防音工事は Wi-Fi や電話信号に影響しますか?

自分ではかなり上手だと思う一方で、 防音, 自分の専門知識がエレクトロニクスにまで及ぶとは思えません。私の友人が最近、防音効果はあるのかと尋ねました。 Wi-Fi と電話信号があったので、さらに詳しく調べてみることにしました。

では、防音は Wi-Fi や電話信号に影響を与えるのでしょうか? 全体として、Wi-Fi と電話信号は電磁波であり、音は圧力波であるため、防音工事の影響を受けません。ただし、Wi-Fi と電話の信号は、厚いまたは高密度の防音材によってわずかに低下する可能性があります。 

防音工事は Wi-Fi や電話信号に影響しますか

壁が特に厚い場合は、最大でも信号強度が多少低下する可能性がありますが、防音ソリューションは通常、Wi-Fi や電話信号に大きな影響を与えることはありません。この記事では、これが当てはまる理由の背後にある科学と、Wi-Fi 信号に最も影響を与えるものについて説明します。

防音工事は Wi-Fi や電話信号に影響しますか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音工事が Wi-Fi や電話の信号強度に大きな影響を与えない理由を理解するには、これらの仕組みの背後にある科学を理解する必要があります。科学を理解すると、すべてがより明確に見えるようになります。

音波から始めましょう。音波は、さまざまな周波数で発生する空気粒子の振動によって発生します。低音などのより低い周波数は、粒子を振動させるために使用するエネルギーが少ないため、空気中をより遠くまで伝わります。

これが理由です 防音が効く場合が多い 断熱材と同様、本質的に同じ問題、つまり空の空間に対処するものです。したがって、質量を追加し、音波が物体を通過するのを防ぐことによって防音が達成されます。

もちろん、防音対策には他にもたくさんありますが、これがその背後にある基本原則です。空の空間が少なく、物体の質量が大きい(つまり重い)場合、音波は容易に振動できず、騒音は壁を通過しません。

一方、Wi-Fi と電話の信号は電磁周波数であるため、まったく異なる働きをします。。これが、電波が固体物体を通過できる理由です。電波の周波数は固体物体を通過するのに十分に高いためです。

ただし、Wi-Fi 信号が厚い固体の物体によって影響を受けることはおそらく誰もが知っています。あなたがそうしているなら、これがあなたの主な問題になるでしょう 部屋の防音 壁の質量を増やすと信号強度に影響を与えるため、Wi-Fi を使用したい場合に使用します。

とはいえ、使用する素材にもよりますが、影響は最小限であるはずです。 部屋の防音。たとえば、乾式壁をさらに追加すると、EMF 波は、乾式壁を使用した場合よりもはるかに容易に通過します。 消音マット (のように これです アマゾンで)。

本質的には、 防音は Wi-Fi と電話信号とは異なる科学に基づいて機能します。ですが、どちらも質量の影響を受けるという点でわずかなクロスオーバーがあります。ただし、音波は EMF 波よりも質量の影響を大きく受けるため、この 2 つの間の適切なバランスを見つける方法は確実にあります。

また、覚えておくことが重要です Wi-Fi と電話の信号は、物体の密度よりも距離の影響を大きく受けます。。現実的には、 防音製品が Wi-Fi 強度に与える影響はごくわずかです 一般的な物件で発生する距離を超えます。

Wi-Fi と電話信号に最も影響を与える製品

一般に、そのように設計されていない限り、Wi-Fi 信号強度に大きな影響を与える製品はほとんどありません。ただし、Wi-Fi 信号強度に大きな影響を与える防音に使用できる、非常に標準的な建築材料がいくつかあります。主な犯罪者は次のとおりです。

1. フォイルバック絶縁体

防音断熱

グラスファイバーのキャビティ壁断熱材は、建築、特にライニングに使用される非常に一般的な製品です。 スタッド壁. 私のおすすめの断熱材をチェックしてください。

ただし、この断熱材の多くにはホイルの裏地があり、いくつかの目的がありますが、主に熱を反射することです。結局のところ、この断熱材は主に熱を保つためのものですが、防音にも役立ちます。

問題は、このホイルの裏地が Wi-Fi 信号を遮断するのに優れていることです。フォイルは、Wi-Fi や電話信号を含む EMF 波の導体です。これで部屋を断熱すれば、自分だけのファラデーケージを作るのもそう遠くありません。

防音プロジェクトの一環として壁を取り壊し、フォイルバック断熱材が充填されていることに気付いた場合は、すぐに剥がしてください。防音性が高いだけでなく、Wi-Fi 信号にも影響を与えない遮音材に交換する方がはるかに良いでしょう。

2.コンクリート

これは簡単なことのように思えますが、頑丈なコンクリートの壁は Wi-Fi や電話の信号をブロックするのに最適です。おそらく、古いコンクリートの建物に足を踏み入れた瞬間に、電話の信号が途切れることに気づいたことがあるでしょう。もちろん、Wi-Fi にも同じことが当てはまります。

当然のことながら、硬いコンクリートの壁を交換するのに実際にできることはあまりありません。そのため、たとえ家中に長い電話ケーブルを配線することになっても、Wi-Fi ルーターを部屋の中に移動して、この問題を回避してください。

逆に、頑丈なコンクリートの壁は、防音室に最適なものの 1 つです。コンクリート壁の厚さは、一般に非常に堅くて密度の高い材料であるという事実と同様に役に立ちます。

ただし、すでに頑丈なコンクリートの壁のある場所に住んでいる場合は、しばらくの間この問題に対処している可能性があり、部屋を防音にしてもほとんど違いはありません。

私のものをチェックしてください コンクリート壁の防音対策ガイド.

3. たくさんの家具

信号強度が大幅に弱くなるため、Wi-Fi ルーターを家の隅やキャビネットの中に隠さないように、とすでに言われたことがあるかと思います。これは単純に、家具によって部屋の質量が大きくなり、Wi-Fi 信号が反射する面が増えるためです。

実際、それは私の中に居場所を見つけます 部屋を安く防音にするリスト.

ただし、コンクリートと同じように、部屋に家具を追加することは、騒音公害を軽減するための簡単な解決策です。とはいえ、すべてが適切に配置されている限り、家具や Wi-Fi や電話の電波に大きな影響を与えることはありません。

たとえば、ソファやベッドなどの上に届くように、Wi-Fi ルーターを適度に高いキャビネットの上に置きます。これにより、信号と受信デバイスの間に障害物が少なくなります。

防音と Wi-Fi および電話信号強度のバランスを見つける

防音室で Wi-Fi や電話の信号をブロックする場合の最大の問題は、質量が増加することです。これは部屋の防音に最も効果的な方法の 1 つですが、信号強度にも最大の影響を与えます。

Wi-Fi や電話の信号強度への影響が心配な場合は、部屋の防音対策を賢く行ってください。 2 つの問題のバランスを適切に保つには、次のヒントを考慮してください。

  • 最後のオプションとして質量を使用します。 まず、デカップリングやダンピングなど、さまざまな方法で音響を扱うことを検討します。これらは実際の振動ではなく残響の問題に対処します。
  • ルーターを移動するだけです。 防音プロジェクトを計画している場合は、壁に何らかの変更を加える可能性があります。その場合は、そこにケーブルを通して、その部屋に Wi-Fi ルーターを設置できるようにします。これにより、可能な限り最高の信号強度が得られます。
  • EMF 波を伝導または反射する物質は避けてください。 これらには、金属、箔、ガラスなどがありますが、幸いなことに、いずれにしても防音プロジェクトには適していません。
  • ルーターの設置場所には注意してください。 可能であれば、Wi-Fi ルーターは信号が必要な場所の中央に配置し、障害物の上に配置する必要があります。これが現実的でない場合は、部屋の中で最も重い物の上に設置してください。
  • 信号を増幅します。 電話信号ではこれは不可能ですが、防音室の中または近くに Wi-Fi アンプを設置すると、実際の信号がはるかに強くなり、問題を効果的に解決できるはずです。
  • 防音製品をぜひチェックしてみてください。 Quietrock などの一部の遮音材には、実際には繊維の中に小さな金属粒子が含まれていますが、これは明らかに役に立ちません。使用している製品に隠れた金属が含まれていないことを確認してください。

幸いなことに、防音プロジェクトで使用する材料のほとんどは、Wi-Fi や電話の信号強度にほとんど、またはまったく影響を与えません。たとえば、次のような密度の高い製品でも、 大量に充填されたビニール (アマゾンのリンク) または ロックウール 信号強度にはほとんど影響しません。

覚えておくべき最も重要なことは、音波は空気粒子の振動を通じて機能するということです。これは、電磁周波数をブロックするよりもはるかに管理しやすい問題です。防音効果に優れた十分な断熱材と質量を備えた壁であっても、EMF 波は周波数がはるかに高いため、EMF 波を通過させます。

結論

質量が Wi-Fi と電話の信号強度にある程度の影響を与えることはすでに知っていましたが、この影響が非常に小さいことを知ることは役に立ちます。同様に、他の防音オプションが信号強度に影響を与えないことがわかっているということは、プロジェクトにはまだたくさんの選択肢があることを意味します。

ただし、Wi-Fi ルーターを移動するか、アンプを設置する方が問題を解決するはるかに簡単な方法であることを覚えておいてください。

類似の投稿