騒音や防音を軽減するのに最適な窓ガラス

予想外の 大きな騒音 特に集中するために静かな環境が必要な場合は、混乱を招く可能性があります。しかし、そのほとんどは窓から侵入するため、防音窓ガラスを設置することで建物内に侵入する騒音レベルを軽減できる可能性があります。

この記事では、これらの窓ガラスについて詳しく説明します。また、家の窓ガラスを選択する際に考慮すべきいくつかの要素についても見ていきます。

騒音を軽減するのに最適な窓ガラス

騒音を軽減するのに最適な窓ガラスはどれですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

合わせガラスは、2 枚のガラスの間にポリビニルブチラールとして知られる薄い層がはめ込まれているため、防音に最適な窓ガラスです。ガラスの薄い層は音波を低減することで最高の音響性能を提供します。

こちらもお読みください: 窓を防音にする7つの方法(本当に効果的)

この素晴らしい 防音ガラス より良い睡眠、リラクゼーション、集中力、ストレスの軽減を保証します。

窓ガラスを厚くすると騒音は減りますか?

窓ガラスが厚いほど騒音が軽減される傾向があります。経験則では、ガラスが厚ければ厚いほど、音が家に届くまでに伝わる距離が長くなるため、防音効果が高くなります。このため、音波は途中で低下します。

窓の厚さはさまざまな種類からお選びいただけます。それらの範囲は 1/8 ~ 1/4 インチ (0.32 ~ 0.64 cm) です。さらに、エアギャップのスタイルと存在も、低減するノイズの量を決定する上で重要な役割を果たします。

防音のためのガラスの厚さはどれくらい必要ですか?

防音のために、各ガラス板の厚さは少なくとも 1/4 インチ (0.6 cm) 必要です。より効果を発揮するために、ガラスの厚さはガラスの枚数に応じて異なります。

単板窓の場合、ガラスの厚さを 1/4 (0.6 cm) にすると騒音が軽減されます。二重窓の場合、ガラスの厚さは片側が 1/8 (0.3 cm)、反対側が 3/16 (0.4 cm) である必要があります。

ほとんどの防音窓は役に立ちますが、 家の騒音を減らす 10~25%程度ではどれもノイズを除去できません。追加などの他の対策を設定する必要があります 防音材 壁や天井に貼り付けるか、静かな近所に移動します。

家の窓ガラスを選ぶ際に考慮すべき要素

窓ガラスについて決める前に、次の点を考慮してください。

  • スタイル。 さまざまなスタイルにより、さまざまな程度の換気と自然光が提供されます。の1つ ウィンドウスタイル 横2枚のサッシで構成される両開きです。下部サッシュは上部サッシュよりも先に内側に立ち上がっています。片吊りは、グリルの有無にかかわらず、2 つの水平サッシで構成されるもう 1 つのスタイルです。上部のサッシは閉じたままですが、下部のサッシは開きます。窓を開けるには、内側の下部サッシを上げます。
  • フレーム材。家の窓を選ぶとき、フレームの素材を決めることは非常に重要です。それぞれの枠材の耐久性、外観、断熱性を確認してください。また、ニーズに合ったフレーム素材のタイプをお選びください。これらには、アルミニウム、木材、グラスファイバー、ビニールなどが含まれます。
  • エネルギー効率。 窓ガラスのデザインは、外からの空気の流れを制御し、暑い季節も寒い季節も快適な雰囲気を維持できるようにする必要があります。
  • ウィンドウの品質。たとえ高品質のウィンドウに多くの費用を費やしたとしても、結果は投資に値します。
  • 保証条件。 購入する前に、利用可能なさまざまな保証とその期間を確認してください。ほとんどの場合、保証期間は 10 年から 20 年、または窓の部品によっては生涯にわたる場合もあります。

騒音を軽減する防音窓3選

では、騒音を軽減するのに最適な窓ガラスを見てみましょう。

1. ラミネート窓

合わせ窓は、安全ガラスを形成する合わせガラスから作られています。通常、窓は 2 つのガラス層を丈夫な中間層と組み合わせ、圧力と熱を加えて分離しない結合を構築することによって構築されます。この工程によりガラスが硬くなり、割れにくくなります。


この窓ガラスは防音性に優れています。ポリビニルブチラールとして知られる透明なシートは、外部ノイズを大幅に抑制します。

高品質の防音機能に加えて、ラミネート窓は最高の安全性を提供します。それは窓が割れにくいからです。

2. 標準二重窓

二重窓も防音性に優れた窓ガラスです。ガラス窓には、各フレームの内側に 2 枚のガラスが固定されています。これらのガラスの間には少し隙間があり、家を断熱するためのエアポケットを構築するのに役立ちます。

エアポケットは、家の周囲の外気温によって室内の温度が変化するのを防ぎます。

さらに、二重窓ガラスには外部の騒音が室内に侵入するのを防ぐ余分なシートが付いており、その逆も同様です。

窓ガラスは騒音を軽減するだけでなく、家の快適性を高め、光熱費を削減し、家の価値を高めるのにも役立ちます。

さらに、二重窓は十分な熱伝達を生み出すことで、寒い季節に通常発生する窓の結露を防ぐのに役立ちます。

二重窓は、空港の向かいや大型トラックが行き交う高速道路の近くなど、騒音の多い場所に住んでいる人に最適です。

3. トリプルペインウィンドウ

三重窓は3枚のガラスで構成されています。二重窓と同様に、三重窓にもスペーサーがあり、各窓を区別して均一にします。

ガラスの間にもガスが入っています。ガラス板は窓を無傷に保ちながら防音壁として機能し、エネルギー効率を高めます。

窓ガラス間のスペースは、外部からの余分な騒音を遮断するのに役立ちます。また、ガラスが3層になっているため、単層ガラスよりも防音効果が高くなります。

さらに、三重ガラス窓は他の窓ガラスに比べてはるかに強度があります。バスケットボールで 30 回叩いても、無傷のままです。

結論

外からの大きくて奇妙な騒音で眠れない夜を引き起こさないようにしてください。窓ガラスを交換すれば、室内で静かな雰囲気をお楽しみいただけます。

通常の窓の代わりにラミネート窓を選択することもできます。二重窓や三重窓も家の防音に優れた効果を発揮します。それに加えて、家の価値を高め、光熱費を削減し、快適にしてくれます。

情報源

類似の投稿