スタッドウォールを防音する方法: 簡単なガイド

スタッドウォール 最も一般的なタイプの内壁です。素早く簡単に設置できますが、防音性はあまり高くありません。幸いなことに、少し DIY の知識が必要になりますが、スタッド壁を防音にすることは可能です。

スタッド壁を防音する最も簡単な方法は、壁の両側を隔離し、多くの質量を追加することです。に スタッド壁の防音 効果的には、それを取り壊して完全に再構築するのが最善ですが、侵襲性の低い方法でも結果は得られます。 

スタッドウォールを防音する方法

私のガイドの間、 スタッド壁の防音 比較的簡単ですが、ある程度の建設知識と必要な材料が必要です。

これは自分の能力の範囲外であると感じるが、防音について真剣に考えている場合は、請負業者を雇うことを検討してください。 もっとお金がかかる.

この記事では、間柱壁の防音に関する簡単なガイドと、それが非常に重要である理由の背後にある科学と最善の方法について説明します。

スタッドウォールの防音の科学

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

スタッド壁は垂直の木の板 (スタッド) で構成され、両側に乾式壁のシートが付いています。ほとんどのスタッド壁には 2 枚の乾式壁シートの間に空洞がありますが、グラスファイバー断熱材が入っているものもあります。

空気伝播源と衝撃源の両方からの音波は、乾式壁を通って壁空洞に非常に簡単に侵入します。この密閉された空洞に入ると、音波がエコーして大きくなることがあります。これはドラムエフェクトとして知られています。

スタッド壁の防音の第一の原則は質量を追加することです。質量は音波を吸収するのに役立ち、音波が壁を通過するのを防ぎます。スタッド壁に質量を追加するにはさまざまな方法があります。これらについては後ほど詳しく説明します。

2番目の原則は、 デカップリング。これは基本的に、壁の両側を隔離して振動が伝わりにくくすることを意味します。たとえば、1 つのオプションは、乾式壁を互い違いに配置されたスタッドに取り付けて、各側が別個の壁として機能するようにすることです。これはスタッド壁を防音する最も効果的な方法の 1 つですが、最大のプロジェクトでもあります。

千鳥配置スタッドとそれが防音にどのように役立つかについて詳しく知りたい場合は、以下をお読みください。 私の記事.

最後に関連する原則は防音です。。これは断熱材によって実現され、残響を低減します。つまり、音波がエコーすることができません。同様に、断熱材を追加すると質量が増加し、音波が反射する平らな面が少なくなります。

これは基本的に、スタッド壁を効果的に防音するために知っておく必要がある科学のすべてです。これら 3 つの原則を組み合わせることで、吸音性を高めながら、バリアを通過する騒音も処理します。これらの原則はすべて、以下の簡単なガイドで使用されています。

スタッドウォールの防音方法

スタッドウォールを防音するには主に 2 つの方法があります。既存の壁を防音するか、新しい壁を構築します。

時間と予算がある場合は、最良の防音ソリューションを使用できるため、新しい壁を最初から構築することをお勧めします。ただし、壁を取り壊すという選択肢がない場合は、既存の壁を確実に改善することができます。

1. 既存スタッド壁の防音工事 

おそらくほとんどの人にとってこれが最良の選択肢であるため、既存のスタッド壁の防音から始めます。ただし、これにはまだ壁の半分を取り壊す必要があるため、汚くなることを覚悟してください。

ステップ 1: 断熱材を追加する

乾式壁の片側を剥がすことから始めます。どちら側でも構いませんが、内側で作業することをお勧めします。 防音したい部屋 後でさらに乾式壁を追加する可能性が高いためです。

次に、空洞を断熱材で満たします。グラスファイバーやリサイクルコットンなどの標準的な断熱材も効果的ですが、防音材を使用するとさらに効果的です。

私のものをチェックしてください 断熱材の主な推奨事項.

ステップ 2: さらに質量を追加する

元の乾式壁を新しいものに交換するか、余裕があれば吸音石膏ボードに交換します。次に、音波をブロックするために、壁の質量を増やす必要があります。

最も安価なオプションは乾式壁を追加することです, それによって多少の違いが生じます。ただし、乾式壁はそれほど密度が高くないため、 防音性のある部屋 できるだけ、他のことを試したほうがよいでしょう。

代わりに、tr大量に充填されたビニールの二重層または 車用消音マット. これらの製品は両方とも、厚すぎない信じられないほど高密度の素材で作られているため、スペースをあまり取らずに、より多くの効果を得ることができます。

これを壁に固定する最も簡単な方法は、いくつかの小さな木製フレームを作り、それを壁に掛けることです。貼り付けるよりも簡単です 大量にロードされたビニール(ような これです アマゾンで) 壁に直接ネジを固定し、木にネジを通すとより良く留まります。

この方法のコツは、できるだけ多くの質量を追加することです。スタッド壁を切り離すことができない場合は、質量を追加することが唯一の選択肢です。ただし、次のことを行う予定であることを覚えておく価値があります。 部屋のスペースが失われ、 適切なバランスを見つけてください。

2. 防音スタッド壁の新設 

先ほども述べたように、まったく新しいスタッドウォールを構築することが防音対策としては最も効果的な選択肢となります。ゼロから構築すると、壁の各側面を隔離できるため、壁の空洞に伝わる振動が大幅に軽減されます。

ステップ 1: スタッドを分離する

デカップリングとは、壁の両側に別々の間柱を用意する必要があることを意味します。これにより、両側の間に空隙が効果的に形成され、音波の通過が阻止されます。ただし、これには不動産の大幅な構造変更が伴うため、安全であることを確認してください。

壁を適切に分離するには、2 つのスタッド壁を構築するか、互い違いに配置されたスタッド壁を構築します。 2 つのスタッド壁を構築するのはまさにそのとおりです。各側にスタッドのセットがあり、両方が個別に密閉され、断熱されています。これは 2 つの異なる壁の間に小さな空洞を作り、防音にとって最も効果的なオプションです。

代替案は 千鳥スタッド。このオプションはより簡単で、必要なリソースも少なくなります。まだ 2 セットの間柱がありますが、互い違いに配置されているため、間柱壁はまだ 1 つしかありません。このオプションは構築がはるかに簡単ですが、それでも空洞が 1 つしかないことを意味するため、音波は依然として壁を通過できます。

千鳥スタッド壁

別のオプションは、個別のスタッドの代わりに、弾性クリップとハット チャネルを使用することです。これら 2 つの製品を使用すると、基本的に乾式壁の片側の下に柔軟なチャネルが作成され、乾式壁が曲がって音波の通過を防ぎます。

ステップ 2: 絶縁ストリップを検討する

絶縁ストリップ 壁の仕切りの下や木製の根太の上に設置できるように設計されています。ゴム製で、振動が構造に伝わるのを防ぎます。これらは、実際にスタッド壁を通過する騒音の量に大きな違いをもたらします。

スタッドウォールを最初から組み立てるのではなく、フレームを使用して構築する場合は、金属ではなく木材を選択することを常にお勧めします。最も重要なことは、木製は木製よりも音の吸収がはるかに優れており、作業も簡単であるため、取り付ける予定の物の量を考慮すると役立ちます。

ステップ 3: 断熱

スタッドを所定の位置に設置したら、次は断熱材の施工に移ります。既存のスタッド壁を防音するのと同じように、ここで重要なのは、壁の空洞内にできるだけ多くの質量を追加して、音波が反響しにくくすることです。

防音シーラントなど、壁の内側に他の防音製品を組み込むことも価値があります。間柱と根太の間を含め、可能な限りすべての隙間に防音シーラントを充填します。これにより、構造にさらに別のレベルの防音効果が追加されます。

ステップ 4: 質量を追加する

いよいよミサがやってきます。オプションは上記と同じですが、スタッド壁を最初から構築する場合は、質量の追加をより永続的にすることを検討します。

これを行う最善の方法は、乾式壁の上に大量のビニールを使用し、それを別の乾式壁シートで覆うことです。これは明らかに壁がかなり厚くなりますが、防音性もかなり高くなります。

結論

スタッドウォールを防音するための簡単なガイドは、できる限りすべての質量を追加することです。ただし、リソースがある場合は、壁を取り壊して再構築する方がはるかに効果的です。

デカップリングは空気伝播音と衝撃音に最大の違いをもたらすことがわかりましたが、明らかに多少のスキルと時間がかかります。どのオプションを選択しても、スタッドウォールの防音性に大きな違いをもたらす可能性があります。

読んでくれてありがとう!私のものをチェックしてください 防音に関する主な推奨事項.

類似の投稿