防音乾式壁と断熱材

壁の防音工事で最良の結果を得るには、防音乾式壁と断熱材のどちらが優れているのかとよく質問されます。簡単な答えを見つけるためにいくつかの調査を行いました。

防音乾式壁と断熱材を比較すると、断熱材の方が優れた選択肢となります。音の伝達を吸収して軽減するのに役立ちますが、防音乾式壁は通常の乾式壁よりも優れているわけではありません。ただし、最良の結果を得るには、とにかく両方を使用することをお勧めします。

防音乾式壁と断熱材

この記事では、防音乾式壁と断熱材の主な違いについて説明します。最終的には、どちらがプロジェクトに適しているか、いつ使用するべきかがわかると思います。

こちらもお読みください: 防音のための MLV と乾式壁の比較

防音乾式壁と断熱材 – 主な違い

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音乾式壁と断熱材は、ある程度、同じことを行うように設計されています。これは主に次のとおりです。

  • 吸音性
  • 消音

しかし、どちらも構造にある程度の余分な質量を追加します。これは防音のもう 1 つの重要な要素です。

もちろん、両方の製品はその構造と材料が大きく異なります。したがって、これらは比較可能ですが、理解を深めるために個別に調査する価値があります。

防音乾式壁とは、その名の通り、乾式壁パネルに防音材を追加したものです。通常の乾式壁は以下から作られています 石膏 紙で覆われています。

防音にするために、メーカーは中央に消音化合物の層を入れています。とても似ています 緑の接着剤、それは音波を消散させる粘弾性化合物です。

一方、断熱材はまさに「断熱材」です。一般に、市販されている製品は断熱性を考慮して設計されていますが、多くの製品はかなり優れた遮音性も備えています。

そのような例の 1 つは、グラスファイバー断熱材のようなものよりも密度が高く、剛性が高いミネラルウールです。

開いた繊維構造が音波を捕捉しやすく、繊維を振動させようとしてエネルギーを消費するため、騒音公害対策に役立ちます。これは吸音の代表的な例です。

しかし、ミネラルウールは防音にも役立ちます。これは、振動が音波になる前に消散するプロセスです。

防音乾式壁は粘弾性層を通じてこれを行いますが、断熱材はその開放構造を通じてこれを行います。簡単に言うと、空気のポケットにより振動が材料に伝わりにくくなります。

つまり、防音乾式壁と断熱材の違いは、完全にその材料、構造、用途にあります。

ただし、防音プロジェクトでは比較的似た仕事を行いますが、方法は異なります。どちらも構造を通る音の伝達を減らすように設計されています。

しかし、単に使い方が違うからといって、どちらかを選択できるという意味ではないと思います。可能であれば、望ましい結果を得るために、さまざまな製品を使用することが常に最善です。

防音乾式壁と断熱材の比較

防音乾式壁と断熱材をさまざまな方法で比較して、防音プロジェクトにどちらが最適であるかを判断できます。

1 つしか選択できない場合は、これが役立つことを願っています。ここに便利な比較表があります。

  防音乾式壁 絶縁
料金 中~高 低い
可用性 珍しい 一般
材料 石膏、粘弾性化合物 ミネラルウール、グラスファイバー、高密度フォームなど
防音性 消音、吸音、質量 吸収、消音
に対して効果的です 高周波と中周波 高周波、低周波
使いやすさ 簡単~中程度 簡単
STC 52 42-55

このグラフには、比較するための重要なポイントがいくつかあります。上記の素材についてはすでに説明しましたが、製品が大きく異なるため、製品を比較することはできません。

ただし、可用性については議論する価値があります。断熱材は、オンラインでも DIY ストアでも一般的に入手できます。これは、断熱材として使用されますが、たまたま遮音性も備えているためです。

ただし、防音乾式壁はより専門的な製品です。これは、サプライヤーに直接行かなければならないことを意味し、価格がわずかに上昇することがよくあります。

したがって、急いでいる場合、または防音乾式壁を入手する手段がない場合は、断熱材を使用する方が良い選択肢です。

もう 1 つの関連ポイントは STC または 音声伝達クラス。 STC は、音を遮断する製品の有効性を数値で評価したものです。数値が大きいほど優れています。

ただし、それほど単純ではありません。 STC は材料の密度と厚さに依存するため、断熱材の範囲が非常に広いのです。

一方、防音乾式壁は通常 1 種類の厚さしかなく、同様の化合物が使用されます。したがって、その STC はより安定しています。

ただし、単一の製品の STC にはそれだけの意味があります。すべての防音対策が講じられてから、構造全体の STC を確認する方がはるかに優れています。

たとえば、防音乾式壁自体の STC は 52 ですが、通常の乾式壁の STC は 34 です。ミネラル ウールの STC は 34 です。 最大55のSTC 使い方次第。

単層の乾式壁でミネラルウール断熱材を使用した場合、STC はわずか 42 になります。しかし、二重層の乾式壁とスチールスタッドを使用した場合、これを 55 まで押し上げることができます。防音乾式壁を使用すると、STC がさらに高くなります。まだ。

もちろん、STC 評価の高い材料を使用する必要があります。しかし、それらをどのように統合して、 総合的な STC 評価 防音構造のため。

より広い範囲の周波数に対して絶縁効果も高まります。繰り返しになりますが、これは厚さと密度に依存しますが、これらは防音乾式壁に欠けている 2 つの特性です。

とはいえ、断熱材は一般的にほぼすべての比較点で優れており、防音プロジェクトにおいてはより優れた製品となります。

防音乾式壁と断熱材を防音に使用する方法

すでに述べたように、最良の結果を得るには、次のような場合に両方の製品を使用する必要があります。 部屋の防音.

これらに加えて、理想的には次のものを使用するとよいでしょう。

壁を効果的に防音するには、次の手順を実行します。

1. 古い乾式壁を剥がす

このステップは一目瞭然です。古い乾式壁を解体して壁の空洞を露出させます。

2. 断熱材を充填する

壁の空洞をお好みの断熱材で満たしますが、ミネラルウールをお勧めします。

オープン構造を利用しているため、あまりきつく詰めすぎないでください。所定の位置に詰め込む必要がありますが、圧縮しないでください。

3. 弾性クリップとハットチャンネルを取り付けます。

弾力性のあるクリップは、壁を切り離すために使用されます。これは、最も効果的な防音方法の 1 つです。

水平方向に約 48 インチ、垂直方向に約 24 インチの間隔で壁根太にネジで固定します。

ハットの溝はこれらに非常に簡単にクリップできるので、乾式壁を吊り下げることになります。

4. 乾式壁の層を設置します

壁梁から吊るすのと同じように、乾式壁をハット チャンネルから吊るすことができます。正しいネジを使用するように注意してください。溝に届くのに十分な長さである必要がありますが、壁根太を貫通しないほど十分に短い必要があります。

5. 質量を追加する

ハット チャンネルと弾力性のあるクリップを取り付ける場合、この手順は完全に必要というわけではありません。これらは非常に効果的です。

希望する方法に応じて、このステップまたはそのステップをスキップできます。もちろん、両方を実行することもできますが、結果が大幅に向上するわけではありません。

質量を追加すると、構造が振動しにくくなります。これには、質量を負荷したビニールが最適です。

緑の接着剤の層を乾式壁に絞ります – 1 枚のシートにおよそ 2 つのチューブを塗ります。硬化が始まるまで 15 分間待ってから、MLV を追加します。

Green Glue は接着剤ではないため、釘やホチキスを使って固定する必要があります。

緑色の接着剤の別の層を追加し、次に乾式壁の外層を追加します。両方の層が防音乾式壁である必要はありません。外側は通常の乾式壁にすることができます。

これらの材料をすべて使用すると、ほぼ完全な防音構造が得られます。基本的には天井に対してもこの方法を繰り返すことができます。

防音乾式壁と断熱材はどちらが優れていますか?

防音乾式壁と断熱材のどちらかを選択しなければならないとしたら、私は断熱材を選択します。

これは単純に、この製品がより広く入手可能であり、安価であり、音波を吸収するという点で適切な働きをするためです。

私の意見では、防音乾式壁は次のようなものです。 防音カーテン。素晴らしいアイデアですが、元の素材の密度と音の伝達特性によって制限されます。

石膏は非常に硬いため、音波をよく伝達し、また薄いです。これらの特性により、壁を素早く組み立てるには最適ですが、防音には適していません。

通常の乾式壁よりもはるかに高い STC を持っていますが、代わりに壁の空洞を断熱し、デカップリング方法を導入することに力を注ぐ方が良いでしょう。

そうすれば、時間と予算をより有効に活用できるでしょう。

最終的な考え

この記事が防音乾式壁と断熱材の利点をカバーできたことを願っています。

おわかりのとおり、私の感覚では、断熱材の方がより良い目的を果たします。

ただし、単独で使用すべきではないことに注意することが重要です。最良の結果を得るには、吸収、減衰、隔離、散逸などをカバーするさまざまな製品を使用する必要があります。

私ができる最善のアドバイスは、予算を含めてプロジェクトを適切に計画し、どの素材が自分に最適かを確認することです。

類似の投稿