地下室の天井を防音する最も安価な6つの方法

幸運にもアパートの地下室に住んでいるなら、上の階の隣人の騒音をかき消すのに役立つかもしれません。いずれにせよ、地下室の天井の防音ソリューションの恩恵を受けるでしょう。

この記事では、地下室の天井を防音する最も安価な方法を見ていきます。ここで私が強調しているのは費用対効果の高い方法であり、これはそれほど効果的ではないかもしれないことに注意してください。 いくつかの専用天井防音ソリューション、それでも間違いなく違いを生むでしょう。

地下室の天井を防音する最も安価な方法

私の記事をチェックしてください 地下室の天井の防音にかかる費用.

地下室からどんな音を遮断していますか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

地下室から遮断しようとしている音について話すとき、遮断しようとしている特定の騒音や、それが地下室から入ってくるのか地下室に入ってくるのかはほとんど問題ではありません。本当に重要なのは、それがそうであるかどうかだけです 空中 または インパクト .

つまり、空気伝播音とは、テレビの声や犬の鳴き声など、空気を伝わって人に届く騒音のことです。空気伝播騒音には、騒音に影響を与えるさまざまなソリューションが必要です。

一方、衝撃音は、物体が表面に衝突することによって発生する音です。住宅内 (特に地下室) で最も一般的な衝撃音の発生源は足音です。

簡単に言うと、空気伝播騒音は小さな隙間(ドア枠や窓の周囲など)から漏れる可能性が高いのに対し、衝撃騒音は表面を伝わって伝わります。両方のタイプのノイズが入ってくる可能性が高いことを考慮すると、両方に対する解決策を試してみる価値があります。幸いなことに、この記事では両方のオプションについて説明します。

地下室の天井を防音する最も安価な方法

これらについては、以下で詳しく説明します。ノイズの原因を特定したら、いくつかのオプションを試してみましょう。これらの選択は費用対効果を重視しますが、それでも顕著な結果が得られます。

私ができる最善のアドバイスは、まず予算を計算してどのオプションがあるかを把握し、それから自分の DIY 能力も考慮することです。事前にこれらのことを考えておくと、より成功するはずです。

地下室の天井を防音する最も安価な方法を以下に説明します。

1. 地下室の天井の小さな隙間を埋めます。

天井にさらに質量を追加する前に最初に試みるべきことは、小さな隙間を埋めることです。隙間は騒音公害の主な原因となる可能性があります。現実的には、透けて見えるほど大きな隙間ではなく、床板や天井梁の間のような小さな隙間について話します。

また、これは試すのが最も簡単で費用対効果の高いソリューションの 1 つであるため、リストの最初に挙げています。非常に単純な結果に非常に驚かれるかもしれませんが、他のオプションに進む前に試してみる価値は間違いなくあります。

隙間を埋めるのに最適なのはビルダー用コーキング剤です、これはまさにそのように設計されているためです。これはどこの DIY ストア (またはオンライン) でも購入でき、それほど高価ではありません。ただし、きちんと仕事をしたい場合は、もう少しお金を出して適切な防音コーキングを購入することをお勧めします。

主な違いは、一般に商品名Green Glueで知られる防音コーキングは、通常のものよりも弾性特性が高いことです。これは、建物と一緒に移動しながら、音波を反射する可能性が高いことを意味します。基本的にこれにより、動きがあった場合に亀裂が入るのを防ぎ、寿命を延ばします。

天井の隙間をこのコーキング剤で埋めて、数日間乾燥させるだけです。問題の領域には部屋の端や板の間のスペースなどがありますが、これを完全に効果的にしたい場合は、小さな隙間にも注意してください。

2. 大量のビニールを使用する

大量に充填されたビニール

大量に充填されたビニール (Amazon) は、入手しやすく、扱いやすいため、私のお気に入りの防音材の 1 つです。製品は基本的に重いビニールであるため、名前はかなり一目瞭然です。

これが防音に効果がある理由は、構造の質量が増加し、振動能力が低下するためです。これにより、音波が構造物を通過できる距離が減少し、騒音公害が軽減されます。

大量のレコードをオンラインで簡単に手に入れることができ、Amazon のようなウェブサイトにはいくつかの異なる製品があります。かなり大きなロール状になっているので、値段は高めに見えるかもしれませんが、たくさん買う必要はありません。

防音業者の中には、重量のあるビニールを天井根太に直接置くと最良の結果が得られると主張する人もいます。そうかもしれませんが、実際にこれを行うのはかなり難しいと思います。これは単純に、大量にロードされたビニールはかなり重いため、作業が難しい可能性があるためです。

代わりに、最初に乾式壁または同様の構造物に取り付けてから、これを天井に取り付けることをお勧めします。平らで硬い材料は、製品のシートよりもはるかに作業が簡単です。大量のビニールを上に置くか下に置くかは実際には問題ではありませんが、可能な限り天井側に置くことを好みます。

3. 音響フォームを試す

一般に、吸音フォームは実際にエコーと残響を軽減しますが、これは防音というよりむしろ音響調整と考えられます。ただし、音波が反響する能力を低下させると、別の部屋に逃げる能力も低下します。

要するに、これは、吸音フォームを単独で使用すべきではないが、大量の充填されたビニールなどと一緒に使用すると非常に効果的な解決策になることを意味します。

これは、騒音公害が地下室に侵入するのではなく、そこから流出するのを阻止しようとしている場合に特に当てはまります。そうは言っても、たとえ自分のサウンドをかき消したい場合でも、私は間違いなくそれをお勧めします。 上の階の隣人がうるさい.

音響フォームにはさまざまな形式があり、エコーをキャンセルするのに最も効果的な形式は、非常にオープンな構造になっています。ただし、吸収性を重視する場合は、より密度の高い構造のものを選択してください。

貼り付けるだけなので施工もとても簡単です。これはほぼどの方法でも行うことができますが、接着剤を使用するか、地下室の天井にネジ止めできる木製パネルにフォームを貼り付けることをお勧めします。

4. 特定の防音断熱材を購入する

防音断熱材を追加することは、天井が乾式壁で覆われているのではなく、オープンジョイストである場合に特に効果的です。ただし、地下室に乾式壁の天井が設置されている場合は、断熱材を追加する前に天井を取り外すことをお勧めします。設置後に断熱材を覆う必要があるためです。

予算が限られている場合は、通常のグラスファイバー製キャビティ断熱材でも問題ありませんが、もう少しお金をかけても大丈夫な場合は、防音材を選択することをお勧めします。

防音材は、その密度と構造によって音波を遮断します。音波は断熱材に閉じ込められるため、通過することができません。これは、空気伝播騒音と衝撃騒音の両方に有効です。

防音材の大手ブランドとしては、 ロックウール、多くの販売者からオンラインで入手できます。サイズに合わせてピースをカットし、天井梁の間にフィットさせるだけです。断熱材の効果を高めるため、必ず断熱材の上に小さなエアポケットを残してください。

空洞の壁の断熱材は通常グラスファイバーで作られており、室内に露出したままにしておくのはあまり良くありません。これが、繊維が室内に漏れるのを防ぐため、乾式壁の上に設置することを提案した理由です。ただし、プロジェクトは少し技術的になるため、DIY スキルが十分にあることを確認してください。

5. 天井に乾式壁を追加します。

天井に乾式壁を追加すると、質量が増加するという原理に基づいて機能します。余分な質量により構造が重くなり、音波による振動が起こりにくくなります。乾式壁は最も重い製品ではありませんが、ほぼすべての DIY ストアで簡単に入手できます。

基本的に、追加するほど良い結果が得られます。通常、追加の防音材が追加された吸音乾式壁を購入することもできますが、これはより高価になる可能性があります。予算が限られている場合は、通常の乾式壁で十分な違いが得られるはずです。

乾式壁をより効果的にする方法は、弾力性のあるチャネルも設置することです。簡単に言うと、これらは乾式壁を取り付ける小さな金属片です。それらは乾式壁の新しい層と既存の天井の間の絶縁として機能し、音波が一方から他方に通過する能力を低下させます。

これはデカップリングと同じ原理で機能します。デカップリングは特に複雑なプロジェクトではありませんが、費用がかかる可能性があるため、このリストには含まれていません。

乾式壁と弾性チャンネルの組み合わせは、地下室の天井の防音に驚くほど効果的です。実際、多くの回復力のあるチャネル メーカーは自社製品に STC 評価、これは音をどれだけ遮断するかを示す尺度です。 STC 評価が高いほど、防音製品がより効果的であることを示します。

これは、専用の製品を実際に使用する必要がないため、おそらく最もコスト効率の高いソリューションの 1 つです。とはいえ、専門の防音乾式壁を検討し始めると高価になる可能性があるため、計画を始める際には必ず予算に注意してください。

6. 上の部屋に変更を加える 

このリストの私の最終的な解決策は、すべての人に適用できるわけではありませんが、変化をもたらすことができます。地下室そのものに取り組む以外に、上の部屋に変更を加えるという選択肢もあります。地下室に伝わる音を止めようとする場合、これは明らかにより効果的ですが、地下室から出る騒音には影響します。

地下室の上の部屋にアクセスできる場合は、試してみることができるオプションがいくつかあります。これらには次のものが含まれます。

  • 床にカーペットやラグを敷いて衝撃音を和らげる
  • 家具の配置を変えて防音効果を最大限に高める
  • 壁に吸音フォームを追加してエコーと残響を低減します。

他にも試すことができるオプションがいくつかありますが、おそらくこれらが最も効果的です。お気づきかもしれませんが、これらは実際に部屋を防音にするものではなく、そもそも地下室に入る騒音の量を減らすために機能するということです。

カーペットやラグは、予算内で効果的な防音方法としてよく知られています。ただし、実際の防音効果はありませんが、音を軽減する効果はあります。これは、音源と衝撃面の間に柔らかい層を追加することで、足音などをより消音することを意味します。

もちろん、カーペットやラグは厚い方が良いです。もう 1 つのオプションは、床のバリアをさらに高めるために、カーペットの下に厚いカーペットの下敷き (または大量のビニール) を追加することです。

これらのオプションは単独ではあまり役に立たず、常に地下室の天井自体の防音ソリューションと組み合わせる必要があることに注意してください。これらは、音を遮断するのではなく、表面を伝わるノイズのレベルを低減するように機能します。

最終的な考え

地下室の天井の防音工事には費用がかかる必要はありません。これまでに示したように、ごく標準的な家庭用材料を使用すると、顕著な結果を達成できます。

どれだけ強調してもしきれないのですが、最大限の結果を得るには、これらのいくつかを組み合わせて試してみることです。同様に、どのソリューションが最も効果的であるかを把握できるように、開始する前にすべてを詳細に計画してください。

類似の投稿