金属屋根と金属ドアを防音する方法

金属製の天井やドアは防音が難しいです。この記事では、その方法について説明します。

金属屋根から始めましょう。

金属屋根は最も費用対効果の高い屋根スタイルの 1 つです。寿命は永久的で、取り付けが簡単で、非常に耐久性があります。この屋根シートは他の屋根シートの中で最も優れているように思えますが、降雨、みぞれ、ひょう嵐の際に非常にうるさいという評判があります。

金属屋根とドアを防音する方法

ありがたいことに、金属屋根にかかる大きな雨音を軽減するためにできることがいくつかあります。断熱材や建物の障壁などは、騒音の影響を軽減する効果的な方法です。効率的で、多額の費用を費やす必要はありません。

雨、ひょう嵐、みぞれなどの自然の要素から完全に防音できる屋根はありませんが、新築または既存の建物で金属屋根とドアの騒音を軽減するオプションはあります。

金属屋根の防音効果

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

金属屋根への騒音の影響を軽減するために使用される方法を検討する前に、金属屋根の騒音を遮断することに関連する利点があります。

  • 騒がしい屋根の下で会話をするのは、たとえ相手が近くにいたとしても、大声で話さなければならないため、ストレスやイライラを感じることがあります。屋根を防音にすればこの問題は解消されます。
  • ストレスの多い一日を過ごした後は、休んで至福の睡眠をとりたいものです。雨の日だと達成できないかもしれません。金属屋根の騒音で一晩中眠れなくなることもあります。騒音を減らしたいですか?さあ、防音してください。
  • 私たちの多くは、金属屋根を設置することで得られる利点のため、金属屋根を選択します。ただし、その音を聞くと考え直されるかもしれません。簡単な解決策は防音工事です。そうすれば、騒音の影響に耐えることなく金属屋根の利点を享受できます。
  • 金属屋根を防音すると、特に夏の間、家の涼しさを保つことができます。

金属屋根の防音方法

あなたの家に防音金属屋根を提供するために採用できる可能な方法を見てみましょう。

屋根用ファスナー

金属製の屋根とドアを適切に取り付けるにはメーカーのガイドが必要です。ガイドから脱線すると屋根に騒音が発生する傾向があります。

金属屋根に関連する騒音係数は、シートの安全性と大きく関係しています。また、留め具の数が少なかったり、留め具がしっかりしていなかったり、留め具の位置が間違っていたりすると、雨やひょうに当たると屋根が動いてしまう傾向があります。

このスタイルの屋根シートは軽量であるため、風によって簡単に損傷したり破壊されたりする可能性があります。温度の変化により屋根が収縮または収縮するため、騒音の問題は時間の経過とともに悪化する可能性があります。屋根の騒音を軽減するために、留め具を検査して交換することができます。

屋根の金属と木製のネジが、取り付け時に使用されたものであることを確認してください。一般的な屋根用ネジには、六角頭と、金属を所定の位置に保持するために端にゴムが付いたスチール製ワッシャーが付いています。使用しているファスナーの種類が違う場合は、シーツを固定するだけでなく水漏れも防ぐことができるので、変更したほうがいいかもしれません。

仕上げと断熱

物理的な障壁は、屋根から家の内部への騒音の伝達を軽減します。物理的な障壁を設置すると、違いに気づくでしょう。

完成した乾式壁の天井を、未完成のアーチ型天井のある部屋またはフェンスで囲まれたポーチに取り付けることで、騒音を減らすことができます。同様に、屋根裏部屋に断熱材を追加して、騒音の伝達を遮断することもできます。

グラスウール断熱材は、結露を防ぐためにメンタルルーフィングで使用するために特別に設計されており、騒音低減にも優れたソリューションです。防音断熱材を使用する背後にある考え方は、可能な限り多くの表面積を覆うことです。

徹底的に作業したい場合は、フォームギャップフィラーが良い代替品です。この作業を行う際は、フォームギャップフィラーが混乱を引き起こす可能性があるので、必ず注意してください。

最も効果的な方法はスプレーフォーム断熱材です。電話すれば、迅速かつ割引料金で手続きをしてくれる会社があります。 DIY タイプの場合は、購入できるキットがあります。正しい測定値を取得し、説明書をよく読んでください。

屋根のプロファイル

金属屋根の形状は騒音レベルに影響を与える可能性があります。平坦または垂直シーム金属屋根は屋根デッキを包み込み、振動が少なくなる傾向があります。波形屋根(丸型)よりも平らな形状の方が騒音が少ない場合があります。

実際には形状の違いに気付かないかもしれませんが、より高く、より複雑な形状の金属板は、より平らな屋根材よりも硬く、騒音が少ない傾向があります。ただし、どれも音が大きいため、どれを選択しても実用的である必要があります。

屋根下地材

既存の金属屋根を防音しようとしている場合、この方法は難しいように思えるかもしれませんが、屋根は 下敷き おそらく、これが騒音低減において最も効果的な唯一の手段である可能性があります。ゼロから構築する場合、それは常に素晴らしいアイデアです。

騒音に対処するには、金属シートを配置する前に屋根の最下位レベルに合板または OSB を設置します。高価なものである必要も、厚いものである必要もありません。

既存の屋根の交換を検討している場合のもう1つの良いアイデアは、金属屋根を既存のもので覆うことです。アスファルトシングル屋根ではより効果的に機能しますが、このスタイルが許可されているかどうかを最初に地元の建築基準法で確認してください。

シーリング

屋根が完成しているかどうかで、金属屋根からの騒音レベルが決まります。乾式壁ですべてを閉じることができます。

騒音を減らすためにできる最善の方法は、自分自身と外部の金属表面の間に物理的な障壁をできるだけ多く設けることです。

金属製のドアを防音にする方法

上記のすべての方法は金属屋根を防音する方法について説明しましたが、次に金属ドアを防音する方法について話しましょう。

防音金属製ドア自宅で仕事をしている場合は、どんな小さな音でも気が散り、一日中生産性が低下する可能性があることが理解できるでしょう。

以下のポイントは、金属製ドアを騒音干渉から管理するのに役立ちます。

隙間や亀裂をふさぐ

亀裂を閉じることは、最も簡単で、迅速で、最も手頃な方法と思われるため、私がお勧めする最初のステップです。ドアの周りの穴や隙間は、出入り口から音が漏れる原因の 1 つです。

どこの亀裂が特に重要でないサイズであるかを判断するには、このプロセスを試してください。

  • 部屋の電気を消してください。
  • 誰かにドアの向こう側で懐中電灯を持ってもらいます。
  • 隙間から光が差し込むので、場所を特定するのに役立ちます。
  • 大きな亀裂には音響シーラントを使用し、小さな亀裂にはレッドデビルスモールギャップフォームを使用できます。

ウェザーストリップテープのご紹介

ウェザーストリップテープはグラスファイバーなどの吸音材から作られているのは知っています。通常、ガレージのドアの下部に使用され、ほこり、汚れを防ぎ、音を吸収します。多くの場合、接着剤が付属しているので、すぐに設置でき、簡単に撤去できます。

ウェザーストリップにはゴム、接着剤を焼き付けた形状、ビニールなどのさまざまな形状があり、どの程度シールするかによってウェザーストリップの選択が決まります。

ドアガスケット

ドアのガスケットもウェザーストリップと同じように作業すると、同様の結果が得られます。違いは、ガスケットが少し高価ですが、より効果的であることです。

ガスケットは金属製のドアでより効果的に機能し、磁気ストリップがドアをグリップし、外部の音を遮断します。このテクニックはウェザーストリップほど簡単ではなく、もう少し作業が必要です。

防音毛布

動くシートはドアの証拠として役立ちます。驚くべきことですが、本当です。引越し用ブランケットは、引越し業者が家具やその他の貴重品を亀裂、衝撃、傷から守るために使用するものです。これらの材料は非常に厚く高密度であり、このような材料が優れたノイズ吸収性を発揮することがわかっています。

これらのブランケットはグラスファイバーで作られており、音を遮断する必要があるときはドアに掛けておくことができ、必要のないときは取り外すことができます。

このスタイルの防音の欠点は、見た目に魅力がないことです。あなたが派手なタイプであれば、それがどんな役に立つかに関係なく、オフィスのどこにも掛けたくないかもしれません。

ドアスイープ

ウェザーストリップを使用すると、ドア周囲の亀裂や穴からの音を遮断できますが、最も重要な開口部であるドアと床の下のスペースはどうでしょうか?ドアスイープは、隙間風や昆虫がドアから侵入するのを防ぐ吸音製品の素材です。

ただし、この防音方法はウェザーストリップやガスケットほど取り付けが簡単ではないことに注意してください。スイーパーを床にネジで穴を開ける必要があります。

ドア掃除はエネルギーを節約します。ドアの隙間から冷却空気が漏れるのを防ぎます。

防音セントラルの関連記事

あなたがご自宅にどのような防音スタイルを採用することに決めたとしても、この記事が決定に役立つことを願っています。

類似の投稿