音響フロントガラスとは何ですか?またその仕組みは何ですか?

一般に、自動車の室内は音を遮断するのに非常に優れていますが、近年、防音フロントガラスの人気が高まっています。それ以来、防音フロントガラスがどのように機能するのか、そしてさらに重要なことに、投資する価値があるのかどうかを尋ねる人が定期的に来ました。

防音フロントガラスは、ガラスの層の間に防音材(ビニールなど)の追加層を備えたフロントガラスです。これにより、フロントガラスに騒音減衰特性がもたらされ、車内がより静かになります。

音響フロントガラス

これは音響フロントガラスがどのように機能するかについての基本的な説明ですが、この技術をより詳しく理解する価値はあります。この記事では、音響フロントガラスの背後にある科学と、車両に音響フロントガラスを取り付けることの主な長所と短所について説明します。

音響フロントガラスはどのように機能しますか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

通常の車のフロントガラスはいくつかの層でできています。 合わせ安全ガラス。すでにご存知の方も多いかもしれませんが、安全ガラスは割れても飛散しないように設計されており、車両に最適です。

安全ガラスの 2 つの外側層に加えて、フロントガラスの構造的完全性を提供する材料の内層もあります。通常、これはポリビニルブチラール (PVB) またはエチレン酢酸ビニル (EVA) で作られます。この記事では、PVB について説明します。

合わせ安全ガラスは、一般に通常のガラスよりも厚いため、すでに車内を音から遮断するのにかなり優れた役割を果たしています。しかし、多くの防音専門家が知っているように、ガラスは防音プロジェクトにおいて弱い素材の 1 つです。したがって、常に改善の余地があります。

音響フロントガラスに関して言えば、音響 PVB の追加層 ラミネートの途中に追加されます。この PVB は音響減衰特性を備えて設計されており、通常は 1500 ~ 5000 Hz の周波数に対して機能するように設計されています。

音響ガラス
通常ガラス vs 合わせガラス vs 吸音ガラス

音響フロントガラスの主な目的は、車内で発生する騒音レベルを低減することですが、運転中の全体的な快適性の向上にも役立ちます。たとえば、音響フロントガラスは、熱損失、振動レベル、空気抵抗の低減にも役立ちます。

以前は、フロントガラスの断熱性を高める標準的な方法は、フロントガラスを厚くすることでした。ほとんどのメーカーは車両の総重量を軽減する方法を常に模索しているため、これは車両の生産に関しては明らかな欠点があります。幸いなことに、音響フロントガラスはこれをうまく処理します。

適切な比較は、次のようなものです。 壁の防音 そして、通常の乾式壁をさらにいくつかの層を追加することにしました。これにより違いは生じますが、最終的には壁が厚くなり、騒音低減も最小限になります。より良い解決策は、大量に充填されたビニールなどの専門製品を使用することです。これにより、より良い仕事をし、使用するスペースが少なくなります。

いくつかの研究 通常のバージョンと比較して、音響フロントガラスの性能について行われています。これらの研究では、音響フロントガラスが車内の騒音公害を平均して 2 ~ 3 デシベル低減することがわかりました。

これは騒音が大幅に低減されたようには聞こえませんが、車内に顕著な違いをもたらすには十分です。同様に、音響フロントガラスの利点は、以下で説明するように、騒音レベルの低減だけではありません。

防音フロントガラスがあるかどうかを見分ける方法

音響フロントガラス技術は、メーカーが需要があることを認識しており、近年人気が高まっています。このため、一部のモデルには標準装備されているため、すでに車に音響フロントガラスが取り付けられているかどうかを確認する価値があります。

一般的に、フロントガラスの運転席側の角にインジケーターがあるはずです。これはおそらく「A」または「acoustic」という単語、あるいは耳の画像である可能性が高くなります。あるいは、メーカーによっては SoundScreen というブランドを使用しており、フロントガラスにもその旨が記載されています。

フロントガラスに明らかな表示がない場合は、作業を進める前に取扱説明書を確認してください。フロントガラスのお手入れの一環として記載されているかもしれませんし、車を販売したディーラーに相談することもできます。

音響フロントガラスの利点

私たちが実証したように、音響フロントガラスはドライバーにさまざまな利点を提供するようです。ただし、思い切って導入する価値があるかどうかを理解するには、これらのメリットをもう少し詳しく調べてみる価値があります。

1. ノイズリダクションの向上

もちろん、これが最も明白な利点であり、ここですでに述べたとおりです。車内騒音レベルを 3 デシベル下げるのは大したことではないかもしれませんが、車を運転すると違いに気づくでしょう。騒音公害の多くは単純に風によって発生しますが、これは確実に減少します。

同様に、1500 ~ 5000 Hz の周波数範囲を備えているため、運転中に経験するさまざまな日常音を数多くカバーできます。これには、風や他の車の騒音などが含まれますが、他の車のクラクションなどの重要な音も聞くことができます。

音響フロントガラスと通常のフロントガラス
積層板とフロートガラスの音響挙動 (出典)

2. 車両盗難の可能性の低減

誰かが車にアクセスする最も一般的な方法の 1 つは、フロントガラスを破壊することです。ドアロックが簡単に開けられる時代は終わり、その結果、車両の構造上の弱点であるフロントガラスを窃盗犯が利用するようになりました。

通常の安全ガラスは飛散しないように設計されていますが、少し力を加えると割れる可能性があります。誰かがあなたの車から何かを盗もうとしている場合、通常はフロントガラスを割るだけで仕事が完了します。

驚くべきことに、防音フロントガラスの利点は、誰かが侵入しにくくなることです。これは、吸音 PVB 層が非常に頑丈であるため、ガラスが非常に割れにくいためです。

衝撃によってガラスが割れる可能性はありますが、防音 PVB によりガラスが割れたり飛散したりするのを防ぎます。これにより、必ずしも人々があなたの車に乗り込もうとするのを阻止できるわけではありませんが、より困難になり、できれば彼らが諦めることを意味します。

3. フロントガラスが薄いほど燃費が良くなる

すでにご存知かもしれませんが、メーカーが常に車両の軽量化に努める理由は、燃費を向上させるためです。軽い車両は、それ自体を動かすのに必要な燃料が少なくて済みますが、これは単純な物理的現象です。

したがって、防音フロントガラスを使用すると、厚いガラスを使用する必要がなくなり、はるかに効率的になります。 PVB 層はより優れた遮音性を発揮すると同時に軽量化を実現します。

良い比較例としては、従来の金属パーツではなく、カーボンファイバー製のボディパーツの人気が急増していることが挙げられます。これにより、構造的な完全性を犠牲にすることなく車両が大幅に軽量化されます。ガソリン車はほとんど廃止されつつありますが、これと同じ論理が将来的には電気自動車にも当てはまります。

4. フロントガラスの構造的完全性を向上させます

この利点については別の文脈ですでに述べましたが、交通安全を意識しすぎることはありません。通常の合わせ安全ガラスは飛散しないように設計されていますが、それでも破損する可能性があります。違いは、通常のガラスは砕けて破片になりますが、安全ガラスはそれほど鋭くない小さな破片に砕けます。

現実的には、フロントガラスが壊れると、衝突の際に安全上危険になります。割れたガラスの小さな破片は損傷を引き起こす可能性があります。ただし、フロントガラスに通常のガラスが入っている場合よりもリスクははるかに低くなります。 この記事 ガラスのさまざまな破損方法を詳しく説明します。

ただし、防音フロントガラスはガラスに構造的完全性の層を追加するため、そもそも衝突するのがはるかに困難になります。音響フロントガラスを破壊するには、非常に激しい衝突が必要です。

これは、より無謀な運転をする言い訳にはなりませんが、一般的に安全な車に乗って安心感を得ることができることは、道路に出るときに違いをもたらします。同様に、フロントガラスが破損した場合でも、PVB 層がフロントガラスを車両内に落下させるのではなく、一枚の状態に保つのに役立ちます。

5. 耐紫外線性の向上

防音フロントガラスのもう 1 つの隠れた利点は、PVB 層が通常、UV 低減特性も備えていることです。これは、太陽の下で頻繁に運転する人にとって役立ちます。

通常のフロントガラスにはすでにある程度の UV ブロック機能が備わっていることがよくありますが、防音フロントガラスにはそれ以上のレベルの UV ブロック機能があります。これにより、車に乗っているときの安全性が高まるだけでなく、日光による車内の変色も防ぐことができ、常に役立ちます。

紫外線を減らす利点は明白に思えるかもしれませんが、通常のガラスは実際には太陽光線の強度を増大させ、日焼けやその他の皮膚の問題の発生率を高める可能性があります。

したがって、車のフロントガラスに UV ブロック技術を組み込むことで、車に乗っているときの安全性が大幅に高まります。私たちの多くが否応なく太陽にさらされるのが運転時であることを考えると、車内の紫外線レベルを減らすことは明らかなメリットです。

音響フロントガラスの短所

防音フロントガラスはあらゆる車両を完璧に改善すると考えるかもしれませんが、現実的には、これは真実から遠くありません。ただし、購入に飛び込む前に考慮すべき欠点がいくつかあります。

1. コスト

防音フロントガラスの最大の欠点はコストです。このテクノロジーはまだかなり新しいため、これを反映して高額な値札が付けられることがよくあります。たとえば、メーカーが承認した音響フロントガラスは、車両によって異なりますが、少なくとも $400 になります。

他のテクノロジーと同様に、製造が容易になるにつれて価格が下がるだけであることを心に留めておく価値があります。音響フロントガラスの価格は、市場に導入されてからすでに大幅に下がっているため、今購入できない場合は、さらに価格が下がるまでしばらく待ってください。

2. フロントガラスカバーで覆われない場合があります

車両保険が適用されるのは、今日ではかなり一般的です。 何らかのフロントガラスカバーを提供してください 欠けや亀裂が生じた場合。この補償により、全額を支払うのではなく、少額のみを寄付することができます。

ただし、音響フロントガラスは損傷の程度によってはカバーされない場合があります。幸いなことに、これを確認するのは非常に簡単で、最初に保険会社に相談するだけで済みます。

代わりに、メーカーまたはプロバイダーからフロントガラス カバーを入手できるかどうかを確認することもできます。これは最大の欠点ではないかもしれませんが、アップグレードする前に検討する価値があることは間違いありません。

防音フロントガラスには価値があるのでしょうか?

防音フロントガラスの長所と短所を分析し、その仕組みを詳しく調べたので、今度は最も重要な質問をしてみましょう。それは価値があるのか?ということです。

要するに、 より静かで快適な運転体験を望むのであれば、音響フロントガラスは間違いなく投資する価値があります。防音愛好家でなくても、防音設備を求める必要はありません。誰もが快適に運転したいと思っていると思います。

車のエンジン音がうるさい場合、または全体的な燃料効率の向上を目指している場合、防音フロントガラスは明らかな利点です。ただし、ほとんどすべての人が改善に気づくため、効果が得られるのはこれらの状況だけである必要はありません。

ただし、完全なものをお探しの場合は、 車内の防音の経験がある場合は、防音材の設置を検討してください。 マットも。良いブランドというのは、 ダイナマット、その製品は車両で使用するために特別に設計されています。振動を軽減し、エンジンの熱を遮断します。

最終的な考え

全体として、音響フロントガラスは車内の騒音レベルに顕著な違いをもたらします。それに加えて安全性や燃費も向上するので良いことばかりですよね。

覚えておくべき主な点は、防音フロントガラスは安くないため、これには金銭的投資が必要になるということです。そして、他の製品と同様に、高度になるほど高価になります。

いずれにせよ、あなたの特定の車両のオプションについて少し調べてみる価値はあります。ディーラーまたはメーカーに相談してアドバイスを確認してください。また、購入する前にオンラインで十分に調べてください。

類似の投稿