HVAC システムでユーティリティクローゼットを防音する方法

AC ユニットの内部の仕組みを見たいと思う人はほとんどいないため、HVAC システムのようなものをユーティリティ クローゼットにしまい込めるのは、ある意味ありがたいことです。

ただし、共通の問題は、これらのシステムが使用中に大きな騒音を発する可能性があり、ユーティリティクローゼットがリビングスペースやバスルームなどの迷惑な場所に隠れていることがよくあることです。

家でリラックスしようとするときに誰もが望んでいないことは、ユーティリティクローゼットの中でHVACシステムがぶつかる音を聞くことです。確かに、しばらくすれば慣れるかもしれませんが、代わりに何かをしてみてはいかがでしょうか。

ユーティリティクローゼットを防音にすることは将来への賢明な投資であり、不快な騒音に対処する必要がなくなります。この記事では、クローゼットを防音にする方法について私が学んだいくつかの重要なヒントを紹介します。

空間を防音するにはどうすればよいですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音対策に関しては、4 つの主な原則に頼る必要があります。これらは:

  • 質量
  • デカップリング
  • 吸収
  • ダンピング。

音波は振動によって固体表面 (壁) を伝わり、当然空気中も容易に伝わります。したがって、何かを防音するには、騒音の量を制限する必要があります。 出ることも入ることもある音波 スペース。

防音工事は、ホームセンターやネット通販などで簡単に手に入るアイテムを使えば、低予算で行うことができます。私の投稿を読んでください 部屋を防音にする安価な方法.

ただし、プロジェクトに深く取り組む計画を立てるほど、より多くの費用がかかります。

前述したように、ユーティリティクローゼットを防音するための最良の方法をいくつか提案します。使用したいものを選択して選択できます。

何を守るべきかを知るために、始める前に予算を立てることは価値があるでしょう。

ユーティリティクローゼットを防音にする方法

ユーティリティクローゼットは次の方法で防音にすることができます。

  1. 既存の空間に質量を加える
  2. 壁の分離
  3. ドアの防音 – 隙間を密閉し、質量を追加します
  4. クローゼットの隙間や亀裂をふさぐ
  5. HVAC 用の振動マウントの使用
ユーティリティクローゼットを防音にする方法

質量を追加する

部屋があれば、既存のスペースに質量を追加することから始めるのが最適です。これを行う最も簡単な方法は、ユーティリティクローゼット内に乾式壁の層を追加することです。

乾式壁は、その構造が音波の吸収と減衰に優れているため、防音に関しては実際に驚くほど役立ちます。

ユーティリティクローゼットの防音に関しては、クローゼット内の既存の壁に乾式壁を追加するか、HVAC ユニットの周囲に乾式壁ボックスを構築するかを選択できます。

後者を選択する場合は、ユニットの換気に関してメーカーのガイドラインに従っていることを確認し、保守が必要なときにユニットにアクセスできることを確認してください。

既存の壁の上に乾式壁を追加する場合は、2 つの壁の間のスペースを断熱フォームで埋めることを検討してください。

フォーム自体は優れた防音材ではありませんが、この演習のポイントは空間に質量を追加することなので、この状況では非常に便利な追加になります。

このすべての労力を無駄に費やしたくないので、インストールは徹底的に行うようにしてください。

乾式壁のデカップリング

この提案は質量を追加するという提案と一致しますが、実際に役立つのはスペースの制限がない場合のみです。

乾式壁の分離では、既存の乾式壁を別々の層に分割し、それらの間の空間を断熱材で充填します。これにより構造に質量が追加され、壁を通過する音の量が制限されます。

作業をさらに効果的にするには、乾式壁をデカップリング マウントに取り付けてみる価値があります。これらは音波が通過するための別の要素を追加し、構造を通過する可能性のある振動のレベルを低減するはずです。

スタッドを交互に使用したり、 千鳥スタッド壁 乾式壁を取り付けるための方法であり、この手段はすべて、2 つの乾式壁を別々の木製スタッドに吊るすことです。これは、理論的には 2 つの部品が互いに独立して吊り下げられ、それによって壁を通過する可能性のある振動の量が最小限に抑えられることを意味します。

スタッドをずらして配置する方法には、多少の DIY 知識が必要であることは明らかですが、実際に実行できるのは、ユーティリティ クローゼットにかなりのスペースがある場合のみです。

乾式壁の分離を試みる場合は、必ず緑色の接着剤も使用してください。音波(振動)を熱エネルギーに変える接着剤の一種です。これは素晴らしい製品で、ユーティリティクローゼットの防音に驚くほどの違いをもたらします。

私のを読んでください グリーングルーに関する記事 防音効果がいかに優れているかがよくわかります。

防音ドア

防音工事は、耐候性断熱材と同じ原則の多くに従いますが、重要なポイントの 1 つは、努力が最も弱い部分にのみ効果があるということです。

防音に関して言えば、通常、最も弱い部分はドア (または窓ですが、ユーティリティクローゼットにはおそらく窓がほとんどありません) です。

したがって、ユーティリティクローゼットの防音に関しては、ドアに多くの注意を払う価値があります。

最初に行うことは、ドアの下部に沿ってウェザーシールを取り付けることです。明らかに、これらは隙間風を防ぐように設計されていますが、上で述べたように、防音は多くの同じ原則に従っています。

さまざまな形のウェザーシールを購入できますが、ドアの下の隙間のサイズによって適切なものが異なります。このギャップがどんなに大きくても、あなたの意図はそれを埋めることです。

最も優れたドアシールは、重いゴムでできたものです。これは優れた断熱材であり、ドアの下の漏れの量を最小限に抑えるのに確実に役立ちます。どうしても取り付ける場合は、ブラシ式のドア掃除機は避けてください。防音性に関しては、基本的には何の役にも立たないからです。

いくつか買ってみるのもいいですね 音響シーラントテープ (アマゾンでチェックしてください)ドアの周りの残りの隙間を埋めます。この製品は安価でオンラインで簡単に購入でき、ドアの周りから逃げようとする音波を吸収する素材で隙間を埋めるだけです。

ドアに対して実際にできることは限られていることを考慮すると、できるだけ多くのことを試してみる価値があります。

ドアにマスを追加する

繰り返しになりますが、ドアの質量を増やすためにできることはおそらくあまりありません。ユーティリティクローゼットの防音対策に真剣に取り組んでいて、十分な予算がある場合は、新しいドアを購入することを検討してください。

標準的な室内ドアの多くは中空であるため、音が非常に簡単にドアを通過します。

標準ドアを屋外スペース用に設計されたドアに交換することを検討してください。これらは常に重く、通常は固体であるため、音の吸収においてはるかに優れた働きをします。

MDF (中密度繊維板) は比較的安価な素材で、通常の室内ドアよりもはるかに優れた吸収特性を持っています。これらはホームセンターで簡単に入手でき、取り付けも簡単です。

に関する私の投稿も読むことをお勧めします ドアを防音する最良の方法.

可能な限りギャップを埋める

音はどんな大きさの隙間からも漏れる可能性があるため、防音プロジェクトに真剣に取り組んでいる場合は、可能な限りすべての隙間を埋めるようにしてください。これには、乾式壁の各部分間の隙間、壁の亀裂、マウントが取り付けられている穴が含まれます。

部屋の隙間を可能な限りすべて特定し、防音シーラントで隙間を埋めます。標準的なシーラントとは異なり、吸音シーラントは弾力性を保つため、ひび割れが発生しにくくなります。通常のシーラントよりも吸音性にも優れています。

HVAC マウントの周囲の隙間を埋めることが特に重要です。これは、壁に振動が伝わる一般的な原因となるためです。

振動マウントを使用する

HVAC ユニットがユーティリティ クローゼットにどのように設置されているかにもよりますが、これが防音対策が必要なものであると仮定すると、振動マウントを使用する価値があります。

振動マウントは基本的に、HVAC ユニットを設置するためのゴム製の脚またはマウントです。これらは、ユニットから壁に伝わる振動を軽減するのに役立ちます。

これらの取り付けは、HVAC ユニットを取り外して新しいマウントを取り付ける必要があるため、このリストの中で最も困難な作業の 1 つになる可能性があります。

これがあなたにできることであれば違いはありますが、自分の技術的能力に十分な自信がある場合にのみ実行してください。

ユーティリティクローゼットを防音にする方法についての最終的な考え

この記事がユーティリティクローゼットの防音方法についての情報を提供していただければ幸いです。

覚えておくべき最も重要なことは、スペースを防音するには質量を追加することが最も効果的な方法ですが、ユーティリティクローゼット内で行われる作業がその機能に影響を与えないことを確認する必要があるということです。換気を減らすことで火災の危険を引き起こしたくないため、これは HVAC ユニットの場合に特に当てはまります。

もう 1 つ覚えておくべきことは、HVAC ユニットからの振動を軽減することです。これは、ユニットをフォームパッドの上に置くか、振動マウントに取り付けることで簡単に行えます。

振動源での振動を低減できれば低減するほど、より簡単に振動を低減することができます。 部屋を防音にする.

どのような方法を使用するにしても、効果を高めたいほど、より多くの費用を費やす必要があることに留意してください。

類似の投稿