騒音を軽減するブラインドまたはシャッター?どちらが良いですか? 

ブラインドとシャッターは、家の騒音、光、プライバシーを制御するための最も効果的な窓装飾品の 1 つです。しかし、この 2 つのどちらかを選択する場合、考慮しなければならない要素が多数あることは言うまでもなく、構造的および機能的な類似性により、物事が曖昧になる可能性があります。

一般に、コストパフォーマンス、耐久性、メンテナンスの容易さ、美観、エネルギー効率、光制御、子供やペットの安全性、使用の柔軟性、騒音低減を考慮すると、シャッターは騒音低減ブラインドよりも優れています。ただし、騒音低減ブラインドはシャッターよりも安価です。

騒音低減ブラインドまたはシャッター

この記事の残りの部分では、両方のウィンドウ トリートメントを詳細にレビューし、2 つのウィンドウ トリートメントのどちらかを選択する際に考慮すべき最も関連性の高い要素に基づいて比較します。続きを読んでください。

騒音低減ブラインドとシャッター: 概要

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

後で行う騒音低減ブラインドとシャッターの比較を理解しやすくするために、両方のタイプの窓処理の概要を簡単に説明します。

騒音低減ブラインド

騒音低減ブラインド

一般に、ブラインドは、コードによって一緒に保持された多数の垂直または水平のスラットで作られた一種の窓覆いです。スラットはさまざまな素材で作ることができますが、最も一般的なオプションは次のとおりです。 木材、プラスチック、アルミニウム、ビニール、竹。

ブラインドには、ニーズに合わせて簡単に上げ下げできる機構が付いています。また、スラットの開閉を傾けて、家に入る光の量を調整したり、外から家の中への視線を制御したりすることもできます。

このように柔軟に使用できるブラインドは、不要な光を遮断し、家のプライバシーを保つのに優れた役割を果たします。使用方法の柔軟性に関して言えば、ブラインドには縦型と横型のオプションがあるため、窓と引き戸の両方に使用できることも言及する価値があります。

防音ブラインドは、汎用ブラインドのすべての品質を備えていますが、防音に役立つ特別なデザインと機能が付いています。この目的に最適なブラインドは通常、音を吸収するために厚く、音と空気を閉じ込めるのに役立つハニカムデザインを備えたものもあります。

騒音低減ブラインドの長所

騒音低減ブラインドには次のような利点があります。

  • 他の窓処理オプションに比べて安価です。
  • 優れた光制御を提供し、簡単かつ迅速な調整によりノイズを軽減します。
  • 騒音低減ブラインドは多用途なデザインにより、窓と引き戸の両方に使用できます。
  • 耐湿性があるため、バスルームやキッチンなどの湿気の多い場所での音と光を制御するのに最適なオプションです。
  • 掃除機をかけたり、ブラインドを降ろしたりする必要がなく、簡単な拭き取り手順で簡単に掃除できますが、一部の窓ガラスには当てはまりません。

騒音低減ブラインドの短所

利点のある他の製品と同様に、騒音低減ブラインドにも相応の欠点があります。これらには次のものが含まれます。

  • デザインの選択肢は限られており、騒音低減ブラインドのラインは万人受けするものではありません。
  • 竹、金属、木材で作られたブラインドは、開閉時に音が大きくなる場合があります。
  • スラットにはほこりがたまりやすいため、ほこりアレルギーのある人にとっては問題になる可能性があります。幸いなことに、掃除はかなり簡単です。
  • コードレス オプションを使用していない場合、コードはペットや子供にとって安全上危険となる可能性があるため、手の届かないところに保管する必要があります。
  • 閉鎖機構は、正しい方法で使用しないと損傷する可能性があります。

こちらもお読みください: 防音カーテン vs ブラインド

騒音低減シャッター

騒音低減シャッター

機能性以上のものを求める場合、シャッターは最適な窓処理オプションの 1 つです。魅力的なデザインのおかげで、シャッターを使用すると、家を音や光から遮断するだけでなく、室内装飾を引き立てることもできます。

構造の観点から見ると、シャッターはプラスチック、木材、合成木材、またはアルミニウムで作られていることがよくあります。建設に使用される材料に関係なく、シャッターの一般的なデザインはさまざまなオプションで同じままです。シャッターは、水平レールと垂直框のフレーム内に設置されたルーバーで構成されます。

色のオプションに関しては、ほとんどのシャッターは白です。選択肢が限られているように思えるかもしれませんが、この色はシャッターが熱を反射して家を涼しく保つ効果を高めます。ただし、好きな色のシャッターを設定できるわけではありません。

1 つの色または色の組み合わせを選択することも、木の自然な美しさを示す無塗装の木製雨戸を選択することもできます。

機能性に関して言えば、シャッターは、光、熱、音から家を守るためのワンストップ ソリューションを探している人々にとって、優れた窓装飾です。ただし、シャッターは家の外からの騒音を軽減するのには役立ちますが、100% の騒音を遮断することはできません。

しかし、太陽光や熱から家を守るという点では、シャッターよりも効果的な窓処理オプションはほとんどありません。

特にローラー シャッターは優れた温度と光の制御を提供し、数千ドルの光熱費を節約します。紫外線が窓を透過し、家を耐えられないレベルまで加熱する赤外線に変化するのを防ぎます。これが主な理由の 1 つです オーストラリアの住宅所有者の多くはローラーシャッターを選択しています.

シャッターの長所

窓の断熱処理としてシャッターを使用すると、次のような利点があります。

  • シャッターは非常に耐久性があり安定しているため、反ったり形状が変化したりしません。
  • シャッターは、窓から家に侵入しようとする泥棒に対する追加の保護層を提供します。
  • お手入れも簡単です。溜まったホコリを取り除くには、雑巾で拭くだけです。
  • コードがないのでお子様にも優しいです。

シャッターの短所

  • 高品質のシャッターの購入と設置は高価です
  • シャッターを美しく保つには、時々掃除する必要があります。また、スラットを所定の位置に保つために締めるなどの定期的なメンテナンスも必要です。
  • シャッターは閉めたときに最も効果を発揮しますが、閉めると家からの素晴らしい眺めが妨げられることがあります。したがって、窓を簡単に開けて外の景色を楽しめるウィンドウトリートメントをお探しの場合、シャッターは最良の選択ではありません。

チェックアウト プランテーションのシャッターは騒音を遮断しますか?

騒音低減ブラインドとシャッター: どちらが優れていますか?

ご自宅でどのタイプの窓装飾を使用するかを決定するのに役立つように、次の利点に基づいて騒音低減ブラインドとシャッターを比較してみましょう。

コストパフォーマンス

多くの人がシャッターではなくブラインドを選ぶ主な理由の 1 つは、価格が安いからです。しかし、値札の数値が低いだけで、シャッターではなく騒音低減ブラインドを選択するのに十分かもしれませんが、長期的に考え始めると、物事は思っているほどではありません。

まず、交換を検討する必要があります 各種窓処理にかかる費用。適切なメンテナンスを行えば、ブラインドは通常最長 7 年間使用できます。一方、シャッターは適切な手入れを行えば 25 年以上使用できます。

時間が経つにつれて、ブラインドを頻繁に交換するために費やす費用がかさみます。したがって、よく考えてみると、長期的にはブラインドの方がシャッターよりも高価になる可能性があります。

次に、各ウィンドウ処理オプションに関連するエネルギーの節約についても考慮する必要があります。シャッター (特にローラー タイプ) は太陽光を遮断するのに優れており、赤外線が家を暖めるのを防ぎます。

さらに良いことに、断熱材が提供する断熱材は暑い夏にだけ役立つわけではありません。冬の間、家の熱を保つのにも役立ちます。

つまり、シャッターは一年中光熱費を節約できますが、これはブラインドには言えません。窓からの熱損失と熱獲得により、最大で エネルギーの30% 家庭の冷暖房に使用すると、大幅な節約が期待できます。

最後に、各種類の窓装飾が家の再販価値にどのような影響を与えるかを考慮する必要があります。上品な外観のシャッターは、家に永久的に追加されるもので、売却を決めた場合にそのウォークスルーの魅力をさらに高めます。ブラインドも素敵ですが、シャッターの方がスタイリッシュです。

また、2 つの窓装飾の価格差により、シャッターは住宅改修のより実質的な投資となり、再販の際の考慮に入れられます。

まとめると、シャッターはブラインドよりも高価であるにもかかわらず、長期的にはコストパフォーマンスに優れています。

メンテナンスの容易さ

騒音低減ブラインドとシャッターのどちらを選択するかについては、メンテナンスのしやすさも重要な考慮事項です。通常、ブラインドは薄く、調整を容易にするためにプルコードを使用して通されています。この種の構造ではブラインドの間に隙間ができるため、掃除が面倒になることがあります。

一方、シャッターはシャッター間のスペースが広いため、ブラインドよりも埃を払ったり掃除したりするのが簡単です。さらに、コードレス設計なので、引っ張るのに苦労したり、時間の経過とともにコードが切れたり、絡まったり、ほつれたりする心配がありません。

耐久性

先ほども述べたように、窓シャッターは非常に長持ちします。ただし、各タイプのシャッターのライフサイクルは、建設に使用される材料によって異なります。木製雨戸のライフサイクルは約 10 年と最も短いのに対し、ポリウッド製雨戸は 30 年以上と最も長い耐用年数を誇ります。

確かに、ブラインドの寿命はわずか 7 年ほどです。耐久性が最も低いシャッター オプションであっても、騒音低減ブラインドよりも優れた耐久性を備えています。

美学

見た目の美しさに関しては、どちらのウィンドウトリートメントも間違いありません。木製の雨戸やブラインドを使用すると、家に居心地の良さと自然な魅力を与えることができます。また、両方の窓装飾が素朴なスタイルの家、伝統的な家、そしてモダンな家にも同様に馴染むため、家のスタイルは関係ありません。

さらに良いことに、シャッターとブラインドの両方にさまざまな色があるため、インテリアの配色を補うものが常に見つかります。

ライトコントロール

一般に、ブラインドはシャッターよりも家に入る光の量をより適切に制御できます。非常に調整可能なデザインにより、スラットをさまざまな角度に傾けて、家に必要な正確な量の光を取り込むことができます。

また、いつでもウィンドウトリートメント全体を上げ下げできるため、光だけでなくプライバシーも最大限にコントロールできます。

しかし、すべての光を遮断することになると、シャッターの方が良い選択肢になる可能性があります。それは、標準的なブラインドの構造には、各スラットに「ルートホール」と呼ばれるものがあるためです。通常、ルートホールはリフトコードをスラットに通して、シェードの位置を保つのに役立ちます。

問題は、ブラインドを閉めていてもルートホールから多少の光が入ってくることですが、完全な暗闇を求めている場合には問題になる可能性があります。

一方、シャッターは最大限の光の遮断を提供できるため、子供の睡眠を助けるため、またはその他の理由で部屋を完全に暗くしたい場合に最適です。

エネルギー効率

屋内でも屋外でも、シャッターは断熱性に優れているため、家のエネルギー効率を高めることができます。その構造と設計のおかげで、夏の暑い時期には熱の増加を最小限に抑え、冬には熱の損失を減らすことで、一年を通して家のエネルギー効率を高めることができます。

特に木製雨戸は断熱性に優れています。木材は熱を伝えないため、この種の構造のシャッターは、暑いときに外の空気から家の中に熱が伝わりません。

寒くなると、同じメカニズムで家の中の暖かい空気の熱が逃げないようになります。一般的にシャッターがしっかりと閉まるという事実も役立ちます。

木材の自然な断熱特性をさらに高めるために、一部のシャッターには防湿層が付いています。シャッターが太陽からの熱を吸収するのを防ぎ、夏場の熱の増加を減らす輻射バリアを備えた製品もあります。

このような機能により、シャッターは騒音低減ブラインドと比較して、住宅のエネルギー効率を向上させるのに優れています。ただし、ブラインドが断熱効果をまったく提供しないという意味ではありません。効果があるのは、熱損失よりも熱増加を減らす方が効果的であるということだけです。

外が暑いときにブラインドのスラットの調整機能を使用すると、家の換気を最大限に高めることができ、エアコンをオンにする必要性を最小限に抑えることができます。オプションによっては太陽光線を反射することもあるので、太陽光線が家に侵入して過熱することはありません。

しかし、外が寒いときに熱損失を防ぐことになると、ブラインドは最善の策ではありません。窓が開いていると風に煽られやすく、家の中の暖められた空気の一部が逃げてしまうからです。

使用の柔軟性

使用方法の柔軟性に関して言えば、窓シャッターは騒音低減ブラインドよりわずかに端にあります。

どちらのウィンドウ トリートメントも、あらゆるウィンドウの形状やサイズに合わせて調整できます。したがって、窓が通常より小さい場合、または伝統的な長方形の窓の形状に準拠していない場合 (六角形の窓のある家を想像してください)、適切にフィットするようにシャッターやブラインドをカスタマイズすることができます。

ただし、取り付けに関しては、シャッターの方がブラインドよりも若干汎用性が高くなります。参考のために、ウィンドウ トリートメントを取り付ける 2 つの方法、内側マウントと外側マウントを定義してみましょう。

インサイドマウントでは、ウィンドウトリートメントを窓枠に取り付けて室内側に取り付けます。一方、外側のマウントを使用して取り付けられるウィンドウ トリートメントは、ウィンドウの外側 (通常はウィンドウ トリム) に同じ高さで配置されます。

ブラインド付きの外側マウントを使用することもできますが、障害物 (窓のクランクなど) や窓の奥行きによってこのタイプのマウントが使用できない場合を除き、専門家は内側マウントを推奨しています。一方、シャッターの有効性や美観を損なうことなく、外側マウントまたは内側マウントのどちらでもシャッターを取り付けることができます。

これは大したことではないように思えるかもしれませんが、小さな部屋のスペースを最大限に活用したい場合に便利です。このような場合、内側マウントを使用すると、すでに限られた室内空間にシャッターが拡張するのを防ぎます。さらに、この種の取り付けにはわずかに小さいシャッターが必要になるため、数ドルを節約できます。

スペースに問題がない広い部屋では、外側のマウントを使用すると、シャッターを使用して家に質感と個性を加えることができます。

したがって、どちらの窓処理もあらゆる窓の形状やサイズに適合しますが、取り付けの柔軟性に関してはシャッターの方がブラインドよりわずかに有利です。

ノイズ減少

一般に、家の騒音を減らすには、音を吸収するか遮断することができます。ブロッキングには、固体、高密度、厚い素材を使用して音を反射することが含まれます。

一方、吸音材は空気層の多い多孔質素材で音を吸収するため、反響や反響を防ぎます。 残響。ほとんどの場合 防音住宅には遮音と吸音を組み合わせて使用する必要があります.

騒音制御の仕組みを確立したら、ブラインドがどのようにシャッターに重なるかを見てみましょう。

一般に、ブラインドは密度や強度が十分ではないため、騒音を遮断するのに最適な方法ではありません。

また、ルーズフィットで、スラットには音が侵入するルート穴があります。しかし、音を吸収するという点では、騒音低減ブラインドはその構造に十分な空気層があるため優れており、エコーや残響を低減することで騒音を軽減することができます。

一方、シャッターは厚くてしっかりしており、音を反射するルーバーが付いています。また、シャッターは窓にぴったりとフィットするように設計されているため、音が漏れる隙間を作りません。

これは、外部の騒音源からの騒音を防ぐより良い方法であることを意味しており、隣の芝刈り機や近くの交通からの騒音を遮断したい場合に便利です。

騒音低減機能のみに基づいてシャッターと騒音低減ブラインドのどちらかを選択しなければならない場合は、何を達成しようとしているのかを考えてください。エコーが問題になる場合は、ブラインドを使用してください。外部からの騒音が主な懸念事項である場合は、シャッターを選択してください。

子供とペットの安全

お子様がいる場合、標準ブラインドのコードは安全上危険となる可能性があります。シャッターにはこのようなコードがないため、保護者にとってはより安全な選択肢となる可能性があります。

シャッターはブラインドよりも犬に優しいですが、これはコードの不足とは何の関係もありません。むしろ、それはシャッターを設置できるという事実と関係があります。 スプリットチルト.

スプリットチルトを使用すると、シャッターの下部を閉じることができます(光を取り入れるために上部は開いたままにします)ので、犬が窓から覗いて近くの車や通行人に吠え始めることがなくなります。このタイプの設置を使用して、他の種類のペットの気が散るのを防ぐこともできます。

ブラインドの場合は、傾斜分割で取り付けることができないため、これはオプションではありません。

評決

一般に、次のことを考慮すると、騒音低減ブラインドよりもシャッターの方が優れています。

  • 騒音対策
  • 子供とペットの安全
  • エネルギー効率
  • 光の制御
  • 使用の柔軟性
  • 美学
  • 耐久性
  • メンテナンスの容易さ
  • 価格に見合った価値

ただし、ブラインドは安価であり、家の騒音、光、プライバシーを制御するための短期的な解決策を求める人には理想的かもしれません。

情報源

類似の投稿