防音カーテンとブラインド、どちらが効果的ですか?

部屋の中で防音が最も難しい場所の 1 つは窓です。防音カーテンと防音ブラインドの両方を試してきましたが、どちらが良いのかずっと悩んでいました。さて、それを知るために少し調べてみました。

では、防音カーテンとブラインド、どちらが効果的でしょうか? 一般に、防音カーテンは防音ブラインドよりも厚く、質量が大きいため、効果が高くなります。また、防音カーテンはより大きく、より広い表面積をカバーするため、音波が浸透しにくくなり、より効果的に機能します。

防音カーテン vs ブラインド

防音カーテンやブラインドは一般に、音を遮断するというよりはむしろ音響を処理するために機能しますが、それでもほぼすべての防音プロジェクトに役立ちます。

この記事では、防音カーテンとブラインドのどちらが効果的か、また防音プロジェクトに役立つ理由について説明します。

防音カーテンとブラインドはどちらが効果的ですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

去年、私はこう書きました 防音カーテンのご案内 選び方も含めて。ここでは、情報を更新し、以前に取り上げていなかったブラインドを含めようとしています。

防音カーテンまたは防音ブラインドはよく使われる 2 つの用語ですが、実際には真の防音製品を指すことは一般的ではありません。 たとえば、カーテンは通常、ただの厚いカーテンです。 防音素材で作られているのではなく。

現実的には、それ自体で防音性を備えた製品はほとんどなく、生地は一般に、厚さに関係なく防音性を備えています。適切な防音材を得るには、厚いコンクリート壁などを検討する必要があります。 大量に充填されたビニール (アマゾンへのリンク).

防音カーテンやブラインドは通常、数層の厚くて重い素材で作られているため、音響管理の点で優れています。

騒音公害を軽減する最も簡単な方法の 1 つは、質量を使用することです。 これはカーテンにも当てはまりますが、 ブラインド ある程度。主な問題は、大きな違いを生み出すのに十分な質量がないことです。

とはいえ、防音カーテンやブラインドは防音プロジェクトにおいて非常に役立ちます。音波のエコーや残響を軽減するのに非常に効果的であるため、部屋のオーディオ品質が大幅に向上します。

これは、窓から入ってくる騒音の量にも影響します。防音カーテンやブラインドは騒音をある程度抑える効果があるため、部屋を静かに見せますが、厳密には騒音を遮断するものではありません。

セルラーシェード

防音ブラインドの最も効果的なオプションの 1 つはセルラーシェードです。とも呼ばれます。 ハニカムブラインド。これらは蜂の巣のように見える六角形の生地のチューブで作られており、ブラインド内に空気を閉じ込めます。主に断熱を目的として設計されていますが、同じ原理の多くが遮音にも機能します。

ただし、セルラーシェードは遮音効果がまだそれほど高くありません。 一部のメーカーは、騒音公害を最大 50% 削減すると主張しています。 先ほども述べたように、窓は部屋の中で防音が最も難しい場所の 1 つであるため、真剣に防音に取り組んでいる場合は、より効果的なオプションを見つける必要があります。

ただし、プロジェクトの防音ブラインドやカーテンを完全に軽視しないでください。どちらかを選ぶとしたら、通常は重いので防音カーテンをお勧めします。これにより、部屋の音響をかなり効果的に処理できますが、窓を完全に防音したい場合は、別の方法を試してみるとよいでしょう。

防音カーテンやブラインドの選び方

防音カーテン
Amazonで販売されている人気の防音カーテン「Nicetown防音カーテン」

選ぶときに一番気を付けるべきことは、 防音カーテン (アマゾンへのリンク) またはブラインド 多くは普通のカーテンやブラインドであるという事実です。 「防音」というラベルは、厚手のカーテンやブラインドに簡単に貼り付けることができますが、多くのブランドは自社製品の騒音伝達低減レベルさえテストしていません。

防音カーテンをお探しの場合は、返品保証が充実しているところから購入することをお勧めします。注意すべき点があるため、購入する前に素材の品質を直接判断することをお勧めします。

カーテンの生地は厚く、しっかりと織られているため、かなり密度が高い必要があります。これは防音ブラインドにも当てはまりますが、別の素材で断熱されている可能性が高くなります。ただし、防音カーテンはおそらく厚手の生地を何層にも重ねたものとなるでしょう。

適切な防音カーテンを選択するためのその他のヒントは次のとおりです。

  • 防音カーテンは、床から天井までの長さではない場合でも、窓より少なくとも数インチ長くて幅があることを確認してください。
  • これは、窓の周囲をしっかりと「密閉」するために、少なくとも窓全体を覆い、余分な生地を十分に確保したいためです。これにより、カーテンから漏れる騒音が軽減されます。
  • 余裕があれば、窓ごとに 2 セット購入してください。これは明白に思えるかもしれませんが、ウィンドウに余分な質量を追加する非常に簡単な方法です。
  • カーテンには壁用ブラケットの代わりに天井取り付け用ブラケットを使用してください。そうすることで天井にかなり近づき、より多くの音を遮断することができます。

適切な防音ブラインドの選択は少し異なります。これは主に、動作がわずかに異なるためであり、通常はより薄くなります。最初の出発点は次のものを探すことです セルラーシェードまたは断熱ブラインドこれらが最も効果的な出発点となるためです。

以下の他のヒントにも従うことを検討してください。

  • 断熱ブラインドは優れた出発点であり、通常はローラー ブラインドの形で提供されます。これらは天井に簡単に取り付けることができます。
  • 通常、断熱材を含む複数の生地の層があります。これらすべてにより、ウィンドウの質量が増加します。
  • 防音ブラインドの最適な出発点は、断熱ブラインドまたは遮光ブラインドです。
  • 効果的な防音ブラインドを見つけるのは難しいため、ウェブサイト上の消費者のレビューに注意してください。これらが効果的なブラインドを見つけるための最良の情報源となります。

もうひとつ考えたいのは、防音ブラインドやカーテンを自作することです。もちろん針と糸を使いこなせる必要がありますが、素材を追加して既存のカーテンをアップグレードするのは簡単です。これは、賢く選択でき、密度の高い素材を使用できることも意味します。

ただし、防音カーテンとブラインドのどちらを選択しても、100% には効果がないことを覚えておいてください。ただし、私は常にブラインドよりカーテンを選びます。カーテンを使うともっと多くのことができるからです。

防音プロジェクトで防音カーテンを使用する価値はありますか?

防音カーテンもブラインドも部屋の防音にはなりませんが、それでも防音プロジェクトには非常に役立ちます。 ホームシアターやレコーディングスタジオなどでは、部屋の音響を管理する必要があるため、これは特に当てはまります。

防音カーテンやブラインドは、反響や反響を軽減し、音を消すのに最も効果的です。。防音カーテンの高密度で重い生地は音を吸収するのに役立ちます。これはカーテンの両面に当てはまります。

したがって、技術的には防音ではありませんが、厚手のカーテンは窓から入ってくる騒音公害の量を減らすのにかなり効果的です。ただし、室内の音響を処理するのに非常に効果的であるため、特に便利だと思います。

実はこれまでの防音工事でも同じ理由でドアや壁を防音カーテンで覆いました。ドアの前に吊るすことは、騒音公害を軽減するのに非常に効果的ですが、それでも完全な防音にはなりません。

防音カーテンが窓の防音に最適な選択肢であるとは思いませんが、防音室に設置すると間違いなく役立ちます。室内で防音カーテンを使用する最も効果的な場所の 1 つは、ドアを覆うことです。防音カーテンは通常非常に長いため、ドアを覆うのはほとんど困難ではありません。

ここで解決しなければならない主なことは、カーテンをドアに掛ける方法です。繰り返しになりますが、カーテンレールを使用した方が開閉が簡単ですが、天井取り付けブラケットの使用をお勧めします。あなたにとって最も実用的なオプションを選択してください。これは主に、カバーしようとしているドアによって異なります。

カーテンや厚いカーテンは、密度が高いだけでなく、その形状によっても残響を軽減します。これは、実際には平らな表面がないため、音波が反射しにくいためです。

これについて考える最良の方法は、バスルームで音楽を再生しているところを想像することです。音はすべて小さくて不明瞭ですが、これは音波が平らな壁に反響しやすいためであり、バスルームには通常家具が少ないため、これがはるかに簡単になります。

次に、同じ音楽を寝室、または理想的にはクローゼットで聴いているところを想像してください。クローゼットの中では、音楽はずっと静かになりますが、より聞き取りやすくなります。これは、衣服が音波を吸収して遮断するのに役立つためであり、これはまさにカーテンの役割です。

ただし、前述したように、カーテンは通常、効果的に音を遮断できるほど重くありません。実際に窓を防音するには非常に厚いカーテンが必要になるため、音響処理としてはより有用です。窓を防音したい場合は、もう少し思い切った方法を試す必要があります。

防音カーテンやブラインドに関する最後のヒント

防音ブラインド

ここまで防音カーテンやブラインドの選び方のポイントを紹介しましたが、カーテン以外にも考慮すべき点はたくさんあります。たとえば、全体的な騒音公害を軽減するために講じられる対策は他にもあります。

ただし、窓を真に防音にする唯一の方法は、窓を取り除くか、防音ガラスと空気室で作られた専用の窓を作るかのどちらかであることを覚えておいてください。ただし、これらは両方ともかなり高価なオプションです。

代わりに、騒音公害を減らすためにいくつかのことに取り組んでみてください。その 1 つは、防音カーテンやブラインドを使用することです。仕事をより効率的にするために、次の他のヒントを検討してください。

インストール

  • 防音カーテンの古くなったカーテンレールを新しいものに交換することをお勧めします。おそらくかなり重くなるからというだけでなく、防音のためにカーテンを掛けるもっと良い方法があるからです。
  • 上でも述べたように、天井から吊るすのが最善の方法です。これは防音ブラインドにも当てはまり、通常はローラーブラインドになります。
  • ただし、カーテンレールを使用する場合は、巻き付け式のものを使用してください。これは、窓の周りの隙間を埋めるのに最も効果的なオプションです。
  • カーテンがグロメットに取り付けられていない場合は、グロメットに取り付けることを検討してください。これらは、重い防音カーテンの重量を支えるのにはるかに優れています。
  • カーテンにとって振動は大きな問題ではありませんが、穴を音響コーキングで埋めると、問題を完全になくすことができる非常に簡単な方法です。少なくとも、これにより、低音域のせいでカーテンがレール上でガタガタするのがなくなるはずです。
  • 防音カーテンやブラインドは通常かなり重いため、取り付けの際には2人目の人をそばに置くことをお勧めします。

予算

  • 防音プロジェクトにおいては常に予算が重要な要素となります。予算を設定する前に、Amazon で簡単に検索して一般的な価格を確認してください。
  • お金に余裕があるのであれば、防音専門のブランドを選ぶことも検討してみてください。そうでない場合は、防音カーテンやブラインドを最もお得な価格で見つけるために、たくさん買い物をしてください。
  • ただし、カーテンは世界で最も効果的なものではないため、カーテンに予算を使いすぎないでください。
  • プロジェクト全体の予算が限られている場合は、カーテンを自作することを検討してください。新しい防音カーテンを購入するよりも、中古で数セットの厚手のカーテンを見つけた方がはるかに安くなります。
  • 防音カーテンやブラインドへの支出を少し減らし、そのお金で以下に挙げる他の防音ソリューションを試してみることを検討してください。おそらく、代わりに選択肢を多様化する方がはるかに効果的であることがわかります。
  • 効果的なものを探しているなら レコーディングスタジオ向けの防音オプション、 専門的な音響治療のオプションを検討することをお勧めします。もちろん、これらははるかに高価になります。

  • カーテンやブラインドの色はあまり気にならないかもしれませんが、そのままにしておくことをお勧めします。
  • 防音カーテン市場に参入すると、色の選択肢が自動的に減ります。
  • したがって、中間色にこだわるか、独自の色を作成することをお勧めします。これにより、色とスタイルをより柔軟に設定できるようになります。
  • もちろん、色は防音効果に影響を与えませんので、あまり気にする必要はありません。
  • ベルベットやスエードなどは、それ自体が非常に重い素材なので、使用するのに最適な素材です。これをいくつかの裏地層と組み合わせると、かなり厚いカーテンができます。

ブラインド

  • コードレスまたはスナップコードのブラインドはますます一般的になってきており、これらのオプションは防音ブラインド市場にも浸透しつつあります。
  • 家に子供やペットがいる場合は、これらのオプションのいずれかを選択してください。これにより、怪我のリスクが大幅に軽減されます。
  • ほとんどの防音ブラインドは遮光機能もあるので、それでも光を取り入れたい場合は、ベネチアン ブラインドとの組み合わせを検討してください。ただし、部屋に光が入り込むことはできないことに注意してください。 防音窓 同時に。
  • 防音ブラインドは防音カーテンほど効果的ではありません。ブラインドを使用したい場合は、同じ窓に防音カーテンのセットを使用することを常に検討します。

その他の防音オプション

  • 実際に断熱用に設計されたウェザーストリップを窓の周りに取り付けてみてください。しかし、ご存知のとおり、同じ原則の多くが防音にも当てはまります。
  • 窓の周りにウェザーストリップを設置すると、実際に入ってくる騒音の量を抑えることができ、カーテンで遮るよりも効果的です。
  • 窓の防音対策に最も効果的なのは、取り外し可能な窓ボックスを作ることです。これによりウィンドウが塞がれ、密な物質が充填される可能性があります。 防音材.
  • ただし、これは最も実用的なオプションではなく、部屋に入ってくる光も完全に遮断します。そうは言っても、ホームシアターやレコーディングスタジオにとっては便利なオプションになる可能性があります。
  • 窓の周りの小さな隙間から侵入する可能性のある騒音の量を過小評価しないでください。これはおそらく、あなたが思っているよりも大きな騒音公害の原因です。
  • ウェザーストリッピング以外に、もう 1 つの良い選択肢は、Green Glue などの吸音コーキングです。通常のシーラントとは異なり、これは弾性があり、振動がないため音波を減衰させます。
  • どのタイプの防音カーテンやブラインドを購入する場合でも、発生源で騒音公害をブロックするよう努めることをお勧めします。遮蔽物を増やすことができれば、すべての作業を行うためにカーテンに依存する必要がなくなります。

結論

防音カーテンとブラインドどちらが効果的かというと、私の答えはカーテンだと思います。これは単純に、より厚くて重く、窓を覆うのがはるかに簡単であるためです。ただし、どちらのオプションも窓を真に防音にすることはできないことを覚えておく価値があります。

それで、あなたと一緒に 防音カーテン, 他のいくつかの防音ソリューションを試してみることをお勧めします。ただし、窓を完全に防音にすることはほぼ不可能なので、常にある程度の騒音公害が残ることを念頭に置いてください。

読んでくれてありがとう!また、私のをチェックしてください 防音対策におすすめの商品.

類似の投稿