実際に効果のある、ブラインド窓を防音する6つの方法

ほとんどの人は不思議に思う ジャロジー窓を防音にする方法。この記事では、防音効果を最大限に発揮するために役立つ防音方法について説明します。

窓に関して言えば、 ブラインド窓 それらすべての中で最も効率的で美しいものの 1 つです。ジャロジー窓はガラスや木製でできており、住宅やオフィスなどで広く使われています。

ジャロジー窓はルーバー窓とも呼ばれます そしてそのユニークな利点が高く評価されています。

美しさは別として、ジャロジー ウィンドウを非常にユニークなものにしているものは次のとおりです。

  1. 空気の流れを最大化します。 他の窓は取り込める空気の量を調整しているように見えるかもしれませんが、ルーバー窓は空気の流れを最適化するための戦略的な設計が施されています。
  2. 使いやすく、快適な柔軟な制御が可能です。暑い日にはパネルを広く離し、寒い日には少し開いたままにすることができます。

私がこれらの窓を楽しんでいるのは、このような特別な性質があるためです。 しかし、彼らの問題は騒音です.

ジャロジー ウィンドウを使用すると、さまざまなソースからのさまざまな形の音に遭遇します。家や部屋の外から騒音が入ってきますが、壮大な窓を閉めるだけではほとんど効果がありません。波は空気や家の構造物を通して騒音を伝えます。

騒々しい隣人がいる場合、その音はすべて涼しい風と一緒に聞こえてくるはずです。また、窓自体の問題もあり、開閉時にきしみ、こすれ、大きな音が発生します。

ジャロジー窓に関する私の経験では、防音窓を防音にするのは決して簡単ではありません。ルーバーは他の窓とは構造が異なるため、手順も全く異なります。

ジャロジー窓は最大限の空気の流れを可能にし、空気は効率的に音を伝達します。音を遮断するということは、この風を犠牲にすることを意味するかもしれませんが、正しく行えば必ずしもそうではありません。

ブラインド窓を防音にする最良の方法

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

ここにあります 6つの最良の方法 防音に ブラインド窓:-

  1. ウェザーストリップ・絶縁ストリップ付きシール
  2. 雨よけ窓を設置する
  3. 防音カーテン
  4. 吸音コーキング
  5. 音響のジャロジーを購入する
  6. インストール中 ブラインドと防音シャッター

こちらもお読みください: 窓を防音にする5つの最良の方法

ジャロジー窓を防音にする方法

1. ウェザーストリップ/絶縁ストリップによるシール

ウェザーストリップやゴム製シールは、窓枠の小さな隙間に押し込むことができるので特に便利です。

ルーバー窓の場合、ストリップは各窓ガラスの各合わせ端に沿って配置する必要があります。プロセスは簡単で、自分で行うことができます。必要な材料には以下が含まれます。

  • ドライバー
  • 手袋
  • 絶縁ストリップ
  • カッター

第一歩

まず、窓構造からガラス板を取り外します (これは、ブラインド窓がガラスでできていることを前提としています。同じ方法は他の材質にも当てはまります)。この作業には手袋を着用し、ドライバーを使用してください。

ステップ2

ストリップにはさまざまな形がありますが、どれも展性があります。通常、ウェザーストリップには粘着面が付いています。粘着カバーを剥がして、ストリップの使用を開始してください。

ステップ3

窓ガラスの最初の端から始めて、間のスペースにストリップを埋めます。窓ガラスの端に達したら、カッターでストリップを切ります。

ドライバーの先端または平らだが硬い物を使用して、ストリップをガラスの間にしっかりと押し込みます。すべてのペインに対してこれを実行します。ストリップを使用すると、パネルの柔軟性が通常よりも低下することに注意してください。窓を開閉するときにそれを感じるでしょう。

これらのストリップで窓を断熱すると、騒音が低減されるだけでなく、エネルギー効率も向上します。

2.Storm Windows をインストールする

雨窓は窓全般に人気の防音オプションです。雨窓とは、家の主窓の外側または内側に設置される窓です。

住宅の断熱効果や防音効果も高めます。防雨窓の取り付けは比較的簡単ですが、完全な取り付けを保証するために専門家に依頼することができます。

このプロセスに必要な材料とツールは次のとおりです。

  • ドライバーアタッチメント
  • コンビネーションストームウィンドウ
  • コーキングとコーキングドリル
  • 鉛筆
  • ハンマー
  • ユーティリティナイフ
  • 巻き尺
  • レベル
  • 防塵マスク

ステップ1

メジャーを使用して、窓の 3 つの幅を決定します。これらは、上部、下部、中間の幅です。

同じ測定値ではない場合がありますが、その差は 1 ~ 2 インチを超えてはなりません。測定値を書き留めます。また、窓の高さを外側から測ってください。

ステップ2

最低の測定値を使用してストーム ウィンドウを順序付けします。

ステップ3

窓から剥がれた塗料をこすり落とし、このプロセス中に防塵マスクを使用します。

ステップ4

窓枠に水抜き穴を開けて、窓の底から水が排出できるようにします。

ステップ5

雨窓の下部を除く端に沿ってコーキングを塗布します。

ステップ6

次に、防風窓を配置し、窓枠にネジで固定します。ハンマーとカッターナイフを使用して、エキスパンダーを窓枠にしっかりと取り付けます。

プロセスが完了したら、ストーム ウィンドウが正常に開閉することを確認します。

3. 防音カーテン

防音カーテンは厚い素材の層で作られており、音を低減または戦略的に遮断するように設計されています。

防音カーテン さまざまな形と厚さがあります。ただし、このカーテンの背後にある原則は、厚いほど良いということです。

防音カーテンは、騒音を軽減し、贅沢な空気を保つことができるため、特にジャロジー窓に良い投資です。

それらは美的でもあります。防音カーテンを購入する際に、最良の選択をするためのヒントをいくつかご紹介します。

  • 重さ
  • カーテンロッド
  • カーテンの素材
  • 設置のしやすさ
  • 幅と高さを含むサイズ
  • おすすめ

防音カーテンの取り付けは通常のカーテンの取り付けと非常に似ていますが、唯一の違いはカーテンの新しい重量と高い位置のロッドです。友人の助けを借りて取り付けを行うことも、専門家に依頼することもできます。

防音カーテンは必ず窓の上から下、左右を覆うようにしてください。

4. 吸音コーキング

吸音コーキングは窓の防音対策としては非常に標準的です。防音コーキングの使用は、音が住宅の穴や亀裂から侵入するという原理に基づいています。適切なシーラントを購入し、製品を使用する前にメーカーの説明書を必ずお読みください。

シーラントを塗布するときは、目、手、口を保護するために必要な予防措置を講じてください。

窓枠の周囲、亀裂や穴に防音コーキングを使用します。約48時間乾燥させます。

吸音コーキングは便利で実用的なオプションですが、それだけでは効果がない場合は、防音カーテンや断熱ブラインドや窓シャッターで防音を強化できます。

5. 防音窓

防音窓のオプションは、窓全体をまだ設置していない人、または新しい窓に交換したい人向けです。

ジャロジー窓は非常に歴史があり、現在よりも過去のほうが人気がありました。

それにもかかわらず、ルーバー窓の過去の問題をすべて考慮した最新のデザインの恩恵を受けることができます。

防音ブラインド窓は、窓を防音にするストレスを軽減します。現在、ほとんどの国で利用できる防音ジャロジー窓の利点には次のようなものがあります。

  • 改善されました 防音– デシベルレベルは会社や選択内容によって異なります。ただし、平均レベルでは、最大 32dB の騒音低減が可能です。
  • 省エネ性能の向上
  • 風雨から完全に保護

6. ブラインド・防音シャッターの設置

窓を防音する他の方法には、断熱ブラインドやシャッターなどがあります。

ブラインド

通常、どのタイプのブラインドでも音を吸収する効果はありますが、その効果は最小限にとどまります。ダブルセルまたはある程度の厚みのあるブラインドを購入できます。ただし、ブラインドは空気を吸収または方向転換することで動作するため、音とともに空気の流れが減少します。これらは便利ですが、できることは限られています。

シャッター

シャッターは音をほぼ完全に遮断するため、より良い選択肢です。また、より具体的な効果を得るために防音シャッターを利用できるため、利点もあります。

必要なコーキングによってシャッターをサポートするだけで、ブラインド窓を快適に楽しむことができます。

関連している: 窓を交換せずに防音する方法

最終的な考え

防音プロジェクトに取り組む前に、次のような特定の詳細を常に念頭に置いてください。

排除したい騒音のレベルまたは発生源

これにより、選択するオプションが決まります。耳をつんざくような騒音には、雨窓や厚い防音カーテンなどのより良いオプションが必要です。小さな音はコーキングなどでシャットアウトできます。

コスト

防音の程度は予算次第だと私は常々思っています。余裕のあるオプションの中からお選びいただければ、きっとあなたに合ったものが見つかるはずです。

専門家の助けが必要ですか?

プロジェクトについては専門家に依頼する方が常に安全です。 DIY は楽しいし、うまくいきますが、時間や必要な知識がない場合は、助けを求めてください。

美学

日々登場する新しいデザインのおかげで、防音住宅は装飾的な欲求を妨げません。ほとんどの防音材は、好みのスタイルに合わせて美しさを高めるように設計されています。

ジャロジー窓は、その自然な効率性から、私の個人的なお気に入りの 1 つです。快適さをあまり犠牲にすることなく窓から最大限の効果を得たい場合は、防音オプションから賢明に選択する必要があります。

すべての方法が機能しますが、それは削減したいノイズと利用可能な予算によって異なることに注意してください。快適さはプライスレスであり、安心感も同様です。

読んでくれてありがとう!出発する前に、ちょっと時間を取って私の記事をチェックしてください 防音製品の主な推奨事項

類似の投稿