ロフトの寝室を防音にする方法

ロフトベッドルームは生活スペースを広げるのに最適な方法ですが、階下に大きな騒音が発生する可能性があります。ロフトを改装したとき、ロフトの寝室を防音にする方法を研究することにしました。簡単な答えは次のとおりです。

他の部屋とは異なり、ロフトベッドルームの防音対策の最良のヒントは、床に重点を置くことです。大量の断熱材を充填したビニールなどの素材を追加すると、床を伝わる衝撃音のレベルが大幅に減少します。

ロフトの寝室を防音にする方法

この記事では、ロフトの寝室を防音するときに対処すべき騒音の種類と、これらの問題に対処する最善の方法について説明します。

こちらもお読みください: 丸太小屋を防音にする方法

ロフトの寝室で最も一般的な騒音問題は何ですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

一般的な部屋では、床にはあまり重点を置かずに、壁に防音材を適用するのが一般的です。

しかし、ロフトベッドルームでは、床は防音にとってより重要なスペースです。結局のところ、寝室の壁は建物の屋根なので、そこから伝わる音はあまりありません。

ただし、鳥や車の騒音などの外部の騒音を遮断する必要があるため、壁を見落とさないようにしてください。

音波は主に 2 つのタイプに分類できます。これらは:

  • 衝撃音
  • 空気伝播騒音

空気伝播騒音とは、音声、テレビ、音楽などの騒音です。これらの音波は空気中を伝わり、固体表面に接触すると固体表面を通過します。

一方、衝撃音は、物体が表面に衝突することによって発生します。例としては、上の階を歩く足音や家具を移動する音などが挙げられます。

衝撃音は物体を通過した振動によって発生し、振動が反対側に到達すると音波になります。

ロフト寝室の場合、寝室からの衝撃音はより大きな問題になりますが、屋外や下からの空気伝播音はそれほど問題ではありません。

ロフトベッドルームの防音に関しては、建設段階でこれらの材料を追加する方がはるかに簡単です。もちろん、部屋を変換した後でこれらの変更を行うこともできますが、かなりの手間がかかります。

最も重要なことは、大量の質量を追加することです。質量が増加すると、 音声伝達クラス (STC) を表面に使用しますが、音波を減衰および吸収する素材と併用すると最も効果的です。

最良の結果を得るには、ロフト寝室で作業するときに 3 つの原則をすべて採用する必要があります。そして、始める前に綿密に計画を立てるほど、より良い結果が得られます。

ロフトの寝室を防音にする方法

ロフトベッドルームの防音に関しては、効果を最大化するために可能な限りすべての領域に焦点を当てる価値があります。

とはいえ、どこから始めるべきかには重要な順序があるのは間違いありません。私の意見では、次のようになります。

  1. シーリング
  2. ウィンドウズ
  3. ドア

最良の結果が得られる領域から始めるのが合理的であるため、防音ソリューションについてはこの順序で説明します。ただし、それぞれに何かを与えることができるため、それぞれに注意を払うことをお勧めします。

1. 床の防音対策

ロフトベッドルームの床を防音にする場合、いくつかのオプションがあります。これらは:

  • 吊り床の構築
  • 断熱材の追加
  • さらに質量を追加する

吊り床の構築

これは間違いなく最も労働集約的なオプションですが、すべての衝撃音を効果的に停止します。と同じ原理で動作します 壁を切り離す、垂直ではなく水平に行うだけです。

壁を分離するには、両側を別々の根太に取り付ける必要があり、これにより音波の通過が阻止されます。

吊り床の構築も基本的には同じで、上の階の梁を別の根太に乗せて下の天井まで設置します。

このためには、次のものが必要です (Amazon で入手可能)。

壁を切り離すのとまったく同じ方法で、この方法では、既存の天井根太に沿って弾力性のあるチャネルを配置し、サウンド クリップを取り付けます。

次に、寝室の床のベースとなるMDFのシートを上に置く必要があります。音響コーキングを使用して、MDF シート間の隙間をシールします。

あるいは、下の根太とは完全に別の新しい床根太のセットを敷設することもできます。レンガを積んで高くするか、壁に穴を開けることをお勧めします。

このオプションの欠点は、床がかなり高くなってしまうことですが、これはロフトの寝室では好ましくないことがよくあります。ここでは通常、垂直方向のスペースが重視されるため、回復力のあるチャネル方式の方が優れている可能性があります。

空洞を断熱材で埋める必要もありますが、それについては以下で詳しく説明します。

断熱材の追加

断熱材の追加

床の空洞は防音に関して大きな問題となる可能性があります。空の空間は基本的に、音波が表面で反射して反響するエコー室のように機能します。これにより、実際よりも大きく聞こえる可能性があります。

したがって、この空洞を適切な材料で充填することは、音の伝達を減らすために非常に重要です。

ミネラルウール断熱材はこの作業に最適です。音波を吸収する開放構造です。それらは内部に閉じ込められ、繊維を動かすのにエネルギーを費やします。これにより音波が熱エネルギーに変換されます。

吸音ミネラルウールは標準的なキャビティ断熱材よりも密度が高いため、ノイズ伝達の低減に優れています。

床の隙間に敷く場合は、詰め込みすぎないように注意してください。圧縮されていない場合に音波が内部に閉じ込められるため、最も効果的に機能します。

ミネラルウールは断熱効果にも優れているので、二重のメリットがあります。

質量の追加

最後に、床の質量を増やすと、騒音の伝達が減少します。衝撃音は振動として発生するため、構造物を重くすると振動しにくくなります。

ここで理想的な製品がいくつかあります。

  1. 大量に充填されたビニール (Amazonリンク)。重量は 1 平方フィートあたり 2 ポンドで、質量が柔らかく、つまり振動しません。
  2. 消音マット(Amazonリンク)。これはブチルゴム製の非常によく似た製品ですが、断熱性が高いという利点があります。

これらの製品のいずれかを床面の下または上に塗布します。より魅力的なフローリングをその上に敷く限り、サンドイッチ床のどこに置くかはあまり問題ではありません。

床の防音をできるだけ効果的にするためのその他のヒントをいくつか紹介します。

  • 厚いカーペットは衝撃音を和らげるのに非常に効果的です。可能な限り堅木張りの床は避けてください。
  • 同様に、高品質のカーペットの下敷きは、構造にさらに防音層を追加します。
  • MDF は合板や木材よりもはるかに剛性が低いため、建築材料に適しています。
  • さらに制振材の層が必要な場合は、 EVAフォームジムタイル (Amazonリンク)は良い選択肢です。カーペットの下にも簡単に隠すことができます。
  • 敷物はあまり効果がないかもしれませんが、それでも問題が解決しない場合は、多少の違いはあります。

2. ロフト寝室の壁の防音対策

先ほども述べたように、ロフト変換において壁は特に大きな問題ではありません。車の騒音は聞こえますが、路上ほどひどくはなりません。

一般に、3 を使用している場合、空気伝播騒音はそれほど強くなりません。rd または4番目 建物の床。

したがって、ロフトの寝室では壁の防音にそれほど労力を費やす必要はありません。

効果的な解決策をいくつか紹介します。

壁を断熱する

壁の空洞をミネラルウール断熱材で満たして改善します。 吸音性。これは、ロフトに壁を取り付ける場合でも、単に建物の既存の屋根を断熱する場合でも実行できます。

壁を切り離す

上記で提案したように、適合することができます クリップと弾性チャンネルを隔離 乾式壁を掛ける前に。これは、2 セットのスタッドを構築するよりも労力が少なく、ほぼ同じ結果が得られます。

質量の追加

あるいは、すでに壁が掛けられている場合は、さらに質量を追加することもできます。これを行うには、乾式壁の層を追加するか、防音パネルを使用します。

繰り返しますが、大量のビニールがロードされ、 消音マット ここでは理想的であり、乾式壁のシートの下に隠すことができます。

吸音乾式壁を購入することもできますが、通常はより多くの層と専門家がいます。 防音材 装備されている場合は、上記で提案した製品を使用するだけで費用を節約することをお勧めします。

パイプも忘れずに

多くの古い建物では、ロフトや最上階の天井空洞にパイプが通っています。通常、これは温水タンクがロフトに設置されていたためです。

建物のレイアウトによっては、ロフトの周囲に HVAC パイプを引き回したり、その他の配管工事を行う場合もあります。

ロフトの寝室に新しい壁を取り付ける場合は、配管に注意してください。これらはパイプの中をよく伝わるため、不要なノイズの大きな発生源となる可能性があります。

それらを絶縁するために使用できる最善のものは、 グラスファイバーパイプラップ (アマゾン)。ポリスチレンやゴムパイプの断熱材などは避けてください。これらは断熱には優れているかもしれませんが、防音にはあまり役に立ちません。

3. 天井の防音対策

天井の防音工事も床や壁と同様に効果があります。実際、多くのロフトベッドルームでは、壁と天井が同じものである可能性があります。

可能であればデカップリングという私のアドバイスに従ってください。そうでない場合は、できるだけ多くの質量と断熱材を追加することに集中してください。これにより、効果的に 音の伝達を防ぐ 外から。

小さな隙間に集中して、次のようなもので密閉してください。 緑の接着剤.

4. 窓の防音対策

窓の防音対策

ロフトにはもともと窓がないので、ロフト変換でかなりモダンな窓が見つかることがよくあります。これはおそらく二重ガラスであることを意味するため、防音対策の良い出発点となります。

アップグレードする予算がある場合は、トリプルガラスを検討してください。これは二重ガラスの大幅な改善ではありませんが、別のガラスの層が追加され、したがって騒音の伝達を減らすために別の空気空洞が追加されます。

また、窓枠と接する窓の周囲の端をウェザーストリップでシールすることをお勧めします。

ウェザーストリップは主に断熱を目的としていますが、熱や音も同様に小さな隙間から侵入します。小さな隙間を塞ぐと効果が大きくなります。

窓の周囲にも防音コーキング剤を塗る必要があります。通常のコーキングとは異なり、音響コーキングはより弾性があるため、建物が移動すると曲がってしまいます。

5. ドアの防音

窓と同様に、ドアも防音プロジェクトでは一般的な問題です。ロフトベッドルームの利点は、ドアがしばしば床下にあることです。 階段の下 ビルの2階にあります。

何よりも、これは、寝室自体を通って伝わるあらゆる音が大きな問題にならないことを意味します。

それでも、防音性を高める方法をいくつか検討する価値があります。

最善の選択肢は、ドアの質量を増やすことです。 内部のドアは通常中空です.

大量にロードされたビニールと 消音マット この作業には最適な選択肢であり、見栄えを良くしたい場合は、木や布の層で覆うことができます。

または、いくつかを吊るすこともできます 騒音低減カーテン (私のお気に入り)ドアの前。ドアを通って伝わる騒音を和らげるのに役立ちます。

それほど効果的ではありませんが、問題にならない程度に問題のあるノイズを確実に消してくれます。

最後に、ドアとそのフレームの周囲のすべての隙間を塞ぎます。をインストールします ドア掃除機 (Amazon) を使用して底部の隙間を塞ぎ、フレームの周囲にウェザー ストリップを使用します。

窓と同様に、吸音コーキングはドアフレームの周りの小さな隙間に便利な製品です。ドアを頑丈な防音ドアに交換することも検討できますが、非常に高価になる可能性があります。

最終的な考え

ロフトの寝室を防音にする方法に関しては、そのプロセスはそれほど難しいものではありません。 DIYの知識があれば、かなり上手に作業できるでしょう。

私の最善のアドバイスは、床が最大の問題となるため、主に床に焦点を当てることです。下から床を通した音の伝達を効果的にブロックできれば、それ以上の対策は必要ないかもしれません。

類似の投稿