騒音の多い隣人に最適なデバイス 11 選

平和とリラクゼーションが必要な長い一日を終えて家に帰ると、近所の人たちがまた元気になっていることに気づくことほどイライラすることはほとんどありません。職業はなんですか?

良い!それがこの記事の内容です。この記事で説明されている製品や機器は、大人、子供、赤ちゃん、動物に有害な影響を与えるものではありません。

短期的な救済を提供するものもあれば、長期的な解決策として機能するものもありますが、これらのデバイスや製品にはすべて、壁の取り壊し、大規模な防音工事、建設(停止スピーカー妨害装置など)は含まれていません。

持ち運びが簡単なので、これらに投資することは、後でどこに移動するかに関係なく、正気を確保するのに最適です。

騒々しい隣人に使用するのに最適なデバイス

私の記事をチェックしてください:

騒々しい隣人に最適なデバイス

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

もしかしたら、あなたは勉強しようとしている、または疲れた一日の後で休憩時間をとり、集中するか、当然の休息とリラクゼーションが必要なだけかもしれません。

でも、運が良ければ、誰かが隣で盛大なパーティーを開いているか、あるいは予期せぬ岩があるかもしれません。 バンドのリハーサルが練習中 本当に情熱的なミュージシャンによるものです(ストップスピーカージャマーが便利です)。このような騒音は確かに煩わしく不便ですが、持続する時間は無期限かつ短期間に過ぎません。

たとえば、赤ちゃんが泣いていたり、犬が吠えていたりする場合、近所の人たちもおそらく平和で静かな時間を過ごしたいと思っていることを理解するのは良いことです。

このようなときのために、生活スペースの周りに投資して手元に置いておくことができるものがいくつかあります。騒音がすぐに収まることを願って、それを待つプロセスをスキップできます。これらは、より複雑な方法に比べて、はるかに費用対効果が高くなります。

1. 耳栓

もちろん、最も古典的で迅速かつ安価な一時的な解決策は、高品質の耳栓に投資することです。ただし、これらは音の周波数全体を低減またはブロックするのではなく、音をわずかに消す場合にのみ効果があることが一般に知られています。

役に立たない小さなデバイスのように思えるかもしれませんが、隣人がホーバリングをしているときや洗濯をしているときなど、隣人からの音が「迷惑」というよりも「うるさい」場合に、これらを手元に置いておくと非常に便利です。

これらの音は許容できるレベルまでわずかに抑えられるかもしれませんが、もちろん、大声であろうがくぐもっていようが、赤ちゃんの泣き声は赤ちゃんの泣き声です。

プラスの面としては、短時間であればかなり快適です。さまざまなサイズ、タイプ、色があり、いざというときに少し音を消す必要がある場合に適しています。

2. スリープヘッドフォン

これらは、ノイズをキャンセルするためのかなり興味深いアプローチです。どのような種類のノイズ低減技術も必要とせず、むしろ着用者に聞こえるものの知覚を操作するために基本的な感性ルールを適用するからです。

このため、午後 11 時にギターの練習をしたい近所の人に囲まれて眠りに就こうとしている人にとって、特に便利です。

これらは、外部に共鳴する不穏な音を「隠す」ために、代わりにホワイトノイズマシンで生成される音に似た受動的で平和的な音を使用することによって機能します。

これらの音は、コオロギの音、扇風機のそよぐ音、水の滴る音など、耳につきにくい、なじみのある自然な音を使用することで、着用者の意識に与える影響が少ないように特別に選択されています。

3. ノイズキャンセリングヘッドフォン

これらは、勉強、読書、執筆、家事など、邪魔されることなく座って自分のやっていることに集中する必要がある瞬間に最適です。

ノイズキャンセリングヘッドフォンは、比較的大音量の音楽などのノイズを含む低周波ノイズを効果的に低減するために電子機器を利用しています。

最も効率的なノイズキャンセリングの一部 ヘッドフォンのブランドはノイズを低減するのに効果的であることが証明されています 約40dB減少します。

これらのヘッドフォンの最も便利な機能の 1 つは、外部ノイズをかき消すために最終的に再生中の音楽の音量を使用する標準的なヘッドフォンとは異なり、音楽なしでもノイズ キャンセリング機能をオンにするオプションがあるという事実です。

高品質なノイズキャンセリング ヘッドフォンはノイズと戦うために特別に設計されています 特定の Hz までの周波数。これは投資対象のブランドとモデルに基づきます。

これらは、音楽、低音の多い周波数、電車やピーク時の交通などの一般的な外部ノイズなどのノイズをブロックします。

4.マグネトロン

これは、何の衝突もせずに午前2時の騒々しいパーティーを終わらせる、かなりシンプルで卑劣な方法です。これは、電子機器を効果的に停止させるインパルスを発する電磁発生器を介して動作するため、スピーカーの音が大きすぎる場合にはスピーカーを停止させることができます。

ただし、一般的に電子デバイスを停止するため、これは実際には最適なオプションではなく、最初に他の手段を試行する必要があります。それでも、大音量の音楽を止めるための気の利いた最終手段です。

5. 屋外空間用の消音装置


これらは、他の代替品よりも多くの準備が必要で、かなり高価な高級機器ですが、居住空間の外からの騒音を遮断するのに非常に効果的です。

空気を伝わって入ってくる騒音周波数を効果的に打ち消す音を発することで、屋外の騒音を遮断します。これは、騒々しい隣人や改修工事の騒音にも最適です。

6. スピーカージャマーを停止する


これはかなり卑劣なトリックですが、ストップ スピーカー ジャマー キットは、おそらく大音量の音楽でパーティーをしている隣人にとって非常に役立ちます。

もちろん、最初は他の手段を試しるべきです。その中には、楽しい時間を静かにしてほしいという単純で敬意を持った要求も含まれます。試しても効果がなかった場合は、Stop Speakers Jammer を使用すると非常に効果的です。

名前が示すように、このデバイスはスピーカーを妨害し、スピーカーが音楽を適切に再生できなくなったり、音楽を完全に抑制したりすることになります。

これは Bluetooth 経由で動作し、設置場所の特定の半径内で効果を発揮します。これは、使用したジャマーの種類に特有です。そのため、その近くにいる隣人によって再生されている大音量の音楽を止めるのに効果的です。

7. 高周波アンテナ

これは必ずしも騒音を減らすという効果があるわけではなく、むしろ迷惑な隣人に迷惑をかけることになります。これは問題に対処するためのやや些細な方法ですが、それでも効果的です。もちろん、これを使用する前に、より協力的な手段を試みる必要があります。

これは基本的に、音楽を再生しているスピーカーが大きくなりすぎるたびに、信じられないほどの歯ぎしりのピッチを発するようにすることで機能します。

騒音自体は、携帯電話をスピーカーに近づけたときに共鳴する音に似ており、隣の人が音量を下げると音は消えます。

隣人が実際に音量を下げてくれることを祈るばかりです。さもなければ、この進行する音が沈黙を求めるのに逆効果になる可能性が非常に高いです。

8. ホワイトノイズマシン

これらは騒音問題に少しだけ静けさを与えるだけですが、聞こえる音を快適な音で効果的にマスキングする優れた方法です。

他の方法と組み合わせて実行すると、少なくとも外部から放射される過剰なノイズの一部をかき消すのに効果的である可能性があります。 騒々しい隣人.

9. ドラフトストッパー

ドラフトストッパーはドアと床との隙間を塞ぐために使用され、ドアに固定するタイプもあります。

これらは通常、隙間風が入るのを防ぐように設計されていますが、どのような空気源でも音波を輸送する手段が必要です。したがって、ドラフトストッパーは隣からドアに入る音を軽減します。

特に玄関ドアと寝室のドアに置く必要があります。ただし、スペース全体のどのドアにも設置できます。窓の下に比較的大きな隙間がある場合は、短いドラフトストッパーが必要になる場合があります。

10. ウェザーストリップテープ

特定の種類のドアや窓は重要ですが、これらの領域の周囲の隙間は、部屋に侵入する音の周波数にとって依然として懸念事項となります。

ウェザーストリップテープは、ドアや窓の周りの隙間をシールするのに役立ちます。ほとんどのウェザーストリップテープは粘着性なので、コスト効率が高く、貼り付けも簡単です。テープは寸法に応じてカットし、周囲全体に貼り付ける必要があります。

11. 吸音カーテン

窓やドアの防音性をさらに高めるために、吸音カーテンを追加すると、窓やドアを通って侵入する隣人からの音波を遮断することができます。

これらは非常に厚く密度が高いため、特に隣人からの騒音を遮断する場合は、玄関ドアの上に使用するのが理想的です。ドアや窓の周りの隙間が密閉されている場合、これらはより効果的です。

隣人が騒音レベルを認識しているかどうかに関係なく、騒々しい隣人の影響を軽減できる方法はたくさんあります。

さまざまな方法を組み合わせて協力的にアプローチすると、さまざまな状況に備えることができるため、最良の結果が得られます。

しかし、最善の方法は最終的には、居住環境の特性、隣人との関係、騒音の発生源によって決まります。

結論

問題に真正面から直面すると、特に、説得するのが難しい、あるいはやや攻撃的な隣人を相手にしている場合には、問題がさらに大きくなる可能性があることは周知の事実です。

泣き叫ぶ赤ちゃんや活発な動物、騒々しい集会、さらには非常に気まずいプライベートな議論を意図せず聞かされてしまった場合まで、騒々しい隣人があなたの空間に与える不快で不安な影響は数多くあります。

しかし、それがあなたとあなたと一緒に住んでいる人たちに症状を悪化させる可能性があることに注意する必要があります。次のレベルに進む前に自分のスペースを確保することが、この問題に対するより建設的なアプローチとなるでしょう。

さらに、すべての人と問題を議論するのとは対照的に、将来隣に引っ越してくるパーティの動物に対しても確実に備えることができます。 騒々しい隣人 あなたは遭遇します。

まだ電話に出て家主や警察に連絡しないでください。一時的および長期的に最も効果的な方法をいくつか集めました。 騒音の多い隣人への解決策、それはあなたが夢のような静けさを手に入れながら、隣人との良好な関係を維持するのに役立ちます。

これらは静的、つまりノイズキャンセリング、遮断、遮断を通じて受動的にアプローチするか、動的であり、隣人が騒音を発するのを積極的に防ぐことができます。

類似の投稿