音を遮断するための防音カーテンや毛布はありますか?

窓やドアを遮断する場合、防音カーテンと毛布のどちらが最適なのか疑問に思ったことがあるかもしれません。さて、いくつかの調査を行ったので、簡単な答えは次のとおりです。

音を遮断するには、防音カーテンよりも毛布の方が優れています。これは、ブランケットは通常、より高密度の生地で作られており、幅広い選択肢があるためです。防音カーテンは通常のカーテンに比べて大幅な改善はないため、一般的には価値がありません。

防音カーテンまたは毛布_

この記事では、購入に役立ついくつかの要素を含め、防音カーテンと毛布の主な違いについて説明します。最後までに、正しい決定を下すのに十分な情報が得られることを願っています。

防音カーテンと毛布の違い

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

これは明白な点のように思えるかもしれませんが、防音カーテンと毛布の主な違いから始める価値があります。

防音カーテン 通常のカーテンと同じデザインから始まります。外側にはさまざまな色やデザインの生地があり、通常は裏地が遮光になっています。

しかし、真ん中には高密度の生地の層が挟まれています。これはブランドによって異なりますが、通常はウールやフェルトのようなものです。

より高価なバージョンでは、中央に大量にロードされたビニールのようなものが付いている場合もありますが、これは標準的なデザインではありません。

重要なのは、通常のカーテンと同じように吊るすことができ、さまざまなサイズの窓に合わせてさまざまな幅とドロップが用意されているということです。

一方、防音毛布といっても、必ずしも特定の製品を指すわけではありません。

一般的には、次のことがわかります。 移動毛布 (Amazon リンク) 騒音低減ブランケットとして提供されています。これは、密度が高く、厚手の素材が裏地に使用されているためです。

本来の目的は家具の移動ですが、その特性により騒音公害の軽減にもかなり役立ちます。

ムービングブランケットにはさまざまな重量範囲があり、裏地の素材によって異なります。もちろん、防音のためには、可能な限り重い重量が必要になります。

も見つかるかもしれません グロメット付き工業用ブランケット (Amazonリンク)。これらにはグロメットで縁取られているという明らかな利点があり、吊るすことができます。

防音カーテンも防音毛布も、 重要な原則 質量と吸収の関係。

布地で作られているということは、音波が通過するときにエネルギーの一部を吸収できることを意味します。生地は明らかに非常に柔軟です。つまり、硬い素材と同じように反応しないため、音も消されます。

また、両方とも構造に質量を追加します。確かに、大量にロードされたビニールのようなものと同じレベルには程遠いですが、何もしないよりは何かがある方が良いです。

したがって、表面的には、防音カーテンと毛布には多くの類似点があります。しかし、それらの主な違いは、その構造と使いやすさにあります。

防音カーテンや防音毛布を使用する場合

しかし、音を遮断するのにより効果的と思われる製品を優先してこれらの製品を使用するのはどのような場合でしょうか?

おそらくご想像のとおり、その用途は、素材と応用範囲の両方における柔軟性にあります。

たとえば、防音カーテンや毛布を使用すると、次のことが可能になります。

  • 窓をカバーする
  • 中空の室内ドアを覆う
  • 間仕切り部屋
  • 建設ソリューションの代替として
  • 音響管理用
  • 機械を消音するため

どちらの製品も、簡単に脇に移動したり取り外したりできるため、ドアや窓を覆うのに役立ちます。もちろん、これは、より永続的な防音ソリューションには欠けているものです。

同様に、空間内のエコーを低減したい場合にも役立ちます。構造物を通して伝わる音を遮断するのではなく、防音カーテンを使用して壁を遮断することもできます。

騒音源と何もない壁の間に防音カーテンや毛布を置くと、エコーをかなり効果的に減らすことができます。これは、音波が硬い壁ほど反射しにくいためです。

もちろん、これらの製品のいずれかだけで空間を防音することに依存すべきではありません。

どちらも音を遮断する製品として設計されていないため、次のような効果はありません。 大量に充填されたビニール またはミネラルウール断熱材。

ただし、スペースを物理的に調整できない状況では、安価な一時的な解決策が提供されます。実際、適切な製品を選択することで、80% のノイズ低減が期待できます。

防音カーテンや防音毛布の正しい選び方

防音カーテンや防音毛布の正しい選び方 (1)

かなり飽和した市場で最善の決定を下すには、考慮する価値のある要素がいくつかあります。

ここでは、適切な防音カーテンや防音毛布を選ぶ際に考慮すべき最も重要な点をまとめました。

材料

先ほども述べたように、防音カーテンはカーテンのように見えます。つまり、部屋に面するファブリックの色と質感を選択できるということです。通常、綿かポリエステル、またはその両方の混紡で作られています。

ブランケットは同じ用途を念頭に置いて設計されていないため、色やデザインの選択肢はそれほど多くありません。

ニーズによっては、これは重要ではない場合があります。

しかし、重要なのは防音材です。下位モデルの裏地はフェルトやウールのようなものになります。生地の密度は高いですが、防音効果はそれほど優れていません。

よりハイエンドのバージョンには、大量のビニール、綿わた、セルロース、さらにはミネラルウールが含まれている場合があります。

もちろん、大量に充填されたビニールのような専用の防音材はより効果的です。

予算

よく見れば、空は限界です。防音カーテンと毛布の低価格バージョンはかなり安価で、通常のバージョンよりもそれほど抵抗がないかもしれません。

ただし、良い仕事をするものが欲しい場合は、より多くのお金を払う準備ができています。

とはいえ、これは実際にはブランド名が活躍する種類の市場ではありません。一般的に、名前ではなく品質にお金を払うことになるため、これは重要です。

時間をかけて入手可能な製品を調べて、価格帯をよりよく把握してください。そうすることで、どれくらいのお金を使うべきかを把握するのに役立ちます。

ただし、防音カーテンなどにあまりお金をかけないでください。十分な予算がある場合は、より効果的な防音オプションを検討するか、DIY カーテンを自作することを検討してください。

使いやすさ

もちろん、このようなものを決定する際の重要な要素は使いやすさです。あまり力を入れずに製品を設置でき、必要に応じて再び取り外すことができる必要があります。

効果を発揮するには、防音カーテンと毛布はかなりの重量が必要であることに注意してください。

カーテンポールに沿って吊るす場合はそれほど問題はありませんが、必要なときに毎回吊るすのは困難になる可能性があります。

防音カーテンには、カーテンポールに掛けるためのグロメットが付属しているため、ここでは明らかな利点があります。

グロメット付きの防音ブランケットも見つかりますが、これでは選択肢が大幅に減る可能性があります。

あるいは、グロメットを購入して自分で取り付けることもできます。

窓以外の場所で使用する場合は、カーテンレールやフックも取り付ける必要があるかもしれません。

目標

最後に、これらの製品で実際に何を達成したいのかを検討する価値があります。

窓や騒音の大きい機械を覆う場合など、防音カーテンや毛布が最適な場合があります。

ただし、ドアのカバーなど、他の用途では、より優れた素材が利用できる可能性があります。

たとえば、ドアプラグを作ることができます。これは基本的に、質量を負荷したビニールと断熱材で裏打ちされた木製のフレームであり、所定の位置に固定したり、自由に取り外したりすることができます。

または、壁の場合は、乾式壁、大量の荷重を加えたビニールなどから一時的なパネルを作成することもできます。 音響フォーム.

これらのオプションは両方とも、はるかに多くの質量を追加しますが、同様に一時的なものになる可能性があります。唯一の欠点は、建設が必要で、移動が難しいことです。

防音カーテンと毛布どっちがいいの?

私の意見では、防音ブランケットは防音カーテンよりも優れています。同じ範囲の色と仕上げはありませんが、いくつかの明らかな利点があります。

これらには次のものが含まれます。

  • より密度の高い素材で作られている
  • より高品質の素材で作られている
  • 吊り下げたり、物の上に置いたりすることができます
  • コスト対価値の比率が向上

防音カーテンは、防音効果の割に比較的高価な場合が多いです。

ただし、ムービングブランケットはより費用対効果の高いオプションであり、かなり印象的な結果をもたらすことができます。

防音カーテンが毛布よりも優れている唯一の本当の利点は、吊り下げるのがはるかに簡単であることです。しかし、ブランケットにグロメットをいくつか取り付けることで、少しの労力でこの問題を回避できます。

最終的な考え

この記事が、防音カーテンと毛布のどちらが良いかを判断する一助になれば幸いです。

ただし、どちらも完全に音を遮断するわけではないことに注意してください。どちらの製品も生地で作られているため限界があり、その断熱特性についてはあまり知られていません。

とはいえ、防音毛布やカーテンは、騒音やエコーを軽減するための安価で一時的な解決策となります。

私の最後のアドバイスは、予算がどこまで続くかを確認し、可能な限り最良のオプションを購入することです。かなりまともな結果が得られるはずです。

類似の投稿