窓を交換せずに防音にする方法: ノイズキャンセリング Windows ソリューション

にぎやかな通りからの騒音や隣人の大音量の音楽に常に悩まされていますが、窓を交換する手間と費用はかかりたくないですか?あなたは正しい場所にいます。

窓を交換せずに防音窓を実現

窓を交換せずに防音窓を設置することは可能であるだけでなく、経済的かつ効果的です。

このガイドでは、自然光を妨げず、生活空間を平和な聖域に変える方法を説明します。大金を支払ったり、美観を損なうことなく、静けさを実現する方法を詳しく見てみましょう。

窓の防音に関する一般的な課題

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

まず、窓を防音にしようとするときにどのような問題に対処しているかを知る必要があります。

既存の窓は、外部の騒音を家に侵入させる最も弱い部分です。あなたが費やしたすべての時間、労力、お金は、 家の防音 あるいは、窓について何もしなければ部屋が無駄になってしまいます。

窓は光と換気のために不可欠ですが、静かな家を追求する上で最も弱い部分になることがよくあります。そのデザインと素材は、防音の分野で独特の課題をもたらします。

音波の性質

音波は本質的には空気中を伝わる振動です。これらの波が壁や窓などの障壁に当たると、一部は反射され、一部は吸収され、一部は通過します。

窓はその構造と材質により、これらの波をより多く通過させてしまうことが多く、騒音障害の原因となります。

音漏れ: 沈黙の犯人

交通騒音と近所の犬の吠えが眠れない夜を引き起こしていませんか?最も可能性の高い原因は、家の中に音が漏れているドアや窓です。

音漏れの原因となる問題は次のとおりです。

  • 隙間と隙間: 窓枠の中や周囲の小さな開口部であっても、外部騒音の侵入口となる可能性があります。通りからの話し声であれ、車のクラクションであれ、これらのギャップは家の静けさを著しく損なう可能性があります。

  • 風化と経年変化: 窓が古くなると、シールが劣化し、フレームが歪む場合があります。この自然な磨耗により隙間が増加し、その結果、騒音の侵入が増加する可能性があります。

ウィンドウ設計の限界

ウィンドウ設計の限界

壁とは異なり、ドアや窓には音の出入りを遮断するほどの質量がありません。

質量は防音において重要な要素です。乾式壁とMDFは質量が大きいため、騒音低減に効果的です。窓はその逆で、仕事をするには軽すぎるのです。

もう一つの問題は、ガラス自体が振動しやすいことです。これが最も顕著に現れるのは、 大音量の音楽を再生する 部屋で。ただし、低空飛行の航空機が家の上空を通過する空港の近くに住んでいる場合を除き、大音量で映画を見たり音楽を聴いたりしない場合は問題ありません。

ウィンドウの設計によって課される制限を以下に示します。

  • 材料の選択: ほとんどの窓はガラスでできていますが、この素材はその性質上、音を遮断するのがあまり得意ではありません。ガラスの種類と厚さは、防音性能に大きく影響します。

  • シングルペインとダブルペイン: 単板窓 音に対する抵抗を最小限に抑えます。対照的に、間に空隙がある二重窓 (二重ガラス窓とも呼ばれる) は、より優れた性能を発揮します。 遮音性。しかし、それらにも限界があります。

  • 振動と共鳴: 特定の音の周波数を受けると、窓が共鳴したり振動したりすることがあります。これにより、特に窓の材質が外部ノイズと同じ周波数で共振する場合、ノイズが侵入するだけでなく、増幅されることもあります。

問題を悪化させる外部要因

  • 場所の課題: 自宅が交通量の多い道路、線路、空港、または工業地帯の近くにある場合、外部の騒音レベルが大幅に高くなる可能性があり、防音対策がさらに困難になります。

  • 気候要因: 窓に当たる雨や強風により、さらに騒音の問題が発生する可能性があります。これらは散発的ではありますが、それでも家庭内の平和を乱す可能性があります。

完全な沈黙に対する誤解

現実的な期待を設定することが重要です。さまざまな防音方法で騒音の侵入を大幅に減らすことができますが、完全な静寂を達成することはほぼ不可能です。目標は、騒音を快適なレベルまで最小限に抑え、リラックスして空間を楽しんでいただけるようにすることです。

窓を交換せずに防音する方法

家の既存の窓を厚い二重窓に交換するなどの解決策について聞いたことがあるかもしれません。しかし、それはあなたが望んでいることではありません。そうでなければ、この投稿を読むことはないでしょう。

ほとんどの住宅所有者は、費用がかかるため、この解決策を好まないでしょう。これは、賃貸アパートに住んでいる人にとっては選択肢ではありません。したがって、窓を交換せずに防音窓にすることが最善の方法です。

メソッドに入る前に、私のすべてのメソッドをチェックしてください。 窓の防音ソリューション (交換も含む)。

1.隙間をふさぐ

防音シーラントで隙間を塞ぐ

先ほども述べたように、窓枠の周りの隙間、亀裂、裂け目は、音が直接家に漏れる原因となります。最初の最も重要なステップは、これらを封印することです。隙間は主に窓が壁と接する端に見られます。

これらをシールするには、発泡フォームや従来のコーキングなど、いくつかの方法があります。ただし、発泡フォームは少し扱いにくい場合があり、従来のコーキングは長期的には亀裂が発生しやすいです。

このタスクに対する最適なソリューションは、 音響シーラント (アマゾンで見てください)。吸音シーラントは音を遮断するのにかなり優れており、数年間持続します。まともな音響シーラントのコストは、28 オンスのチューブで $20-30 です。

2. ウィンドウプラグを作成する

窓栓

簡単に言えば、ウィンドウプラグは、内側から窓に「差し込んで」遮断するために作成できるものです。 部屋に出入りする音.

窓プラグは取り外し可能です。つまり、窓を使用して光と新鮮な空気を取り込みたいときはいつでも取り外すことができます。

窓栓 7つの簡単なステップで構築できます。

ステップ1

窓プラグの最大の深さを決定するために、窓枠の深さを測定します。たとえば、窓枠の奥行きが 6 インチの場合、プラグの奥行きは約 4 インチにする必要があります。

ステップ2

ウィンドウプラグが収まる隙間の長さと幅を測定します。プラグはぴったりと収まる必要があるため、できるだけ正確に測定する必要があります。

ステップ3

窓プラグの正確な寸法に一致するフレームを構築します。フレームを強化するためにクロスサポートを作成します。敷居の深さまたはフレームを作成するその他の素材に応じて、1x4 または 1x2 を使用します。窓枠にフィットして設置されていることを確認してください。しっかりと入っていれば外れることはありませんのでご安心ください。

ウィンドウプラグ取り付けガイド

窓の隙間の寸法を測ります。

窓栓用フレーム

フレームが構築されます。これを断熱材で満たし、両側をMDF 2枚で閉じます。

ステップ4

厚さ1/2インチの0.5インチMDFシートが2枚必要です。 MDF シートがフレームを覆って箱を形成します。シートをサイズに合わせてカットし、1枚を貼り付けます。

ステップ5

開いたボックスの内側に断熱材を追加します。断熱材は防音に最適な低密度のふわふわしたグラスファイバーでなければなりません。完了したら、もう一方のMDFシートで箱を密閉します。

ステップ6

フレームの周囲に沿ってフェルトテープの薄い層を貼り付けます。これにより、窓プラグをぴったりと取り付けることができ、窓枠の擦り傷も防ぐことができます。

ステップ7

ウィンドウプラグの側面前面に2つのハンドルを取り付け、プラグの取り付けと取り外しが簡単にできるようにします。

窓の防音にどのような効果があるのでしょうか?

  • MDF ボックスはかなりの質量を持ち、音を遮断するのに役立ちます。

  • 断熱材は音エネルギーの散逸に役立ちます。

  • プラグと窓の間に隙間があると、両者が隔離され、防音効果が得られます。

  • 外部ノイズの低減は顕著ですが、100% ほどではありません。これは高価な材料を使用する場合にも当てはまります。

これ以上何ができるでしょうか?

  • 特にお子様が家の中にいる場合は、ラッチ ロックを取り付けて安全性を高めてください。

  • 窓のブラインドを固定して、外からプラグが見えないようにすることができます。

  • MDF層を追加することで防音効果を高めることができます。 Green Glue のような騒音減衰化合物.

3. ウィンドウインサートを追加する

防音窓インサート

ウィンドウインサートは、既存の窓の内側に取り付けることができるアクリルまたは合わせガラスで作られた二次的な窓ガラスです。窓枠の内側にぴったりとフィットするように設計されており、断熱材として機能するエアポケットを作り出します。

利点

  • ノイズ減少: 追加された層とプライマリ ウィンドウとインサートの間に閉じ込められた空気により、騒音の侵入が効果的に低減されます。

  • エネルギー効率:部屋の断熱にも役立ち、省エネにもつながります。

  • 簡単インストール: ほとんどの窓インサートは専門家の助けなしで取り付けることができ、取り外しも可能です。

制限事項

  • 料金: 高品質のインサートは比較的高価になる場合があります。

  • 美学: 目立たないように設計されていますが、窓に追加のレイヤーがあるというアイデアを好まない人もいるかもしれません。

4. 防音カーテン

防音カーテン

防音カーテン 音を吸収して遮断するように特別に設計された素材で作られた厚くて密度の高いカーテンです。

利点

  • 多用途性: さまざまなデザインと色があり、防音効果を提供しながら部屋の美観を高めることができます。

  • 使いやすさ: 通常のカーテンと同様に、必要に応じて引いたり引いたりできます。

  • 追加の断熱材: 音以外にも光と冷気を遮断し、部屋の快適さを高めます。

制限事項

  • 部分防音: 騒音は軽減されますが、窓全体の防音には他の専用の方法ほど効果的ではない可能性があります。

5. マスロードビニール (MLV)

大量充填ビニール (MLV)

MLV は、非毒性の金属を配合した柔軟で緻密な素材であり、その薄さにもかかわらず重量級の防音ソリューションとなります。

利点

  • 多用途性:壁、天井、床、窓周りなどに使用できます。

  • 効果的な遮音壁:特に低周波ノイズの遮断に優れています。

  • 簡単インストール: 好みのサイズにカットして、釘、ネジ、接着剤などで貼り付けることができます。

制限事項

  • 美学: MLV は見た目があまり魅力的ではないため、他の素材や装飾の陰に隠れてしまうことがよくあります。

  • 料金: 高品質の MLV は価格が高くなる場合があります。

6. 吸音パネルを追加する

窓を防音するための吸音パネル

吸音パネルは室内のエコーや残響を軽減する吸音材です。多くの場合、フォーム、布地、またはその他の多孔質素材で作られています。

利点

  • 音の質: 騒音の侵入を軽減するだけでなく、部屋の内部音響を向上させることができます。

  • バラエティ: さまざまなサイズ、色、デザインをご用意しており、創造的なお部屋の美学を実現します。

  • 簡単インストール: 壁、天井に取り付けたり、スタンドアロンユニットとして設置したりできます。

制限事項

  • 空間: 壁や床のスペースを占有する可能性があるため、小さな部屋には理想的ではない可能性があります。

  • 粉塵の蓄積: 一部の素材、特にフォームはほこりを引き寄せる可能性があるため、定期的な清掃が必要です。

7. ウィンドウトリートメント

騒音低減ブラインド

ブラインドとウィンドウ トリートメントは、プライバシーと光の制御だけを目的とするものではありません。防音の役割も果たせます。

従来のブラインドは防音を念頭に置いて設計されていない場合がありますが、騒音低減機能を強化できる特殊なオプションや技術があります。

防音ブラインドの種類 ウィンドウズ

  • セルラーシェード: 空気を閉じ込め、断熱性を提供するハニカムデザインで作られています。閉じ込められた空気は温度と音の両方に対する障壁として機能するため、騒音の侵入を軽減したい人に人気の選択肢となっています。

  • 縦型ブラインド: 厚い素材で作られたこのブラインドは、特に完全に閉じたときに外部の騒音を軽減します。重なり合うデザインにより、追加の防音層が提供されます。

  • ローラーブラインド: これらのブラインドは、特に緻密な素材で作られている場合、防音壁として機能します。厚みと防音効果をさらに高めるために、遮光ローラー ブラインドをお選びください。

追加の窓処理:

  • 窓飾りとコーニス: 防音には直接寄与しないかもしれませんが、ウィンドウトリートメントの上部を密閉し、音漏れを防ぐのに役立ちます。

  • ウィンドウフィルム: これらの薄い層を窓ガラスに追加して、振動を減衰し、騒音の伝達を低減できます。

防音性を高めるための追加のヒント ウィンドウズ

ここでは、窓を交換せずに防音窓にするための追加のヒントをいくつか紹介します。

  • レイヤリング: MLV を併用するなど、複数の方法を組み合わせます。 防音カーテン、強化された防音性を提供できます。

  • 通常のメンテナンス: シール、カーテン、インサートなど、すべての防音追加物が定期的にチェックされ、最適なパフォーマンスが得られるように維持されるようにしてください。

  • 専門的な相談: 特定の状況に最適なアプローチがわからない場合は、防音の専門家に相談することを検討してください。

最終的な考え

正しくアプローチすれば、交換せずに窓を防音にすることは妥当な予算内で確実に可能です。

隙間を塞いで質量を加えることが重要です。一般の人にとって、この投稿で紹介した方法はかなり効果的です。

参考文献

類似の投稿