防音タイルは効果があるのでしょうか?

防音工事は、全体的な生活の質を向上させる最も簡単な方法の 1 つです。これは、騒がしいアパートや近所の人がうるさい場所に住んでいる場合に特に当てはまります。

インストールには費用がかかる場合がありますが、それでも次のような方法があります。 天井を防音にする 元の構造を完全にやり直すことなく、天井に防音タイルを使用するのが一般的な方法です。

防音タイルは、部屋に出入りする騒音の量を減らすために素早く簡単で手頃な価格の方法ですが、乾式壁や断熱材ほど効果的ではありません。それにもかかわらず、防音タイルは既存の天井の上に施工できるため、優れています。

防音タイルを施工する

家に防音タイルを使用するかどうかを選択し、どれを購入するかを決めるのは、タイルについて知れば知るほど、決定が容易になります。

防音タイルとは実際何なのか、最も一般的なタイプの防音タイル、どれくらいの費用がかかるのか、そしてどのタイプが防音目的に最適なのかを見てみましょう。

防音タイルとは何ですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音タイルはその名の通り、防音タイルです。タイルは通常天井用ですが、床にも使用されることもあり、外部からの音を遮断するのに役立つ素材で作られています。

これらのタイルは騒音の流出を防ぐのにも役立ちます。そのため、近所迷惑を心配することなく、自由に音を大きくすることができます。

防音タイルが天井に最適な理由の 1 つは次のとおりです。 乾式壁の設置は必要ありません – 既存の天井に取り付けることができます。

天井の防音タイルは部屋を完全に防音するわけではないことに注意することが重要です。

騒音を遮断する材料で作られていない壁や窓がある場合は、これらの領域に防音効果を追加する必要があります。 同様に あなたの天井。部屋を完全に防音するには、壁、床、天井を固定する必要があります。

防音タイルが正確に何であるかを理解したところで、最も一般的なタイプの防音タイルのいくつかを見てみましょう。

防音タイルの種類

防音タイルにはさまざまな種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。非常に高価なものもあれば、より安価なものもあります。ただし、これらはすべて音の伝わりをある程度軽減するのに役立ちます。

したがって、これらのタイルの価格と、どのタイルが防音目的に最適であるかを説明する前に、購入できる最も一般的なタイプの防音タイルを見てみましょう。

音響発泡体

多くの防音製品で一般的に使用されている素材であるアコースティックフォームは、 連続気泡フォーム それは音波の振幅を減少させます。

名前が示すように、この素材は室内の音響品質を向上させるのに最適であるため、音楽スタジオでよく使用されます。吸音フォームで作られたタイルは、他の種類の素材ほど遮音性が高くないため、遮断したい騒音が多い場合には、このオプションは適していません。

防音タイルとしてはコスト効率の高いオプションです。

メラミンフォーム

メラミンは窒素を豊富に含む材料であり、優れた防音効果を発揮するため、防音タイルに非常によく使用される材料です。

テストによると、メラミンフォームで作られたタイルは、室内の反響音を最大 80% 吸収します。天井タイルの製造に使用されるメラミンの品質によっては、大きな騒音を遮断し、部屋から漏れる音の量を減らすのに非常に役立ちます。

硬質ビニール

硬質ビニールは、軽量で柔軟性があるため、防音タイルによく使用される素材であり、既存の天井タイルの上に簡単に取り付けることができます。

研究によると、硬質ビニール缶から作られた天井タイルは 最大85%の音を吸収 それは跳ね返らずにそれを打ちます。したがって、この素材の遮音性は強力であり、設置すると騒音が大幅に減少することがわかります。

硬質ビニールで作られたタイルの追加の利点は、寒い季節には断熱効果があり、暑い季節には涼しさを保つことができます。

ポリエステル

ポリエステルは多くの衣類や布地に使用されているため、多くの人に馴染みのある素材です。しかし、防音効果にも活用されています。

ポリエステルタイルは、不要な騒音や騒音を遮断するだけでなく、 最も耐久性がないとしても。これらのタイルはリサイクルも可能なので、環境に優しいのが好きな方には、ポリエステル製防音タイルが最適です。

圧縮グラスファイバー

グラスファイバー製のパネルは、防音性に加えて、次のような理由でよく選ばれます。 通常、費用対効果の高いオプションです。グラスファイバータイルは他の素材ほど音を遮断しないかもしれませんが、天井の防音対策としては洗練されたオプションです。

防音タイルに最もよく使用されるさまざまな素材について理解したところで、各タイプのタイルにどれくらいの費用がかかるかを評価してみましょう。

防音タイルの価格

ご想像のとおり、防音タイルに費やす金額は大きく異なります。タイルの価格は、材料だけでなく、タイルを製造する会社、産地、見た目、必要なタイルの数、設置費用、 他の多くの要因。

これらの素材を使用した防音タイルの平均価格は次のとおりです(すべての価格は実価格に基づいています) アマゾン.com 価格):

  • 音響フォーム – タイルあたり約 $20
  • メラミンフォーム – タイルあたり少なくとも $25
  • 硬質ビニール – タイルあたり少なくとも $30
  • ポリエステル – タイルあたり最大 $30
  • 圧縮ファイバーグラス – タイルあたり約 $20

タイルの価格は多くの人にとって重要な要素ですが、予算があるのであれば、実際に音を遮断するという点では、これらの素材のいくつかは他の素材よりも優れています。通常、お金を払えば払うほど品質が高く、防音性も高くなります。

では、防音天井に最適なタイル素材を見てみましょう。

防音天井に最適なタイル

防音目的に最適なタイルは、硬質ビニールで作られたタイルです。これらは他のタイル素材よりも高価ですが、遮断される音の量はかなり大きくなります。

おそらく、硬質ビニール製のタイルを買う余裕がない、または見つからない場合、次善の選択肢はメラミンフォームです。この素材で作られたタイルは、硬質ビニールとほぼ同じくらい防音性があり、さらにわずかに安価です。

防音タイルを購入するときは、必ずリサーチを行ってください。会社がタイルが硬質ビニールで作られていると主張しているからといって、その会社が低品質の素材や構造を使用しているわけではありません。とはいえ、硬質ビニールで作られたタイルは、たとえ品質が平均より劣っていても、他のタイルよりも防音効果が高い可能性があります。

結論

部屋に出入りする騒音を軽減したい場合は、天井に防音タイルを貼り付けることが最善の方法の 1 つです。

どの防音タイルを設置するかは、どれくらいの費用をかけたいのか、どの程度の騒音を遮断する必要があるのかによって決まります。

安価な防音オプションとしては、グラスファイバー製のタイルが最適です。最大限の防音性能を備えた、お金で買える最高のタイルが必要な場合は、硬質ビニールで作られたタイルが最適です。

情報源

類似の投稿