丸太小屋を防音にする方法

最近、裏庭の奥にレコーディングスタジオとして丸太小屋を建てました。アイデアは素晴らしかったですが、丸太小屋をどのように防音するか疑問に思いました。幸いなことに、それはそれほど難しくありません。簡単な答えは次のとおりです。

丸太小屋を防音する最良の方法は、壁に多くの質量を追加することです。適切に使用できます 防音材 最良の結果を得るには、大量のビニールや吸音フォームを使用します。丸太小屋は基本的に防音のための真っ白なキャンバスなので、選択肢はたくさんあります。丸太小屋を防音にする方法

この記事では、ログハウスで使用できる防音の 4 つの原則と、音が出入りしないようにするための最良の方法について説明します。

こちらもお読みください: ドラム缶小屋を防音にする方法

丸太小屋の防音の原則

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

あらゆる防音プロジェクトは、さまざまな要素に依存します。 4つの主要原則。これらは:

  • 質量
  • ダンピング
  • 吸収
  • デカップリング

基本構造は希望どおりに行うのに理想的であるため、丸太小屋の防音に関しては、これらの一部またはすべてを使用できます。

一部は自明のように思えるかもしれませんが、ここではそれらが何を意味するのかを詳しく説明します。

質量

おそらくミサが最もわかりやすいでしょう。簡単に言えば、構造にさらに多くの質量を追加して、熱の伝達を低減することを意味します。 音波.

音波は、空気中または固体構造の振動によって発生します。物が重ければ重いほど、振動しにくくなります。

構造の質量を 2 倍にすると、音の伝達が 4 ~ 6dB 減少し、最大で 50% の音の減少につながる可能性があります。それはとても簡単です。

ダンピング

減衰はもう少し複雑な原理です。音の表面を通した伝達を遮断するのではなく、室内の共鳴を低減するように機能します。

共鳴は音波が平面で反射することによって引き起こされ、エコーとは異なります。ダンピングは音波を吸収または消散することで共振を低減し、音質を向上させます。

デカップリング

デカップリングはおそらく最も効果的な防音方法の 1 つですが、多くの場合、最も手間がかかります。

これには、構造の 2 つの側面を分離して、音波が構造を通過するのを効果的に防ぐことが含まれます。

たとえば、壁を分離するには、音波が壁の一方の側に当たった場合にもう一方の側には伝わらないように、2 つの側を互いに完全に分離する必要があります。

これは多くの場合、2 つの表面の間の空洞を断熱フォームなどの吸音材で充填することにより、より効果的になります。

吸収

質量と同様に、吸収も非常に簡単に理解できます。開放構造の素材内に音を閉じ込めることで、音を破壊または除去することで機能します。

吸収材は音波の侵入を可能にし、それを熱エネルギーに変換します。このプロセスにより、音は「失われた」と言われます。

むき出しの木製の壁には多くの選択肢があるため、丸太小屋を防音するときにこれらの原則をすべて使用することは完全に可能です。

そうは言っても、減衰と吸収は、多くの場合、単独で機能するのではなく、他のオプションをより良くする方法です。

丸太小屋を防音にする方法

防音のログキャビン

防音の要点を理解したので、今度はそれをログハウスに適用してみましょう。

最良の結果を得るには、壁、床、窓、ドア、天井に個別に焦点を当てる必要があります。

現実的には、壁や床に施した防音材を天井にも利用できるので、それほど難しいことではありません。

私の主な提案は次のとおりです。

1. 丸太小屋の窓を防音にする

丸太小屋の窓は、プラスチックから本物のガラスまで何でもあります。いずれにせよ、豪華な丸太小屋を所有していない限り、二重ガラスになる可能性は低いです。

私の一番の提案は、可能であればそれらを完全に削除し、スペースを木で埋めることです。窓は音の伝わりに最も悪い場所の 1 つなので、自分自身の努力をすることになります。

それがオプションではない場合は、別のレイヤーを追加します プレキシガラス 内側は厚いほど良いです。 2 枚のガラスの間に隙間を残すとデッドエアスペースが生じ、音の伝達が減少します。

隙間を確実に塞いでください 緑の接着剤 (アマゾンで見てね) またはウェザーストリップ。 Green Glue は音波を吸収して熱エネルギーに変換しますが、ウェザーストリップは単に隙間を塞ぐだけです。

厚手のカーテンを掛けたり、 防音カーテン, しかし、私はこれらに依存しません。

私のものをチェックしてください 防音窓のご案内.

2. キャビンの壁を防音する

壁はほとんどの作業を行う場所です。結局のところ、それらは丸太小屋の中で最大の表面積です。

私の一番の提案は、デカップリングを使用することです。これは、建物内よりもはるかに簡単です。

これには、理想的には 1/2 インチ以下の標準的な乾式壁を使用できます。これにより、作業するための質量が得られます。

基本的には、二重スタッド壁を構築するか、乾式壁を次の方法で吊るすことができます。 弾力性のあるクリップ そしてハットチャンネル。後者のオプションは、占有するスペースが少なくなります。

手順は次のとおりです。

  1. 丸太小屋の内側に独立したスタッドのセットを構築するか、現在の壁根太に弾性スリップをネジで固定します。
  2. 後者を行う場合は、ハット チャネルを取り付けます。
  3. 空間を断熱材で満たします。グラスファイバーの断熱材は効果的ですが、あまりきつく詰めすぎないようにしてください。
  4. 乾式壁をハットの溝にネジで固定します。
  5. パネル間の隙間を防音コーキングで埋めます。

それだけです。通常、分離ははるかに複雑ですが、丸太小屋の利点は、それが非常に基本的な構造であることです。

それが大変すぎると思われる場合は、私の次の提案は、壁に大量の質量を追加することです。これにより音の伝達は減少しますが、デカップリングの方が効果的です。

使用するのに最適な製品は次のいずれかです 大量に充填されたビニール または 車用消音マット (アマゾンリンク)。どちらも重量があり、この目的のために特別に設計されています。

大量に充填されたビニールの重さは 1 平方フィートあたり約 2 ポンドで、非常に柔軟性があるため、作業が簡単です。 消音 マットは、非常によく似た素材であるブチルゴムで作られています。

どちらの製品も壁に直接貼り付けるだけです。 MLVの場合は釘や接着剤を使う必要がありますが、 消音マット 裏面に粘着剤が付いています。

見た目だけを目的として、その上に乾式壁の層を取り付けることを検討してもよいでしょう。その後、これを自由にペイントできますが、純粋に機能する場合にはこれは必要ありません。

私のものをチェックしてください 防音壁のご案内.

3. 床の防音対策

床の防音は必ずしも音の伝達に役立つわけではありませんが、空間内のエコーや残響を軽減するように設計されています。

とはいえ、丸太小屋が高いプラットフォーム上に建てられている場合、その下に完璧なエコー室となる空洞がある可能性があります。

硬い表面を柔らかくするだけなので、専用の防音材は必要ありません。床を防音する場合、次のようなことを防ぎます。 衝撃音.

カーペットを敷くか、 ゴム製のジムマット (アマゾン)。 EVA フォームパネルは弾むことがなく、簡単に固定できるため理想的です。

作業に必要な床面積が減る可能性があるため、壁の作業を行った後にこれを行ってください。

私のものをチェックしてください 床の防音に関するガイド.

4.天井の防音対策

天井の防音工事は非常に簡単で、壁の防音工事とそれほど変わりません。あなたの丸太小屋にも、すでに屋根に何らかの断熱材が設置されているかもしれません。

このために、グラスファイバー断熱材を使用することをお勧めします。これは音波を吸収して減衰させるのに役立ち、仮天井を吊るすよりも作業が少なくなります。

  • グラスファイバー断熱材を天井に貼ります。一部の製品には自己粘着性がありますが、そうでない場合は、釘で所定の位置に固定してください。
  • 合板またはその他の軽量素材の層で覆います。これは質量を追加するというよりは、断熱材を覆うことです。

必要に応じて、天井に大量のビニールの層を追加することもできます。これにより明らかに質量が増加し、音の伝達がより困難になります。

しかし、これは天井にとってはそれほど重要ではないでしょう。主に空気伝播騒音をブロックしようとしますが、壁には衝撃騒音が発生する可能性があります。

空気伝播騒音は吸収と減衰の方法でブロックするのが簡単ですが、衝撃騒音に対しては質量が優れています。

私のものをチェックしてください 天井の防音に関するガイド.

5. ドアの防音

窓と同様に、ドアも防音プロジェクトの主要な弱点です。通常の室内ドアは通常中空ですが、丸太小屋のドアは単層の木材で作られているため、劣化していることがよくあります。

あとはドア周りの隙間。丸太小屋が本質的に屋外の建物であれば、それほど問題はありません。しかし、それが木製の小屋だけの場合は、さらに多くの作業を行う必要があります。

まず、ドアに質量を追加します。これは音の伝達を減らすのに驚くほど効果があるため、最も優先すべき事項です。

繰り返しますが、大量のビニールまたは防音マットのどちらでもお好みのものを使用してください。スペースがある場合は、合板の層で覆ってサンドイッチを作成します。

次に、ドアの周りの隙間に対処します。これを行うには、ドアが完全に閉まるのを妨げずに、ドアがフレームにぴったりと収まることを確認する必要があるため、少し手間がかかります。

  • いくつかをフィッティングすることから始めます しきい値ストリップ (Amazonリンク)は下部にあります。あるいは、 ゴム製ドラフトストッパー (Amazon) がありますが、前者の方が効果的です。
  • ドアの周りの隙間を測定して、どのサイズのウェザー ストリップを購入する必要があるかを決定します。
  • フィット ゴムストリップ (Amazon) ドア周り。ほとんどの製品の裏面には粘着剤が付いているので、これが簡単です。
  • 最後に、ドアフレームの周りの隙間を音響コーキングで密閉します。

ドアが丸太小屋の中で最も弱い領域の1つであり続けることは言及する価値があります。また、窓とは異なり、実際に削除するオプションはありません。

キャビンのドアに窓がある場合は、これを完全に覆うことをお勧めします。すでに弱い領域の弱点となるため、ウィンドウを保持する価値はありません。

私のものをチェックしてください ドアの防音に関するガイド.

6. 音響管理マテリアルを追加する

音響管理材料

これで丸太小屋全体の防音工事が完了したので、音響管理についても考える価値があります。

これまでに提案されている解決策は、丸太小屋に出入りする音波を遮断または吸収するように設計されていますが、内部に音響管理材を追加すると問題が解決します。

これは、丸太小屋を用途として使用している場合に特に当てはまります。 レコーディングスタジオ またはホームシアタースペース。サウンドが良くなるだけでなく、漏れ出る音の量も減ります。

一般的に、次のような材料は、 音響フォーム エコーや残響を止めるように設計されています。これは重要ですが、丸太小屋のような狭いスペースではあまり役に立ちません。

小さなスペースではエコーとリバーブは大きな問題にはなりませんが、それでも音響フォームを追加すると効果的です。

音波が表面に接触するときに吸収することで、表面を通過する音波の伝達の可能性を減らします。

吸音フォームパネルはこのために設計されています。レコーディングスタジオの壁にあるものです。音を遮断するわけではありませんが、連続気泡構造に音波を閉じ込め、エコーを低減します。

予算に問題がない場合は、利用可能なすべての面にパネルを固定します。これにより、どこで反射しても音波をキャッチできます。

ただし、お金に余裕がない場合は、最初の反省点に焦点を当ててください。音や空間にもよりますが、こちらの便利な動画をご覧ください。 最初の反射点を見つける方法 詳細については。

7. 残りの隙間をシールします。

これは最後の仕上げのようなものですが、他のすべての作業が完了したら、必ず残りの隙間を音響コーキングで埋めてください。

小さな空間でも音は伝わりますので、ハードワークの締めくくりにぜひご利用ください。

最終的な考え

このガイドが、丸太小屋の防音方法について役立つヒントを提供できれば幸いです。自分の作業をしたとき、とても簡単なスペースで作業できたので、素晴らしい防音プロジェクトだと思いました。あなたにも同じように幸運が訪れることを願っています。

類似の投稿