合板壁の防音ガイド

木張りの壁には独特の魅力がありますが、多くの音を反射する可能性があります。合板壁の防音に関しては、音の問題の解決を始める前に理解する必要があることがたくさんあります。

合板の壁を防音にすることは可能であり、それを行うにはいくつかの方法があります。防音壁紙または発泡壁紙を使用できます。 音響フォーム パネル、防音塗装、グラスファイバーパネル。これらは合板の壁を通過する騒音を軽減します。

こちらもお読みください: コンクリート壁を防音する4つの効果的な方法

防音合板壁

合板の壁はコンクリートよりも薄いです。このため、家に侵入する騒音を防ぐことはできません。幸いなことに、防音のためにできる方法がいくつかあります。

合板壁を防音する方法

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

合板壁はさまざまな意味で住宅にとって貴重な素材です。軽量なので、設置が簡単で、迅速に構築できます。その上、合板の壁は安価でもあります。しかし、欠点は、音の通過を止めるという点ではうまく機能しないことです。 

ただし、防音合板壁の良い点は、特別なスキルや材料を必要としない簡単な作業であることです。

合板壁の防音を迅速かつ手頃な方法で行うには、次のような方法があります。

  • 発泡壁紙を使用する
  • 防音壁紙を使用する
  • グラスファイバーパネルを追加する
  • 吸音フォームパネルを追加する
  • 防音塗料を使用する

音波、エコー、振動は家の中のわずかな隙間を通過する可能性があります。壁に侵入する可能性があります。上で述べたものと同じように、合板の壁に追加の層を追加すると、そこから侵入する外部の騒音を減らすことができます。

1. 発泡壁紙を使用する

発泡壁紙は最も一般的な壁紙の 1 つです 防音材。ポリエチレンを何層にも重ねて作られているため、吸音性に優れています。 

しかし、防音発泡壁紙についてはよく誤解されています。多くの人は騒音をブロックしていると考えていますが、実際には騒音を吸収するだけです。 彼らのエコーを減らす。しかし、この事実にもかかわらず、発泡壁紙は依然として家を静かにするのに優れた効果を発揮します。 

さらに、発泡壁紙にはさまざまな目的があります。とは別に 吸音性、優れた放熱体や遮音体としても機能します。

さらに、発泡壁紙について注意する必要があることが2つあります。まず、浴室内への設置には適していません。一方で、炎が発生する場所には置かないでください。その理由は、熱と湿気によってフォームが歪んだり変色したりしてダメになってしまうためです。 

2. 防音壁紙を使用する

一般的に言えば、防音壁紙は、騒音を減衰する材料を含む発泡体の層を備えた壁紙です。フォームウォールパと同じように機能しますあたり。

唯一の違いは、異なるパターンやデザインの壁紙の層があることです。デザインも豊富なので、家の装飾としても使えます。

私の記事を読んでください: 防音壁紙の9つのメリットとデメリット

3. グラスファイバーパネルを追加する

このタイプの消音材は緻密です。この特性により、グラスファイバーパネルは家の騒音を軽減するのに非常に優れています。騒音の通過を防ぐために、合板の壁にグラスファイバーパネルを取り付けることができます。軽量で、取り付けが簡単で、柔軟性があります。

また、耐衝撃性にも優れているので、傷がついたり、突然割れたりすることがありません。 

4. 吸音フォームパネルを追加する

吸音フォームは、音波、エコー、振動が壁から壁に反射するのを防ぐのに非常に効果的です。その結果、騒音が耳に入る前に、かなり静かになります。

重要な注意点は、 吸音発泡パネル ペイントが上につかないようにしてください。このため、家の美観を維持しようとしている場合、それらは目立たないかもしれません。 

不要な騒音を減らすだけでなく、室内の音響を改善したい場合は、吸音フォームパネルが最適です。それは、それらがうまく機能して、音の伝達を減らすためです。

この素材は多孔質 PEPP または発泡ポリプロピレンでできており、さまざまな厚さとサイズがあります。細孔は騒音を吸収し、騒音を大幅に静かにする役割があります。 

5. 防音塗料を使用する

このタイプの防音は、上記の方法ほど効果的ではありません。それでも、これはすぐに使える、予算に優しい方法です。 

防音塗料の効果を確実に発揮するには、合板の壁にたっぷりと塗料を塗る必要があります。また、次のペイントを追加する前に、各層が 1 日程度乾燥していることを確認する必要があります。 

合板の壁に防音塗料を塗るのは問題ありませんが、将来的に合板の壁を取り除くのはほぼ不可能であることを知っておく必要があります。確かに、この作業にはペイント用シンナーを使用できます。しかし、長期的には塗料が合板をダメにしてしまった可能性が高い。 

合板壁の他の防音方法

上記の方法を実行できても、十分ではないと感じる場合があり、依然として多くの騒音が家に侵入します。その場合は、以下の追加手順を実行して防音対策の取り組みを強化できます。

外部ノイズが通過すると思われる隙間にプラグを差し込みます

音は光や水と同じで、小さな隙間や亀裂からも漏れてしまう可能性があります。そうなると睡眠や休息の時間がうまく取れなくなります。このため、合板の壁に見られる隙間を埋めるには、防音コーキングを使用する必要があります。さらに、ドアフレームにウェザーストリップを使用することもできます。

家具もうまく機能します。

クッション、テーブル、棚は、家の中に響く騒音を弱めることができます。同様に、カーペット、カーテン、敷物、さらには鉢植えも、エコー、周囲の騒音、振動を軽減するのに役立ちます。 

ガスケットを使用して壁や窓を密閉する                              

窓枠と窓の間、ドア枠とドアの間の小さな隙間は、騒音が侵入しやすい開口部となる可能性があります。

必要以上に大きな隙間があると思われる場合は、必ずガスケットを入手し、窓やドアの枠に取り付けてください。こうすることで、外部の騒音によって休憩時間が台無しになるのを防ぐことができます。 

音声伝送クラスの評価を確認する

STC (Sound Transmission Class Rating) は、特定の製品が提供できる騒音低減の測定値を指します。高いほど 防音材の STC 評価が高いほど、不要なノイズが低減されます。 

とはいえ、常にサプライヤーに問い合わせる必要があります。 STC 評価 購入したい防音材の種類。これにより、その素材がどの程度の消音能力を持っているかを知ることができます。さらに、防音製品を別の製品と比較するときに、STC 評価について知っておくと役立ちます。 

合板壁の防音:次のステップ

合板の壁での音の伝達を減らすために使用できる方法と材料はすでにわかりました。したがって、次に行う必要があるのは、どの方法があなたの家に最も適しているかを決定することです。高級素材でも安価な素材でも使用できます。

ただし、最善の方法は、プロジェクトを一度に 1 ステップずつ実装することです。合板の壁の防音が重要な優先事項である場合は、高品質の吸音材に投資する必要があります。 

出典:

  1. 部屋を防音にする方法、家族の便利屋、 https://www.familyhandyman.com/project/how-to-soundproof-a-room/ 
  2. ランドルフ・フーバー、音響フォーム — 持続可能か否か?、トリプル評論家、 https://www.triplepundit.com/story/2015/acoustic-foams-sustainable-or-no/33601/ 
  3. フアン・ロドリゲス、グラスファイバー再設置パネル (FRP) の使用方法、The Balance Small Business、 https://www.thebalancesmb.com/fiberglass-reinforced-panels-frp-panels-844834/ 

類似の投稿