防音ブランケット: 効果はありますか?これが真実です

寝室やリビングスペースを防音にすることは、家の平和な雰囲気を維持する方法の 1 つです。防音毛布を宣伝する人もいますが、本当に効果があるのでしょうか?

防音ブランケットは周囲の騒音を吸収する効果があります。騒音を完全に遮断することはできないかもしれませんが、防音ブランケットは不要な音を大幅に軽減または減衰させるバリアとして機能します。

防音毛布は本当に効果があるのか

この記事では、防音毛布の効果や仕組み、どんなシーンで使うのが最適なのかを解説します。

こちらもお読みください: サウンドブランケットとムービングブランケット – 主な違い

防音毛布はどのくらい効果があるのでしょうか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音ブランケットは騒音軽減に非常に効果的です。防音ブランケットを壁に掛けるだけで、入ってくる騒音の量を最大 80% 軽減できます。

防音ブランケットの効果は、使用される素材の品質に大きく依存します。

これらのブランケットの STC (音響透過クラス) 評価は、それらがフィールドテストされ、それに応じて評価されたことを示しています。の STC 評価が高いほど、防音毛布が音を除去する効果が高くなります。 

その他の方法については、この記事をご覧ください 壁から伝わる音を軽減する.

次の特性は、防音ブランケットの全体的な有効性に貢献します。

  • 密度
  • 厚さ
  • 素材の種類
  • 騒音の種類
  • 騒音の大きさ
  • 毛布の縫い目

防音毛布はどのように機能しますか?

防音ブランケットは、音を吸収する高密度の層状の素材で作られているため、騒音を軽減するのに効果的です。

これらのマテリアルは次のもので構成されます。

防音ブランケットは、高密度のバリアを形成する複数の層で設計されています。彼らは 吸収する 部屋の周りで反射するあらゆる音波。音は最初の層を通過し、防音ブランケットの各内層に近づくにつれて減少します。

防音ブランケットはどのような種類の騒音を最小限に抑えますか?

防音ブランケットは、さまざまな種類の騒音を吸収し遮断するのに最適です。あらゆる騒音問題に対する優れた解決策であり、市場にある他の多くの防音オプションよりもはるかに手頃な価格です。

防音に関しては、屋内の騒音と屋外の騒音という 2 種類の騒音を最小限に抑えることを目指す必要があります。

車内騒音 住宅内部で発生する音のことを指します。これには、人々が話している音、電化製品が動作している音、子供が遊んでいる音などが含まれます。これは家庭内で最も一般的な騒音であり、騒音を部屋から逃がしてほしくないものです。

外部の騒音 通過する車、近所のステレオから流れてくる音楽、屋外で行われている工事など、外界から来る騒音を指します。このような音が部屋に入ってくるのは望ましくありません。

防音毛布はどのように使用できますか?

防音毛布の素晴らしい点は、その多用途性です。恒久的に設置する必要がなく、必要に応じて簡単に取り出して別の場所に配置できます。防音ブランケットはニーズに合わせてさまざまな方法で使用できます。 

騒音の大きい家電製品の上に掛けてください 

騒音の大きい家電製品の上に防音ブランケットを掛けると、その家電製品が置かれている部屋の騒音を抑えることができます。音が完全に消えるわけではありませんが、かなり軽減されます。 

洗濯機や乾燥機など、日常生活に支障をきたす可能性のある家電製品は数多くあります。騒音の大きい家電製品は長時間稼働することが多いため、これらの機器の近くに住む人にとって防音毛布があると役に立ちます。 

壁に掛けてみましょう

防音ブランケットを壁に掛けると、騒がしい部屋の音を吸収したり、外部の騒音を遮断したりするのに最適な方法です。騒々しい隣人の隣のアパートに住んでいる人や、家具がないために家の中に空きスペースがあり、反響する可能性がある人に最適です。 

理由が何であれ、防音ブランケットを壁に掛けると、部屋の周りの壁から反射する音をキャッチし、騒音レベルを許容できる音量まで下げます。

床と天井に置きます

複数階建ての家を他の人と共有すると、多くの騒音が聞こえます。

足音、椅子が引きずり出されて床を横切る音、子供たちが走り回る音、ドスンという大きな音は、上に人が住んでいる人にはよく聞こえます。一日中聴いていると信じられないほどイライラする可能性があり、夜になるとさらにイライラすることがあります。 

防音ブランケットは床だけでなく天井にも使用できます。上の階の隣人に、騒音の多い場所の床に防音毛布を敷いてみてはどうかと尋ねてください。

同様に、天井に防音ブランケットを使用することは、音量コントロールの完璧な妥協点になります。防音ブランケットをカーペットで覆うことで、騒音をさらに軽減することもできます。 

ドアの上に吊るす

ドアに複数の隙間があると、ある部屋から別の部屋へ、またドアの一方の側からもう一方の側へ音が伝わりやすくなります。ドアの下やドアの周りの端にスペースがある場合は、防音ブランケットを掛けるとこの問題を解決できます。

防音ブランケットを掛けるだけでなく、スライディングを利用して ドア掃除機 ドアの下の隙間を埋めると非常に役立ちます。防音ブランケットを他の物と組み合わせると、ドアの防音効果がさらに高まります。

窓を覆うために使用してください

窓にも隙間があり、音が通りやすくなります。車が行き交い、クラクションが鳴り響き、さらには道路工事や工事が行われる交通量の多い通りに住んでいる場合は特に、窓から不快な騒音が数多く入ってきます。

こうした外部の騒音はすぐに古くなってしまうため、窓に防音毛布を掛けておくと軽減されます。防音ブランケットの中には、防音窓に使いやすいようにハトメが付いているものもあります。

結論

防音ブランケットは騒音を最小限に抑えるのに最適ですが、不要な音を完全に遮断することはできません。

自宅で手頃な価格で簡単な防音ソリューションを探している場合は、防音ブランケットが最適です。他のタイプと組み合わせて使用する場合 防音材、これらのブランケットはさらに効果的になります。 

防音ブランケットは騒音を完全に静めることはできませんが、騒音を 30 ~ 80% 軽減することができるため、家を平和に保つための便利でコスト効率の高い方法となります。

類似の投稿