ガレージを防音にする方法に関する究極のガイド

座ってリラックスしたり、眠ったりする場所ではありませんが、それでも必要な場所です。 ガレージを防音にする.

ガレージは主に車両を駐車するために使用されます。ただし、ほとんどの場合、DIY 作業のための作業場、または車や自転車を修理する場所でもあります。

ガレージ内で騒音が発生すると、家族や近所の人から苦情が来ます。ですので、特に騒音が漏れやすいガレージドアは防音対策をとるしかありません。

ガレージ防音の課題

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

ガレージの防音に関する課題は、家の他の部屋の課題とほぼ同様です。

独立したガレージをお持ちの場合は、窓のない完全に隔離された部屋になるという利点があり、防音作業がはるかに簡単になります。  しかし、あなたが対処しなければならないドアはまだあります と私たちは特に重点を置きます。

多くは要件によって決まります。電動ドリルや切断が必要な小規模な DIY 家事のみを行う人もいます。 木材 丸ノコとジグソーを使って。このような場合、防音要件は低くなります。

そして、ガレージをバンドの練習に使用したり、ガレージに改造したりしたい人もいます。 ホームシアタールーム。そのためには、より高いレベルの防音が必要となり、費用も大幅に高くなります。

この記事では、ガレージの防音対策に最適なオプションを見ていきます。それぞれの方法の有効性のレベルも比較します。

ガレージを防音にする方法

ガレージの防音工事の手順とプロセスは次のように要約できます。

  • ドアを防音にする
    • 隙間を塞ぐ
    • 音を消す
  • 壁を防音にする
    • 部屋の中の部屋
    • 千鳥スタッドまたは二重乾式壁
    • 質量を増やす
  • 天井を防音します。
  • 床をデッドニングします。

ガレージを防音にする方法

ドア

どの部屋でも、ドアは音の出入りを容易にする弱点となります。そして ガレージドアは最悪のタイプだ.

ガレージのドアは大きいです。それを防音にすることがどれほど大変な作業になるか想像してみてください。ドアの側面、上部、下部に隙間があり、そこから大きな音が漏れます。

これらの隙間を塞いだ後でも、一部の隙間が取り残される可能性があり、隙間から多くの音が漏れてしまいます。

ガレージでの作業中に工具からの騒音を軽減したいだけの場合は、優れたドア密閉キットと厚手のカーテンを組み合わせると効果的です。

ただし、ガレージを次の目的で使用したい場合は、 バンドの練習 ホームシアターの場合は、ドアの内側か外側の可能な方に壁を建てるしかありません。

これは、重いカーテンやドアの密閉キットでは、中音域以上の周波数しか封じ込めることができないためです。ただし、低周波は含まれません。あなたの近所の人や家族は、あなたのガレージから出てくる低音について間違いなく苦情を言うでしょう。

したがって、どの程度の防音が必要なのかを明確に理解することが重要です。その後、ニーズに応じて、以下に示す防音技術を適用できます。

ガレージドアを防音にする方法

私の中で 防音ドアに関する記事、その方法を説明しました ソリッドコアドア 部屋を防音する効果的な方法の 1 つです。

ただし、この場合はガレージのドアについて話しています。  このような大きなサイズのドアをソリッドコアドアに置き換えるのは現実的ではなく、費用効果も高くない可能性があります。.

人々がこれまでにそれをやったことがないというわけではありません。ホームシアターのオーナーの中には、ガレージのドアによって発生する音漏れにこの方法を使っている人もいます。

しかし、車や二輪車をガレージに保管する予定がある場合、その頑丈なドアを毎日開閉するのは大きな苦痛になります。

したがって、既存のガレージドアを使い続けて、それを防音するために講じることができるいくつかの手順を検討する方が良いでしょう。

隙間を埋める

最初のステップは、 空気中の音漏れを止める これは、ドアの下、上、側面に隙間があるために起こります。

ドアの底部には、圧縮可能でガレージドアの下の隙間を塞ぐ Loobani Weather Stripping ゴムシール (Amazon で参照) のようなものを使用できます。

サイドとトップには、このような専用のシールキットもあります。 MDビル (Amazon で参照) これは素晴らしい仕事をしてくれます。

これらのインストールは非常に簡単で、時間もかかりません。これらを取り付けた後でも、シールとドアの間に隙間が残るので、防音コーキングで塞ぐ必要があることを確認してください。

何をする必要があるのかを明確に理解できるビデオを次に示します。

音を消す

本当に本当に重要なステップであるエアギャップの処理が完了したので、ガレージに出入りする騒音レベルを減らすために何ができるかを検討します。

先ほども述べたように、 電動工具から発生する中高音の周波数を抑えたい場合は、厚手のカーテンを設置すると良いでしょう。.

もちろん、 カーテン ガレージを防音にすることはできません しかし、それは大きな違いを生むでしょう。

このサイトのほとんどの記事で取り上げてきたように、音を遮断するための重い塊の形の防音壁を設けることが重要です。重い質量とは、乾式壁、MDF、質量負荷のあるビニールなどの重い素材を意味します。

ガレージのドアに乾式壁を貼り付けるのは現実的ではありませんが、柔軟性に優れているため、大量のビニールを貼り付けるオプションを検討できます。ただし、大量にロードされたビニールは少しコストがかかります。

防音の必要性がそれほど高くない場合は、電動工具からの音について近所の人や家族が苦情を言うのを防ぐために、厚手のカーテンが十分な役割を果たします。

ドラム、バンド練習、ホームシアター用のガレージドアの防音工事

しかし、ガレージをホームシアターやバンドの練習に使用する予定がある場合はどうすればよいでしょうか? 重いカーテンは絶対にダメです。

ソリッドコアドア(高価)または大量に充填されたビニールは非常に役立ちます。しかし、ガレージ内で騒音が大きくなりそうな場合、最善の選択肢はドアを取り外すことです。

次に、通常のサイズのドアのフレームを作成し、残りの領域を乾式壁にする必要があります。新しいドアはしっかりしたコアのドアになるでしょう。

したがって、これらはガレージドアを防音するために必要なオプションです。これについては、ガレージの防音工事の際に直面する最も奥深くて難しい領域であるため、少し詳しく説明しました。

壁の防音対策

壁の防音に関しては、できることはたくさんあります。どの方法を採用するかは、主に要件と予算によって異なります。

利用可能なオプションを 1 つずつ見ていきましょう。ただし、その前に、ガレージの内側から既存の乾式壁を取り外し、スタッド間の空洞を Owen Corning R13 のような緩いグラスファイバー断熱材で埋める必要があります。

断熱材に関する私の推奨事項については、こちらをお読みください。

部屋の中の部屋の構造

これは当然のことですが、 最良の選択肢 しかし、ほとんどの場合、スペースとコストの制約により、これは実行可能な解決策ではありません。

部屋の中に部屋を建てる場合は、基本的に既存の乾式壁を内側から取り外し、既存のフレームから完全に切り離された別のフレームを構築します。

こうすることで、内壁と外壁を分離または切り離すことができます。分離することで 2 つのフレーム間の接触点が減り、サウンドの伝達が減少します。

部屋の中に部屋を作ることのマイナス面は、コストがかかることは別として、構造的な完全性を確保することと、多くのスペースを犠牲にすることです。

新しいフレームが既存のフレームと 1 ~ 2 インチの隙間があると仮定すると、ガレージの片側のスペース損失は約 6 インチになります。つまり、 ガレージの長さと幅は約 1 フィート、あるいはそれ以上縮小します。.

二重壁構造

防音千鳥スタッドウォールダブルウォール構造というのは、 部屋の中の部屋とよく似た構造 ただし、デカップリングの発生は少なく、構造の安定性を確保することはそれほど難しくありません。

ただし、二重壁構造で失われるスペースは、部屋構造内の部屋とほぼ同じになります。しかし、ノイズを遮断するにはかなり効果的です。

千鳥スタッドウォール構造

千鳥スタッド壁千鳥スタッドウォール構造は、 間の最良の妥協点を見つけるための非常に効果的な方法 部屋のスペース そしてデカップリング.

千鳥状スタッド壁構造では、既存のフレームを、スタッドが千鳥状に配置される幅 6 インチのフレームに置き換える必要があります。

この構造の詳細と二重スタッド壁との比較については、以下で詳しく説明します。 千鳥スタッドウォールとダブルウォールに関する私の記事.

弾力性のあるチャンネルと遮音クリップ

上記の構築方法を実行するスペースも予算もない場合、デカップリングの別のオプションは、弾力性のあるチャネルと遮音クリップの使用です。

弾力性のあるチャンネルまたは遮音クリップはフレームの内側に取り付けられており、分離に役立ちます。

私のを読んでください 弾力性のあるチャンネルと遮音クリップに関する記事 詳細な理解のために。

乾式壁を 2 倍にする

壁の最後のオプションは、乾式壁の層を追加して壁に質量を追加することです。

この方法では、デカップリングは発生しませんが、質量の追加によって音の伝達がある程度減少します。しかし、その効果は、これまでに実現されたデカップリング手法ほど大きくはありません。

重要なヒント

ガレージの壁の防音にどの方法を採用するにしても、緑色の接着剤のような制振剤を使用することをお勧めします。

2層の乾式壁の間に挟まれた緑色の接着剤は、音波の運動エネルギーを熱エネルギーに変換します。ホームシアターやバンドルームの場合、制振材を使用すると多くのメリットがあります。

私のを読んでください ダンピングコンパウンドの詳細な分析に関する記事.

ガレージ天井の防音工事

ガレージの天井に採用される工法は、壁とほぼ同じです。

ここでも乾式壁を取り外し、根太の間の隙間を Owen Corning R19 などの適切な屋根設置で埋める必要があります。

室内建設の場合は、新しい天井根太を設置する必要があります。 既存のものよりも高さが少し低く、平行に走る予定です。

千鳥壁または二重壁構造では、新しい根太を設置せず、既存の根太の上に乾式壁を設置します。

天井の根太の間にすでに断熱材が入っている場合は、間に制振化合物を挟んだ乾式壁の層を追加すること以外は何もする必要はありません。

ガレージ床の防音工事

側面騒音による音の伝達が発生する可能性があるため、床には何らかの処理が必要ですが、それほど大きくはありません。

音を遮断する下敷きが必要になります。最良の選択肢は重い音響アンダーレイですが、もちろん、欠点はこれらが非常に高価であることです。

床を防音する最も費用対効果の高い方法については、私の記事で詳しく説明しています。 ここ.

最終的な考え

この記事では、ガレージの防音に関する基本的な要件と原則を取り上げてみました。

もちろん、要件はデザイン、家のガレージの位置などの多くの要因によって異なります。

実際には必要がないため、あなたのガレージには窓がないのだと思います。ただし、ガレージに窓がある場合は、私の記事で説明した防音方法を使用する必要があります。 ここ.

それぞれのテクニックはそれ自体が練習になります。すべてのテクニックの詳細を 1 つの記事で完全にカバーすることはできません。ただし、知っておく必要がある情報のほとんどは、このサイトの他の記事ですでに説明されています。

要件の評価 始める前に防音対策が非常に重要です。防音工事には費用がかかります.

やりすぎても正しくやると費用が高くなります。ただし、効果はあるでしょう。逆に手を抜きすぎたり、手を抜いたりすると防音効果が得られず、お金の無駄になってしまいます。

ですから、よく考えて、ガレージの防音計画を家族や友人と話し合って、しっかりした計画を立ててください。

類似の投稿