防音は双方向に効果があるのでしょうか?

より静かな生活を求めて、問題を抱えた人々が私のところに来ることがよくあります。最近、私の友人が「防音は双方向に効果があるのですか?」と尋ねました。答えはわかっていると確信していましたが、それを確認するために調べてみることにしました。

では、防音はどちらの方向にも機能するのでしょうか? 適切な防音は大量の質量に依存するため、バリアの両側での騒音公害が軽減されます。したがって、防音とは、音が部屋に出入りできないことを意味し、両側の人々に利益をもたらします。 

防音は双方向に機能しますか

防音は双方向で効果的に機能しますが、これが音響管理のすべての要素に当てはまるわけではないことを理解しておくことが重要です。適切な防音室を設置するには、他の機能もインストールする必要がありますが、これらは通常一方向にしか機能しません。

防音は双方向で機能しますか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音対策における最大の問題の 1 つはデッドエアです。これは本質的に、 壁、窓、ドアに空気の隙間ができ、音波が共鳴して騒音が発生します。。この問題を解決するにはいくつかの方法があり、それらを組み合わせることで防音室が完成します。

  • 吸収。 壁の空洞は非常に大きくなる場合があり、そこに高密度の材料を詰めることで振動や音波を吸収し、騒音が壁を伝わりにくくなります。最適な素材はグラスファイバー、ウール、またはコットンです。
  • デカップリング。 壁と床を分離する工程です。本質的には、振動が伝わらないように壁を互いに隔離することを意味します。
  • ダンピング。 減らす 音の共鳴 そもそもの問題を最小限に抑えるのに役立ちます。これは通常、音波を吸収するために質量を追加し、音波の方向を変えるために音響管理製品を追加することによって行われます。
  • 質量。 部屋の質量を増やすと、音波を吸収しやすくなります。乾式壁を追加すると、と呼ばれる製品と同様に便利です。 大量に充填されたビニール (アマゾンへのリンク)。これにより、残響や共鳴が軽減されます。

これら 4 つの原則を組み合わせると、ほぼ防音の部屋が得られますが、完全に防音にすることはほぼ不可能です。質量の追加や分離などは、吸収と同様に双方向に機能します。

防音の重要な原則は、音同士を遮断することです。一言で言えば、部屋の内と外の間には完全な隔壁がなければならないということです。したがって、部屋を真に防音にするためには、一般に防音材が両方の効果を発揮する必要があります。

ただし、これはすべての音響管理ソリューションに当てはまるわけではありません。たとえば、制振に吸音フォームを使用すると、音波を吸収するのではなく反射させるため、部屋の中でより効果的に機能します。

同様に、次のようなもの 音響フォーム 通常、テクスチャーのある面と滑らかな面があります。テクスチャ面では音波が反射しにくく、消散するため、音の反射はより効果的です。

それで、 肝心なのは ほぼすべての防音方法は両方の方法で機能します。。デカップリングは、部屋の内側を外側から隔離するように設計されており、質量を追加することで音波を吸収します。すべてのオプションが両方の方法で同じように機能するわけではないことに注意してください。

両方の防音対策に最適なオプションは何ですか?

ほとんどのオプションは両方の方向に防音しますが、一部のオプションは他のものよりも確実に効果的です。防音プロジェクトの主な目標の 1 つが、単に騒音の侵入を阻止するのではなく、双方向で騒音を低減することである場合、どのオプションが最も役立つかを知っておく価値があります。

ただし、これができるかどうかは、防音工事をしている部屋の隣の部屋によっても異なります。たとえば、壁が隣の家とつながっている場合、壁を切り離すことができない場合があります。最適なオプションを知ることで、どれが最適かを決定するのに役立ちます。詳細については、以下をお読みください。

デカップリング

デカップリングは、あらゆる防音プロジェクトにとって最も有用なオプションの 1 つです。質量も追加すると、かなり良い結果が得られます。これはかなり大規模な仕事になる可能性があるため、それについて詳しく知っておくと役立ちます。

つまり、デカップリングとは、壁の 2 つの側面を分離して、振動が壁を通過するのを防ぐプロセスです。これは通常、乾式壁の各面を別のスタッドなどで独立して吊り下げることを意味します。

乾式壁の両側を別々の間柱に配置すると、振動は 1 つの間柱に伝わりますが、それ以上は伝わりません。この振動が壁の空洞内で共鳴し、最終的に音を生じます。

最適なデカップリングのタイプは、2 つの別々のコンポーネントを構築することです。 スタッド壁、断熱材を含み、それらの間に小さな空洞があります。これにより基本的に音波が壁を通過するのを完全に阻止できますが、大掛かりで費用のかかる作業になる可能性があります。

2 番目の少し簡単なオプションは、スタッドをずらして配置することです。。これは、壁に断熱材を充填できる空洞が 1 つしかないことを意味しますが、二重スタッド壁ほど効果的ではありません。

 

ダブルスタッド千鳥壁

読む 千鳥スタッド vs ダブルウォール どれだけ防音効果があるのかが分かります。

デカップリングの主な弱点は、低い周波数、特に低音の共振が増大する可能性があることです。ただし、振動が伝わりにくくなるため、構造に質量を追加することで簡単に解決できます。

同様に、壁を切り離すということは、両側にアクセスする必要があることを意味します。自分の家ではこれで問題ありませんが、自分の部屋の防音と同時に隣の騒音を遮断したい場合には、現実的ではないかもしれません。

質量の追加/結合解除

 

両方の方法で防音を行うための侵襲性の低いオプションは、壁の側に質量を追加することです。質量を追加すると、単に 2 つの部屋の間の障壁が厚くなり、音波が通過しにくくなります。

このオプションを選択する場合、唯一の方法は、 私が使用することをお勧めする 2 つの製品は、乾式壁と大量荷重ビニールです。 これらは、壁の空洞にウールやグラスファイバーを詰める以外に、質量を追加するのに最も効果的です。

何よりも、質量を追加すると基本的に壁が振動しにくくなり、騒音公害が軽減されます。壁の側に質量を追加すると、侵入する騒音公害と逃げる騒音公害の両方が軽減されます。

乾式壁は最も安価で最も簡単に入手できる製品です。既存の壁に取り付けるのは非常に簡単ですが、明らかに HVAC の通気口やプラグソケットを回避する必要があります。エッジを音響コーキングなどでシールすると、 緑の接着剤 (Amazonで価格を確認してください), それは確かに違いを生むでしょう。

そうは言っても、乾式壁は壁のかさばりを増します。必ずしも最も薄い素材ではないため、ご注意ください。 部屋のスペースを失う。また、それほど密度が高いわけではなく、壁に貼り付けるのが最も簡単なものの 1 つです。

一方、大量に充填されたビニールは、防音のために特別に設計されています。それは柔らかい塊なので、音波はそれに向かって散逸するだけです。私は、それが世界で最も魅力的な製品ではないという理由だけで、大量のビニールの層を追加し、場合によってはさらに乾式壁で覆うことをお勧めします。

双方向の防音についての最終的な考え

ほとんどの防音オプションが両方の方法で機能することを知っておくと、ほぼすべての防音プロジェクトに間違いなく役立ちます。結局のところ、部屋に入るときも逃げるときも騒音を気にする人はほとんどいないのです。 防音室.

この件に関して私ができる最も重要なアドバイスは、可能であればさまざまなオプションを組み合わせるということです。デカップリングなどのオプションの弱点は、質量または吸音オプションを追加することでほとんど解決されます。

同様に、両方の方向に防音できれば満足かもしれませんが、より心配な場合は、 部屋から出ていく音、 その場合は、いくつかの音響管理製品を組み込むと役立ちます。これは、次のようなものを防音する場合に特に便利です。 ホームシアター、おそらく大音量のスピーカーが付いているので.

次のようなことを覚えておいてください 吸音パネル、 エコーと反射を制御する機能は、実際にはそれらがいる部屋でのみ機能します。ただし、この方法で音を適切に管理すると、全体的な騒音公害を軽減できるため、騒々しい部屋がある場合は検討する価値があります。

どのオプションを選択するかに関係なく、何らかの種類のオプションを含めると便利です。 減衰オプション. 緑の接着剤 たとえば、(Amazon リンク) は、音エネルギーを熱エネルギーに変換する特別なタイプの化合物で、防音プロジェクトに大きな違いをもたらします。

それだけでなく、音響コーキングは低音域の周波数に非常に役立ちます。これにより、このオプションの大きな欠陥が基本的に解決されるため、デカップリングにとって重要になります。それでも、壁の小さな隙間を吸音コーキングで埋めることは騒音公害の防止にも役立ち、これは両方の効果があります。

結論

防音が双方向で機能するかどうかについての答えを探していたところ、実際には機能することがわかりましたが、部屋間の騒音伝達を低減するには、一部のオプションが他のオプションよりも効果的です。さらに、複数のオプションを組み合わせた方が常に効果的です。

現実的には、なぜ両方の方法で防音したいのかによって異なります。騒々しい隣人を遮断したいだけであれば、自分が出す音の大きさを気にする必要はありません。 ホームシアターの防音対策 あなたの家では、両方の方法で効果的なサウンド管理が必要です。

類似の投稿