています。

トラクションが強化されており、雨天や軽い雪にも適しています。ただし、雪の多い地域やぬかるみのある地域には適さない場合があります。

7. ダンロップ グラントレック AT20 オールシーズンタイヤ

高級 SUV に最適な静粛性の高いタイヤをお探しなら、これが最適な選択肢となるでしょう。

SUV の運転体験を向上させるために特別に設計されたこれらのタイヤは、4 つのチャンネルとマルチピッチ トレッド スキームを備えており、さまざまな周波数の騒音を効果的に低減し、全天候でのトラクションを強化します。

これらのタイヤは寸法安定性の高いポリエステルを使用して作られているため、騒音が軽減され、雪や降雨時の走行でも適切なハンドリングを実現します。ただし、トレッドブロック間の空隙は非常に広いため、騒音低減能力が若干低下します。

8. ブリヂストン デューラー H/L 422 エコピア

これらのタイヤは、さまざまなモデルの SUV に最適な選択肢であり、トレッド摩耗寿命が非常に優れています。このタイヤの全体的なデザインは、静かでスムーズな乗り心地を実現するために最適化されており、転がり抵抗の低いコンパウンドにより全体的な機能が向上しています。

このタイヤのサイズは約 18 インチからで、走行中に空気中をスムーズに滑るように設計されたサイドウォールが特徴です。

9. ピレリ チントゥラート P7 オールシーズン プラス

これらのタイヤは、そのデザインと溝のおかげで非常に静かで、驚くべきトレッド寿命と全体的な寿命を備えています。

これらが適しています SUV用静音タイヤ さまざまなモデルのサイズがあり、15 から 17 インチのサイズがあり、スバル アウトバック、ヒュンダイ ツーソン、キア スポーツステージなどのモデルや、ジープ チェロキー、コンパス、パトリオットなどのさまざまなジープに最適です。

10. コンチネンタル クロスコンタクト LX20

これ 静かなタイヤ ツーリング SUV に最適な選択肢で、小雪を含むさまざまな気象条件でも信頼性の高いトラクションを発揮します。

ポリマーとシランで構成されており、中間のトレッドブロック、センターリブ、および最適なノイズ低減のための 4 つのチャンネルを備えています。ポリエステルコードケーシングのサポートとして螺旋状に巻かれたポリアミドで強化されており、強度と快適さのバランスが優れています。

あなたのニーズに適した SUV 用の静かなタイヤを選択するには、多くのオプションがあります。ただし、どのオプションが最適であるかは、最終的にはどのタイヤがあなたの好みに合うか、環境の気象条件の種類、または運転する予定の地域と互換性があるかによって決まります。

タイヤの安定性、トラクション、機能性は刺激物や過剰な騒音よりも常に重要であるため、さまざまな手段による騒音低減の利点を提供するタイヤの選択は、安全性と予防策とのバランスを常に考慮する必要があります。

それでも、両方の長所を提供し、旅行中の快適さと安全を確保できるオプションがたくさんあります。静かなタイヤは確かに有益な投資であり、リラックスしたロードトリップや爽快な地形アドベンチャーに貴重なレベルの快適性を確実に追加します。

静かなタイヤは運転体験にどのような影響を与えるのでしょうか?

多くの場合、ノイズ低減機能を追加すると、トラクションや耐久性が低下し、タイヤが過酷な気象条件にうまく対処できなくなることに注意してください。

エンジニアは理論的には完全に静かなタイヤを作成する方法をほぼ確立していますが、さまざまな道路状況や路面、温度、車両重量、安全条件、および全体的な機能に耐える機能を追加せずに、そのようなタイヤを作成することはまったく不可能です。車両を操作すること。

特に SUV は、小型または軽量の車に比べて、より多くの騒音を発生します。

騒音低減能力、スムーズな運転快適性、トラクションと安定性による安全性の間の貴重なバランスを提供する静かなタイヤを見つけるには、特定の車両、環境、SUV の目的に関連して含まれるすべての要素を比較検討することが不可欠です。

心安らぐ静かな運転は快適ですが、特にオフロードの興奮を求めて出かける場合、安全な運転ほど快適ではありません。

静かなタイヤを追加すると、走行時にタイヤから発生する全体的な騒音を軽減できます。ただし、これらのタイヤは、低速で走行し、適切な PSI で空気を入れ、タイヤの定期的な整備とメンテナンスを確実に行うことで、最良の結果と寿命を実現します。

これには、タイヤのバランス、回転、アライメントが含まれます。これにより、トラクションとタイヤ全体の機能が向上し、トレッド摩耗が向上し、長期にわたって寿命が長くなります。

SUV用の静粛性の高いタイヤを探すときの注意点

静かなタイヤ

どちらかを決めるときは、 静かなタイヤ SUV に投資する場合、どのメーカーも自社のタイヤが他社よりも静かであるという事実を確信しているため、状況は少し難しくなる可能性があります。

優れたセットの中で探しているべき最も便利な機能をいくつか絞り込みました。 静かなタイヤ、トラクションと機能性のバランスが取れている必要があります。

ショルダーの形状は、タイヤの静粛性に影響します。

道路用に設計された静かなタイヤは、より効果的に騒音を低減する傾斜型またはセミクローズド形状をしています。一方、さまざまな地形に適したタイヤは、トラクションを強化するオープンショルダーを備えていますが、一般に騒音が大きくなります。

高品質のタイヤには、トレッド ブロックに安定性を与えるためにショルダー部分が補強されている必要があります。

タイヤの大きさ

これは、騒音の低減にも影響します。幅の広いタイヤに比べて、幅の狭いタイヤは騒音が少ないため、さまざまな地面との衝突時により多くの音振動が発生します。

SUV のメーカーやモデルに必要以上に大きくない、十分な大きさのタイヤを使用すると、より静かな運転を確立するのに役立ちます。

材料

ゴムが柔らかいほど騒音低減能力が優れているため、タイヤの製造に使用されるゴムがどのくらい硬いか柔らかいかも影響します。ただし、柔らかいゴムでは耐久性のテストに耐えられない可能性があるため、特定の地形ではより丈夫な素材が必要になります。優れた静粛性のタイヤには、一貫して囲まれたリブが必要です。

トレッドブロック

これらは、タイヤが実際にどれだけ静かになるかに大きな役割を果たします。

道路での使用を目的としたタイヤは、サイズが異なる小さなトレッド ブロックを備えていますが、騒音が部分的に低減されます。一方、さまざまな地形や雪に適したタイヤは、より大きなトラクションを備え、より大きなトレッド ブロックを備えていますが、より多くの騒音を発生します。

高品質のブロックは、さまざまなノイズのピッチや周波数に対処するために、さまざまな形状を持つ必要があります。

タイヤの溝

すべてのタイヤは騒音を発生しますが、トレッドの設計はこの騒音の挙動に大きな影響を与えます。

一部のトレッドには空気が閉じ込められることがあり、その結果、空気がこれらの空間から逃げようとするときに空気が圧縮され、音響周波数が発生します。

チャンネル

これらはタイヤの外周を取り囲むくぼみのことで、自己排水などの機能に加えて騒音を低減するために設計されています。

それらは道路での使用を目的としたタイヤには存在しますが、これらのチャネルはより多くのトラクションを提供するのに役立たないため、さまざまな地形を目的とした一部のタイヤには存在しない場合があります。

ボイド

これらは各トレッド ブロック間のスペースを表し、音の振動を減衰させることでタイヤ全体の騒音を低減するのに役立ちます。また、道路用タイヤに存在する小さな空隙は、さまざまな地形のタイヤに見られる大きな空隙と比較して、より高い騒音低減能力を持っています。

天候への適合性

一般に、タイヤがより過酷な気象条件や荒れた路面に適している場合、安全性とトラクション機能が備わっており、より多くの騒音が発生します。

スタッド付きのタイヤや薄型のタイヤも騒音が大きくなり、過酷な条件向けに設計されたほとんどのタイヤは、サイドウォールの構造が硬いため、より多くの騒音を発生します。

道路適合性

コンクリートやアスファルトなどの滑らかな路面では走行中の騒音が最も少ないため、走行環境に対するタイヤの適合性もタイヤの静粛性に影響します。ただし、溝のあるコンクリートなどの路面や、砂利道などでこぼこした路面では、騒音が大きくなります。

重量と速度

平均速度または低速に適したタイヤは、高速走行に必要な高いトラクションを実現する機能を備えたタイヤよりも静かです。

素早い加速、ブレーキの踏み込み、急なコーナリングはすべて、騒音の発生や静かなタイヤの寿命に影響します。

重量が重い車両や、牽引している車両や満載の荷物を積んでいる車両も、走行中の騒音が大きくなります。

タイヤの異音を引き起こすその他の要因としては、空気圧不足、空気圧過多のタイヤ、カッピング、フェザリング、キャンバーの摩耗などのタイヤのメンテナンス不足によって生じる問題などが挙げられます。

類似の投稿