防音工事はなぜそれほど高価なのか (そしてどうすればよいのか)

私は定期的に友人の防音工事を手伝っているのですが、彼らはいつも「なぜ防音工事はそんなに高価なのですか?」と尋ねます。幸いなことに、私は常に答えを手元に持っているので、彼らはそれについて何をすべきかを知ることができます。

では、なぜ防音工事はそんなに高価なのでしょうか? より多くの音を遮断しようとすると、構造の変更や高価な材料の追加が必要となるため、防音工事の費用は徐々に高くなります。ただし、防音の目標を達成するために費用対効果の高いソリューションを採用することで、出費を削減できます。

防音工事はなぜ高額なのか

この記事では、なぜ防音工事に費用がかかるのか、そしてその対策について考えていきます。の違いも見ていきます 通常のフォームと音響フォーム、 これは人々が通常、お金を節約できると考える分野だからです。

なぜ防音工事は高価なのでしょうか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

限られた予算で防音を行う方法を探して私のところに多くの人が来ましたが、それは可能ですが、手を抜いたり、安価な材料を使用したりする言い訳にはなりません。結局のところ、これでは期待する結果は得られず、お金の無駄になります。

私の記事をチェックしてください 部屋を安価に防音する方法 しかし、その記事で提供されている解決策には限界があります。

防音工事が高額になる理由はいくつかあります。 1つ目は単純に、 仕事の規模。部屋の実際の広さに関係なく、防音するにはさまざまな方法を使用する必要があり、その中には壁を取り壊すことも含まれる場合があります。これらすべてにお金がかかり、プロジェクトが大規模になればなるほど、より多くの費用がかかります。

2 番目の理由は最初の理由に関連しています。 防音プロジェクトには資材が必要ですが、たくさんの資材が必要です。通常の乾式壁は比較的安価ですが、 大量に充填されたビニール (アマゾンリンク) かなりの額を取り戻すことができます。さらに、おそらく次のような、より予算に優しいオプションを聞いたことがあるでしょう。 カーテン(関連記事) あるいは壁に発泡パネルを貼っても同じ結果は得られません。

最後に説明する理由は、上で述べたものです。高周波騒音公害は、低音などの低周波よりもブロックするのがはるかに簡単(そして安価)です。 問題の程度とプロジェクトの範囲によっては、床が浮いていたり、 厚いコンクリートの壁 低音を遮断するために。

効果的に防音された部屋とは、ドアがしっかりと密閉されていることを意味します。 プレキシガラス (関連記事) 二重ガラスの窓、厚く頑丈な壁、室内のさらなる音響処理。これらのオプションはどれも決して安価ではありませんが、プロジェクトが本当に効果的であることを保証できる唯一の方法です。

これらの方法については、私の記事で説明しています。 防音窓 そして 防音ドア.

もちろん、誰もがこのレベルの防音性を求めているわけではありません。高価になる可能性もありますが、それはあなたが望むだけ高価になります。たとえば、騒々しい隣人をブロックしたいだけであれば、何千ドルも費やすことはありません。ただし、専用の ホームシアター、 その場合は、より高い予算が必要になる可能性があります。

防音工事の費用はどうするべきか

コスト削減、防音対策

防音プロジェクトに関しては、多くの人(全員ではないにしても)がコストを決定する際の主要な要素であることは十分に承知しています。価格が高くなる理由を説明すると、人々は当然のことながら、それについて何かできることはないかと尋ねます。ありがたいことに、答えは「はい」です。できることはたくさんあります。

ここでは、防音工事にかかる費用をどうすればよいかについて、私なりのアドバイスをご紹介します。これらはすべてのオプションをカバーしているわけではありませんが、私が防音プロジェクトを開始するときに使用するものであり、まだ期待を裏切りません。

1. 最初から意識する

当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、費用がかかることを承知した上でプロジェクトを開始する方が、真っ先に取り組み、多額の費用を費やして初めて問題に気づくよりもはるかに優れています。

このように見てください: 防音工事は本質的には投資です。優れたオーディオ品質を備えた素晴らしいホームシアターを作成する場合でも、単に街の交通の音を遮断する場合でも、自宅でのより良い体験に投資していることになります。

同じ理由で、新しい車を買うつもりで自動車ディーラーに行って、その車の価格を見てショックを受けるということはありません。車が高価なものであることは誰もが知っていますが、適切な投資は何十年も乗り続けることができます。

2. リサーチをする

防音プロジェクトにいくら費やせるかを検討する前に、時間をかけてコストを調べてください。これにより、選択肢についてより適切なアイデアが得られ、より現実的な予算を設定できるようになります。

私がお勧めする最初のステップは、 いくつかのフォーラムを試してみるこれらは、自分のプロジェクトと類似する可能性のあるプロジェクトのヒント、ヒント、コストを見つけるのに最適な場所だからです。

これをお勧めします AVSフォーラムの防音マスタースレッド。また、適切な情報が見つからない場合は、いつでもプロジェクトについて具体的に尋ねることができます。

別のオプションは、単に ネットで色々な防音材を探す、またはお近くに店舗があるかどうかを確認してください。現実的には防音工事店を見つけることはできませんが、電気店や楽器店、または DIY ストアから始めるのが常に良い場所です。彼らが正しい情報を持っていない場合でも、おそらく正しい方向を示すことができます。

時間を節約するために、私の記事を読んでください。 防音材に関する記事.

リサーチを行うことで、プロジェクトで使用する必要がある材料の種類とそのコストがわかります。自分のニーズと期待する結果を検討し、この情報を使用して自分にとって最も関連性の高い資料をリストします。 どのプロジェクトでも計画は重要です、そしてそれは、確実な成功と潜在的な災害の違いです。

3. 予算を立てる

予算を設定することは、それを遵守する限り、プロジェクトのコストを管理するための優れた方法です。だからこそ、適切な調査が非常に重要です。材料費と必要量がわかっていれば、すでに予算が決まっているからです。

また、予算としてランダムな金額を選択することもできなくなります。たとえば、$1000 は十分なように聞こえるかもしれませんが、大規模な防音プロジェクトではこれでは十分ではありません。

防音プロジェクトの予算は、希望する金額と余裕のある金額の間の公正な妥協点である必要があります。

手を抜いてコストを削減する方法はあります。 屋内に面した防音壁、 または外向き。

繰り返しになりますが、ここで研究が役に立ちます。問題領域と最適な解決策がわかっていれば、そこに集中するだけで取り組みを大幅に効率化できるからです。もちろんコスト削減にもつながります。

予算を守る必要があるとは言いましたが、余裕を持たせるために少し余分に取っておく価値もあります。 原則として、計画通りにいかない場合に備えて、総予算のうち約 10% を余分に確保しておきます。

これを当初の予算から取り除いたり、当初の予算の一部として考えたりしないでください。その目的は、必要な場合は手助けになること、そうでない場合は幸せな残り物になることです。

4. できる限り自分でやる

プロジェクトの規模やスキル レベルによっては、自分でできることには限界があるかもしれません。ただし、プロジェクトを自分の手で維持するのは、最も簡単な方法の 1 つです。 費用 下。確かに、新しい壁を掛けることはできないかもしれませんが、代わりにパネルを釘で打ち付けることはできるでしょう。

大きな仕事を依頼する必要がある場合は、まずたくさんの見積もりを取得してください。防音プロジェクトの経験があり、競争力のある価格でエンジニアを見つけるのは難しいかもしれませんが、材料と計画を自分で行っていれば、基本的には単なる DIY プロジェクトになります。

もう一つの選択肢は、独学することです。 YouTube 動画の価値を過小評価しないでください。基本的に、建設プロジェクトのビデオを見て、知る必要があることはすべて独学で学びました。その後、適切な仕事を始める前に少しふざけましたが、実際には思ったほど難しくはありませんでした。

結局のところ、防音工事には費用がかかる場合があります。しかし、そうである必要はありません。材料を調達したり自分で作業したりするなど、コストが高くなることを回避する方法はありますが、これらは全体の出費に大きな影響を与える可能性があります。

吸音フォームと通常のフォームの違い

音響フォーム
音響発泡体

さまざまな防音材について調べ始めると、「吸音材はなぜそんなに高価なのですか?」という疑問が生じるかもしれません。この質問にはさまざまな答えがありますが、その多くは吸音フォームと通常のフォームの違いによって説明されます。

音響フォームと通常のフォームには次の 4 つの違いがあります。

  1. それらの構造
  2. 利用可能性
  3. 耐久性
  4. 彼らの価格

他にもたくさんの違いがありますが、主な違いは次のとおりです。以下でそれぞれについて詳しく説明します。

1. 構造

アコースティックフォームは特殊な製品であり、室内の音響を処理するために特別に設計されています。これは、材料がどれだけ開いているかを示すオープンセル構造を通じて行われます。

吸音フォームの細孔により、 音波が入ってきて、 しかし、彼らが再び離れるのを難しくします。これにより、音波が閉じ込められ、表面で反射できなくなるため、室内のエコーと残響が軽減されます。

一方、通常のフォームはより独立した気泡構造を持っています。これにより、クッションや マットレス、 ただし、音波を遮断する効果はそれほど高くありません。防音対策の状況によっては通常のフォームを使用することもできますが、エコーの処理には音響フォームの方が適しています。

2. 可用性

インターネットのおかげで、製品の入手可能性はもはや問題ではありません。ただし、通常のフォームは、より多くの用途があるため、吸音フォームよりも常に容易に入手できます。

吸音フォームはオンラインで簡単に見つけることができますが、購入する前に必ずいくつかのサイトを参照してください。より良い製品を見つけるか、必然的に同じ製品が他の場所でより安価になるかのどちらかです。

3. 耐久性

フォームの耐久性は通常、その使用方法によって決まります。たとえば、ソファのクッション内の通常のフォームは、一般的に床タイルとして使用される通常のフォームよりも耐久性が低くなります。

一方、吸音フォームは通常、非常に耐久性があります。。ノンダスト加工を施しているので、傷ついても粉になりません。これは音波を遮断する能力に影響を与えるだけでなく、吸い込むと潜在的に有害になる可能性があります。

吸音フォームのメーカーは一般に、特に屋内のような狭い環境で使用されている場合、製品が衝突する可能性があることを認識しています。 レコーディングスタジオ。したがって、ほとんどの種類の通常のフォームよりも乱暴な扱いに耐えるように作られています。

4. 価格

人々が吸音フォームの代わりに通常のフォームを使用できると考える最大の理由は価格です。結局のところ、吸音フォームは特に大量に購入したい場合には高価です。

吸音フォームが高価である主な理由は、それが特殊な製品であり、市場があるためです。つまり、メーカーはより価値があるとみなされるため、より多くの料金を請求することができ、人々は喜んでいるかどうかにかかわらず、それにお金を払うでしょう。それは単純な需要と供給です。

同様に、通常のフォームははるかに多用途な製品であり、通常は同じ品質基準に従って製造する必要はありません。これによりコストは大幅に安くなりますが、防音プロジェクトではそれほど効果が得られないことも意味します。

最終的な考え

防音工事に関しては、費用が高額になる可能性があることを知っておく価値があります。しかし、私が人々にアドバイスしているように、必ずしもそうである必要はありません。防音工事の費用は、実際に防音工事に何を求めるかによって決まります。

調査を行って予算を設定することがいかに重要であるかは、どれだけ強調しても強調することはできません。そうすることで、より多くの情報に基づいた意思決定ができるようになり、より強い立場に立つことができます。ただし、間違った方法でお金を節約しすぎないようにしましょう。そうすれば、お金は無駄になるだけです。

読んでくれてありがとう!私のものもチェックしてください 防音対策におすすめの商品.

類似の投稿