防音パネルは騒音を遮断するのに十分な機能を持っていますか?

何らかの理由で騒音を軽減したい場合、特に他の防音方法と比較して、防音パネルは安価に試すことができます。

防音パネルは適度な質量があるため、中周波と高周波の音波を低減するのに適度に効果があります。防音パネルは波長の長い低周波音波を遮断する能力が低いため、騒音を完全に遮断することはできません。

防音パネルの工事をする

一部のパネルは他のパネルよりも効果が高いため、遮断しようとしている音の種類によって主に異なりますが、防音パネルは主に音響を目的としており、強力な騒音低減を目的としていません。

防音パネルが効果があるかどうかは、さまざまな要因によって決まります。この記事では、防音パネルの選び方、実際の防音パネルの仕組み、防音パネルの種類、防音パネルの価格、最も防音効果が高いのはどれなのかなどを解説します。

私のものをチェックしてください 防音パネルのおすすめポイント.

防音パネルはどのように機能しますか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音パネルの働きは、 音波を減衰させて減衰させる、これらのパネルが構成されている吸音材のおかげで。これらのパネルは、音が壁で反射するときに起こる「残響」を制御することにより、バックグラウンドノイズとエコーの両方を除去するのに役立ちます。

通常、実際に遮断する必要がある音の量に基づいて、購入する特定の防音パネルを選択します。例えば、単に鳥のさえずり音を消したいだけであれば、一般的な安価な防音パネル以外は必要ないでしょう。ただし、ゴミ収集車など、より大きな騒音源からの騒音を軽減したい場合は、高品質で高価な防音パネルが必要になり、場合によってはより頑丈なオプションも必要になります。

防音パネルの実際の仕組みについて基本を理解したところで、主に 2 つのタイプの防音パネルを見てみましょう。

防音パネルの種類

防音パネルには大きく分けて以下の2種類があります。

  • ウェッジリッジ防音パネルと
  • 卵箱の防音パネル。

2 つの違いはすべて設計に基づいており、音の伝わりを低減する仕組みに影響します。予算と防音のニーズに応じて、どちらかのデザインが必要になる場合があります。

両方のタイプの防音パネルのメリットとデメリットを見てみましょう。

ウェッジリッジ防音パネル

ウェッジリッジ防音パネルはエッグクレートパネルよりも滑らかで、壁に置いたときに見栄えが良くなる傾向があるため、多くの人に好まれています。ウェッジリッジパネルは、水平方向と垂直方向のリッジが交互に配置された正方形で構成されるデザインを使用しています。 音を歪ませることなくノイズをトラップ.

このスタイルの防音パネルは通常、厚さが約 1 インチで、さまざまな色があるため、部屋の装飾に簡単に合わせることができます。ウェッジリッジパネルは以下の場所でよく見られます。 レコーディングスタジオ 音に関する能力のおかげです。

ウェッジリッジパネルの主な利点は、卵箱パネルよりも安価な傾向があるため、コストが高いことです。そうは言っても、実際に音を遮断するという点では効果が低くなる傾向もあります。それがこれらのパネルの主な目的ではありませんが、中程度から重度のレベルの騒音を希望する場合は留意することが重要です。遮断するために。

卵箱防音パネル

このスタイルの防音パネルは、ウェッジリッジパネルよりも吸音性に優れているため、部屋に入れたくない不要な騒音を遮断するのに適しています。

名前が示すように、このスタイルのパネルはほのかに似ています。 卵パック。通常、ビニールでしっかりと包まれて配送されるため、部屋に設置する前に、完全に伸びるまで最大 3 日かかるようにしてください。

卵箱パネルの厚さは通常約 2.5 インチで、特に薄いウェッジリッジパネルと比較して騒音低減に役立ちます。これらのパネルは大きいためより多くの材料を使用する傾向があるため、通常はウェッジリッジパネルよりも高価になります。

卵パックを壁に置くだけで防音効果があると信じている人もいることに注意してください。影響は小さいかもしれませんが、食料品店の卵パックは ほとんど十分な質量がありません 重要な音を遮断するため、必ず使用してください。 実際の ニーズに合わせた防音パネルをご提案します。

防音パネルの 2 つの主なデザインを理解したところで、これらの製品の構築に最もよく使用される 3 つの材料を見てみましょう。

防音パネルに使用される材質

企業が製品を作るために使用する材料はたくさんあります 防音製品ただし、価格や機能の点で、他のものよりも頻繁に使用されるものもあります。

防音パネルにどれくらいの費用がかかるかは、使用される材料の種類によって大きく異なるため、どれが最適かを知っておくと役立ちます。ご想像のとおり、より良い素材はより優れた防音性を意味し、より良い防音性はより高価になります。したがって、パネルにどの素材を使用するかを決定するときは、どの程度の音を遮断する必要があるか、より良い品質のためにより多くのお金を払ってもよいかどうかを考慮することが賢明です。

防音パネルに使用される主な3つの材料を見てみましょう。

ファブリック

布地は、他のより強力な素材の上に巻き付けて防音パネルに使用できる最良の素材の 1 つですが、布地自体では音を遮断する効果はあまりありません。

ファブリックの利点は、さまざまな色、サイズ、タイプがあるため、さまざまな要件に合わせて使用できることです。

全体として、布地は適切な防音のためには好ましい素材ではありません。

穴あき木材

有孔木材は、環境に優しい活動や持続可能性を求める人にとって、最適な素材です。

当然のことですが、木材にはさまざまな種類、形、サイズがあり、部屋やインテリアによく合います。木材は防音に優れた素材ですが、最良の素材ではありません。

フォーム

発泡材は防音パネルに最適な素材ですそのため、あらゆる防音ニーズに使用される最も人気のある素材の 1 つです。

フォームは安価であるだけでなく、効果的で設置が簡単で軽量であるため、サプライヤーにとって出荷が容易になります。防音パネルは、より高価な防音オプションほど機能しませんが、部屋に出入りする不要な騒音をブロックするのに確実に役立ちます。

結論

防音パネルは音を遮断し、部屋への騒音の伝わりを軽減するのに役立つ優れた製品ですが、他の防音方法ほど効果的ではありません。防音の必要性が最小限である場合、または多額の予算がない場合、防音パネルの設置は確かに優れた選択肢であり、役立ちます。

高品質の防音パネルが必要な場合は、できれば卵箱のデザインを使用したフォーム製のものを探してください。ただし、ウェッジリッジパネルもほぼ同じくらい優れています。何らかの理由でフォーム製のパネルを入手できない場合、次善の選択肢は穴あき木材です。

情報源

類似の投稿