中空のドアを防音できますか?

最近のほとんどの家には中空の室内ドアがあり、節約には良いのですが、防音性に関してはひどいものです。通常、ドアは部屋の中で最も弱い部分なので、私は空洞のドアを防音する方法を常に探しています。

では、空洞のドアを防音することはできるのでしょうか? 質量の追加や減衰など、さまざまな方法を組み合わせることによって、中空のドアから伝わる騒音の量を減らすことは完全に可能です。しかし、ドアという性質上、完全に防音することは不可能です。 

中空ドアの防音には多大な労力がかかりますが、騒音遮断能力を向上させることは確実に可能です。また、予算と DIY スキルがある場合は、代わりに試すことができる他のオプションもあります。この記事では、空洞のドアを防音するための最良の方法と代替オプションについて説明します。

私の記事をまだ読んでいない場合は、 ドアを防音する最良の方法, ぜひチェックしてみてください。

中空のドアを防音する方法

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

室内ドアのメーカーは通常、時間、お金、資源を節約するためにドアを中空にします。ドアは依然としてその主な役割を果たしていますが、これは音を遮断する能力がまったく低いことを意味します。私はドアの騒音遮断能力を向上させる方法を常に模索していますが、空洞のドアは私にとって最悪の悪夢です。

中空のドアを防音したい理由はたくさんあります。たとえば、騒々しい同居人がいるアパートに住んでいる場合、彼らを遮断するために何かをしたいと思うでしょう。ただし、通常は建築規制によりドアを完全に交換することができないため、他の選択肢を探す必要があります。

他の防音工事と同様に、 ドアを防音する最良の方法は(ドアをふさぐ以外)、質量を増やすことです、 できるだけ。ただし、ドアが厚すぎてはいけないという制限があり、厚くしないと正しく開きません。これは、適切な厚さとノイズキャンセリング比を持つ製品を見つけることを意味します。

私がお勧めする最良の製品は、車の内装フォームなどの消音フォームです。 ダイナマット または ハッシュマット (アマゾンリンク)。これは取り付けが非常に簡単で、通常は厚さが 1 インチ未満なので、ドアが適切に開閉できます。

これらの製品のいずれかを選択した場合は、次のことに固執することをお勧めします。 木の板 またはドアにネジで固定できる乾式壁。これは、消音マットの裏面が粘着性になっているため、使いやすく、剥がれにくいためです。さらに、ドアに接着剤が確実に残ります。

別のオプションは、特定の防音ファイバーボードです、しかしこれははるかに高価です。使用する 車用消音マット 中空のドアを防音するには、木片に取り付けるのがおそらく最良の方法です。これは、音を吸収するのに非常に効果的な薄い質量を追加するためです。

あるいは、試してみてください 大量に充填されたビニール (アマゾンで見てね)。これはリンプマスとして知られているもので、音波がその表面で消散するだけであることを意味します。値段もそこまで高くないし、分厚くもありません。ただし、ヒンジの強度にもよりますが、ドアに取り付けるのは少し重いかもしれません。

質量を増やす方法はたくさんありますが、その中には他の方法よりも効果的なものもありますが、空洞のドアを完全に防音することは不可能でしょう。これは、ドア周囲の隙間や枠、材質の影響を受けるためです。ただし、これらの問題を解決できる方法は他にもあります。

中空のドアを防音するためのヒント

ドアを防音する最良の方法

中空ドアの防音効果は、単にドアに質量を追加するだけではありません。たとえば、室内ドアを防音したい場合は、他の弱点に対処するために可能な限りの措置を講じることを検討する必要があります。中空ドアの遮音性を向上させるための私の主なヒントは次のとおりです。

1. ギャップに注目する 

ドアはその性質上、フレームに取り付けたときに周囲に小さな隙間ができます。しかし、この必要な隙間は騒音の侵入にも最適であり、可能な限り遮断する方法を見つけることが騒音公害に大きな違いをもたらします。

防火用に設計されたドアガスケットなどの防音ドアストリップを試してください。。多くの断熱製品や防火製品は、多くの同じ原理に従っているため、防音効果に優れています。これらのドアガスケットは、ドアを閉めたときにドアの周囲に気密シールを作成するのに役立ちます。

同様に、 ウェザーストリッピングを追加することもできます、ドアの端に沿って隙間を小さくするだけです。ウェザーストリッピングはドアガスケットよりも侵襲性が低く、跡が残らないためアパートドアの防音に最適です。

2. フレームには注意が必要です 

ドア枠の交換以外にも、 固体金属、 防音性を高めるために実際にできることはいくつかあります。まず試したいのは、防音マットを切ってドアの枠に貼り付けるなど、できるだけ質量を増やすことです。

ただし、ドアが開かなくなる可能性があるため、これには制限があります。 別のアイデアは、ドアフレームの亀裂や隙間を音響コーキングなどで密閉することです。 緑の接着剤 (アマゾンリンク)。通常のシーラントとは異なり、防音コーキングはシリコンベースであるため、家が動いてもひび割れることはありません。

3. 反対側を忘れないでください 

中空のドアを防音するためにできる最善のことは、次のことです。 両側に質量を追加します。すべての防音プロジェクトと同様に、音波を吸収して遮断するには質量が鍵となりますが、ドアの外側に他の音響管理製品を追加すると役立つ場合があります。

上記で提案したような防音ドア カバーをもう 1 つ作成し、ドアの外側に固定すると、防音性が大幅に向上します。ただし、主な欠点は、それが最も魅力的なものではないかもしれないということですが、それを隠す方法はいつでも見つけることができるということです。

もう 1 つの便利な追加機能は、 音響フォーム。これは防音には直接役立ちませんが、音波が反射できないテクスチャーのある連続気泡の表面を作成することでエコーと残響を処理します。基本的に、これはそもそも音波がドアに届きにくくなるということを意味します。

中空のドアを防音する別の方法

消音マットや大量のビニールを入手するのはそれほど難しい素材ではありませんが、使用できない理由がある可能性があります。代わりに、より簡単に利用できる解決策がいくつかありますので、試してみてください。

これらは実際にはそれほど効果的ではありませんが、ある程度のノイズ低減にはなることに注意してください。家庭用品でドアを防音する方法に関する私の最良のオプションは次のとおりです。

1. 防音カーテンを使用する

ドアの上にカーテンレールを取り付けるのは非常に簡単な作業で、ドアの前に防音カーテンを掛けることができます。ドアを閉めたときにこれらを引くと、入ってくる騒音に顕著な違いが生じます。

あるいは、次のように使用することもできます ベルベットなどの厚手のカーテン。カーテンは音波を減衰させる重い素材で作られていることが多いため、防音効果があります。ドア全体に防音カーテンを設置すると、プラスにもマイナスにもなる熱の侵入を防ぐことができます。

私のものをチェックしてください 防音カーテンのご案内.

2.防音毛布を試してみる

ドアの断熱に防音ブランケットを使用するのは必ずしも最良の選択肢ではありませんが、取り付けは非常に簡単です。ドアにフックを取り付けるだけで、防音ブランケットを掛けることができます。

このオプションを選択すると、両面にブランケットを掛けると、空洞のドアの防音効果がさらに高まります。通常の厚手の毛布を使用することもできますが、このオプションを選択する場合は、少なくとも防音毛布にストレッチすることをお勧めします。

3. 騒音を軽減する

中空のドアを防音する代わりに、騒音を発生源に近づけて管理することにより、ドアに伝わる騒音公害の量を減らすことが期待できます。ただし、少なくともドアに防音カバーを併用してこのオプションを試してみることを検討します。

廊下へのドアを防音にしたい場合は、床に敷物を敷くことを検討してください。そうすることで反響や振動が軽減されます。同様に、絵画や額縁を壁に掛けて、エコーをさらに低減します。

部屋の中では、本棚などの重い家具をドアの近くに置くことを検討してください。これは必ずしも防音性を向上させるわけではありませんが、反響などを軽減し、密度の高い本は音波を吸収します。

最終的な考え

中空のドアを防音するために私が見つけた最良の方法は、防音カーマットや大量のビニールなど、薄くても密度の高い塊を使用することです。ただし、これらのオプションは高価になる可能性があり、完了するには多少の DIY の知識が必要です。

幸いなことに、いくつかのオプションがあります 家庭用品を使って空洞のドアを防音する。これらのいずれかを使用する場合は、専用の防音製品ほど効果的ではないことに注意してください。いずれにせよ、空洞のドアを完全に防音にすることは不可能ですが、違いを生むためにできることは間違いなくあります。

読んでくれてありがとう!私のものもチェックしてください 防音対策におすすめの商品.

類似の投稿