壁の防音工事にはどれくらいの費用がかかりますか?

騒音が聞こえやすい建物や家に住むと、特に騒音が大きすぎる隣人がいる場合、迷惑になり、日常生活に重大な支障をきたす可能性があります。

一部の建物はすべての部屋が完全に防音になるように建設されていますが、私たち全員がそのような贅沢を持っているわけではありません。この場合、部屋を自分で防音するのはそれほど難しくなく、費用もかかりません。部屋や生活空間を防音にするための最初のステップは、壁を防音することです。

壁の防音工事の平均費用は通常次のとおりです。 $1,000~2,500の範囲これには、材料費、壁のサイズ、必要に応じて設置費用が含まれます。壁の防音にどれだけ費用がかかるか(または安価か)に影響を与える可能性のある要因は他にもあります。

壁の防音にかかる費用

壁を防音にするプロセスは面倒ですが、静かな部屋を持つことで自宅での生活の質が向上します。

この記事では、一般的な防音壁プロジェクトで費用がかかるさまざまな要素を検討し、材料費と設置にかかる費用の見積もりを提供します。

チェックしてみてはいかがでしょうか 部屋全体の防音工事にかかる費用。これは、予算内でどのようなタスクを達成できるかを計画するのに役立ちます。

壁を防音するための材料費はいくらですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

壁の防音対策の最初のステップは、プロジェクト全体でどれくらいかかるかを正確に見積もるために、使用する材料を特定し、その材料にかかる費用を決定することです。

予算を知ることは、使用する予定の材料を選択するための優れた方法です。ご想像のとおり、高品質の素材は低品質の素材よりも高価になります。このため、生活状況に応じて実際にどの程度の防音が必要かを検討することが賢明です。第三者に防音工事を依頼する場合は、必ず次のことを行ってください。 見積もりを取る 前に プロジェクト全体が始まります.

最も一般的な壁の防音材のいくつかと、その費用について見てみましょう。

一般的な防音材とその費用

がある 使用できるさまざまな材料 壁の防音には、他のどの要素よりも選択する材料がプロジェクトのコストを決定します。

これらの材料の中には、他の材料よりも効果的なものもあれば、部屋や壁のレイアウトによっては不可能なものもあります (たとえば、窓のない壁の窓を交換することはできないため、これはオプションではありません)。を選択する 防音に使用する素材 最終的に壁を決めるのはあなた次第なので、慎重に検討してください。

壁の防音に使用される最も一般的な材料と方法 とその費用 は:

  • テクスチャードウォールパネル – これらにより、壁を通って家中に伝わる騒音の量が大幅に減少します。 推定コスト – $275/24 インチ x 48 インチ パネル 2 枚。
  • テクスチャードウォールペイント – この塗料はより安価な代替品です 吸音パネル しかし、同様に効果的です。 推定コスト – 約 $250。
  • 防音カーテン – これらのカーテンは窓に掛けて音の伝わりを最小限に抑えることができます。 推定コスト – $100 未満。
  • ブランケット断熱材 – これは同じように壁を通る音の伝わりを助けるでしょう 防音カーテン するだろう。 推定コスト – $100 未満。
  • 壁掛け – 他の素材や方法ほど防音効果はありませんが、壁を通る音の伝わりを軽減する簡単で安価な方法です。 推定コスト – $100 未満。
  • 吸音タイル – これらは、家やアパートの壁だけでなく、他の表面の防音にも役立ちます。 推定コスト – 20x20 インチのタイルあたり約 $10。
  • 発泡パネル – これらは卵のカーテンによく似ていますが、壁の防音にははるかに優れています。 推定コスト – 平方フィートあたり $1.40 ~ $3.00
  • 回復力のあるチャネル – これらは、音の移動時に吸収する金属製のレールで、あらゆる壁の防音に役立ちます。 推定コスト – 1 箱あたり $190+。
  • 防音乾式壁 – このタイプの乾式壁は以下から作られています。 石こうボード スチール製なので、音の伝わりを防ぎます。 推定コスト – シートあたり $40。
  • 新しいウィンドウ – たまたま窓のある壁を防音にする必要がある場合、解決策は、防音を目的とした新しい窓を設置することです。これには費用がかかるかもしれませんが、驚異的な効果が得られる可能性があります。 推定コスト – 大きく異なります。

壁の防音に最適な素材はどれですか?

多額の予算があり、壁に最高の防音効果を得るために追加のお金を費やすことをいとわない場合、防音乾式壁はプロジェクトに使用できる最良の素材です。

壁の防音に次に最適な素材はテクスチャー加工された壁パネルですが、価格は若干安くなりますが、効果は若干劣ります。防音乾式壁が第一選択であるべきですが(資金があると仮定して)、次善の策はテクスチャードウォールパネルです。

壁の防音に使用できる材料とその費用について説明しました。次に、壁の防音にかかる費用に影響する別の要因を見てみましょう。

壁のサイズによって費用はどのくらい決まりますか?

壁のサイズは、プロジェクト全体の実際の費用に大きく影響します。通常、材料はカバーする平方フィートの面積、または必要な材料の量によって料金が設定されるため、壁の大きさによって購入する必要がある防音材の量が決まります。

たとえば、約 4 フィート x 8 フィートの壁を防音したいと考えており、テクスチャード加工された壁パネルを使用するとします。コストが 24 インチ x 48 インチのパネル 2 枚で約 $275 であることを考慮すると、そのくらいの金額を支払うことになります。多くの。

壁が 8 フィート×16 フィートだったらどうなるでしょうか?これは、2 倍の材料が必要になることを意味するため、テクスチャ壁パネルのコストは 2 倍の約 $550 になります。これは、壁のサイズが必要な材料の量にどれだけ影響するかを示しています。

では、壁の防音工事に実際にどれくらいの費用がかかるかを見てみましょう。

壁の防音工事にはどれくらいの費用がかかりますか?

壁の防音材の費用に加えて、設置プロセスを第三者に依頼することを選択した場合には料金も発生します。使用する材料や壁のレイアウトによっては、防音壁を破壊するリスクを防ぐためにチームが絶対に必要になる場合があります。

壁の防音工事をしている場合、典型的なのは コストは $200 から $400 の範囲になります。この数字は、専門家による壁の防音工事にかかる平均時間と、ゼネコンや便利屋の時間当たりの平均コストに基づいています。時給は 1 時間あたり $15 ~ 65 です。).

明らかに、この数字は誰が設置を行うか(民間請負業者か公共企業か、プロジェクトの時間とコストなど)によって異なりますが、人件費は実際の材料費よりも少なくなる可能性があります。

結論

高品質の素材を使用すると、壁の防音工事に費用がかかる可能性がありますが、得られるメリットを考えれば、通常は費用に見合った価値があります。

壁の大きさと誰が設置するかによって、防音プロジェクトにかかる費用も大きく異なります。

壁の防音工事を検討している場合は、$1,000 から $2,500 の費用がかかることが予想されます。最終的にどれだけの費用を費やしても、そこから得られるものはプロジェクト全体に時間とお金を費やす価値があるものになるということを確信する必要があります。

情報源

類似の投稿