フェルトは防音効果があるの?

騒音は物理的な障害を引き起こす可能性があります。 心理的ストレス、コミュニケーションを妨げ、職場の生産性を低下させます。騒音の多い環境で生活または働いている場合、信頼性の高い防音材があれば、高レベルの連続騒音による悪影響から身を守ることができます。

フェルトは防音効果があります。この素材の繊維が密に詰まっているため、音源から耳に不要な音波が伝わるのを防ぎます。フェルト素材は、インテリア デザインに快適さと美しさを加えることができます。

防音性にも優れていると感じます
フェルトは防音効果が高い

この記事では、フェルトとその防音特性に関連するトピックについて説明します。以下に、フェルトの仕組み、防音効果、およびフェルトとの比較について説明します。 その他の床材。早速入ってみましょう。

こちらもお読みください: 防音のためのコルクとフォーム

また、 床の防音に関する専門家のヒントをご覧ください。.

フェルトの防音材としての働き

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音フェルトまたは音響フェルトは、いくつかの点で通常のフェルトとは異なります。標準フェルトは軽くて柔らかいのに対し、防音フェルトは薄くても密度が高いです。最も重要なことは、音響フェルトは次の方法で処理されていることです。 EPDMゴム 防音特性を与えるその他の素材。

フェルトは何百万もの圧縮繊維によって防音材として機能します。これらの繊維が振動して摩擦エネルギーを生成し、音波を消散させます。

繊維のサイズ、組成、密度は異なります。エアポケットを形成し、最小騒音低減係数 (NRC) 0.45 まで音を吸収します。さらに、フェルトは非常に多用途です。素材は、さまざまな形やサイズにカットして印刷できます。

防音と遮音の違い

多くの人は防音と防音の概念を混同する傾向があります。部屋を防音にするということは、音波が外壁を通過できないことを意味します。一方、部屋の防音効果は、外壁に浸透する騒音を完全に除去するのではなく、その量を減らします。

他の人から孤立しないように、望ましいレベルの音を部屋に浸透させることが最善の場合もあります。ほとんどの場合、スタジオなどの壁に騒音が侵入することを望まない部屋では防音室が使用されます。一方、防音機能は、仕事中に他の人とのつながりをある程度維持したいホームオフィスに最適です。

さまざまな種類のフェルトには独自の特性があります

市場には、合成フェルト、天然フェルト、複合フェルトの 3 つの主なフェルトがあります。これらのマテリアルは次のカテゴリに分類できます。

  • アクリルフェルトの作り方: これらの合成フェルト繊維は、絡み合ったアクリル素材で構成されています。天然フェルトよりも硬く、切りやすいです。さらに良いことに、アクリル フェルトは比較的安価で、さまざまな顔料に対応できます。その結果、好みの色に染めることができます。
  • ブレンドウールフェルト: メーカーはウールと合成繊維を混ぜて、ブレンドウールフェルトを作ります。これらのフェルトは工芸品として優れていますが、通常は枕やおもちゃなどを作るために使用されます。
  • 環境に優しいフェルト: これらのフェルトは、アクリル フェルトと同様に、再生プラスチックから作られています。ただし、それらはより環境に優しいです。防水性があり、硬く、粗いため、耐久性のある職人技に最適です。メーカーは、ヤムイモの繊維、リサイクルされたフェルト、またはカーペットの残りの繊維からそれらを製造します。環境に優しいだけでなく、これらのフェルトは化学薬品や接着剤を使用していないため無毒です。

フェルトは防音効果があるの?

フェルトは防音性に優れた素材です。フェルトは、美的、音響的、環境的利点をもたらします。特にポリエステルフェルトは、部屋のデザインに合った方法で防音するのに最適なオプションです。

ポリエステル フェルトは、その美的柔軟性、防音性、取り付けの容易さなど、さまざまな理由で効果的です。これらの利点については、以下で詳しく説明します。

デザイン性に優れたポリエステルフェルト

ポリエステル フェルトは、インテリア デザインに高い柔軟性をもたらします。いくつかの柄があり、インテリアとしてもお部屋に取り入れやすいです。また、複数の色が用意されているため、あらゆる生活空間や作業空間を変えることができます。

ポリエステル フェルトは独自の騒音低減特性を提供します

ポリエステルフェルトは独自の方法で騒音を低減します。たとえば、騒々しい隣人と住んでいる場合、壁に騒音が侵入するのを防ぐ遮音パネルとして機能します。特定の部屋からの反響音を除去したい場合にも役立ちます。天井に設置して上からの音を遮断することもできます。

フェルトは強力な音響ポテンシャルを持っています

オーディオ録音ブースで使用すると、ポリエステル フェルトは部屋への音の出入りを防ぐのに役立ちます。フェルトのこれらの特性は、よりクリアなオーディオを生成するのに役立ちます。音楽やポッドキャストを録音する人は、後で編集プロセスを簡素化するためにポリエステル フェルトを使用する可能性があります。

フェルトで簡単に取り付け可能

フェルトパネルは取り付けが非常に簡単です。小さなフェルトは、それほど複雑でないデザインに特に簡単に組み込むことができます。フェルトを取り付けるには、必要に応じて材料を切断し、壁の固定具に合わせて配置します。この場合、多くのフェルト製品には、切断プロセス中にガイドとなるミシン目が付いています。

フェルト素材は調達可能

上で述べたように、フェルトは リサイクルされた材料から製造されている。これは、住宅に防音特性を提供しながら、環境悪化を軽減できることを意味します。さらに良いことに、リサイクルされた材料は、より耐久性のある材料を作ると同時に生産コストを削減するのに役立ちます。

フェルトが快適さとエンターテイメントを強化

フェルトはオフィスでも家庭でも快適さを高めます。この素材は、より平和な環境を作り出すことができ、精神状態の改善や娯楽など、その他の利点を享受できます。エンターテイメントといえば、フェルトを使用すると、近所の音楽の騒音を軽減し、家の中で高品質なサウンドを楽しむことができます。

その他の防音材

フェルト以外にも、市場にはいくつかの効果的な防音材が氾濫しています。現在市場に出回っている最高の防音材は次のとおりです。

信頼の防音材の特性

代替の防音材を検討するときは、どのような特性がニーズを満たすのに役立つかを理解する必要があります。防音材の注意点としては以下のようなものがあります。

  • 気孔率: 多孔質材料は、膨張、圧縮、流れの方向によって音のエネルギーを変化させます。吸収性材料は音を吸収しますが、非多孔性材料は音エネルギーを遮断します。
  • 密度: 材料が防音性や吸音性を発揮するには、十分な密度が必要です。たとえば、非常に高密度の生地は音波を遮断して反射しますが、低密度の生地は音波を通過させます。
  • セルサイズ: 十分に小さなセルを備えた材料は、他の材料よりも防音効果が高くなります。これは、音響エネルギーをより効果的に吸収するには、セルが音の波長よりも小さくなければならないことを意味します。
  • ねじれ: ねじれとは、防音材のセル配列におけるねじれと曲がりの程度を指します。材料の曲がりが多い場合、音のエネルギーはその過程で操作され、勢いを失う必要があります。ねじれが大きいほど、防音効果が高くなります。

最終的な考え

フェルトはさまざまな環境で使用できる優れた防音素材です。劇場、スタジオ、コンサートホール、展示場、ギャラリー、取調室、体育館、講堂、会議室などでフェルトを有効活用できます。この素材は、減音材として機能するだけでなく、ユニークなデザイン要素としても機能します。

情報源

類似の投稿