アパートを防音にする方法 (最良の結果を保証)

これを想像してください: あなたは完璧なアパートを購入したところです。それを見つけるのは簡単ではありませんでしたが、正しい選択をしたことがわかります。実際、それについて不満はありません。完璧な家ですが、例外は…

隣人が何をしているのかすべて聞こえます。

あなたが午前 3 時に寝ようとしているときに、彼らが見ている深夜のテレビ番組ですか?はい、それはわかります。

早朝のシャワーコンサート?はい、それも聞こえます。

さらに悪いことに、自分がしていることもすべて相手に聞こえるかどうか心配になり始めます。ご想像のとおり、自分の家に閉じ込められていると感じるようになるまで、それほど時間はかかりません。

幸いなことに、すべての希望が失われるわけではありません。実際、アパートをすぐに防音にするために実行できる効果的な手順がいくつかあります。

以下では、防音とは何か、その仕組み、そしてアパートの防音にスターを付ける必要がある理由について詳しく説明します。次に、仕事を完了するための最良の方法をいくつか説明します。

アパートを防音にする方法

以下のビデオがそれを美しく説明しています。

防音とは何ですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

そもそも防音とは何でしょうか?

防音とは、アパートから、またはアパートに漏れる音の量を減らすための措置を指します。重要なのは、これは異なるアパート間でも、同じアパート内の異なる部屋間でも実行できることです。とはいえ、ニューヨーク市の巨大なペントハウスに住んでいても、デンバーの小さなスタジオに住んでいても、防音対策は十分に可能です。

さらに、防音にはさまざまなレベルがあることに留意する必要があります。たとえば、基本的な対策は、より費用対効果の高い代替手段であることを証明するかもしれませんが、同じレベルの防音効果を提供できない可能性もあります。

これらのさまざまなレベルは、防音の 4 つの要素をうまく組み込んだことに基づいて実用性を高めたさまざまな技術から生じています。

このガイドでは、ご自宅に適切な防音レベルを選択できるように、基本的なオプションとより高度なオプションの両方について説明します。

これから説明するように、防音にはさまざまな技術や材料の使用が必要になる場合があります。このため、自分の状況を慎重に検討して、自分に合った方法を選択してください。

なぜアパートを防音にするのですか?

防音工事は本当に必要なのでしょうか?それは時間をかけてやるべきことでしょうか?

読む 私の記事 これについて。

結局のところ、これらの質問はあなたにしか答えられません。アパートの部屋間、または家と隣の家の間で音が伝わりやすいことに気付いた場合は、家を防音にする時期が来ているかもしれません。

家の防音には次のようないくつかの利点があります。

1. 快適にリラックス

適切な防音設備があれば、ようやく必要なリラクゼーションを得ることができます。

そうです。つまり、昼寝中に隣のテレビが鳴り響くのをもう聞く必要はありません。また、お気に入りのテレビ番組を見ようとするときに、子供の大音量の音楽を聞く必要がないことも意味します。

アパートを防音にすることで、ようやく自宅にいるように感じることができるようになります。邪魔されることなく、より快適にリラックスできるので、自分らしくリラックスできるようになります。

隣人からの不要な音にさらされることによるストレスが増大する可能性があります。アパートを防音にして、ストレスよりも平和を選びましょう。

2. 音量を気にする必要はありません

正直に言うと、騒音を出すのは隣人だけではありません。

あなたもそうです。

これは、あなたがそうでない限り、 それ 隣人、あなたはおそらく隣人を怒らせないように卵の殻の上を歩いているでしょう。そして、これにより、実行できる活動が実際に制限される可能性があります。

映画鑑賞会から誕生日パーティーまで、実際に楽しむことよりも、近所の人を怒らせないことに集中することに多くの時間を費やす必要があります。

それはあまり公平とは言えません。

アパートを防音にすることで、自分にとって重要な活動に集中できる時間を増やすことができます。防音設備が施されたアパートであれば、自分の行動が隣人を怒らせることはなく、より自由な行動が可能になります。

ハイエンドの防音技術を使えば、自分のアパートと隣の家の間での音の伝わりをほとんどなくすことができます。

信じてください。これはあなたたち二人にとって感謝することです。

3. 仕事と勉強に集中する

最後に、アパートを防音にすることは、あなたとあなたの子供たちの両方の生産性の向上につながります。

まず、オフィスで見逃していた仕事を取り戻すことや、家の周りでやらなければならない仕事に集中することができます。食料品リストの作成から家の予算の調整まで、仕事を終えるのに必要な平和と静けさを満喫できます。

同様に重要なことは、お子様が学校の課題について最新の情報を入手できることです。適切な防音環境を促進することで、家の作業効率を高めることができます。

防音はどのように機能しますか?

防音の仕組みを理解するには、高校の物理の授業を思い出す必要があるかもしれません。音は波となって伝わり、この波は簡単に移動したり、硬い表面で跳ね返ったりする可能性があることに注意してください。

これは、家の周りに適切な断熱材や詰め物がないと、音波が部屋から部屋へと簡単に移動する可能性があることを意味します。これらの音の振動は壁を伝わりやすく、あなたや隣人が平和を得ることが難しくなります。

防音工事は、適切な断熱材を加えて音波や振動を吸収することで、この音の伝わりを低減します。

適切な防音方法は、この科学的知識に基づいて、音を発生源と同じ部屋に閉じ込めます。

これを念頭に置いて、アパートの防音工事を始めることができるさまざまな方法を見てみましょう。この情報を注意深く検討して、あなたの家に最適な防音方法を見つけてください。

防音技術

防音には大きく分けて4つの要素があります。アパートの防音工事を行う際は、これらの点に留意してください。これらの技術を防音対策に組み込むことで、アパートと隣人の間の騒音を効果的に軽減できます。

1. デカップリング

デカップリングは最も簡単で効果的な防音技術の 1 つです。デカップリングは、一方の壁からもう一方の壁に伝わる振動を低減するように機能します。

この技術は乾式壁と間柱の間の接触を減らすため効果的です。分離壁では、乾式壁に隣接する間柱と隣の壁の間に一定の距離が生じます。

デカップリングは、壁から壁に伝わる音の振動の数を減らすのに非常に効果的ですが、100% には効果的ではないことに注意してください。これは、空気伝播の振動が一方の壁からもう一方の壁に伝わる可能性があり、デカップリングを行ってもこれを止めることはできないからです。

デカップリングをよりよく理解するには、以下のビデオでそのテクニックの 1 つをご覧ください。

2. 吸収

前述したように、デカップリングでは、一方の壁からもう一方の壁への空気伝播音の振動の伝達を止めることはできません。つまり、防音効果を最大限に活用したい場合は、別のアプローチを追加する必要があるということです。

吸収は防音対策の 2 番目の要素であり、壁の間を伝わる振動をさらに低減するために行うことができます。通常、吸収は空のキャビティ間に断熱材を追加するなどの技術によって機能します。

壁に断熱材を追加する方法の詳細については、以下のガイドをご覧ください。

3. ミサ

千鳥配置スタッド構造と断熱材を適切な位置に配置したら、防音の 3 番目の要素である質量の追加を検討します。

質量を追加することは、材料の重量に依存して、ある部屋から次の部屋へ振動が伝わるのを防ぐ非常に効果的な防音方法です。

質量の追加の背後にある科学は非常に単純です。振動が物質を通過するには、実際に振動する必要があります。これは、振動が壁に影響を与えにくいため、重い素材の中を音が伝わりにくいことを意味します。

乾式壁は、その重量とコスト効率の両方の理由から、多くの建築業者にとって最も効果的な材料の 1 つです。乾式壁などのより重い素材を購入することで、アパートに防音層を追加することができます。

4. ダンピング

制振は防音の 4 番目で最後の要素であり、最も効果的な要素の 1 つです。

ダンピングは、最初から壁の振動数を減らすように機能します。最初から振動が低減されるため、ダンピングは他の防音技術の効率を向上させるのに役立ちます。

これらのヒントは相互に排他的ではないことに注意してください。アパートの防音工事中に、1 つの技術のみを実行することも、すべての技術を実行することもできます。ただし、より多くの要素を効果的に組み込むほど、防音性が向上することに注意してください。

この情報を念頭に置いて、アパートに出入りする騒音を制限するために使用できる具体的な防音技術をいくつか見てみましょう。

アパートの壁を防音にする方法

家を防音にするためにどのような対策を講じることができますか?以下の防音手順は効率とコストによって異なりますが、必要な結果が得られます。

1. 千鳥状スタッドウォールを構築する

千鳥スタッド壁スタッド壁を千鳥状に配置することは、アパートの防音に使用できる最も簡単なデカップリング技術の 1 つです。

ただし、これを行うには、既存の乾式壁を取り壊し、内壁の後ろにある間柱を作り直す必要があります。

分離した壁を構築するには、自分の壁と隣の壁の間の間柱がそれらの間にぴったりとはまっていないことを確認する必要があります。言い換えれば、あなたの壁に取り付ける間柱が隣の壁にぶつかってはいけません。またその逆も同様です。

このデカップリング技術は、一方の壁を通ってもう一方の壁に伝わる音の振動の量を減らすために機能します。

2.二重乾式壁を使用する

予算が限られている人にとって、最も安価で効果的な方法の 1 つは、二重乾式壁を使用することです。実際、この方法は非常に簡単なので、あまり構築をしたことがなくても、何が必要なのか推測できたかもしれません。

二重乾式壁は、質量を追加することで壁の防音に機能します。乾式壁自体は、アパートに防音効果を追加するのに最適です。乾式壁を二重構造にすることで、防音効果をさらに高めることができます。

アパートや別の部屋の間に乾式壁を 1 層だけ使用するのではなく、2 層を積み重ねることを検討してください。これにより、音波と振動が一方の rom からもう一方の rom に移動するのを防ぐための保護が強化されます。

おそらく防音の最も基本的な形式である二重乾式壁は、迅速かつ安価な修理が必要な場合に適しています。

防音千鳥スタッドウォール

3. 緑色の接着剤を使用する

家の防音工事を始めるもう 1 つの簡単な方法は、次のとおりです。 緑の接着剤 (アマゾンで見てね)。この製品は、部屋とアパート間の騒音を軽減するように特別に設計されています。

Green Glue は、住宅の防音に使用される最も効果的で一般的な制振方法の 1 つです。

適用する前に、乾式壁の背面に緑色の接着剤を塗布するだけです。通常、シートを貼り付ける前に、シートの裏側に Green Glue のチューブを少なくとも 2 本使用します。

Green Glue のレビューを読む

では、Green Glue はどのように機能するのでしょうか?

Green Glue は、2 つの表面 (たとえば、家の壁と隣の壁) 間の振動の強度を軽減するのに役立ちます。 Green Glue は、これらの振動の衝撃を吸収することで、アパートに出入りする音の量を減らすように機能します。

これは、あなたとあなたの隣人の両方が Green Glue を使用することで恩恵を受けることができることを意味します。騒音の低減を最大限に高めるために、製品を惜しみなく使用することを忘れないでください。

4. 特殊な断熱材を設置する

防音断熱問題となる音の伝わりをさらに減らすには、特殊な形式の断熱材の使用を検討し始めてください。壁に断熱材を追加すると、デカップリング技術の影響を受けない空気伝播音の振動の伝達を吸収します。

そうは言っても、壁に断熱材を追加することは複雑なプロセスであることに留意してください。新しい断熱材を取り付けるには、まず乾式壁を取り外し、間柱の間に断熱材を配置してから、壁を再組み立てする必要があります。

古い断熱材やカビが生えている断熱材がある場合は、新しい断熱材を追加する前にそれを取り外してください。断熱材はスタッドの間にぴったりと収まる必要がありますが、断熱材を押しつぶしたり詰め込んだりしないように注意してください。

断熱材をよりコンパクトにすることで、音の振動を吸収する効率が低下します。実際、断熱材を詰めると、音の振動が伝わりやすくなり、逆効果になる可能性があります。

音の伝わりを減らすように機能する特定の種類の断熱材は、バット断熱材として知られています。バット断熱材は特殊な組成を持ち、最も一般的な形式の多くはグラスファイバーで作られています。

さらに、さらなる保護を求める場合は、ベースのグラスファイバー層に特別な「蒸気層」を追加することができます。

Batt 断熱材が優れているのは、さまざまな幅と厚さを選択できるため、壁の防音性を高めたい人にとって完璧な柔軟な選択肢となることです。

さらに、Batt 断熱材の材料組成は、通常のタイプの断熱材と比較して優れた保護を提供するため、より適切な選択となります。

ただし、次のことに投資することで防音保護を強化できます。 ロクスル断熱材.

Roxul 断熱材は、優れた防音保護を提供する特別な設計を特徴としています。さらに、Roxul には難燃性などの追加機能が含まれており、ご家庭にとってより安全な選択肢となります。

ただし、これらの利点を活用したい場合は、多少の出費を覚悟する必要があります。 Roxul 断熱材は市場で最高の防音効果を提供するため、投資する価値があることがおわかりいただけるでしょう。

断熱材に関する私のおすすめをチェックしてください

アパートの天井を防音するにはどうすればよいですか

防音断熱天井

これで、 壁を防音にし、 あなたはおそらく自分自身についてかなり良い気分になっているでしょう。そして、あなたはすでにアパートを防音にするための第一歩を踏み出しているはずです。それでも、不要な音がアパートに漏れる他の経路が存在します。

一番大きいのは?あなたの天井。

これは、北隣の隣人が騒々しい、または足が重い場合に特に当てはまります。上の階の隣人が靴に鉛を入れて歩いているような気がする場合は、アパートを完全に防音にするために特別な措置を講じる必要がある可能性があります。

このため、アパートの不要な外部音を遮断する能力を最大限に高める方法をいくつか見てみましょう。

グラスファイバー断熱材を取り付ける

グラスファイバー断熱材は、アパートの防音に最も効果的な方法の 1 つです。この追加の断熱層は、たとえ隣人がどんなに忙しくても、上階の騒音を打ち消し、家を静かに保つのに役立ちます。

幸いなことに、グラスファイバーの設置は家の防音対策として安価なオプションです。ただし、少し手間がかかるかもしれません。さらに、賃貸の場合は、おそらく家主から事前に許可を得る必要があります (建設予定の場合と同様)。

ただし、承認された場合は、この追加の断熱層に乾式壁のシートを追加することを検討してください。 2 枚の乾式壁シートと強力な断熱材を使用すると、天井は階上の騒音を遮断するのにさらに効果的になります。

この新しい断熱材を取り付けるには、まず乾式壁を取り除くか、 板岩 あなたの天井から。次に、根太の間に断熱材を配置します。さらに、家をさらに保護するには、必ず天井をより重い乾式壁に交換してください。この質量を追加する方法により、家の中を伝わる音の量が大幅に減少する可能性があることに注意してください。

穴があれば修正する

アパートの築年数や構造によっては、家を完全に防音するために頭上の穴を修正する必要がある場合があります。天井の周りを見て、弱い部分がないか注意してください。ケーブル穴やその他のへこみはありますか?

その場合は、音の侵入経路となる可能性のあるものをすべて遮断することを強くお勧めします。最良の結果を得るには、緑色の接着剤を使用することをお勧めします。この素晴らしいシーラントは、上からの騒音を打ち消し、アパートを防音に保ちます。

天井の防音に関する記事も読んでください

アパートのドアや窓を防音するにはどうすればよいですか?

これらすべてを念頭に置いて、家を完全に防音にするために他にどのような対策ができるでしょうか?建設や家の修理を考えていない場合は、次のヒントを参考にして、手頃な価格で手間のかからない方法で家の防音工事を行うことができます。

そうは言っても、今日から家を完全に防音にし始めることができるように、これらの戦略のいくつかを見てみましょう!

1. 重いカーテンを掛ける

しかし、場合によっては、アパートの余分な音が隣のアパートや上の階の人から聞こえていない場合もあります。代わりに、それは窓の外から来ています。これは、繁華街や人口密集地域に住んでいる人に特に当てはまります。

外部の余分な騒音を遮断する効果的な方法を探している場合は、この簡単なヒントが役立ちます。各部屋の前に重いカーテンを掛けることにより、 、外部の音を打ち消し、家をより静かで平和に保つことができます。

もちろん、解決策は完璧ではありません。窓を開けたり、少なくともカーテンを開けて光を取り入れたいときがきっとあるでしょう。そのため、このヒントを他の DIY 住宅戦略と組み合わせて使用するのが最善です。そうすることで、騒音レベルを効果的に低減し、関係者全員にとって家をより平和な場所にすることができます。

防音カーテンに関する詳しいガイドをお読みください。

2. ドアスイープを使用する

騒音のほとんどが外部から来ている場合は、ドア掃除機の使用を検討してください。ドアスイープは、ドアの下から入ってくる不要な騒音を遮断する効果的な方法です。このヒントに従うことで、家に侵入する外部ノイズを大幅にカットできます。

ドアスイープは、騒音を軽減し、アパートを完全に防音するのに役立つ、実証済みの費用対効果の高い方法です。このため、私は平穏を取り戻すためにこれらの貴重なツールをお勧めします。

私のものをチェックしてください ドアの防音におすすめのテクニック.

アパートの防音に関する最終的な考え

騒々しい隣人が好きな人はいません。

仕事をしているときも、寝ているときも、ただテレビを見ているときも、間違った隣人があなたの人生を悲惨なものにする可能性があります。このため、アパートの防音対策に必要な措置を講じ、不要な騒音を遮断することが重要です。

幸いなことに、そうすることはあなたが思っているよりもはるかに簡単で、より手頃な価格で行うことができます。このガイドの情報に従うことで、外部の音から身を守り、アパート内に余分な騒音が入らないようにすることができます。

このガイドを、家を防音にするための効果的な建設アドバイスや DIY のヒントを得る究極のリソースとして使用してください。その際、最大限の効果を得るために、防音の 4 つの要素を常に念頭に置いてください。

この記事が気に入りましたか?ぜひシェアしてください。また、私のをチェックすることを忘れないでください 防音対策におすすめの商品.

類似の投稿