階下の隣人からの騒音を軽減する方法

全く騒音のないアパートに住むことはほとんど想像できません。隣人に静かにするようお願いするだけでは、あなたが求めている沈黙を実現するには十分ではない場合があります。ただし、これらの騒音を最小限に抑える方法はあります。簡単な手順でできるものもあれば、改修工事が必要なものもあります。

階下の隣人からの騒音を効果的に軽減するには、次を使用します。

  • カーペットとラグ
  • カーペットの詰め物と下敷き
  • パズルフロアマット
  • ホワイトノイズマシン
  • 床を遮音する
  • ドアや窓をチェックする
階下の隣人からの騒音を軽減する方法

私のものをチェックしてください のトップピック 防音カーペット・床材 

アパートに住む場合、階下隣人からの騒音は最も大きな問題の一つです。その理由は、家主は通常、床を優れた防音材で断熱することを気にせず、それが遮音性の低下につながるためです。

注意と基本的な防音知識を使えば、これらの騒音に対処するのは比較的簡単です。ただし、1 つだけを使用するだけでは十分ではない可能性があるため、上記にリストした複数の方法を組み込むことが重要であることに注意してください。

アパートから隣人の騒音を完全に排除するには通常費用がかかり、賃貸の場合はそれが不可能な場合もあります。

そして、何らかのアクションを起こす前に、対処しているノイズを正確に検出することが重要です。

下の階の隣人の騒音は聞こえますか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

カーペット・ラグ

階下の隣人の騒音に問題があることは珍しいことではありませんが、それに対処することは別の問題です。上記にリストした対策を始める前に、気になる音の正確な発生源を検出することが重要です。

階下の隣人からの騒音に対処する場合、衝撃音や空気伝播音の問題が発生する可能性が高くなります。。これらの用語に馴染みのない方のために説明しておくと、衝撃音は通常、足音や家具の引きずりなどによって発生する騒音です。

これらのノイズによって引き起こされる衝撃により表面がわずかに振動し、構造内を伝わる音波が発生します。これらの騒音は、下に住んでいる人に不快な時間を与え、上に住んでいる人の静けさに大きな影響を与えます。

一方、空気伝播騒音は空気中を伝わります。そして、これらは、階下の隣人とやり取りするときに、通常、最も問題を引き起こす音です。騒音には、話し声、テレビ、犬の吠え声、音楽などが含まれます。階下の隣人がパーティーを開いているとき、これらの騒音は睡眠や集中力を妨げます。

騒音が発生すると、階下の階から音波が伝わり天井に当たり、振動が発生します。そして最終的には騒音がアパートに伝わります。

どのサウンドを扱っているかをテストする簡単な方法もあります。階下の住人から物音が聞こえたら、床に手をついてください。

小さな振動を感じた場合は、衝撃音が発生している可能性が高くなります。一方、何も感じない場合は、空気伝播騒音に対処していることになります。

また、私のガイドもチェックしてください 上の階からの衝撃音を軽減する

これらの騒音に効果的に対処するには、騒音が床に伝わりにくいようにすることが不可欠です。これは次のようにして行われます 防音の4大要素: デカップリング、ダンピング、吸収、質量。

アパートを借りている場合、家主が大規模な改修を許可しない可能性が高く、その場合は騒音レベルを下げる簡単な方法を使用する必要があります。

階下の隣人からの騒音の問題は、単に隣人と話し合って問題に対処するだけで解決できる場合があります。建物内で、いつ音楽を流したり、大声で話したりすることを許可するかについて取り決めを行うのが非常に一般的です。

一方で、隣人も上階の騒音の問題に悩まされている可能性が高くなります。この場合、あなたと階下の隣人の両方が、音の伝わりを簡単に防ぐための簡単な予防方法を実行するのが最善です。

階下の隣人がアパートからの騒音を防ぐのに重要な役割を果たしている可能性があるため、これは素晴らしい結果をもたらします。

ただし、そのような取引が不可能な場合は、そのような迷惑なノイズに対処する独自の方法に頼る必要があります。しかし、心配する必要はありません。下の階からアパートに侵入する騒音を大幅またはわずかに抑えるために実行できる手順の詳細なリストを提供します。

階下からの騒音を軽減する方法

階下の隣人からの騒音を軽減する際の主な焦点は、床を適切に防音することです。ただし、アパートの他の部分も音の影響を受けやすい可能性があります。

床の防音対策は、既存の床材に適切な遮音材を追加することによって行われます。実際のニーズと期待に応じて、このプロジェクトを DIY で行うか、専門家を雇って代わりに行うかを選択できます。

この問題に真剣に対処する予定がある場合は、アパートの防音対策に専門家を雇うことをお勧めします。ただし、そのためにはそれなりの予算が必要になります。

アパートの所有者ではない場合は、何も侵害せずにどのような調整ができるかを正確に知るために家主に相談することが常に最善です。

多くのアパートでは、アパートの特定部分の改築に関して厳しい規則が定められています。その場合は、階下の隣人からの騒音が日常生活を妨げないように、簡単な措置を講じる必要があります。

対処している可能性のある問題を認識したので、階下の隣人からの騒音を軽減するために実行できる具体的な手順を検討することが重要です。

カーペットとラグ

カーペットとラグ

この手順は少し当たり障りのないように思えるかもしれませんが、下の階からの騒音レベルを低減しようとする場合、大きな違いを生む可能性があります。床がタイル、木材、ラミネートなどの硬い素材でできている場合、カーペットやラグを使用するとさらに効果的です。

カーペットは衝撃や空気伝播騒音の量を効果的に軽減します。 あなたはアパートに来ています。また、音の反響を減少させ、空気伝播騒音を吸収します。

床をカーペットで覆うことにより、床に必要な吸収性と制振性が追加されます。通常のフロアだけではそのような機能がないため、これは非常に有益です。

カーペットを敷くことで足音を25~30デシベル軽減できると考えられており、下の階からの騒音対策に最適です。

さらに良い方法は、床全体にカーペットを敷くことです。ただし、賃貸の場合は、まず家主に相談してください。それができない場合は、アパート全体に伝統的な敷物をいつでも敷くことができます。厚いラグを使用すると、音が床に伝わりにくくなることに注意してください。

衝撃音に頻繁に悩まされている場合は、階下の隣人にかわいいラグをプレゼントすることを検討してください。そうすることで、下の階への衝撃音を大幅に軽減することができます。もちろん、あなたがプレゼントした敷物を相手が使ってくれた場合も同様です。

すでにアパートで行っているカーペット工事と組み合わせると、騒音レベルがかなり低減されるはずです。

ご覧のとおり、追加すると カーペットを敷くことは、階下の隣人の騒音レベルを大幅に軽減する優れた方法です。ただし、カーペットだけでは不十分な場合もあります。期待する最適な結果を得るには、追加の遮音手順を実行するのが最善です。

階下の隣人からの騒音を軽減するこの方法が人気があるのには理由があります。比較的簡単に実行でき、最小限の費用で済みます。アパート全体をカーペットで覆うつもりでない限り、アパートの重要な部分をラグで覆うのにほとんど労力はかかりません。

カーペットの詰め物と下敷き

さらに一歩進んで、既存のカーペットの断熱性をさらに高めたい場合は、カーペットやラグの下にカーペットパッドを追加することを検討してください。

家の中にカーペットだけを置くと、音の振動がいくらか減少します。ただし、パディングを追加するとパフォーマンスが大幅に向上します。

これらのパッドは、PU (ポリウレタン) フォーム、スポンジゴムクラム、フェルトなどのさまざまな素材で作られており、さまざまなサイズと厚さがあり、適切な快適さを提供します。

重大な騒音問題に対処している場合は、より厚いカーペットパッドを購入することを検討してください。エコーを軽減するのに優れた効果を発揮し、フローリングへの吸収性と制振性をさらに高めます。

アパート全体にすでにカーペットが敷かれている場合は、いつでもその上に追加のパッドを追加し、パッドの上に別のラグを置くことができます。これは、下の隣人からの音がアパートに侵入するのを防ぐのに効果的です。ただし、この方法は見た目には好ましくないため、通常は最後の手段として行われます。

アパート全体をカーペットで覆う場合は、敷設する前に専用の下敷き防音パッドを使用してください。これは、適切な遮音性を探している場合に最適なヒントです。

これらの下敷きは通常、ゴム、コルク、フォームなどでできています。これらを追加すると、カーペットの密度がさらに増し、床がいくらか分離されます。

この方法は少し費用が高くなりますが、防音効果は抜群です。これは、大量にロードされたビニールを使用して行うこともできます。この材料は、優れた質量減衰能力で知られています。

これらのパッドは比較的安価なので、より良い効果が得られるので、見つけられる限り最高のものを選択する必要はありません。ただし、床全体をカーペットで覆うことはオプションではない場合があります。また、所々にラグを敷いていると、階下への騒音を十分に軽減できない場合があります。この場合、他の方法を検討する必要があります。

パズルフロアマット

パズルマットは最も簡単なものの1つです 床を防音にする方法。パッド入りのタイルと同様に、さまざまなテクスチャとサイズがあります。ただし、各部分が連動できるように設計されています。そこから「パズルマット」という名前がつきました。

これらのマットは通常、体育館、教室、遊び場などで見られます。耐久性があり、歩きやすく、掃除が簡単なため、さまざまな用途に使用されます。しかし、そのユニークな厚みのあるデザインにより、床の遮音性にも優れています。

そのデザインは、床に減衰と吸収の要素を追加します。これは、音の上昇を防ぐだけでなく、アパート内で発生する音も吸収してくれるため、優れています。

パズルフロアマットは、コルクからフォームまで、さまざまな素材で作ることができます。場合によっては、メーカーが異なる素材を組み合わせて使用することもあります。

これらのマットは、既存の床を改造して適切に断熱するオプションがない場合に最適です。軽量で作業が簡単です。これにより、分解する必要がある場合に便利で簡単に保管できます。

ありがたいことに、このようなパッドにはさまざまなデザインがあるので、自分に最適なものを選択できます。それほど高価ではないので、自分で設置することもできます。

もちろん、そのようなマットではアパート内の騒音を完全に軽減できるわけではありません。ただし、カーペットのパッドやラグと組み合わせると、さらに優れた効果が得られることは間違いありません。

このため、期待と予算を管理することが重要です。階下の隣人からの騒音を少しでも軽減したい場合は、低価格のパズルフロアマットが最適です。

ホワイトノイズマシン

背景ノイズを素早く簡単に消す方法を探している場合は、ホワイト ノイズ マシンの使用が適しています。このマシンは非常に簡単に動作します。安定した安定感のある心地よいサウンドを生み出します。これらの音は集中力を高め、他の騒音を忘れさせてくれます。就寝中に使用する人も多く、階下のうるさい隣人のことを忘れさせてくれます。

これらのマシンではサウンドの問題は解決されないことに注意してください。隣人が騒がしいと感じたときに、それらをマスクして一定時間リラックスできるようにするだけです。 

ホワイト ノイズ マシンは、永続的な問題解決に適しているとは考えられていません。事前に防音工事を行っている場合、これらの機械のパフォーマンスは大幅に向上します。

フローリングを完全にリフォームできる場合は、次のステップで階下の隣人の騒音をなくすことが最善の方法です。

床に遮音性を追加する

床に適切な遮音材を追加するのは間違いなく、そのような作業に慣れていない限り、専門家の助けが必要な作業です。

もちろん、これは自動的に、この方法の価格が上でリストしたより単純な方法よりもはるかに高いことを意味します。

依頼する専門家によっては、断熱技術も若干異なる場合があります。防音床に投資する金額に応じて、高品質の素材を使用することも、他の安価なオプションを使用することもできます。

いずれにせよ、4つの防音要素を組み込む必要があることを常に念頭に置く必要があります。

このプロジェクトを DIY で行うことを考えている場合、床を持ち上げた後、2 枚の合板を追加し、それらを緑色の接着剤で取り付けるのが最善の解決策です。この断熱サンドイッチは、床に追加の質量と減衰機能を提供します。フローリングを返却した後、吸音下地を敷いてカーペットを敷くのがベストです。

また、すでに行った防音工事に影響を与える可能性があるため、カーペットと壁の間の隙間を埋めることを忘れないでください。上で説明した方法は簡単そうに見えますが、友人に助けを求めるか、専門家のアドバイスを求めることが常に最善です。

専門家に依頼している場合、床の断熱にグラスファイバー、弾力性のあるクリップ、その他の素材が使用されていることを知っても驚かないでください。すでに述べたように、それはすべて顧客の予算次第です。

ドアや窓をチェックする

窓

上記の手順の一部を実行しても、階下の隣人からの騒音が依然として発生する場合は、ドアと窓を確認する必要があるかもしれません。

ドアや窓が明らかな問題の原因ではない場合もあります。ただし、階下の隣人の音に対処する場合には大きな影響を与えます。

階下の隣人が話したり、音楽をかけたりしているときに窓が頻繁に開いている場合、空気伝播音が彼らのアパートから出てあなたのアパートに入りやすくなります。

このため、窓をチェックして、窓と窓枠の間に隙間がないか探す必要があります。気付いた場合は、ウェザーストリップを使用してカバーすることを検討してください。

通常、ドアは壁の中で遮音性が最も弱い部分です。下の隣の家も空洞のドアを持っている場合、音がアパートに簡単に伝わります。これに対処する方法はたくさんあります。最善の方法は、中空のドアをより重い素材で作られたドアに交換することです。

予算が限られている場合は、騒音の侵入を防ぐために、ウェザーストリップやドアスイープを追加することもできます。

問題が発生しているサウンドを完全に削除することはできないことに注意してください。しかし、上に挙げたいくつかの手順を組み合わせることで、階下の隣人の騒音を大幅に軽減することができます。

類似の投稿