ホームシアターとメディアルームを防音にする方法

防音のホームシアターとメディアルームは、隣人と平和に共存するために必要です。

オーディオ システムは、映画鑑賞や音楽鑑賞を本当に楽しいものにしてくれる、本当に素晴らしいガジェットです。

私が初めてオーディオシステム、つまりボックス入りのホームシアターを購入したのは約10年前だったと記憶しています。家に帰って早速、ワクワクしながら設置してみました。

新しいホームシアター システムで最初に再生した映画は「グラディエーター」で、とても素晴らしかったです。私の映画鑑賞体験は別のレベルにあり、それが私を興奮させました。

しばらくは、自分が家族や近所の人たちにとってどれだけ迷惑になっているかに気づき始めるまでは良かったのですが。

そこで、他人への迷惑の主な原因となっていたホームシアタールームを防音にして、状況を解決することにしました。

この記事では、ホームシアターやメディアルームを防音したい人に役立つ、私の経験から学んだことを共有します。

防音のホームシアターとメディアルーム

ホームシアタールームの防音対策

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

ホームシアターを防音にすると、怒った隣人にドアをノックされることなく、安心して好きなことを楽しむことができます。

外部の騒音もシャットアウトしたい。道路からの車のクラクション、外での犬の吠え声、または近所で再生されている他のオーディオ再生システムの音は、映画体験を台無しにしてしまいます。

ホームシアタールームを防音する際、最も注意を払う必要があるのは壁、窓、ドア、床、天井の 6 つのエリアです。 空調システム。ハイライト表示されている 6 つの領域はすべて、最も音が漏れやすい領域であることが知られています。

城壁

ホームシアターとメディアルームの防音壁アメリカの平均的な家の壁は非常に薄く、音が伝わりやすいです。一般に知られている紙の薄い壁または乾式壁は、以下の最も一般的な原因です。 ホームシアタールームから音が漏れる.

ホームシアターから家の隅々まで、そして落ち着いてくつろぐたびに近所にまで、膨大な量の音が簡単に伝わってくるのも不思議ではありません。 お気に入りのビデオゲームをプレイする、素晴らしいジャムを聴いたり、大ヒット映画を観たりしてください。

最高の映画体験やゲーム体験を心から望んでいるのであれば、私と同じように部屋の壁を完全に防音にすることが重要です。

ホームシアタールームの壁の防音、 注目すべき重要な要素が 4 つあります。

質量

壁を厚くすることが最優先です。壁が重いと音の振動が減衰するため、伝わる音は少なくなります。乾式壁を 1 層または 2 層追加すると、壁を重くすることができます。乾式壁の選択は、最も重い厚さ 5/8 インチのものを選択する必要があります。

壁を重くするもう 1 つの効果的な方法は、Mass Loaded Vinyl (MLV) 遮音壁を設置することです。追加で使用する場合 板岩の層、壁の遮音能力が大幅に向上します。

デカップリング

デカップリングは効果的な方法です 壁の防音。ただ単に質量を増やすよりも効果的だと思います。

内壁を構築する伝統的な方法は、乾式壁シートを間柱にねじ込むことです。これの問題は、内壁の音の振動が間柱に伝わり、さらに外壁にも伝わり、大量の音の伝達を引き起こすことです。

分離では、壁が間柱に直接接触することによって引き起こされる音の伝達を減らすことができるように、間柱を内壁から分離します。分離するには内壁を取り壊す必要があります。

デカップリングには、千鳥スタッド壁、二重スタッド壁、ハット チャネル、および遮音クリップの有無にかかわらず使用できる弾性チャネルなど、いくつかの方法があります。

千鳥スタッドウォール防音ホームシアター&メディアルーム
千鳥スタッドウォール

これらの方法はすべて、スタッドを内壁から隔離します。まずデカップリング材料がスタッドに取り付けられ、次に乾式壁が弾性チャネルとハット チャネルにねじ止めされます。

デカップリングの結果、内壁と外壁の間に大きな空洞が形成され、防音効果が非常に高まります。

吸収

2 つの壁の間に存在する空洞、または分離によって作成された空洞は、緩いグラスファイバー、セルロース、または ロックウール断熱材.

音波が繊維の層を通って吸収されるときにエネルギーを損失し、十分に「相互作用」できるように、断熱材の密度を低くする必要があります。

これとは別に、壁が空洞にならないように断熱材が必要です。中空の壁は、映画を見たり音楽を聴いたりするときに共振したり、ガタガタしたりしやすくなります。

ダンピング

制振化合物は、振動の周波数を変えることによって音の伝達を減少させることで知られる半固体の材料です。

拘束層減衰としても知られるこれらの材料は、2 つの硬い表面の間に適用されます。壁の場合は、2 層の乾式壁の間に適用できます。

制振化合物は音エネルギーを熱エネルギーに変換します。したがって、音の振動が消散され、音の伝達が最小限に抑えられます。

私が推奨するダンピングコンパウンドとその理由については、この記事を読んでください。.

ホームシアタールームの防音壁に関する完全なガイドについては、こちらの記事をお読みください。.

これでもうわかりました。時間を無駄にする必要はありません。あなたの壁に取り組みましょう!

ホームシアタールームから音が漏れるときは、窓のせいにしてください。したがって、部屋のこの領域に取り組むことが重要です。

窓から音が漏れる問題は、窓の音を遮断する機能を改善することで解決できます。専門家に依頼することも、自分で問題を解決することもできます。

まず最初にやるべきことは、防音シーラントで亀裂や隙間を塞ぐことです。次に、独立気泡フォームのマット スラブをフレームに適用する必要があります。ウィンドウのすべての端も適切に埋められていることを確認してください。こうすることで、窓から出入りする音をすべて遮断できます。

二重窓と中央の空気層を持つ窓も、音の通過を大幅に減らすのに非常に効果的であることが証明されています。

窓を交換するオプションがない場合は、窓プラグを構築できます。 詳細については、「窓を交換せずに防音する方法」に関する記事をお読みください。.

ドア

窓に加えて、ドアも弱点であり、防音に関しては常に課題となります。

窓の場合は、少なくとも窓を取り外して壁の隙間を断熱材と乾式壁で覆うという選択肢があります。

ただし、部屋に出入りするために少なくとも 1 つのドアが必要です。ドアの問題は、分離技術を採用するのが難しいことです。

したがって、唯一の実行可能な選択肢は、ドアを重くて密度の高いドアに交換することです。さらに、ドア枠やドアの下の隙間など、対処が難しい問題もあります。これらの問題を解決するために設計された既製のドアがありますが、非常に高価です。

私には専用の 防音ドアに関する記事 もチェックしてみてください。

天井と照明

はい、これはサウンドがホームシアタールームに出たり入ったりするもう一つの出口です。

ホームシアターが階下、お母さんの寝室のすぐ下にある場合、それが何を意味するかはご存知でしょう、きっとそうしているでしょう。

ただし、ホームシアターの場所によって、サウンド システムを最大限に楽しむことができなくなることがあってはなりません。

これを解決するには、天井を防音にする必要があります。これを行う方法はたくさんあります。壁に使用されているのと同じテクニックを使用でき、非常に効果的です。

根太を分離する

最良の選択肢は根太を分離することです。根太を分離するには、既存の根太と 2 インチ下の間に新しい根太を設置する必要があります。

したがって、新しい根太に乾式壁を設置すると、音は上の部屋に伝わりません。天井を防音する他の方法は、デカップリング技術と制振機能を備えた二重層乾式壁を使用することです。

防音天井のホームシアターとメディアルーム上の床を防音することで、間接的に天井を防音できます。これについては次のサブトピックで説明します。

天井を防音するさまざまな方法について説明したこの記事をお読みください。.

照明の側面も非常に重要です。照明が組み込まれた防音天井は、穴や隙間ができて役に立たないからです。照明器具は必ず吊り下げるか、薄型の蛍光灯を使用してください。

フロア

これは、ホームシアターから音が漏れてしまうもう 1 つの脆弱なエリアです。これは高層階にあるホームシアターにのみ適用されるという誤解がよくあります。

床は結局壁とつながっています。床からの音の振動は壁に伝わり、さらに相互につながった壁を通って上の部屋に伝わります。

幸いなことに、地下室のホームシアターの場合、この音の量は少なく、それほど苦労せずに制御できます。

床に関しては、次の 2 種類の騒音に対処することになります。 衝撃音と空気伝播騒音.

衝撃音 主に高層階のホームシアターに適用できます。足音や家具の移動などによって発生する騒音です。

空気伝播騒音 ドア、窓、壁などの隣接する経路を通って伝わる音です。

音や振動が部屋の外に伝わるのを防ぐには、防音下地などの防音材を使用する必要があります。

適切な下地選びが重要. ここで私の一番のおすすめをチェックしてください.

他の 床を防音にする方法 以下に列挙します。

  • 連動フロアマット
  • カーペットの詰め物
  • 防音コンパウンド
  • デッキネジ
  • 床材
  • ゴム製フロアマット

詳細については、 防音床に関する記事をご覧ください.

HVAC 通気口

見逃してはいけない重要な側面は、側面騒音のすべての発生源に対処することです。側面騒音は、間接的な経路を通って室内に侵入する騒音です。

ドア、窓、床、天井とは別に、HVAC システムのダクトも側面騒音の主な発生源となる可能性があります。

音が伝わりやすい 空気と HVAC の通気口 ドアの下の隙間と同様に、音が部屋に出入りしやすくなります。

HVAC の通気口を防音にするためにできることは次のとおりです。

ダクトライナー

ダクトライナーの使用は、HVAC 通気口を防音するための費用対効果の高い方法です。ダクトライナーの内側には断熱材があり、音がダクト内を伝わるときに減衰します。

フレキシブルダクト

ガイド防音通気孔フレキシブルダクト

名前が示すように、これらのダクトは曲げることができます。ダクトを曲げると、音が伝わりにくくなりますが、これが効果的です。

軒天井

ダクトの周囲に防音天井を設置すると、ダクトの壁から伝わる音を遮断できます。もちろん、室内のダクトの露出部分に軒天井を設けるのが現実的です。

サウンドバッフル

バッフルは、音が迷路の中を伝わり、エネルギーが失われやすくするように設計された箱です。ボックスの端はダクトに接続されています。

HVAC システムの防音について詳しくは、こちらをご覧ください。 私のガイド 件名に。

メディアルームの防音対策

ほとんどの人は、メディア ルームとホーム シアター ルームが同じ意味だと考えています。

理想的には、これらは、異なる目的を果たす、家の 2 つの異なる部分を指す 2 つの異なる用語です。

メディアルームとホームシアタールームの違い

両方の部屋のレイアウトとデザイン

メディア ルームは、家族と過ごすなど、映画鑑賞以外のアクティビティも含めるように設計されています。

例としては、映画が上映されているが照明が消えていない部屋が挙げられます。人々は合間に会話したり、電話に応答したりできます。席の配置もフレキシブルに対応します。簡単に言えば、メディア ルームはリビング ルームにすぎません。

一方、ホームシアターは、実際の映画館を再現することを目的としたレイアウトです。映画の照明があり、座席はスクリーンに面しており、照明は消えており、映画中は誰も話すことはできません。

オーディオ機器の性能

両方の部屋にあるオーディオおよびビジュアル機器の種類にも大きな違いがあります。

先ほど述べたように、ホームシアター作成の目的は、実際の映画館を再現することです。そのため、ホーム シアターにあるオーディオ機器の性能は、通常、メディア ルームにあるものよりも優れています。

インストール

メディア ルームにはオーディオ デバイスとビジュアル デバイスの両方を誰でも設置できますが、ホーム シアター ルームの場合は当てはまりません。

ホームシアターにオーディオおよびビジュアル機器を適切に設置するには、専門家またはホームシアター設置会社に依頼して不具合を避けることが重要です。

メディアルームを防音にする方法

メディア ルームとホーム シアター ルームの主な違いがわかったので、メディア ルームにはそれほど厳しい防音基準が要求されていないことが容易に推測できます。

メディアルームでは、外部の騒音を遮断することが主な関心事になります。外部の騒音は主に中高周波範囲にあり、分離するのはそれほど難しくありません。

どの部屋であっても防音の原則は変わりません。

理想的には、メディア ルームをホーム シアター ルームのように防音したいと考えます。ただし、スペースや予算に制約がある場合、メディア ルームのアプローチはもう少し保守的になる可能性があります。

ここで取り上げたテクニックをホームシアタールームに適用できない場合は、次のようなことができます。

隙間を埋める

照明やその他の電化製品の設置後にメディア ルームの壁に生じた隙間をすべて塞ぐ必要があります。コンセントの隙間や穴は非導電性の耐火パテで埋める必要があります。

シーラント防音ホームシアター&メディアルーム
乾式壁の隙間の吸音シーラント

窓やドア枠など他の場所にも隙間や亀裂が見られます。これらは防音シーラントで絶縁する必要があります。

絶縁ブッシュの取り付け

あなたのオーディオ システムは非常に強力なので、音楽を再生したり映画を見たりすると、その振動がメディア ルームから家の他の部分にまで伝わりますか?

これに「はい」と答えた場合は、メディア ルームの壁に絶縁ブッシュを設置するだけで、室内の振動を抑えることができます。

これを取り付けるには、メディア ルームの壁の間柱に、天井のジョイストと平行に固定します。

防音テープを活用しよう

粘着式の防音テープも状況を改善するのに非常に役立ちます。

このテープは剥がすことができ、ハサミで簡単にカットできます。壁の間柱やパネルを保持するために使用すると、音の通り道を遮断するため、騒音を完全に低減します。

騒音低減カーテン

音を軽減するカーテンは本当にあるのでしょうか?はい、あります!

市場には、音を軽減するだけでなく、光や紫外線を遮断する美しいカーテンがたくさんあります。

メディアルームに見栄えの良いカーテンを取り付けて、見た目の美しさを向上させるだけでなく、不要な光を遮断し、同時に防音効果を発揮できたら素晴らしいと思いませんか?

考えてみてください!

ただし、これらは合理的な範囲で物事を改善するだけであり、驚くべき効果をもたらすものではないことに注意してください。 騒音低減カーテンに関する私の専用ガイドをお読みください.

オーディオ システムを変更する

メディア ルームの防音対策に関する次のガイドラインは、「オーディオ システムを調整する」ことです。

メディア ルームとホーム シアターの両方から発生するノイズの発生源は、オーディオ システムに他ならないということに同意していただけるでしょう。

忠実度の高い本棚を使用できます スピーカー 音量を最大まで上げなくても明瞭なサウンドが得られるため、オーディオ システムに最適です。少しばかげているように聞こえるかもしれませんが、真剣に考えてみれば当然のことです。

サブウーファーの低音を弱めるサブウーファー分離パッドを利用することもできます。

家具

奇妙に思われるかもしれませんが、メディア ルームの家具を配置すると、サウンド システムから発生する音が吸収され、エコーが弱くなる傾向があります。

吸音は防音に直接影響しません。。しかし、家の中で一番重い家具をメディアルームに置けるなら、少しは助かるでしょう。

部屋を散らかすべきだと言っているわけではありませんが、家の他の場所にある家具をより重いものに交換することはできます。

このような家具に加えて、厚くて丈夫な敷物、大きな本棚なども役立ちます。

最初は本格的な防音設備を購入する予算がない人にとっては、当面はメディア ルームとして機能するはずです。

防音に関する神話

インターネット上には防音に関する誤った情報がたくさんあります。高くつく残念な間違いをしないように、これらの点に注意する必要があります。

誤解 1 – 卵パックは部屋を防音にする

これは、何十年にもわたって広まってきた最大の通説です。卵パックには質量がないので、防音にはあまり役に立ちません。

そして、あなたが去った後、あなたの部屋がどのようになるかを想像してください 卵パックで覆う。それに、部屋中に貼り付けるのは膨大な時間の無駄になります。

卵パックの防音効果に関する私の記事を読んでください。.

通説 2 – 吸音材は防音に良い

もう 1 つは吸音フォームに関するものです。悲しいことに、多くの企業が防音材としてフォームを販売していることです。 フォーム それは、いかなる種類の防音にも重要な質量を持たないため、まったく逆です。

防音に対するフォームの有効性に関する私の記事を読んでください。.

通説 3 – 壁にマットレスやブランケットを置くと効果がある

同じことが当てはまります マットレス そして毛布。防音と吸音の混同が、これらの素材が音を遮断するのに良いと考える根本的な原因です。

マットレスや毛布は軽いものが多いので、これも役に立ちません。もっと重いものもありますが、壁に設置するのは困難です。

通説 4 – 壁にカーペットを敷くと部屋の防音効果がある

カーペットを敷くと少し音を軽減できるかもしれません。しかし、重いカーペットを壁に掛けるのは大変な作業であり、それほど効果はありません。

通説 5 – 音響壁紙は防音効果がある

壁紙 「防音」または「防音」として販売されている製品は非常に薄くて軽いため、設置した後は音に違いはありません。

通説 6 – 吹き込みセルロース断熱材は効果的

壁間の低密度セルロースは良好ですが、吹き込みセルロース断熱材は高密度です。高密度の断熱材は壁間の空洞の防音効果を低下させます。

通説 7 – 防音塗料が騒音をブロックする

「防音塗料」というものは存在しません。他の塗料と同様に塗膜が薄いため、防音効果には影響しません。

結論

「メディア ルームとホーム シアターの防音方法」に関する重要なヒントを皆さんと共有するのは素晴らしい経験でした。お役に立てば幸いです。

これらのテクニックにより、ゲーム、音楽鑑賞、映画鑑賞の体験が本当に楽しいものになることを保証します。

メディア ルームやホーム シアターを適切に防音するには、かなりの費用がかかる場合があります。しかし、安心して大音量で映画を見たり、音楽を聴いたりできる楽しさはそれだけの価値があります。

読んでくれてありがとう!出発する前に、私が強くお勧めする防音と音響に最適な断熱材をチェックしてください。 

類似の投稿