いくつかの簡単な手順で騒音のあるウォーターポンプを防音する方法

ウォーターポンプの防音方法ごく最近、家にウォーターポンプを設置しましたが、ポンプの設置から発せられる振動と騒音で頭が痛くなり続けました。

そこでウォーターポンプの防音方法を知りたいと思いました。

最善の策は絶縁することだと言われましたが、誰もその方法を教えてくれませんでした。

騒音問題を解決したいという私の探究の結果、段ボール箱を作ることにしました。そして、ウォーターポンプからの騒音の問題は過去のものになりました。

私の段ボール建築の経験を皆さんと共有する前に、ウォーターポンプと振動/騒音の問題、そして採用すべき実績のある防音技術についていくつかの興味深い事実を共有したいと思います。

実際のところ、古くて設備が不十分なポンプは、特に密閉された場所に設置されている場合、大きな騒音を引き起こす傾向があります。

ポンプの静かな運転を確保するには、適切な設置と定期的なメンテナンス プログラムの維持が不可欠です。

ウォーターポンプからの騒音の種類

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

通常、ポンプは 2 種類のノイズを発生させる可能性があります。

振動騒音

1つ目はポンプから発生する振動音で、ポンプが振動して設置場所の壁や床に伝わります。

この課題を軽減するには、ポンプに絶縁ストリップを取り付けることが重要です。これらのストリップは、振動が発生源で構造物に到達するのを防ぐために、構造物とポンプの間に取り付ける必要があります。

空気伝播騒音

ポンプからの 2 番目のタイプの騒音は空気伝播です。 ノイズ ポンプモーターの。この種の騒音は、ポンプ機構の動作によって発生します。

この種のノイズをブロックするには、次の使用が不可欠です。 騒音の侵入を防ぐ防音壁 ソースの構造。

負荷ポンプの場合は、防音の段ボール箱システムが推奨されます。これについては、後続のセクションで詳しく説明します。

ウォーターポンプを防音するためのダンボール箱を作る

防音ウォーターポンプ

ご存知かもしれませんが、音は波として伝わるため、防音の基本的なコツは、この波を閉じ込めることです。限られた空間内の音が小さくなるまで、波をそらせることもできます。

防音段ボール箱を構築する場合、その複雑さはカバーするポンプのサイズに大きく依存します。これは、音が発生するデシベル数でもあり、平たく言えば騒音の強さと呼ばれます。

ウォーターポンプを防音するには、まず次のことを行う必要があります。 それはポンプよりも数インチ大きいです。騒音を効果的に軽減するには、吸音材で作られた合板ボックスまたはパネル/フレームが最適です。

実際、吸音材が騒音制御ソリューションにおいて重要な役割を果たすことはよく知られていますが、これについてはまた別の機会にお話しします。

通常、音響強度が低いオブジェクトには段ボール箱が適しています。ウォーターポンプの防音効果があります。ただし、ボックスが薄いほど、音が漏れる可能性が高くなることに注意する必要があります。

段ボール箱を最大限に活用するには、内側を次の層で覆いましょう。 防音材.

どの防音材が最適か迷っていませんか?質感の良い緻密な素材が適しています。たとえば、車の防音マットは、以下のような優れた効果を発揮することがわかっています。 ダイナマット そして ファットマット (アマゾンのアフィリエイトリンク)。

下の画像のダンボール箱 内側にはラグライナーフォームが裏地に施されています。

防音ウォーターポンプ

ダンボール箱を床から断熱するため、必ず発泡ゴムの上にダンボール箱を置きます。壁に触れさせないでください。

段ボール箱の製造に使用される材料の中には、火災の危険性があるものもあります。したがって、特にポンプが長時間稼働する場合には、冷却のための何らかの措置を講じる必要があります。

私の段ボール箱は、音波が近づいてくる音波に反射して歪ませ、それによって音を大幅に低減するため、驚くほど効果的です。

実際、ボール紙の層をさらに追加して、強度を高めることでさらに変更を加えることができます。 防音品質.

天然繊維について一言

天然繊維は、環境に優しく、防音の目的に適した複合材料を製造するために主に使用されてきました。

これらは、かなり高価な合成繊維に取って代わるようになりました。そのため、麻、木材、ココナッツの殻などの天然繊維が、製品の製造に使用されることが増えています。 吸音板.

これは、天然繊維がはるかに豊富で安価であり、天然の細胞構造を含んでいるからです。

ウォーターポンプの取り扱いに役立つヒント

うるさいウォーターポンプの防音対策を考える前に、ウォーターポンプの設置と静かな動作のための 5 つの重要なヒントをご紹介します。

ポンプセットの位置決め

設置されたポンプセットの位置は、住宅の建物であろうと公共の場所であろうと、騒音レベルを決定する重要な要素です。

ポンプ セットは、受信機をノイズ障害から保護するために、厚い壁がある工場室に設置する必要があります。の 厚い壁 ウォーターポンプを間接的に防音します。

ポンプ セットは、機器と受信機の間の視線を遮るために、巨大な障害物や障壁の後ろに設置することもできます。

ポンプセットを舗装のスラップや固体コンクリートの基礎に設置すると、振動が吸収され、ポンプがスムーズに動作するようになります。

遮音性

このテクニックは、特に騒音の多いウォーター ポンプに役立ちます。空気伝播音の遮断は、その潜在的な伝達を制限することで実現できます。

バリアを作成することは、ノイズ領域の周囲で吸音を行うことにより発生源領域の周囲での反射ノイズを低減するだけでなく、重要な技術です。

ポンプの選択

静かな機器は購入価格が高くなりますが、購入後に機器を改造したり防音したりするには通常費用がかかるため、長期的には大きな経済的利益が得られます。

さらに、新しいポンプを注文するときは、騒音レベルの仕様に常に注意してください。

定期メンテナンス

設置されたポンプセットからの騒音の増加を防ぐために、定期的なメンテナンススケジュールを採用する必要があります。

部品の潤滑、摩耗した部品の交換、緩んだ部品の締め付けなどのメンテナンスを実施することは、ポンプが騒音/振動の制御されたレベルで動作することを保証するのに役立ちます。

吸音材を使用する

使用できます 音響マット これらの材料は振動を吸収し、騒音レベルを低減できるため、ポンプの設置と動作を強化します。

たとえば、音響エンクロージャ キットは、境界面からの音の反射を低減することで騒音制御に最適です。

音響にはさまざまな特性があり、密閉されたエリア内でエコーを吸収できる音響マットもあります。また、音を効果的に遮断できる特定の音響製品もあります。

さらに、両方の機能を備えた複合材と呼ばれる製品もあります。繰り返しますが、製品の選択はあなたの経済力に依存します。

最終的な考え

揚水技術は最近広く使用されています。揚水技術に慣れるだけで、システムの重要性を理解できるようになります。

ウォーターポンプは、ガーデニング、家庭への給水、その他の商業用途などに多大なメリットをもたらします。しかし、これらの機器から発せられる騒音レベルは、住民にとって壊滅的な影響を及ぼす場合があります。

幸いなことに、ウォーターポンプの騒音の問題は、防音技術を使用することで解決できるということです。

私の個人的な経験からも分かるように、シンプルだが効果的なダンボール箱を作ることで、私の家にいくらかの安心感がもたらされました。この記事では、ウォーターポンプからの騒音/振動の問題と、防音によってこれをどのように改善できるかについて効果的に説明しました。

さらに、この記事で説明したウォーターポンプの効果的な設置と操作に関するいくつかの役立つヒントは、ご家庭でさらに役立つ可能性があります。

読んでくれてありがとう!出発する前に、ちょっと時間を取って私の記事をチェックしてください 防音製品の主な推奨事項

類似の投稿