テントを防音にする方法 – 実行可能な 7 つのステップ

テントはその性質上、利便性と持ち運びやすさを考慮して設計されています。

小さなキャンプ用テントであれ、大規模なイベント用テントであれ、テントの目的は、簡単に設営でき、すぐに撤収できることです。ただし、これらの特性は防音性がまったくないことを意味し、多くの状況で重大な欠点になる可能性があることがわかりました。

テントの防音方法

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

音漏れの問題を解決するために、テントの防音方法を調べることにしました。私がお勧めする 7 つのステップまたは方法があります。

  1. 内部に防音バリアを設置する
  2. 床にカーペットを敷きます
  3. 防音カーテンを掛ける
  4. 破壊的な干渉を使用する
  5. 屋外に別途防音壁を設置する
  6. スピーカーを床から持ち上げる
  7. より恒久的な構造に投資する

テントの防音方法

内部に防音バリアを設置する

アン 音響バリア 基本的にはレコーディングスタジオやサウンドルームで使用されているのと同じテクノロジーです。それは、次のような重い素材の追加の層です MLV 音波の直接的な伝わりをブロックするように設計されており、空間の外への騒音公害を軽減します。

建設現場や交通量の多い道路沿いで一般的に使用されているため、住民は絶え間ない騒音に悩まされる必要がありません。

テント内に防音壁を設置するのはそれほど簡単な作業ではありませんが、大きなテントでは実際には簡単です。

ほとんどの遮音材は大きなシートで販売されており、テントではなく部屋で使用するように設計されていることがわかりました。ということは、 小さなテントに入れるのは非常に困難です.

そうは言っても、音響バリアはおそらくテントの防音に最適な方法です。テント内に適切なバリアを設置するスペースがあれば、騒音が大幅に軽減されます。

ただし、音響バリアが実際に効果があるのは高周波音に対してのみであり、低音域の漏れを防ぐことはほとんどできないことを心に留めておく価値があります。

床にカーペットを敷く

床にカーペットを敷くことは防音壁と同じように機能しますが、地面を遠くまで伝わる低音域と戦うのに役立ちます。カーペットを何層も敷くと、音楽と人が生み出す音を弱めるのに効果があることがわかりました。

使用するカーペットの種類は関係ありませんが、厚ければ厚いほど良いです。厚い毛むくじゃらのカーペットは薄いカーペットよりも音を吸収する可能性が高くなります。これは主にクッション性が高いためです。

特に厚いカーペットが手に入らない場合は、薄い敷物を何層か敷いて、うまくいくことを祈ります。地面の衝撃を和らげることができればできるほど、より多くの騒音が吸収されます。

防音カーテンを掛ける

テントが十分な大きさであれば、 ぶら下がっている 防音(厚手)カーテン (アマゾンでチェックしてください)は防音壁よりも費用対効果の高い防音方法です。.

音波がテントの薄い壁を通過する前に、音波を吸収または減衰するという基本的な役割を果たします。

ただし、防音壁は通常非常に高価で、急にアクセスできなくなる可能性があるため、カーテンが便利な代替品となります。

カーペットと同じ理屈がカーテンにも当てはまり、厚ければ厚いほど良いのです。ベルベットのカーテンは非常に重く、通常は複数の層で作られているため、最高であることがわかりました。私のを読んでください 防音カーテンの記事.

厚いカーテンが手に入らない場合は、薄いカーテンを吊るしてもおそらくあまり意味がありません。これは壁にシートを吊るすだけの効果しかありません。

ただし、十分な厚さのカーテンを入手できる場合は、数層の深さに吊るしてください。これはテントの防音性をさらに高めるのに役立ちますが、適切な防音壁ほどの効果はありません。

厚手のカーテンを使用すると熱の多くを遮断できますが、人がいっぱいのテントでは必ずしも理想的とは限りません。

破壊的な干渉を使用する

これはテント内にサウンド システムがある場合にのみ当てはまりますが、通常、テントを防音にする必要がある主な理由はこれです。

破壊的干渉は、音波の経路を妨害する目的で、音波の「邪魔」にノイズを置くことによって機能します。騒音を完全に消すわけではありませんが、テント内から漏れる騒音を軽減するのに役立ちます。

主な焦点は、サウンドを必要な場所に正確に向けることです。これは、より遠くまで伝わる低音の場合に特に役立ちます。たとえば、スピーカーをダンスフロアまたは聴衆に半円状に向けると、スピーカーはほとんどお互いに向けられることになり、スピーカー自身の周波数が乱されることになります。

この方法はテントの防音にはなりませんが、漏れる騒音の量を制御するには非常に良い方法です。ただし、壁にある種の遮音材と組み合わせると、その効果が非常に効果的であることがわかります。コツは、音の発生源を効果的に管理し、テントからの音の経路を遮断する最良の方法です。

屋外に別の防音壁を設置する

防音テントの実験をしていると、どんなに頑張っても騒音は漏れてしまうことが分かりました。そこで、これに対抗するために、他の方法で侵入した騒音公害を防ぐ目的で、テントの周囲にバリアを設置する必要があると判断しました。

これを行う 1 つの方法は、 音響バリアを設置する 建設現場で使うようなもの。これらは通常、防音フォームで作られた大きな壁で、すぐに組み立てられるように設計されています。ただし、必ずしも安いわけではないため、テクノロジーに投資する資金がある場合にのみ使用する必要があります。

防音壁 また、オープンサイドのテントを使用している場合や、定期的に出入りする人がいる場合にも役立ちます。人々のためのエリアを確立するのに役立ち、屋外での騒音を遮断します。これは、テントが住宅地に設置されている場合、または潜在的な騒音苦情が心配な場合に特に役立ちます。

スピーカーを床から持ち上げる

ライブコンサートやイベントのためにテントを防音にしたい場合は、スピーカーを床から浮かせると効果的です。低音の振動の多くは、 スピーカーシステム 床に直接吹き込むため、騒音の発生源に大きな違いが生じる可能性があります。市街地でイベントを主催する場合、これが大きな違いを生む可能性があります。

イベントが一時的なイベントである場合 (テント内で行われる場合はその可能性が高くなります)、堅固な壁がないため、スピーカーを床から持ち上げるのは明らかに困難です。これを解決するには、スピーカーをスタンドに取り付けるか、音波を吸収する断熱材の上にスピーカーを直接置きます。

これに最適な素材は防振パッドです。これは特にその目的で設計されているためです。これらが手に入らない場合は、スピーカーと地面の間に障壁を提供できる限り、どんな種類の高密度の泡でも役に立ちます。繰り返しますが、カーペットを使用することもできますが、十分な量を使用するようにしてください。

より永続的な構造への投資

これは、テントの代わりに建物を選択するという意味ではありません。そうすれば、そもそもテントを使用する利点がすべて失われるからです。ただし、テントを数日間設置する場合は、構造を半永久的に変更することを検討してください。

最善の方法は、防音断熱材を保持するために壁に木製のフレームを取り付けることです。これは一時的な防音壁よりも効果があり、より多くの音を吸収します。壁に木枠を設置するのは手間がかかりますが、遮音性を高めるためにはそれだけの価値があります。

通常の壁断熱詰め物から専門の防音フォームまで、空洞を埋めるために使用できるさまざまな製品がたくさんあります。目標は、キャビティを作成し、それを高密度の材料で充填することです。 最高の断熱材に関する私の記事を読む.

素材は高密度である必要がありますが、音をより効果的に閉じ込めるため、空気ポケットがいくつかあると役立ちます。

テントを完全に防音にすることは可能ですか?

私はテントの防音のためにさまざまな方法を試してきましたが、その理由もさまざまでした。私の実験の結果、テントは構造物としての性質上、完全に防音にすることは不可能であることがわかりました。

本当に唯一の 防音室 厚い壁の建物の奥深くにあり、その目的のために特別に設計された専門機器が満載されています。

ただし、設営に時間を費やせば、テントから漏れる騒音を大幅に減らすことは可能です。

上記で説明した方法はどれも個別に行うと効果的ですが、一度にできることが多ければ多いほど、ノイズを低減できる可能性が高くなります。コツは、イベントの種類と防音テントが必要な理由を事前に計画し、最適な方法を選択することです。

類似の投稿