食器洗い機の断熱は必要ですか?

新しい食器洗い機を箱から初めて取り出すと、断熱ブランケットに包まれていることに気づくでしょう。この断熱材は食器洗い機の動作に必要ですか、それとも単にボックス内で保護することを目的としたものですか? 

食器洗い機の断熱材は食器洗い機を保護するために必要です。ただし、ブランケット自体については心配する必要はありません。食器洗い機を設置するとブランケットは見えなくなります。断熱ブランケットが損傷した場合は、すぐに資格のある専門家に連絡してください。

食器洗い機の断熱は必要ですか

この投稿では、食器洗い機の断熱材についての興味深い議論を紹介し、その重要性、その仕組み、そして時間とエネルギーの節約にどのように役立つかを紹介します。

こちらもお読みください: 静かな食器洗い機ベスト 8 (購入者ガイド付き)

食器洗い機の断熱が必要な理由

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

食器洗い機の断熱が重要である理由はいくつかあります。 

  • 周囲をから守ります 熱と蒸気によるダメージ.
  • それはあなたを救います 自分自身を燃やす 熱い食器洗い機で。
  • それ 大きな騒音を最小限に抑えます 食器洗い機が稼働している間。 
  • アプライアンスを保護し、 物理的なダメージを最小限に抑えます 周囲の素材に。

これらの利点については、以下で詳しく説明します。

断熱材が周囲を熱や蒸気によるダメージから守ります

食洗機は熱と蒸気を利用して食器を洗浄しますが、この蒸気と熱が逃げてしまうのは理想的ではありません。 ダメージを与える 周囲に。

食洗機の断熱フィルム キャビネット、床、その他の機器を熱や蒸気による損傷から防ぎます。。最も一般的なのは木製キャビネットの熱による損傷です。 

断熱材を使用すると、食器洗い機から出る蒸気は凝縮され、断熱フィルムによって捕らえられます。食器洗い機用断熱ブランケットは通常、次のもので構成されます。 

  • 吸音層
  • 熱活性化接着層
  • 反射層 

熱活性化層 通常は内層です。これにより、食器洗い機の動作から発生する熱が閉じ込められます。アクティブ化されると、このレイヤーは 遮熱層熱や蒸気が食器洗い機から逃げるのを防ぎます。 

断熱材が火傷を防ぎます

食洗機を稼働させると、熱湯の蒸気が発生します。蒸気が皮膚に触れると潜在的に危険であるため、断熱されていない食器洗い機には触れないことが賢明です。 

食器洗い機はかなりになります 触れると熱い 数分の操作後。このため、そのような機械をどのように安全に操作できるかという疑問が生じます。ここで食器洗い機の断熱材が役に立ちます。 

食器洗い機とその周囲の間の断熱材により、蒸気の熱がすべて遮断されます。 食洗機の中に残っている。これにより、食器洗い機に触れたりぶつかったりしたときに火傷を防ぐことができます。

絶縁によりノイズを最小限に抑える

食器洗い機をかなり長い間所有している場合は、それが家の中で最も静かな機器ではないことを証明できるでしょう。食器洗い機は非常に機知に富んでいますが、食器洗い機の間で音を発し、騒音が発生します。 70~80デシベル。これは、によって発生するノイズに等しいノイズです。 洗濯機または比較的交通量の多いダウンタウンの通り

このノイズは人体に害はありませんが、長時間さらされると不快になります。 

優れた断熱性は、これらの不快な騒音からあなたを守り、家の環境をより快適にします。 断熱材により食器洗い機の騒音が約10%低減されます。 50デシベル, ほとんど目立ちません。断熱性が高いので、食器洗い機を動かしながらカジュアルな会話を続けることができます。

断熱材が食器洗い機自体を保護します

食器洗い機が適切に固定されていないと、時々激しく動作し、キャビネットや周囲の他の物にぶつかってしまうことがあります。時間が経つにつれて、食器洗い機は進化する可能性があります 内部損傷 ガタガタ音を立ててキャビネットや壁にぶつかったとき。 

食洗機の底面は特にデリケートです。 発熱体の位置. 激しいサイクルは、高温の発熱体を損傷するほどの力を発生させる可能性があります。 

食器洗い機が断熱されている場合、稼働中に損傷を心配する必要はありません。適切に固定され断熱された食器洗い機は、内部要素が緩んで最適なパフォーマンスに影響を与えることがないため、より長く使用できます。

周囲の物質への物理的損傷を最小限に抑えます

食洗機の断熱材も 隣接するものを物理的な損傷から保護します。食器洗い機は動作中に振動し、周囲の機器に接触する可能性があります。 

断熱されていない食器洗い機の振動は、他の機器に接触すると損傷する可能性があります。振動により、棚から物が移動する可能性もあります。 

断熱材は食器洗い機の動作によって生じる衝撃のほとんどを吸収し、カウンターやその他の器具への損傷を防ぎます。 断熱材が摩耗または劣化していないか定期的にチェックすると、キャビネットの振動が増加します。

食洗機にはどのような断熱材を使用していますか?

食器洗い機に使用する断熱材の種類には、フェルト、フォーム、グラスファイバーなどがあります。高級断熱材の中にはセラミックファイバーで作られているものもあります。ポリスチレンなどの安価なオプションもあります。 移動毛布、綿の裏地。 

ただし、これらのローエンドの食器洗い機用断熱材は、 不十分な断熱材。食器洗い機から熱が逃げるのをすべて防ぐことはできません。これらの低価格の断熱材では損傷や火傷が発生する可能性があります。 

これらの各マテリアルを詳しく見てみましょう。

ポリウレタンフォーム断熱材

ポリウレタンフォームは非常に効果的な断熱材です。ポリウレタンフォームは、 効果の高い断熱材 R 値が次の間である 3.75-4.0 厚さ1平方インチあたり。 

ポリウレタンフォームの断熱効果は、その割合の多さによって生まれます。 不活性ガスを備えた非接続密閉型マイクロセル。密度が低いと、フォームは音の伝導性も悪くなります。泡は水を保持するので、周囲の機器への損傷を防ぎます。

発泡断熱材が入る可能性がある あらかじめ形成された発泡マットまたは加圧発泡スプレー。予備成形されたスラブは食器洗い機の下、上、側面に置かれます。次に、接着剤または接着剤を使用して取り付けます。 発泡ボード 所定の位置にねじ込む前に、食器洗い機の表面にしっかりと固定してください。 

一方、加圧泡スプレーは食器洗い機の表面に衝撃を与えると膨張して硬化します。スプレーの利点は、届きにくい場所にも届くので、スプレーの必要がないことです。 接着剤または接着剤

発泡断熱材を購入している場合は、以下をお勧めします。 SmartSHIELD フォームコア反射断熱材 Amazon.comから。

暑い気候や寒い気候、屋根や景観への撥水用途に最適な高反射断熱材です。耐熱性に優れ、軽量なので取り扱いが容易です。 

フェルトインシュレーター

フェルト絶縁体は以下から作られます。 羊毛およびその他の動物の削りくず。これらの削りくずをとかし、蒸した後、圧縮して断熱材を形成します。 

フェルトの R 値は次のとおりです。 1平方あたり3.6~4.3個 厚さはインチなので、優れた選択です。考慮すべきフェルトのその他の特性には次のものがあります。 

  • 湿気をうまく管理し、水を保持する能力があります。 重量の3倍
  • フェルトは得意です 音と振動の吸収 その重さのため。 
  • フェルトの唯一の欠点は、 高い

グラスファイバー断熱材

グラスファイバー断熱材は、グラスファイバーとプラスチックを使用して製造されます。グラスファイバーの R 値は約 厚さ 1 インチあたり 2.2 ~ 4.3、騒音の多い食器洗い機に最適です。

グラスファイバーはフェルトやフォームよりも手頃な価格であるため、一般的に使用されています。ただし、次のようないくつかの欠点があります。 

  • 邪魔されると、グラスファイバーから粒子が放出され、原因となる可能性があります。 アレルギー反応 吸入した場合。
  • 心配な場合にはグラスファイバーは理想的ではありません 粉塵 断熱材に集まります。 
  • グラスファイバー断熱材を使用したい場合は、次のことを行う必要があります。 手袋とマスク 取り扱うとき。

グラスファイバー断熱材をお探しなら、こちらをお勧めします オーウェンズ コーニング R-13 グラスファイバー Amazon.comから。

このピンク色のグラスファイバーは、 ホルムアルデヒドフリー 柔らかく、食器洗い機を完全に保護します。 R 値が大きいほど、利用可能な他のタイプの断熱材と比較して、より優れた断熱性能が得られます。 

セラミックファイバー

セラミックファイバーは以下の物質の集合体から作られます。 多様な結晶または非晶質 ミネラル繊維の特徴は、 高温での安定性。これらには次のものが含まれます。

  • アルミナ
  • シリカ
  • 炭化ケイ素 
  • 一部の金属酸化物

セラミックファイバーは軽量で、高温に対する耐性が非常に優れています。材料の R 値は次のとおりです。 2.35~5.0/平方インチ。ただし、セラミックファイバーは、上で説明した他の材料と比較して非常に高価です。

お勧めします TITGGI カオウール耐火セラミック断熱材 アマゾンから。安定した断熱効果を長期間持続させたい場合に最適です。高温断熱ブランケットは非常に厚く、次のような家電製品の断熱に非常に優れています。

  • 食器洗い機 
  • オーブン
  • 給湯

ポリスチレン、ムービングブランケット、コットンライニング

これらの安価な断熱材は一般的には使用されません。 高い熱効率つまり、内部に熱を保持するのではなく、伝導することを意味します。彼らも苦手です 音と振動の吸収.

食器洗い機に最適な断熱材の種類は何ですか?

食器洗い機に最適な断熱材のタイプは次のとおりです。 ブランケット絶縁体。これらは食器洗い機またはその保管キャビネットに巻き付けることができるため、取り付けが簡単です。これらは、食器洗い機をキャビネットに取り付けたままにする場合に最も適しています。 

ただし、家電製品の下に敷く断熱パッドも入手できます。これは、フローリングの振動による損傷が心配な場合に特に役立ちます。 

最終的な考え 

食器洗い機の断熱は、キッチンエリアでの動作と安全のために不可欠です。発熱装置としては、 食器洗い機は適切に断熱されていないと安全上の問題になる可能性があります。人への傷害や物的損害が発生する可能性があります。 

安全で静かな家庭環境のために、グラスファイバー、フォーム、またはフェルトの断熱材を検討してください。。食器洗い機に断熱材が付属していない場合でも、食器洗い機を取り付けるときに断熱材を取得し、設置するように努めてください。断熱材は食器洗い機の寿命を延ばします。  

類似の投稿