R値断熱材は防音効果があるのでしょうか? R13 対 R15

R値は防音性よりも断熱性に重要なようです。ただし、材料の R 値と不要なノイズを軽減する能力との間には、ある程度の相関関係があります。最終的に、防音に最適な R 値はニーズによって異なります。

防音に最適な R 値は R49 で、天井や屋根裏などの場所に最適です。防音対策として考慮できるその他の R 値には、R38、R30、R21、R15、R13 などがあります。これらはそれぞれ、さまざまな目的に最適に機能します。

防音に最適な R 値

この記事では、R 値について説明します。 防音天井に最適です。また、防音の R 値を選択する際に考慮すべき点についても説明し、防音と R 値に関するその他の質問に答えます。

私のものをチェックしてください 地下室天井断熱ガイド.

防音に最適な R 値

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

すべての R 値が同じように作成されるわけではありません。特定の目的で特定のエリアの防音に最適な R 値を選択する前に、まずそれぞれの長所と短所を確認してください。 R 値は多数ありますが、最も一般的なものについては以下で説明します。

R49

R49は温度調整と防音に最適な断熱材です。通常、屋根裏部屋や天井で見つけることができます。断熱材の厚さは 16.25 インチ (41.28 cm) で、家の断熱能力が向上します。

さらに、R49 は、根太や間柱などの場所の騒音を吸収し、湿気を調整する柔軟なグラスファイバー素材です。

R49 防音のその他の利点は次のとおりです。

  • カッターナイフを使って材料をトリミングし、希望の形状に加工することができます。
  • 非腐食性なので、銅、アルミニウム、鋼を傷つけません。
  • 寸法が安定しており、設置時に垂れたり腐ったりしません。
  • 初心者でも簡単に取り付けられます。

R49 を使用して断熱するには、使用する素材に応じて 7 ~ 8 インチ (17.78 ~ 20.32 cm) の独立気泡フォームと、12 ~ 13 インチ (30.48 ~ 33.02 cm) の連続気泡フォームが必要です。

R38

R49 と同様に、R38 は屋根裏部屋や天井によく使用される断熱材です。熱を保持するのに十分な強度があり、屋根への損傷を最小限に抑えます。厚さは約12.75インチ(32.39cm)で、断熱や防音に適しています。

R値が高いためエネルギー効率が高く、遮音性も最高レベルの断熱材です。また、設置も簡単でコストパフォーマンスにも優れています。防音材にこれ以上何を求めることができるでしょうか?

R30

R30も天井や屋根裏部屋に適した防音材です。通常、厚さは約 10.25 インチ (26.04 cm) ですが、断熱材に使用する素材の種類に応じてさまざまな厚さが見つかります。 R30 は吸音効果があり、不要なノイズを除去します。

R30 は 97% によって家庭からの伝導熱損失をカットし、光熱費を節約します。さらに、そのデザインは 2×10 のサイズのキャビティによく適合します。ただし、厚みがあるため2×4壁には使用できません。

R21

R21 は R19 に比べて密度が高いですが、なぜか R19 より狭いです。 R21 はロール状で販売されており、2×6 の壁の断熱に使用できます。断熱材は防音効果を高め、効率的な温度調節機能を発揮します。

R15

この防音断熱材は、表面または表面なしで購入できます。面のある碍子は頭にバリアがありますが、面のない碍子は既存の碍子の上に使用するのが最適です。 R15 は 2×4 壁で最適に機能し、適切な温度調整器としても機能します。

R15 には、ノイズを低減する能力に応じて追加のバリエーションがあります。そのスプレーは屋内と屋外の騒音を遮断し、屋外の騒音を軽減するのに十分な役割を果たします。

R13

r13断熱材は防音効果がありますか? R13素材は大きな毛布に似ています。床、壁、天井の空洞を埋めることができます。 R13 のデザインは、十分な広さの現代の住宅に最適です。新しい家を建てる場合でも、既存の家を改築する場合でも、R13 バット断熱材を選択すべき理由はいくつかあります。

  • R13 は 2×4 壁面キャビティに適合します
  • 取り付けは簡単で、壁を断熱するために必要なのはステープルだけです。
  • インシュレーターのノイズ低減係数 (NRC) が 90% の音を吸収します。
  • バット断熱材が湿気をコントロールします。
  • R13 では最小限の準備が必要です。
  • 設置前の準備も簡単です。
  • 1 インチあたり最大 3.8 の R 値を持っています。

R13 Batt を正しく取り付けるには、次のものが必要です。

  • 絶縁ナイフ
  • ホッチキス
  • ハサミ
  • 巻き尺
  • 絶縁電線

R13 絶縁体を取り付けるときは、絶縁しているキャビティのすべての側面に到達していることを確認してください。通常のホッチキスでウール断熱材を所定の位置に固定できます。絶縁ナイフやハサミを使用して絶縁を安全に取り除くことができます。

R13 Batt の良いところは、簡単にひねって完璧なフィット感を得ることができることです。バット以外にも、気密性の高い外壁が必要です。理想的な窓枠、ドア枠のスイッチ、コンセントがある場所で入手できます。

R11

R11は外部からの音のコントロールに最適です。この断熱材は、さまざまな標準的な壁の空洞に適合できるプレカットサイズで購入できます。 2×4 フレームの壁断熱材は 1 袋あたり 15 個で、設置サイズは通常長さ 15×40、幅 24×86 です。

R11 は表面のないデザインなので、熱保護に最適です。ただし、スタッドの間に取り付けるための摩擦があれば役立ちますが、交通量の多いエリアには適さない防湿層が必要になる場合があります。

全体的に、R11 は防音に関して優れた仕事をしています。表面処理されていないバットは、音響制御のためにホルムアルデヒドを含まないグラスファイバーです。ただし、R11 はうまく動作しません。 外壁.

自宅の防音に最適な R 値を選択する際に考慮すべきこと

断熱材の追加

これまでにリストされた R 値を読むと、それらはすべてあらゆる防音ニーズに対応できると思われるでしょう。ただし、あなたの家に最適な防音値は、いくつかの要因によって異なります。最も重要なものをいくつか以下にリストし、それぞれについて簡単な説明を加えます。

防音したい空間の広さと位置

防音したい場所が大きければ大きいほど、防音材はより広い範囲をカバーする必要があります。また、防音材を設置する場所も考慮してください。たとえば、比較的狭い領域にある場合は、可能な限り最も薄い材料を使用する R 値を選択します。

一部の防音 R 値は他のものよりも特定の環境に適しています。たとえば、建設現場に隣接する場所では、静かな環境に比べてより強力な防音材が必要になります。一時的に防音材を設置する場合もあります。

防音断熱材の種類

すべての防音材が同じように機能するわけではありません。ノイズを完全に打ち消すことができるものもありますが、音を消すだけのものもあります。また、特に比較的長期間保管する場合には、購入したい素材が環境に優しいかどうかも確認する必要があります。

住宅の防音に関する地域の規制

地域によっては住宅用の防音材に制限がある場合があります。たとえば、あなたの州は、住宅所有者が使用する防音材に特定の耐火性値を課す場合があります。お住まいの地域でどれが適用されるかわからない場合は、地方自治体に確認してください。

ご予算

もちろん、R 値に関係なく、防音材に対する支払い能力も考慮に入れる必要があります。一般に、R 値が高い材料は、R 値が低い材料よりも高価です。 R15とR11のような絶縁体の間にはコストの大きな違いがないことは注目に値します。

よくある質問

R 値と家の防音における R 値の役割について、知りたいことはたくさんあると思います。記事の残りの部分ではそのほとんどを説明しきれないため、最も一般的な質問を以下に取り上げます。カバーしていないものがあれば、コメントで知らせてください。

防音にはR値が重要ですか?

断熱材を設置する主な目的は家を断熱し、壁を通る音の侵入を減らすことであるため、R 値は防音にとって重要です。断熱材が外部からの余分な音を閉じ込め、騒音を低減します。
最適な R 値により、空気や音が壁を通過するのを防ぎます。ノイズは波長という形で現れるため、その波長を短くできるR値があれば、ひいてはノイズをカットすることができます。

R13は防音性に優れていますか?

R13は防音性に優れています。 R13 値を持つ素材はどれも、空気中を伝わる音を吸収するのに効果的です。最良の結果を得るには、2×4 の壁や家の狭いスペースに R13 防音材を使用してください。

R11とR13のどちらがサウンド的に優れていますか?

音的にはR11の方が良いです。他のどのグラスファイバー断熱製品よりも 2×4 壁内の騒音を低減します。壁空洞を備えた標準的な屋内スチール スタッド断熱材用の R11 材料は、プレカット長さで表示されます。R11 のスチール スタッド壁は、不要な騒音の制御に役立ちます。

防音のためのR13とR15?

防音性に関しては、r13 と r15 の場合、R15 よりも R13 の方が優れています。狭い空間を防音する場合は、R15よりも薄いR13の方が優れています。ただし、断熱効率の場合は、R 値が大きいため、R15 の方が R13 よりも優れています。

2×4壁のR値とは何ですか?

2×4 壁の R 値は R15 または R13 です。多くの壁には 2×4 の間柱があります。一方、現代の壁は 0.5 インチ小さいものもあります。このような場合には、比較的薄いR13防音材を使用することができます。

R値が高いほど防音効果が高いのでしょうか?

R値が高ければ高いほど防音効果が高いわけではありません。代わりに、より高い R 値は、寒い季節に材料が断熱または熱を保持する能力を示します。ただし、既存の断熱材を防音効果の高い素材で補強することはできます。

防音に最適な断熱材はどれ?

グラスファイバー断熱材は防音に最適です。また、耐火性もあるので、お住まいの地域の防音材に関する規制に準拠しやすくなります。代替品としてポリウレタンフォームスプレーを使用することもできます。

最終的な考え

R値は、求める断熱材や防音材の種類によって異なります。最高の防音効果を得るには、価格に関係なく万能素材である R49 を使用してください。

情報源

類似の投稿