ウサギ小屋を防音にする5つの方法

ウサギはドスンと鳴く癖があり、とても迷惑です。ペットとしてウサギを飼う場合は、ウサギ小屋を防音にする必要があるのはそのためです。

ウサギ小屋を防音するには、吸音材で覆う必要があります。このようにして、 防音材 ペットの発する騒音を吸収します。ソフトも使えます ハッチの床の材料 ゴツゴツ音を防ぐため。

防音ウサギ小屋

ウサギの鳴き声は、特に夜間に不快な場合があります。しかし、これらの騒音を最小限に抑え、睡眠の妨げにならないようにするために利用できるいくつかの方法を実行できます。

こちらもお読みください: 5つの簡単なステップでハムスターの回し輪を静かにする方法

ウサギ小屋を防音にする方法

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

ウサギは一般的に静かなペットです。犬や猫のように大きな音を出すことはありません。しかし、時々、ウサギがケージの周りをドタドタと走り回って、夜中に眠れなくなることがあります。

幸いなことに、次のことを追加することで、これらの不要なノイズを解決できます。 防音材 ウサギのケージに。

ただし、ウサギ小屋の防音工事を始める前に、完全に防音にすることは不可能であることに注意する必要があります。ペットが家の中で窒息するのを防ぐために、空気が自由に移動できるオープンスペースが常に必要です。

とはいえ、ウサギの酸素供給を遮断せずに、ハッチのできるだけ多くの領域を覆う必要があるだけです。

ウサギ小屋を防音するために実行できる簡単な手順をいくつか紹介します。

1. 大量に充填されたビニールを使用する

Soundsulate 1 lb Mass Loaded Vinyl MLV、防音バリア 4' x 25' (100 sf) クリックすると追加オプションが表示されます

ウサギのケージから発生する騒音を減らすには、バリアに厚みを加える必要があります。ハッチの壁を防音のために特別に設計された高密度で厚い材料で覆います。

ウサギのケージに使用できる最も効果的で密度の高い防音素材の 1 つは、大量充填されたビニールです。騒音を防ぐのに非常に効果的です。そのため、騒がしい場所の防音が必要な方に人気です。

たとえば、自動車の防音材の大部分には、大量の大量のビニールが含まれています。大量にロードされたビニールは、 消音器, そのため、ノイズの音量を下げて聞こえにくくすることができます。

Amazon などのオンライン ショップでは、大量にロードされたビニール シートを簡単に見つけることができます。ウサギ小屋に収まるように、正しいサイズにカットするだけです。

取り付けには、釘、ネジ、スプレー接着剤のいずれかを使用できます。

さらに、MLV はウサギ小屋の内側または外側に設置できます。ただでさえハッチが小さいと思われる場合は、外側に防音材を設置した方が良いでしょう。こうすることで、ウサギが動き回るのに十分なスペースが確保されます。

2. 移動ブランケットをカバーとして使用する

Sure-Max 引越し&梱包ブランケット 12 枚 - プロエコノミー - 80 インチ x 72

大量のビニールを使用したくない場合は、代わりにムービングブランケットを利用できます。

ムービングブランケットは通常のブランケットに比べて生地が厚くなっています。実際、家でペットを飼っている人のほとんどは、ペットのクレートやケージの防音のために引越し用ブランケットを使用しています。

移動用ブランケットの主な目的は、家具やその他の繊細な物体を移動する際のカバーとして使用することです。

ブランケットを動かすことで、これらの物体が損傷を受けるのを防ぎます。ただし、これらのブランケットは厚くて密度が高いため、不要な騒音を遮断するのに最適な素材です。

さらに、鋭利なハサミを使用して、ムービングブランケットを必要なサイズに簡単にカットできます。適切なサイズが決まったら、釘やネジを使ってウサギ小屋にブランケットを取り付けるだけです。

ただし、夜間の防音材として移動ブランケットを一時的に使用する場合は、騒音を防ぎたい場合は、ケージや小屋の上に置くだけで済みます。

動く毛布を置いても音が気になる場合は、その上にもう一枚毛布を重ねてみましょう。

ブランケットを多く使用するほど、ウサギのケージから漏れる騒音は少なくなります。ただし、ウサギ小屋やケージ内に空気が循環するスペースがあることを確認する必要があります。

3. 衝撃音を防ぐために柔らかい素材を使用する

ウサギが硬い表面の上を移動すると、ドスンという音が発生します。このため、内面をより柔らかくする必要があります。

ウサギ小屋の床や壁を柔らかい素材で覆うと、ウサギの衝撃音を防ぐことができます。

さらに、柔らかい素材を使用すると、 エコーを減らす ハッチからの音の伝達を拡張することによって。この防音方法を利用する場合、最適な素材は次のとおりです。 音響フォーム.

設置に応じて、フォームパネルを必要なサイズにカットするだけで済みます。適切なサイズに達したら、あとはスプレー接着剤を使用してフォームをハッチに取り付けるだけです。

恒久的な取り付けが必要な場合は、ネジまたは釘で固定することができます。 音響フォーム ハッチへ。

免責事項: ウサギは何でも噛みます。ケージや巣箱の内側には防音材を設置しないでください。ウサギが物質を口に入れられない場所でのみ防音されます。

4.ウサギケージ周囲の防音対策

場合によっては、ハッチやケージ自体が小さすぎるために防音できない場合があります。

中に防音材を入れるとうさぎのスペースが狭くなってしまいます。この場合、ドア、壁、窓など、ハッチやケージを囲む表面を防音にすることを選択できます。

ウサギ小屋が家の外にある場合は、茂みなどの厚くて大きな植物を使用すると、騒音の一部を吸収できます。

フェンスがある場合は、フェンスの周りに大量のビニールを設置することもできます。こうすることで、より良い防音壁が得られます。

5.ウサギ小屋の床に吸音材を設置する

ウサギが小屋の硬い床の上で飛び跳ねるときにドスンという音が発生することもあります。ハッチの床が硬ければ硬いほど、ドスンという音は大きくなります。このため、不快な衝撃音を軽減するために柔らかいマットを置く必要があります。

あるいは、ハッチの床を次のもので覆うこともできます。

  • タオル
  • 敷物
  • 干し草

防音対策でウサギのドタバタ音は消えるのか?

ウサギは小屋の周りを飛び跳ねたり移動したりするときにドスンという音を立てることがよくあります。ハッチの表面が硬い場合、ドスンという音が大きくなります。

その理由は、固体表面では音波が自由に反射して周囲に伝わり、あなたやあなたが一緒に住んでいる人々に迷惑をかけるためです。

幸いなことに、ドスンという音を聞かないようにするためには、何かをすることができます。複数の防音方法を活用することで、ドスンという音の音量を下げることができます。

ウサギの小屋やケージの床が硬い場合は、敷物や柔らかい布で床を覆うことができます。こうすることで、柔らかい素材が音波を弱める効果があるため、ドスドスという音は静かになります。

一般に、柔らかい素材は音波を捉えるのに適しています。マット、タオル、敷物、フォームなどの素材は通常、軽く、ふわふわで、多孔質です。このため、音波やエコーを吸収し、聞こえるノイズの量を減らすことができます。

ウサギがドスンと鳴くのはなぜですか?

私たちはウサギが静かなペットであることを知っています。彼らは声を出しますが、この行動はこれらのペットにとってあまり一般的ではありません。そのため、ウサギは音を出すのではなく、ボディーランゲージを使って飼い主とコミュニケーションをとります。

さらに、ドスンという音はウサギがよくするボディランゲージの一つです。ペットがドスンという音を出すのをやめさせたい場合は、ペットがなぜそのようなボディランゲージをするのかを理解する必要があります。

ウサギはみんなドキドキするの?

すべてのウサギがドスンという音を出すわけではありません。しかし、あなたの場合は、両方の後ろ足を素早くドラムで叩いたり踏み鳴らしたりして、この音を出します。このボディランゲージの後、ペットはその場で固まったり、避難場所を探したりする可能性があります。

ウサギがドスンと鳴く頻度は、ウサギの環境や性格によって異なります。したがって、ペットのドクドクを止めたい場合は、その性質を理解する必要があります。

ウサギがドキドキする理由

家でウサギがケージの中で昼寝を楽しんでいる間、良い映画を見たり本を読んだりしているところを想像してください。突然、家の外で大きな車のクラクションが鳴り響き、ウサギは突然目を覚まします。

次に気づくと、あなたのペットはすでに隠れ場所に逃げ込んだり、後ろ足をバタバタと動かし始めています。ウサギは危険を感じていることを警告し、警告するためにドスンと音を立てます。

言うまでもなく、ドスンという音はウサギが危険を知らせる手段です。しかし、うさぎはイライラを表現するためにこの行動をすることもあります。

ウサギがドスンと鳴くことで何を言おうとしているのかを知る鍵は、ウサギの周囲を観察することです。ペットがドクドクと動き始める前の状況を知る必要があります。

ウサギを夜静かにさせる

ウサギの飼い主がよく遭遇する最も一般的な問題の 1 つは、夜中にウサギが立てる騒音です。ウサギのケージや小屋が寝室の中にある場合、これらの不快な騒音が良質な睡眠を妨げる可能性があります。

ウサギが夜に鳴くのにはいくつかの理由があります。幸いなことに、ノイズを防ぐ簡単な解決策もいくつかあります。

ウサギをケージに入れる前に一緒に遊んでください

就寝時間が近づいてもウサギのエネルギーが多すぎる場合、それはウサギが眠らず、あなたも眠れないことを示しています。

ペットをケージに入れた後、ペットが活発に動き回る場合は、まだ疲れておらず、エネルギーを消費する必要があることを意味している可能性があります。

うさぎがまだ元気なときの行動のひとつに、イライラしたような音を立てることがあります。最悪の場合は、干し草を飛ばしたり、餌入れをひっくり返したりするなど、破壊的な行動をとることがあります。

このような迷惑で騒々しい行動を防ぐには、寝る前にペットに運動する十分な時間を与える必要があります。ウサギを数時間走り回らせてください。こうすることで、エネルギーを消費し、静かに眠ることができます。

ウサギに必要な行動を起こさせないでください

現在、多くの人がこれまで以上にペットと過ごす時間を増やしています。それはあなたのウサギにとって楽しいかもしれません。ただし、欠点としては、注意を引くために騒音を発するなど、必要な行動が発生する可能性があることです。

ペットが困窮するのを防ぐために、数時間ペットを囲いの中に入れてから、その部屋から出してみましょう。そうすれば、ペットはあなたの存在に慣れなくなります。

また、うさぎに一日中無制限に遊ばせてはいけません。遊んだり走り回ったりする時間を与えすぎると、子どもたちは楽しみから離れることが難しくなります。その結果、ケージや小屋に戻すと、不快感を表現するために音を立てます。

ウサギの小屋に蓋をする

ウサギについて最もよくある誤解の 1 つは、ウサギが夜行性の動物であるということです。実際には、ウサギは薄明薄膜であり、夜明けと夕暮れ時に最も活動的であることを意味します。

薄明周期は、毛むくじゃらのペットのエネルギーレベルが夕暮れの終わりを過ぎて夕方まで続く可能性があることも意味します。早く寝てウサギのケージが部屋の中にある場合、これは問題になる可能性があります。

ウサギの夜間のエネルギーレベルを落ち着かせるための 1 つの方法は、ケージにカバーを掛けることです。

ウサギの環境を暗くする毛布、大きなタオル、その他の布は、ペットに夜になり、落ち着く必要があるという信号を送ります。

最初、ウサギはケージに蓋をすると不快感を示し、抗議します。暗い環境に慣れるまでに数日かかることもあります。ただし、この方法は良い睡眠サイクルを促すことになります。

情報源

  1. ルカ・バロン、ウサギ小屋とウサギケージを防音にする方法、防音に関するアドバイス、 https://soundproofadvice.com/how-to-soundproof-a-rabbit-hutch-and-rabbit-cage/
  2. アリス エリザベス ゴンザレス、音響材料はどのように機能するのか?、Intech Open、https://www.intechopen.com/books/acoustics-of-materials/how-do-acoustic-materials-work-/
  3. メアリールー・ザーボック『ウサギはなぜドキドキするの?』ラファバー.コム、 https://lafeber.com/mammals/why-do-rabbits-thump/
  4. ウサギを夜静かにさせる13の方法、家畜レポート、 https://www.farmanimalreport.com/2020/05/09/13-ways-to-keep-your-rabbit-quiet-at-night/

類似の投稿