壁を壊したり損傷したりせずに部屋を防音にする方法

家の防音にはさまざまなメリットがあります。楽器の演奏やパーティーの開催などの大きな音が家の中に残ることがあります。

また、騒々しい隣人や外部の交通から入ってくる外部の騒音を遮断するために壁を修正することもできます。そして防音性の最も優れている点は、 壁を壊したり損傷したりせずに行うことができます.

防音効果により、部屋に出入りする音の量をコントロールできます。これは、室内の音質をより重視し、残響やエコーを軽減することを目的とした音響学とは異なります。

ホームシアターを行う部屋には防音対策が不可欠です システム。エンターテインメント用途に指定された密閉空間で高品質なサウンドを体験するには、その部屋の内外への音漏れを制御する必要があります。したがって、この4つを理解すると、 防音の基本要素 はプロジェクトにとって非常に重要です。

壁を壊したり損傷したりせずに防音する方法

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

壁を損傷したり破壊したりせずに、次の方法で部屋の防音を行うことができます。

  1. 質量の追加 – 乾式壁、OSB、MDF、MLV の層を追加して、壁または天井を重くします。
  2. 制振 – 既存の壁や天井に取り付ける前に、乾式壁/MDF/OSB にグリーングルーなどの制振材をスプレーすることで、質量を追加しながら防音効果をさらに高めることができます。
  3. デカップリング – 防音対策としては優れたソリューションですが、壁を取り壊す必要があります。また、既存の壁を超えて使用すると、 トリプルリーフ効果。したがって、壁を取り壊したくない場合には、デカップリングはお勧めできません。
  4. 断熱(吸収) – 室内の振動の一部を吸収する必要がありますが、フレームを組み立てたりデカップリングを使用したりしないため、ここでは適用されません。

壁を壊したり損傷したりせずに部屋を防音します

これらは完璧になるための重要な要素です あなたの部屋の防音対策 壁を傷つけることなく。 最初の 3 つは特に実行可能なオプションですが、断熱材は部屋の外への拡散を防ぐというよりも、音質 (音響) を制御するのに効果的です。

デカップリング、質量の追加、ダンピングは、単独で、または遮音機能を組み合わせた野心的なプロジェクトで、さまざまなレベルの防音を提供します。

ただし、のみ 質量を加えて減衰させることは、壁を取り壊すことなく部屋の防音に効果的です。。それらを分類して、どれがあなたの防音ニーズに最も適しているかを見てみましょう!

質量の追加

この防音方法は、その名前が示すとおり、壁の質量を増やし、振動しないように十分な重さにする必要があります。

乾式壁の層を 2 重にするか、次の材料を追加することで、壁から部屋の外に伝わる音を減らすことができます。

  • 中密度繊維板 (MDF)
  • 大量充填ビニール (MLV)
  • 合板
  • セメントボード
  • OSB

質量を追加すると壁が重くなり、音や振動で動きにくくなります。。ただし、侵入できない防音壁を作ることはできません。ホームシアターの追加質量を備えた重い壁は依然として振動しますが、以前ほど簡単ではありません。

壁に質量を追加するたびに、透過損失 (TL) が 6dB も改善されます。この方法は、部屋の内外への音漏れを減らすためにスタッドと断熱材を使用することを意味します。

質量の追加をさらに効果的にするには、ダンピング、デカップリング、あるいはその両方と組み合わせる必要があります。

ダンピング

半戸建て住宅間の防音対策ダンピングは、壁の表面に材料を追加して過度の振動を防ぐことを意味する最近の防音技術です。この方法により、デカップリング、質量の追加、および均一な断熱がより効果的に行われ、より重くて耐久性のある遮音バリアが作成されます。

ダンピングを使用すると、乾式壁の振動を防ぐことができます。標準的な乾式壁は壁のかなりの面積を占めており、それを適切に覆うことができれば、防音の目標をより効率的に達成できる可能性があります。

信頼性の高い減衰を保証する多くの製品の中で、最も効果的な製品は次のとおりです。 グリーングルー(アマゾンでチェック)。このコスト効率の高い材料は、乾式壁の 2 層の間、または乾式壁と合板の間に使用すると、最高の防音効果が得られます。

に関する私の包括的な記事を読んでください グリーングルーダンピングコンパウンド.

ダンピングを単独で、または断熱材と組み合わせることで、高周波音のほとんどが部屋から出るのを防ぐことができます。ただし、ベースラインがホームシアターの外に拡散するのを防ぐには十分ではありません。

減衰と質量の追加

防音を次のレベルに引き上げたい場合は、これらの重要な要素を 2 つ以上組み合わせて、頑丈な防音壁を作成する必要があります。最も一般的な方法の 1 つは、減衰と質量の追加を組み合わせることを意味します。

このソリューションは、特に壁に損傷を与えたり壊したくない場合に、壁の過度の振動を防ぐのに効果的です。

専門家は、減衰と質量の追加を組み合わせた場合の防音に最適な素材は、Mass Loaded Vinyl (MLV) であると考えています。この材料は、乾式壁を追加する前に木製スタッドにホッチキスで留めたり、金属スタッドでネジ止めしたりできるバリアとして使用されます。さらに、乾式壁と合板の間に配置することもできます。

ほとんどの MLV 素材の厚さは 8 インチと 1/4 インチです。それらの役割は、乾式壁層内に重くて振動しない柔らかい塊を作成することです。この頑丈な質量は 1 平方フィートあたり 1 ポンドもあり、部屋に信頼性の高い遮音バリアを作り出します。

この防音ソリューションを天井にも繰り返すことができますが、MLV の重量を考慮すると、作業中にいくつかの困難に遭遇するでしょう。それにもかかわらず、 最終的に、減衰と質量の追加の組み合わせにより、平均以上の防音品質が得られます。.

デカップリング

まず最初に言っておきたいのは、 考慮すべきではありません お部屋の防音対策 壁にダメージを与えたくない場合は、デカップリング方法を使用してください。。ただし、これは最高品質の防音を実現する最も効果的な方法の 1 つであるため、その内容を詳しく見てみましょう。

私たちは、音は直接固体の経路を伝わる振動であることを知っています。子どもたちは、紐で結んだ 2 つのブリキ缶を通して遠くから通信するときに、この興味深い事実を発見するかもしれません。この場合、彼らの楽しみを台無しにしたい場合は、弦を切断すると、音が発信者から受信者に伝達される確実な経路がなくなります。

デカップリングは「紐とブリキ」の例に非常に似ていますが、異なる材料が必要になります。音が部屋の壁の外に伝わるのを防ぎたい場合は、固体層を切り離し、振動が伝わるのを防ぐ必要があります。

したがって、分離への最も簡単なアプローチは、壁や天井のフレームを分離することです。

最も一般的な方法は、乾式壁の内層と外層の間に隙間を作ることを意味します。このプロセスは「ダブルフレーミング」としても知られており、ベースラインを捉えるエアギャップを作り出し、部屋の外に音の衝撃波が伝わるのを防ぎます。

デカップリングは、安価で非常に効果的な防音ソリューションですが、かなりの室内スペースを必要とする遮音方法でもあります。

トリプルリーフ効果

部屋の防音にデカップリングを使用する場合の主な懸念事項の 1 つは、トリプル リーフ効果です。このシステムは空気の隙間を減少させるため、期待される防音効果が得られない場合があります。

「リーフ」とは、乾式壁などの壁内の塊の層です。ほとんどの壁には、空隙を封入する乾式壁の 2 層 (葉) が含まれています。

3 番目の層 (リーフ) を導入すると、2 つの小さなエア ギャップが作成されますが、音を捕捉する際には、大きなエア ギャップほど効果的ではありません。そのため、壁を壊したくない場合は切り離すべきではありません。壊すと乾式壁が 3 層になり、トリプルリーフ効果が発生するためです。

絶縁

吸音とも呼ばれる断熱は、限られた空間内での音の質をより重視する防音技術です。この方法は、構造間の共振を防ぎ、室内での音声明瞭度を向上させることを目的としています。

これは、次のような一連の方法と材料を通じて実現できます。

  • グラスファイバー断熱材
  • セルロース
  • ミネラルウール
  • リサイクルコットン

これらの材料のほとんどは使いやすく、手頃な価格です。設置は簡単で、密度を低く保ち、圧縮したり詰めすぎたりしないようにすれば、防音のためのデカップリング ソリューションの一部になる可能性があります。

断熱方法は、考えられる 4 つの解決策の中で最も弱い防音方法であることを覚えておくことが重要です。

この技術で使用できる材料は室内の振動の一部を吸収しますが、それでもかなりの量の音漏れが発生します。

防音プロジェクトの途中で、デカップリングと断熱技術をすでに実装している場合は、質量と減衰を追加して、完璧な遮音バリアを作成することをお勧めします。

防音に関する簡単なヒント

  • 遮音の重要な要素の一部を使用することで、部屋の防音を実現できます。この点で、壁、天井、床、ドアなど、部屋のすべての表面を考慮する必要があります。また、プロジェクトを開始する前に、どの要素を省略してもよいか、またどのような資料が必要になるかを決定する必要があります。
  • 壁を損傷したり破壊したりせずに部屋を防音する最も効果的な方法は、質量と減衰を組み合わせることです。この点に関して、壁や天井を取り付ける前に、乾式壁、大量充填ビニール (MLV) または MDF の層を追加し、それらに緑色の接着剤をスプレーすることができます。
  • 天井についても同じ手順を繰り返し、特に床がコンクリートの上に直接建てられている場合は、床も調べることを検討してください。
  • 最後に重要なことですが、ドアの強度を高めるために、重くてしっかりとしたドアに投資することを検討してください。 お部屋の防音性。完全に密閉する自動ドアを購入する余裕がない場合は、振動を吸収するのに十分な大きさの空隙をそれらの間に作る 2 つの密閉ソリッドコア ドアを設置してみてください。

してはいけないこと

お願いします しないでください お金を無駄にしたくない場合は、次のことを行ってください:-

  • 部屋を卵パックで覆います。
  • 壁に毛布を置きます。
  • 「防音塗料」を使いましょう(そんなものはありません。
  • 壁を毛布で覆います。
  • 吸音フォームを使用します。

材料には音を遮断するのに十分な質量がほとんどありません。そして部屋はひどいものになります。以下の私の関連記事をお読みください。

最終的な考え

それで、それはあります!壁を壊したり損傷したりせずに部屋を防音する方法についてはもうお分かりいただけたでしょう。

これらのソリューションのほとんどは、装飾デザインや建設の経験がほとんど、またはまったくなくても適用できます。さらに、材料は手頃な価格で使いやすく、耐火性があるため、部屋に出入りする音漏れを軽減するために安全に使用できます。

読んでくれてありがとう!この記事が気に入ったらシェアしてください。

類似の投稿