防音カーテンは本当に十分な効果があるのでしょうか?

防音カーテン騒音を防ぐためだけに四つん這いになり、壁や床を引っ張ったり、ネジ止めしたり、コーキングしたりするのが嫌なら、あなたは幸運です。

家に押し寄せてくるようなうるさい騒音に対する解決策は次のとおりです。 防音カーテン または騒音低減カーテン。 本当に効くの??

私の経験から言えば、 はい、 防音カーテンが効く 防音性にも優れています.

防音カーテンは防音業界の最新技術革新の 1 つです。ご自宅やオフィスに安らぎの雰囲気を得る、手頃な価格で簡単な方法です。

これらのカーテンはあなたのスタイルに合わせて美しく作られており、ご自宅を装飾します。電話をかけるのは比較的簡単で、安価です。防音カーテンの利点は、静かな家や職場を実現するという機能を超えています。

とは別に 減衰音、これらのカーテンは光の侵入を防ぎ、ほとんどの人に好まれる遮光効果を生み出します。

外部から流入する熱と冷気を節約する追加の断熱層が付いています。寝室や子供部屋に防音カーテンを取り付けて、平和を保ち、快適な夜の休息を楽しむことができます。

彼らです 便利で、いかなる破壊手段もインストールする必要はほとんどありません。防音カーテンは、シンプル、エレガント、そして実用的なものをお探しの方に最適です。

防音カーテンって本当に効果があるの?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

先に進む前に、この用語を完全に理解することが不可欠です。 防音カーテン。防音という言葉はカーテンに関しては相対的な用語です。

カーテンは「文字通り」防音にすることはできませんが、音を大幅に減衰または軽減することができます。

厚くて重いカーテンを掛けるときは、騒音をすぐに遮断してくれる遮音材としての役割を期待しないでください。

期待できるのは消音効果であり、家を望みどおりに静かにするのに十分な能力があります。

布地の構造と形状には、音が逃げる経路がまだ残されています。これらの柔らかく豪華な素材は、音を最小限に抑えるためにのみ吸収します。

私が学んだのは、防音カーテンは本当に効果があるということです。効果も非常に効率的で満足です。

代表的な騒音低減カーテン素材

音を効果的に遮断するには、使用する素材に防音効果を持たせる必要があります。この場合、防音カーテンが質量を表現します。

防音の原理として音は質量によって遮られるため、防音材の質量には十分な厚みが必要です。したがって、防音カーテンは常に厚く、重く、それでいて美しいものになります。

防音カーテンは通常、ベルベットのような厚い布地を圧縮したビニールを重ねて防音効果を高めます。.

通常、それらは天井から床まで伸びており、窓の側面を数インチ超えて覆っています。この戦略的な設計により、窓を完全に密閉し、家の中の音も吸収することができます。

防音カーテンは利便性が高く、見た目にも美しいです。ご希望の色、デザイン、サイズをお選びいただけます

購入時に注意すべきこと

ここでは、いくつかのヒントと知識を紹介します 防音カーテンを購入する際のガイド.

料金

まず最初に決めるのは常に予算です。余裕のあるものを手に入れれば、問題なく機能します。これに費やしたい固定価格を設定することも、懐疑的でテスト実行に行くこともできます。重要なのは、選択肢を検討して、適合するものを選択することです。

一般に、このオプションは住宅を防音する他の方法と比較して費用対効果が高くなります。したがって、多額の出費を心配する必要はありません。

品質

カーテンを購入するときの信頼できるヒントは、懐中電灯を持っていくことです。素材を感じたら、光を当ててください。

軽いカーテンは光を通過させます。効果的または本物の防音カーテンは、すべての光と音を吸収します。したがって、より厚いものを選択してください。

サイズ

標準的なカーテンは窓のサイズにほぼ完璧に一致します。しかし、防音カーテンを使用すると、できるだけ広い範囲をカバーする必要があります。カーテンは窓の側面からはみ出し、天井から床まで届く必要があります。

この過剰は、ノイズを低減する可能性を最大限に高めるのに役立ちます。余分なブロックが窓の側面から浸透して音が聞こえます。

防音カーテンの効果を最大限に発揮するには、全体のサイズを考慮する必要があります。

厚さと材質

材料 スエードやベルベットなどのカーテンが最適です。厚くて重いので、バリアとして適しています。音を消すのに非常に効果的です。

防音カーテン
カーテンはできるだけ厚くて重いものにする必要があります。

カーテンを重ねて使用すると、余分な厚みを得ることができます。追加の裏地により、音に対する追加のバリアが提供されます。ライナーはカーテンの一般的な機能であり、見た目の美しさを高めるだけでなく、防音性も高めます。ライナーの例には、カーテンライナー、ウィンドウライナー、遮光ライナーが含まれます。

もう一つ考慮すべきことは、カーテンの幅とスタイルです。プリーツのあるスタイルのカーテンは質量が大きいため、遮音性に優れています。

カーテンロッドとレール

これらの同様に特殊なカーテンには、特殊なカーテンロッドが必要です。カーテンの重量に耐え、防音効果にも貢献できる、強くて厚いものが必要です。

ダブルロッドを使用することもできます。ダブルロッドを使用すると、カーテンの重ねを2倍にすることができます。セットアップの効果がさらに高まります。

ロッドは壁に曲線で固定されています。端の隙間をしっかりカバーできるので、カーテンを掛けるときに便利です。騒音を最大限に低減し、窓を完全に覆います。

頑丈なトラックは、ロッドと一緒に使用することも、別のセットアップを使用して代替品として使用することもできます。トラックを使用すると、カーテンの開閉が奇妙に簡単になり、美しい外観が追加されます。

天井取り付けブラケット

ロッドを避けたい場合は、天井取り付けブラケットをロッドの代わりとして使用できます。これらのブラケットは天井から垂れ下がり、天井から床までをカバーするため、防音効果に不可欠です。また、カーテンを高く壮大に見せます。

重さ

重量はカーテンの長さ、幅、全体のサイズに応じて変化します。当然、カーテンが重ければカーテンも厚くなり、消音効果が高くなります。

重いカーテンは非常に扱いにくいことは否定できませんが、騒音低減効果でそれを補ってくれます。

カーテンが効率的でないか、またはカーテンの厚さが不十分であると思われる場合は、層の形でさらに質量を追加してみてください。

カーテンの最も重大な欠点は、最大の利点である重量でもあります。

カーテンによる防音は、特に自分でカーテンを吊るしてみると、言うほど簡単ではありません。ただし、平和が必要な場合は、この作業を行う価値があります。厚いカーテンはより多くの音を吸収するだけでなく、部屋に注ぐ光の量を最小限に抑えます。

適切な情報があれば、自分に合ったカーテンを選択する際に何に注意すべきかを知ることができます。

次に知っておくべきことは、カーテンに期待してはいけないことです。

私がおすすめする防音カーテン

防音カーテンは2種類からお選びいただけます。 上記で明らかにされた要件を満たす そして彼らは:-

  1. Nicetown 騒音低減カーテン (Amazon で価格を確認してください)
  2. ベストホームファッション防音カーテン (Amazonで価格を確認してください)

防音カーテンの限界

カーテンを使って防音効果が得られると聞くと、ほとんどの人が興奮しすぎます。適切な情報がなければ、人々はカーテンを閉めると音が消えると期待します。

先ほど述べたように、カーテンは重要な防音壁ではありますが、それでも完全に音を遮断するわけではないため、これはほとんど当てはまりません。

全体的な効果は、家の内外からの音を軽減することです。厚ければ厚いほど、このカーテンは優れた遮音性を発揮します。

本質的に、私たちが言いたいのは、おそらく機械からの耳をつんざくような騒音は、カーテンを閉めたときに大幅に軽減されるものの、完全には遮断されないということです。聞こえるのはくぐもったブーンという音だけかもしれませんが、耳がチクチクするような激しい騒音よりもはるかに優れています。

もう 1 つの制限は、インストール プロセスです。このような重いカーテンを単独で取り付けることはほとんど不可能です。専門家の助けや友人の助けが必要になります。

通常のメンテナンス

他のカーテンではこれは通常問題になりませんが、掃除のためにこれらのカーテンを下ろすことが何を意味するかを想像してみてください。大きなカーテンは通常のカーテンよりも早くほこりを吸収しますが、これはカーテンの製造に使用されている素材によるものでもあります。

居住スペースの縮小

これらのカーテンが部屋を支配し、部屋がはるかに小さく見えるのはほぼ自然なことです。高さと幅は窓のスペース以上のスペースを占めます。彼らはまた、非常に支配的な外観を持っています。

低音

低周波の音は、低減したり遮断したりするのが最も困難です。防音カーテンはほとんど効果がありません。

カーテンを使用することで最大75%の防音効果が期待できます。カーテンは音の侵入を防ぐことはできませんが、確かに多くの音を吸収します。この防音オプションは一見安価に見えますが、より効果的な防音カーテンの新しいモデルははるかに高価です。

素晴らしいのは、カーテンをどこでも使用できることです。職場、自宅、寝室、さらには建設現場でも使用されています。

ただし、さらに防音効果を高めたい場合は、カーテンに他の防音方法を追加することを検討する必要があります。

たとえば、騒音が外部から発生している場合は、窓を防音にすることができます。家の中で騒音が発生している場合は、床や壁も考慮する必要があります。

類似の投稿