防音室やブースの換気方法

最近防音室を建てた場合は、換気が不足していることに気付いたかもしれません。自宅レコーディングスタジオが完成したとき、防音室やブースの換気方法を研究しました。簡単な答えは次のとおりです。

防音室またはブースを換気する最も簡単な方法は、騒音を低減する換気ダクトを構築することです。これは、この作業用に設計された軒天井マフラーを使用するか、独自のデッドベントを構築することで実行できます。どちらも、少しの DIY 知識があれば可能です。

防音室やブースの換気方法

この記事では、防音室の通常の換気システムの問題点と、努力を無駄にしない空調を構築するための最良の方法について説明します。

部屋の換気口の音がうるさいのはなぜですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

私のを読んでください 通気口の防音対策ガイド.

防音ブースに最適なソリューションを検討する前に、そもそもなぜエアコン システムの騒音が非常に大きくなるのかを理解するために時間を割く価値があります。

通気口における音の伝達の基本原理を理解すると、効果的な解決策を適用することがはるかに簡単になります。

それはまったく普通のことです HVAC システム 使用中に騒音が出ることがあります。これは通常は問題になりませんが、レコーディングスタジオなどの防音室を換気しようとすると問題になります。

通気口から聞こえる標準的な騒音は、ファンが作動している音です。 HVAC システムでは大きく開いたパイプが使用されているため、音が跳ね返るスペースが十分にあります。

これらの大きな通気孔の内部では、音波が跳ね返り、エコーとエコーの両方を引き起こします。 残響。 HVAC ダクト内では波が反射するさまざまな角度の表面がたくさんあるため、リバーブはかなり一般的です。

つまり、防音室が HVAC システムの動作部分から遠く離れた場所にある場合でも、その騒音は十分に聞こえるということです。実際、部屋がとても静かなため、おそらくさらに明らかになるでしょう。

通常のファンの騒音に加えて、通気口から多数の異常な騒音が発生する場合があります。通常、これらを無視できるかもしれませんが、この状況ではそれは不可能です。

空気の流れの悪さも、換気システムにおける騒音のもう 1 つの主な原因です。システムがより多くの空気を引き込もうとすると、圧力と速度が上昇し、吸気口の周囲のピッチが変化します。

この音は自分がいる部屋で聞こえる可能性がありますが、その音は通気口を通って他の部屋にも伝わります。

防音室やブースの換気には、HVAC システムを使用する必要があります。

現実的には、これを回避する唯一の方法は窓を開けることですが、窓は防音プロジェクトに非常に悪影響を与えるため、おそらく窓を持っていないでしょう。

ただし、HVAC システムを使用する場合は、防音室自体にだけ注目しないことをお勧めします。通気口から発生する騒音を大幅に減らすことができますが、システムの他の領域にも重点を置くと、より良い結果が得られます。

防音室やブースの換気方法

防音室やブースの換気をする

ほとんどの場合、以下に示す解決策は、(軒天井マフラーやデッドベントを除けば)どちらでもありません。むしろ、これは換気システムの部屋に面した側から確実に最良の結果を得るためのステップバイステップのガイドです。

そうは言っても、静かで機能的な HVAC システムがすでにお持ちの可能性があるため、部屋に面した側から始めます。

1. 軒天井マフラーを使用する

部屋を分離しているかどうかに関係なく、部屋には軒天井がある可能性があります。天井(または壁)と内壁との間の空間です。技術的には、仮天井または壁空洞として分類することもできます。

軒天井マフラーを構築するには、いくつかのことから始める必要があります。 フレックスダクト (Amazonリンク)。通気口に大きすぎる穴が残らないようにするため、6 インチまたは 8 インチが最適です。

 

以下も必要になります。

  • 乾式壁
  • 緑の接着剤
  • グラスファイバー断熱材
  • HVAC サイレンサー (Amazonリンク)よかったら

基本的には、通常どおり、通気口から HVAC システムまでフレキシブル ダクトを接続する必要があります。

次に、天井の空洞に、フレックスベントをできるだけ囲むボックスを構築する必要があります。

これを、緑の接着剤で挟んだ乾式壁の二重層から作ります。防音効果を高めるために、ボックスにグラスファイバー断熱材を充填することもできます。

HVAC サイレンサーを購入する場合は、最良の結果を得るために、これを箱の中に取り付けてください。

ここでの考え方は、換気システムを通って室内に伝わるあらゆる音は、到達する前にマフラーによって適切に減衰され、吸収されるということです。

名前が示すように、マフラーと同じように機能します。 車の排気ガス.

また、システムのガタつきによる騒音を抑えるために、必ず部屋の通気口にグリーングルーをたっぷりと塗布してください。

これが適切に行われていれば、防音室に騒音が入ってくることに気付かないはずです。

2. デッドベントを構築する

デッドベントは軒天井マフラーと同様の原理で機能しますが、通常 HVAC システムが設置されている床の下や壁に取り付けることができます。

デッドベントは、デッドエアスペースの原理に基づいて機能します。デッドエアスペースは、本質的に防音室に接続されていない隔離された空間です。 音波 中に入ることはできますが、閉じ込められてしまい、聞こえないところでエネルギーを消費します。

効果を最大化するには、吸気口と排気口の両方にデッドベントを設けるのが理想的です。

換気システムには吸気と排気があり、防音室から別の部屋に空気を送り出します。一般に、このシステムは大規模な HVAC システムには接続できますが、接続できない可能性があります。

独自のファンを備えた別個のシステムとして維持すると、対処する騒音公害の量が軽減されます。新鮮な空気の供給だけが必要な場合は、これで問題ありません。

必要な材料は次のとおりです。

  1. まずはメインボックスの製作から始めます。幅は約 24 インチ、長さは 96 インチです。
  2. 接着剤と緑色の接着剤を使用して、乾式壁の一層を最初の層に貼り付けて、二重層にします。
  3. ダクトが S 字型になるように、反対側の長辺の両端に 6 インチの穴を開けます。
  4. ボックスの中央付近にファン用のブラケットを作成します。これに大量のビニールを詰めると、ファンの騒音を抑えることができます。
  5. 両端から 6 インチの長さのフレキシブル ダクトを実行し、中央でファンに接続します。
  6. 電源に接続して、すべてが正しく動作していることを確認します。再度電源を切ります。
  7. ボックスの空洞を断熱材で満たしますが、あまりにも強く詰めすぎないように注意してください。かなりボリュームがあるはずです。
  8. あとはこれを防音スタジオに設置するだけで完了です。

デッドベントは、既存の HVAC システムへの接続を気にする必要がないため、部屋の中に隔離されたボーカル ブースのようなものには良いアイデアです。

3. ベントバッフルを構築する

スペースをとらず、現在の HVAC システムに統合できるもう 1 つのオプションは、ベント バッフルです。

これらは次のようにして非常に簡単に作成できます。

MDF で長さ約 2 フィート、幅約 1 フィートの箱を作ります。真ん中に、ダクトファン用の小さなマウントを構築する必要があります。

ボックスに断熱材を敷きます。

フレックス ダクトを一方の端からもう一方の端まで、できるだけ多く 90 度回転させて実行します。最低でも 4 つをお勧めします。

直角は音波をさまざまな方向に反射させ、効果的に散乱させるのに役立ちます。

次に、これらのバッフルを既存の HVAC 通気口に取り付け、ウェザー ストリップで隙間をシールします。

4. HVAC システムが適切に動作していることを確認します。

当たり前のことのように思えるかもしれませんが、そもそも防音室に入る騒音の量を減らすために、HVAC システムが適切に動作していることを確認してください。

可能な限りシステムをフレックスダクトに置き換えることも考えられます。これを斜めに曲げると、上で提案した方法のようにバッフルが作成され、届く音が少なくなります。

システムをラップする価値があるかもしれません 消音器 どこのことができます。これにより、システムの質量が増加し、システムに沿って伝わるノイズの量が減少します。

最終的な考え

防音室やブースの換気は、プロセス中に考えられるものではありません。しかし、ご覧のとおり、滞在中にきれいな空気を確保するためのオプションがいくつかあります。

これらのソリューションはいずれも、特に自分の防音室を完成させたばかりの場合、構築するのが特に難しいものではありません。これらの換気システムにも、部屋で使用したのと同じ防音原則を必ず適用してください。

類似の投稿