教室の防音と騒音公害の軽減方法

教育がいかに重要であるかは誰もが話しますが、学習集中力が基準に達していないのに学校に行くことに何の意味があるのでしょうか。ここが場所です 防音教室 は非常に重要です。

教室は教育の中核であり、最大限の集中力と学習を実現するのに十分な雰囲気であることが重要です。

教室の防音と騒音公害の軽減

どのような教育レベルであっても、教室は生徒や学生がお互いの話をささやいたり、教室のすぐ外の廊下を足を引きずりながら歩いたりすることで、悪名高く騒々しいことがあります。

さらにひどいのは、金属製の机、タイルで覆われた床、 コンクリートの壁、 これらはすべて、健全な普及に役立ち、教育者にとっての指導は退屈で、生徒にとっては集中力がほとんど不可能になります。

この問題は、教室の薄い壁や不適切なドアや窓のせいで、外部からの騒音公害がアカデミックゾーンに侵入するせいにすることもできますが、それでも、これらすべてが最適な環境を作り出す上で問題を引き起こしているという事実には変わりありません。学習に適した環境。

防音の仕組み

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

音の概念とその伝播を理解していなければ、防音の仕組みを理解することは困難です。音はエネルギーの一種であり、基本的には振動の結果です。常に通過できる連続媒体が必要です。

音は音源から遠ざかる一方で、物体や空気を通って伝わり、振動によって物体が音に反応します。そのエネルギーの残りが私たちの鼓膜に当たるまで、そのエネルギーは外側に伝わり続けます(鼓膜は鼓膜に反応して振動し、その後、私たちの脳に火がつきます。より適切な言い方がありませんが)。

空気は質量が非常に小さく、広い周波数帯域にわたって音を伝達できるため、空気は音を効率的に伝播する最も一般的な媒体となります。

室内の物体の質量が大きくなるほど、高周波ではなく低周波の伝達が多くなります。音が隣の部屋の壁を通って伝わると、高い周波数よりも低い周波数の方がよく聞こえる傾向があるのはこのためです。

上記の説明から、防音対策は実際には主に低周波を扱っていることがわかります。

防音の方法

生産的な防音対策への最初のステップの 1 つは、ゾーン内の音響妨害の原因を特定することです。薄い壁、不適切なドア、不適切な窓、または外部の機械的要因からの侵入が原因である可能性もあります。

いずれの場合でも、防音工事の成功と効率は、音響エネルギーの核心原則である振動の顕著な低減にかかっています。したがって、使用される材料は通常、振動を低減するように配置されています。

デカップリング

理論的には、究極の、そして最良の防音方法と言えるのは、部屋の中に部屋を建てることです。このメソッドはと呼ばれます 「デカップリング」.

この方法では、両方の部屋の構造が非常に固体の材料で作られており、音が一方の部屋からもう一方の部屋に伝播するのを防ぐために(固体の質量が音の媒体であることはご存知のとおり)、これらの部屋の境界は、いかなる形でも互いに接触しないでください。

内室の壁には吸音材が詰められており、「ウィスパークリップ」と呼ばれる小さなクリップで支えられています。私の記事を読んでください 音を軽減するクリップと弾力性のあるチャンネル.

ただし、実際的な意味で、 無響室 教室の防音オプションを考えると、分離室は非常に極端です。生徒が学習に集中できる静かな環境だけが必要だからです。したがって、生徒にとってそれほど負荷の低い方法を採用することができます。

騒音公害は 2 つの角度から対処する必要があります。ノイズ減少 そして騒音吸収。生産的な防音を確保するには、防音のこれらの側面に同時に対処する必要があります。

教室を防音にする方法

私の意見では、教室の防音は部屋のさまざまな部分に応じて行うことができます。

1. ドアの防音対策

ドアは部屋の中で最も広い出入り口です。それを通して、外部ソースからのあらゆる種類の騒音公害が濾過されます。この音は次の方法で消すことができます。

  • ドア掃除機、床とドアの端の間の隙間を埋めるためにドアの下に設置されます。この方法は通常、すぐに結果が現れ、非常に効果的です。代わりに、次のようにすることもできます。
  • ドアシール、外部ソースからのノイズのフィルタリングを完全に防ぐために、ドアの境界の周りに設置されます。

どちらのドア防音方式も効果があり、好みに応じてどちらを使用しても構いません。

変更することも検討してください。 ドア全体が中空タイプなので、 これは吸音性が低く、外部発生源から室内に騒音が伝播する可能性があります。

この場合、ソリッドコアドアの方が優れています。ソリッドコアドアの高い吸音能力により、外部発生源からの騒音公害のほとんどが軽減され、室内への音の伝播が防止されます。

こちらもお読みください、 ドアを防音する最良の方法

2. 窓の防音対策

窓も外から教室に音が入ってくる出入り口なので、 「アコースティックカーテン」。 これ 防音カーテン フレームや構造に合わせて窓の形状に合わせて変更できます。

お好みの色の生地もお選びいただけます。効果は即座に現れ、外部の騒音をかき消して生徒の集中力を高めます。

もう一つの選択肢は、音の伝播を双方向で抑制する厚い防音カーテンです。つまり、外部音源と内部からの音を遮断します。また、生徒が窓の外で起こっていることに気を取られたり、クラスの外を覗きたい人を妨げたりすることも防ぎます。

こちらもお読みください: 窓を防音にする方法

3. 床の防音対策

フロアブロッカー 高層ビルにとって非常に効果的なソリューションです。これにより、授業中に生徒の気を散らす原因となる、上のクラスの生徒の足音や椅子が床をこすれる音、さらには床に重いものを投げる音などの騒音を防ぐことができます。

床下に設置することで、上の階から下の階へ伝わる騒音を抑える防音下敷きです。これは、クラス内の教師と生徒の両方の集中力を高めるもう 1 つの方法です。

についての私の記事を読んでください より安価な代替品.

こちらもお読みください: 床を防音にする方法

吸収パネルでエコーを低減

この方法は、特に外部ソースからのノイズを除去するためのものではありません。 私の決定的な記事を読んでください フォームは防音オプションとしては効果がないが、吸音には優れているということについて。

これは、床を椅子がこすれる音や教室内での生徒自身の支離滅裂なしゃべり声によって生じる騒音を吸収するために作られ、つまり内部発生源からの音波を除去するために作られました。

重い机が置かれ、ほとんど何もない空間では、エコーや残響は避けられません。非常に簡単に言うと、エコーは、その表面で何度も跳ね返り、観察者が二次音として(通常は複数回)聞くことになる反射音として定義できます。

吸収パネル( それらです Amazon) 教室の壁に設置するとエコーと残響をトラップし、音声の明瞭さと集中力を促進します。

これらのパネルは、教室の騒々しい原因となる周囲の騒音公害を取り除くのにも役立ちます。これらは非常に耐久性があり、数分で作業を完了する必要がある教育者にとっては数分で設置できます。

多数の音波が室内の固体物質を反射して壁のパネルに到達するため、吸収パネルは吸音グラスファイバーと布地を使用してこれらの音波を吸収し、それによって騒音を和らげ、部屋全体で音波がさらに反射するのを防ぎます。

より安価なソリューションとしては、 「吸収フォーム」 吸収パネルと同じくらい効果的ですが、より安価です。

吸収フォームは軽量素材でできており、吸収パネルと同様に非常に素早く簡単に取り付けることができます。また、壁に掛けたり、標準的に承認された建築用接着剤で壁に固定したりすることもできます。

より高価なパネルと同様に、吸収フォームは壁に当たる音波を即座に除去し、教室での音声明瞭度、聴取鋭敏性、および品質を向上させます。

教室の防音対策に関する最終的な考え

結論として、教室の防音対策は、教育者の予算と好みに応じてさまざまな方法で行うことができます。いずれにせよ、音の伝播原理を理解して考慮する限り、防音工事は非常に効果的かつ成功します。

教育者は、気を散らす雑音を排除し、教師と生徒の両方の音声の明瞭さ、集中力、集中力を促進することで、生徒の学習曲線を向上させるためにさらに一歩を踏み出すことに積極的です。個人的には、教育分野における防音についてもっと知りたいという欲求が高まっていることからも明らかです。

これ自体は物理学の原理を超えています。それは人々の未来に希望をもたらすだけでなく、幼い子供たちに実際に明日のリーダーになるために本当に必要なものを身につけさせます。この記事がお役に立てば幸いです。

類似の投稿