静寂のロックを解除: 優れたノイズ低減のための音響カーテン

防音カーテンは信じられないほどの革新のように聞こえます。実際に部屋の外からの騒音はどれくらい軽減されるのでしょうか?

防音カーテンは外部の騒音を完全に遮断するものではありません。ただし、音の強度が減少し、部屋が大幅に静かになります。防音カーテンを構成する素材は、音の原因となる空気の振動を吸収し、騒音を効果的に低減します。 

私のものをチェックしてください 防音カーテンのおすすめランキング.

防音カーテンはどれくらい騒音を軽減するのか

この記事では、防音カーテンの種類に加えて、防音カーテンの本質的な特徴について説明します。防音カーテンのメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

騒音低減カーテンの効果はどれくらい?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音カーテンは騒音をささやき声まで軽減します。室内のエコーと振動を吸収し、外部からの音のデシベルを耐えられるレベルまで低減します。カーテンの STC 評価が高いほど、より多くのノイズを低減できます。

防音カーテンと他のカーテンの違い

多くの人は、厚いカーテンはすべて防音効果があると考えています。しかし、この仮定は正しくありません。厚手のカーテンは騒音を軽減する傾向がありますが、完全に防音というわけではありません。防音カーテンには他のカーテンとは異なるいくつかの特徴があります。

一般に、防音カーテンは他のカーテンと次の点で異なります。

  • 材料
  • STC 評価
  • カーテンの長さ
  • カーテンの幅

これらの要素を 1 つずつ検討してみましょう。

高密度素材で防音性を実現

防音カーテンは主にスエード、ポリエステル、ベルベット素材で作られています。彼らは 重い材料 しっかりとした織りで。

これらの素材には、カーテンが熱を吸収して保持する熱特性があります。その結果、夏は涼しく、冬は暖かく部屋を保つことができます。

STC 評価により防音カーテンが識別されます

騒音低減カーテンには、Sound Transmission Class (STC) 評価と呼ばれる特性があります。この機能が防音カーテンを他のカーテンと区別します。

STC 定格の防音カーテンは、80% によって外部環境からの音の侵入を低減します。

長さは効果的な防音に影響します

驚くかもしれませんが、カーテンの長さが防音性に影響を与える可能性があります。防音カーテンは天井から床まで張り巡らされています。 

天井ブラケットを使用してカーテンレールを取り付けることができます。これにより、カーテンが可能な限り天井に近づくようになります。

幅は防音の程度に影響します

防音カーテンは窓だけでなく広範囲をカバーするのに十分な幅があります。これらのカーテンは多くの場合、窓よりわずかに幅が少なくとも 3 インチ (7.62 cm) 以上あり、端で折り畳まれます。 

カーテンが窓を超えて折り畳む幅が広いほど、音の侵入をより効果的に防ぐことができます。ただし、カーテンの端付近から音が漏れてしまう場合があります。

防音カーテンの種類

騒音低減のための音響カーテン いくつかの名前があります。ただし、すべての防音カーテンを区別する評価システムは 2 つだけです。

  • 音響伝送クラス (STC) の評価
  • 騒音低減係数 (NRC) 定格

これらの評価はどちらも素材がブロックできるノイズの量を考慮していますが、いくつかの重要な違いがあります。

STC 評価は部屋の外からの騒音を考慮しています

STC 評価 防音カーテンが外部からの侵入を遮断できるデシベル数を決定します。 STC 定格の素材は密度が高く重いため、外部の騒音を遮断します。

防音カーテンの STC 評価が見つからない場合は、他のカーテンと比較してその素材の重さや厚さを確認してください。これは、防音効果がどの程度優れているかを評価するのに役立ちます。

NRC の評価は室内からの騒音を考慮しています

NRC の評価 カーテンが室内で吸収できる騒音の量を定義します。 

NRC 評価の防音カーテンは通常、軽量で多孔質でふわふわしています。これらの特性により、音を効果的に吸収できます。したがって、部屋のエコーや残響が気になる場合は、NRC 認定のカーテンを使用すると、余分な騒音をすべて吸収できます。 

NRC規格のカーテンは外部の騒音を遮断しないことに注意してください。内部からの音波のみを吸収します。

防音カーテンのメリットとデメリット

防音カーテンは、外部と内部の両方の騒音を管理するのに役立ちます。ただし、いくつかの課題もあります。防音カーテンを使用するメリットとデメリットを分析してみましょう。

騒音を低減するための吸音カーテンの利点

防音カーテンを使用するメリットは次のとおりです。

  • 防音カーテンは騒音や熱を軽減します。防音カーテンは外部の騒音を軽減し、反響や振動を吸収し、太陽光の強さを軽減します。午後に昼寝をしたい場合は、防音カーテンを閉めて、静けさと快適な涼しい気温をお楽しみください。
  • 吸音カーテンは安価で種類も豊富です。 大金をはたいて防音カーテンを手に入れる必要はありません。さらに、さまざまな素材で作られており、その多くは家に斬新で上品な外観をもたらします。予算に関係なく、防音カーテンを購入して家をより快適にすることができます。
  • 騒音を軽減する吸音カーテンがプライバシーを確保します。 一部の窓は通りまたは公共エリアに面しています。眺めは良いかもしれませんが、プライバシーも確保したいと思うのは当然です。防音カーテンは視界を完全に覆い、太陽光の強さを軽減することで隔離され、お部屋をより快適に感じさせます。また、落ち着きとリラックス感をもたらし、安心感を与えてくれます。

吸音カーテンのデメリット

防音カーテンを使用するデメリットは次のとおりです。

  • 防音カーテンの取り付けが難しい。特に防音カーテン STC 評価を持つもの、インストールが難しい場合があります。設置プロセスを自分で処理できない場合は、専門家の支援を求めてください。
  • 防音カーテンは物流上の課題を引き起こす。防音カーテンは重くてかさばります。販売場所から所有者の住居までそれらを移動するには、多大な労力と時間がかかる場合があります。 
  • 防音カーテンは洗濯やメンテナンスが難しい。 1 ~ 2 か月使用したら、他の布地と同様に防音カーテンも洗濯する必要があります。ただし、洗うのが難しい場合があり、多くの場合、特定の洗剤が必要になります。素材が異なるため、適切な洗剤を使用して洗うことが重要です。防音カーテンを購入する前に、その効果を最大限に発揮するための掃除方法やお手入れ方法を検討してください。
  • 防音カーテンは暗闇を作り出します。 オフィスに防音カーテンを設置すると、薄暗くなりすぎることがあります。そのため、防音カーテンを使用できる場所が限られてしまいます。したがって、少しの日光が必要だが騒音は少なくしたい場合、防音カーテンは適切な解決策ではない可能性があります。

結論

防音カーテン ノイズを大幅に最小限に抑えることができます。外部の騒音を遮断し、太陽光を軽減し、内部のエコーや残響を吸収します。

防音カーテンには、STC と NRC の評価に基づいた 2 つのタイプがあります。 STCとは音響透過率の略で、カーテンが外部の音をどれだけ室内に遮断するかを測定します。 

一方、NRCはノイズ低減係数の略で、エコーや残響による内部ノイズをどれだけ吸収して低減できるかを測定します。

類似の投稿