防音ドラム小屋の構築ガイド

すべてのミュージシャンは、他の人に迷惑をかけたり、イライラした近所の人がドアをノックする迷惑な音でセッションが中断されたりすることを心配せずにジャムアウトすることを夢見ています。

特に情熱的なドラマーの場合、ノイズを抑えるだけではしっかりとした練習セッションを行うことは現実的ではありません。私の記事をチェックしてください 電子ドラムの防音方法。

敷地内に防音ドラム小屋を一から建設する場合でも、既存の小屋を改造して防音ドラム演奏の聖域に変えたい場合でも、目的を達成する方法はたくさんあります。

防音ドラム小屋の構築ガイド

安心して活動できる防音ドラム小屋を設置する方法を探してみましょう。

防音ドラム小屋の作り方

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音ドラム缶小屋の設置はいくつかの方法を組み合わせて行うことができますが、特定の対策を連続して実行したり、複数の方法を組み合わせて使用したりすると、より効果的になります。

特にドラムは、110 ~ 120dB のピークを持つ幅広い周波数と、ベースのキックやドラムから大量の低周波数を生成するため、独特でさまざまな課題を抱えています。

このため、ノイズを完全に隔離することが特に困難になり、最も効果的な結果を得るには、気密構造、周囲に十分な質量が必要であり、部屋を構造の他の部分から切り離す必要があります。

改修や建設をする場合は、 ドラム缶小屋 あなた自身の敷地内にある場合は、このリストの残りの部分の前に壁や天井に行うことができるいくつかの方法があります。

1. 部屋の中に部屋を建てる

また、部屋の中に表面の間に少なくとも 2 インチの隙間のある部屋を作り、弾力性のあるチャネル、弾力性のある遮音チップを使用して板金を壁のフレームから切り離し、さらに層を追加することで、完全な分離アプローチを行うこともできます。乾式壁。

その後、Green Glue と断熱材を使用して乾式壁の追加層を追加し、壁、天井、窓、ドアを断熱します。

これが正しく行われれば、部屋は気密になり、さらなる防音方法の開始点としてははるかに優れていますが、最適な効果を得るために防音も可能な換気システムへの投資が必要になる場合があります。

仮床に吸音材を追加することで、床を伝わる騒音の影響を軽減できます。

このような方法は費用はかかりますが、確実に効果的です。小屋が既存の場合は、構造の古さや脆弱さによっては安全上のリスクが生じる可能性があるため、小屋を改修する前に専門家に相談する必要があります。

オール電化システムと照明および機器用のケーブルは、いずれかの方法を実行する前に考慮されます。

小屋を工事せずに防音したい場合、または建設/改修後にさらに防音したい場合、小屋の防音を行う方法はかなりたくさんあります。

ただし、構造自体に音波が漏れて媒体を通過する脆弱性がある可能性があるため、小屋の基礎を評価する必要があります。これらの脆弱性は、さらなる方法の有効性を向上させるために解決する必要があります。

2. 亀裂や穴を音響シーラントで埋める

亀裂や穴を音響シーラントで埋める

音は媒体との衝撃によって伝わりますが、音の最大の伝導体の 1 つは空気です。空気中の音波は、伝播して共鳴する可能性のある亀裂や穴を探し出します。これらの亀裂を埋めることは、防音プロセスを開始する理想的な方法です。

吸音シーラント

これは使い方が簡単で、比較的安価です。それをコーキングガンに装填し、最初に音漏れの領域に焦点を当てます。

これには、小屋の壁、窓の周囲、ドア枠と壁が接する部分の目に見える亀裂や穴が含まれます。

ドラフトテストを実行すると、空気のさらなる漏れ、つまり音の漏れを特定できます。亀裂や穴がない場合、小屋は気密である必要があります。

壁の亀裂を埋める場合、隙間を通して隙間風が目立ちにくいため、特定するのが難しい場合があります。

他に問題となるのは、部屋の隅や、壁と天井や床が接する部分です。音は発見できる最も小さな亀裂さえも通過するため、さらなる防音方法の前に亀裂を埋めることで大きな違いが生まれます。

3. 窓の防音対策

防音窓に関するガイドをお読みください

窓は、バンドの練習後に素晴らしい自然光と新鮮な空気を提供しますが、音漏れに対してさまざまな弱点をもたらします。

材質が薄すぎると、窓が閉じているときでも、窓の物理的構成が音の媒介として機能しやすくなる可能性があります。

可能であれば、窓を完全に削除することを選択できます。ただし、どうしても保管したい場合は、音漏れの容量を減らす方法がいくつかあります。

ウェザーストリップテープ

フォームシールテープ - 3 ロール、幅 1/2 インチ x 厚さ 1/8 インチ、高密度フォームストリップ、自己粘着性ネオプレンゴム製ドアウェザーストリップ断熱フォームウィンドウシール、合計長さ 50 フィート (16.5 フィート x 3 ロール)。

また、窓枠と壁との側面に隙間が生じる場合があります。ウェザーストリップテープは、薄いゴムのストリップが窓とそのフレームの間の隙間を埋めるのに役立ち、窓を壁にぴったりと当てて音波の漏れを防ぐことができるため、この問題を軽減するのに役立ちます。

ほとんどのウェザーストリップテープは粘着性があり、簡単に貼り付けることができるため、これはコスト効率が高く、非常に簡単に使用できます。

テープは窓の合計寸法に従ってカットし、窓の全周に貼り付ける必要があります。

解決する必要がある大きなギャップがある場合、ウェザーストリップだけでは不十分な場合があり、小さめのドラフトストッパーが必要になる場合があります。

ウィンドウインサート

これらは、既存の窓の上に設置されるガラスまたはアクリルの透明なパネルで、特に設置された窓が非常に薄い場合、自然光ではなく音を遮断する優れたオプションです。

これらは気密シールを作成するために独自に設計されており、 騒音の伝達を軽減する 約50%まで。一部のウィンドウインサートは取り外し可能で、新鮮な空気が必要なときに取り外すことができます。

高価ではありますが、窓ガラスが薄い場合は、ガラスよりも吸音性がはるかに優れているため、UPVC に切り替えることをお勧めします。

より費用対効果の高い代替手段は、音が通過しにくくする隙間を隔てた 2 枚のガラスで構成される二重ガラス窓を入手することです。

4. ドアの防音対策

防音ドアに関するガイドをお読みください

ドアが軽くて中空である場合は、媒体として機能することが難しくなるため、より重くて密度の高いドアに切り替えることをお勧めします。

防音ドアは存在しますが、重量もコストもかなりかかります。重いドアは古い構造や壊れやすい構造には重すぎる可能性があるため、これは小屋の特性に対しても考慮する必要があります。

ウェザーストリップテープ

ドアとフレームの周りの隙間は依然として主な懸念事項です。 音漏れ 小屋。ウェザーストリップテープはドアの周りの隙間をシールするのにも便利で、窓に貼るのと同じ方法で貼り付けることができます。

ドラフトストッパー

MAGZO アップグレードドアドラフトストッパー 36 インチ、ドア下ノイズブロッカー ドアスネークドラフトストッパー 重量節約 ドアガード下省エネ (グレー)これらはドアと床の間の隙間を塞ぎ、空気の流れを止め、空気伝播騒音の媒体となるものを止めるように設計されています。

所定の位置に固定してドアに取り付けるように設計されているものもあり、DIY バージョンは低予算で作成できますが、ドラム小屋内でビートを維持するには高品質のバージョンを入手する方が効果的です。

取り付けられたドアシール

これらはオンラインで購入でき、高価ではありますが、騒音を遮断する効果が高く、より永続的な防音ソリューションを提供します。

防音通気孔

通気口の防音に関するガイドをお読みください

通気孔の全体的な設計により、音波が通気孔を通過しやすくなっているため、これは大きな音漏れの原因となる可能性があります。

小屋が建設によって気密になっている場合は、換気システムの設置が必要になる場合があります。最良の結果を得るには、防音設備も必要になります。

フレキシブルパイプ

フレキシブルダクトを使用すると、音をよりよく減衰させることができ、音波の媒体として機能しにくくなります。

隙間をシールする

通気口の周囲に防音シーラントを塗布すると、壁を通過し、通気口を通って小屋の外側に伝わる音の振動の伝達が減少します。

防音複合材

これにより、吸収によって通気口から伝わる音の量が減少するため、通気口はこの複合材で裏打ちする必要があります。

サウンドバッフル

これは迷路のような構造を利用して音波を閉じ込めます。これらの 1 つをダクトに取り付けて、騒音の出入りを防ぐことができますが、見た目にはあまり魅力的ではありません。

5. 壁の防音対策

ドラム小屋の設備を整える方法

壁と天井の施工方法 防音済み 小屋の種類、構成、密度に大きく依存します。

音波が小屋から漏れるのを防ぐために、吸収、質量、デカップリング、および減衰の原理を相互に組み合わせて使用する必要があります。

乾式壁層と緑色の接着剤

半戸建て住宅間の防音対策

これは、乾式壁を緑色の接着剤でコーティングしてから、デカップリング マウントを使用して現在の壁の上に直接設置することで行われます。

この防音ソリューションは、音を減衰させ、防音壁として機能するように設計されており、複数層の乾式壁を追加することができます。この方法はコストがかかりますが、厚さと密度によって壁の質量が増加し、まだ残っている目に見えない亀裂を埋めることになります。

MLV

Mass Loaded Vinyl は乾式壁や QuietRock の上で、層の間に Green Glue を入れて使用することができ、全体的なノイズ伝達を低減するのに効果的です。

緩めに配置することも、表面にしっかりと固定することもでき、非共振質量の発生源により防音のための優れたソリューションとなります。

ただし、これは主に小屋の構造に基づいているため、専門家に連絡して既存の壁を評価し、乾式壁とMLV層を追加することが構造にとって安全かどうかを評価する必要があることに注意する必要があります。

壁がプロセスに耐えられない場合は、代わりに吸音フォームパネルを使用するか、壁の上に MLV を使用する必要があります。

吸音発泡パネル

これを壁に追加すると、特に壁が乾式壁とグリーングルー層で修正されている場合、部屋から出る騒音の量が減少します。ただし、乾式壁は柔らかく、スポンジ状で軽量であるため、乾式壁が適用できない場合に最適なオプションです。

最良の結果は、空間内で跳ね返る共鳴周波数と音波を減らすために、小屋の表面積を覆うことによって得られます。ただし、埃がたまりやすいです。

6. 天井の防音対策

防音天井に関するガイドをお読みください

天井は壁と同じ方法で乾式壁とGreen Glueおよび/またはMLVを使用して取り組む必要があり、その後、天井を吸音フォームで覆うことができます。十分な予算と小屋に十分なスペースがある場合は、天井雲も使用できます。

吊り天井

これらは、弾性チャンネルと断熱材を使用して、天井や屋根を通って小屋から音が出るのを防ぐ効果的な方法です。しかし、これにはコストがかかり、より強力な小屋構造を備えたより広い小屋の内部スペースが必要になります。

7. 床の防音対策

防音床に関するガイドをお読みください

太鼓の衝撃音を防ぐために、防音下敷きや防振マットを敷くのが良いでしょう。床板を持ち上げずに柔らかいメモリーフォームの下敷きを追加し、カーペットで覆うこともできます。

8. ベーストラップを追加する

バストラップ

これらすべての方法を組み合わせても、ドラム演奏で顕著な非常に低い周波数が持続的に伝達されます。

バストラップを使用すると、音の漏れや小屋内での跳ね返りを防ぐことができます。使い方は簡単で、小屋の各隅に取り付ける必要があります。

私のものをチェックしてください バストラップの設置ガイド.

ドラム小屋の設備を整える方法

室内装飾品

家具は防音ではありませんが、すべての物体には音響伝導特性があり、平らで滑らかな表面ほど音はよく伝わります。

毛足の長いラグやゴム繊維マットなどの家具は、柔らかい家具と同様に、物置室内の音をさらに吸収します。

吸音カーテン・消音カーテン

窓やドアの防音をさらに強化するには、音波と表面の間の障壁として機能する吸音カーテンを追加し、小屋から漏れる音の量を減らすことができます。

密度ラグパッド

これらは、ドラム演奏による振動やエコーを軽減するのに非常に便利です。カーペットやラグの下に敷いてクッション性や吸収性を高め、床に伝わる振動を軽減します。

防音塗料

防音塗料は、フィラー、中空セラミック微小球、および吸音性樹脂で構成されており、小屋のような標準的な塗料の壁および天井に塗装できます。

大きな表面積にはペイントローラーを使用し、小さな領域や隙間には角度の付いたブラシを使用するだけなので、塗布は簡単です。

効果的な結果を得るには、少なくとも 2 つのレイヤーを適用する必要があります。これは、表面に高密度の質量を追加し、音を減衰させ、ノイズを最大 30% まで低減することによって機能するためです。

ドラム缶小屋の防音には、最終的にはさまざまな方法があります。最も効果的な防音アプローチは、これらの方法を連続して組み合わせる必要があり、構造自体の脆弱性を解決して防音を確立することが常に最良の出発点です。

既存の物置や物件の仕様、時間の空き状況、予算プランと照らし合わせてこれらの方法を活用することで、周囲に迷惑をかけることなく防音のドラマーの聖域を作ることができます。

類似の投稿