誰にもあなたの声が聞こえないように部屋を防音にする方法

多くの人が騒音の遮断に苦労しており、生活水準に影響を与えています。部屋を防音にする理由が何であれ、正しく行うことが重要です。ニーズに応じて、部屋を防音にする方法はたくさんあります。

部屋を誰にも聞こえないように防音するには、壁、床、天井、ドア、窓に防音の 4 つの要素を組み込む必要があります。

部屋のこれらのセクションが 防音対策済み、吸収パネル、防音カーテンの使用を検討してください。、防音環境をさらに強化するためのパッド付きラグ。

部屋を防音にして、誰にもあなたの声が聞こえないようにします

ご覧のとおり、部屋を完全に防音にする簡単な解決策はありません。これを正しく行うには、失望しないように十分かつ詳細な調査を行う必要があります。この記事では、部屋を完全に防音するための最も重要な方法について説明します。

防音効果を発揮するには、特定の要素の適切なバランスが必要です。具体的な防音対策に入る前に、防音の基本的な考え方を理解する必要があります。

チェックアウト: 部屋に音が出入りするのを防ぐ方法

防音の基本

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音対策は確かに多くの知識と経験が必要な仕事です。ただし、ニーズを定義し、利用可能なオプションについて理解したら、防音工事は非常に簡単になります。

作業を開始する前に、消去したいサウンドを検出することが重要です。たとえば、上階の隣人の足音に悩んでいる場合、家庭の騒音に対処するときと同じ対策を適用することはありません。場合によっては、音源を扱う方が、音源を構築するよりもはるかに簡単で安価になる場合があります。 完全防音室.

ただし、誰にも自分の声が聞こえないように防音室を作りたい場合は、他の簡単な防音手順と組み合わせて、いくつかの高度な対策を進める必要があります。このようなスタジオタイプの部屋を作成したり、 ホームシアター 決して安くはありません。

音は多くの表面で反射します。一方で、音は乾式壁の薄い層を通過しやすく、通気口でエコーを引き起こし、ガラスを通過する可能性があります。

これを説明する最も簡単な方法は、ドアが 1 インチ開いたときと完全に閉じたときの違いに気づくことです。壁や天井も同様です。

違いは、これらの穴を修復して補修することは、ドアを閉めるよりもはるかに大きな作業であるということです。

防音の基本要素は次の 4 つです。

  • デカップリング
  • 吸収
  • 質量
  • ダンピング

作りたい防音環境を実現するには、これらの要素を適切に組み合わせることが不可欠です。たとえば、他の 3 つの要素を含めなければ、壁を分離するだけでは十分ではありません。

通常、防音環境を構築する際、ほとんどの人は質量の重要性を見落としています。このような隔離された部屋が必要な場合、卵箱やフォームなどの材料は十分な解決策ではありません。これは、これらの素材が軽量であり、音を止めるために必要な適切な物理的障壁を提供しないためです。

ただし、卵箱はその独特の形状により、 部屋のエコーを軽減します。同じことが当てはまります 防音フォーム 同じように。質量は、壁が通常のように簡単に振動するのを防ぐため、重要な要素です。

これらの要素について詳しくなく、さらに詳しく知りたい場合は、必ずこちらを参照してください。 リンク 作業を進める前にさらに調査を行ってください。

防音室を作成するときは、空気伝播音や衝撃音に対処することを理解しておくことが重要です。これらのサウンドはそれぞれ独自の方法でユニークです。

空気伝播騒音は空気中を伝わる音であることに注意してください。つまり、音楽、映画、犬の鳴き声、会話はすべてこのサウンド カテゴリに含まれます。

一方、衝撃音は物体が表面に接触することによって発生します。踏みつけたり、飛び跳ねたり、物を落としたりすると、 衝撃音.

ご覧のとおり、部屋を完全に防音にするのは非常に骨の折れる仕事です。そして、それを一度に一歩ずつ進めるのが最善です。ただし、これらの防音環境を構築するには費用がかかる場合があるため、DIY で対策を検討してください。

さらに、部屋を防音するための最良の方法をいくつか検討します。

部屋を防音にして誰にも聞こえないようにする方法

防音環境を作成するときは、上で説明した重要な情報を常に覚えておく必要があります。

誰にもあなたの声が聞こえない部屋を作りたいということを念頭に置いて、まずは基本的な対策から始めて、その後、防音室の追加の手順を追加していきます。

以下に挙げる方法は防音室の基礎となります。それぞれに特定の役割があり、無視してはなりません。

これらの各手順には相応の費用が必要ですが、十分なスキルがあれば、一部の作業を DIY で行うこともできます。

壁を防音にする

防音壁

私の詳細を読んでください 防音壁のご案内.

遮音壁は部屋の重要な部分です。防音の4つの要素を取り入れて、防音工事は細心の注意を払って行う必要があります。

部屋の防音工事を専門家に依頼する場合とDIYで行う場合では、使用する材料や製品が若干異なる場合があります。いずれにしても、壁は適切に分離され、質量があり、吸収および減衰能力を備えている必要があります。

もちろん、私たちのほとんどは部屋を一から建てたり、既存の壁を完全に再構築したりすることはできません。ただし、完全な防音室を作成したい場合は、多少の改造工事が必要です。

まず、部屋の両側にある既存の乾式壁を取り除く必要があります。その後、スタッドフレーム間のキャビティスペースを断熱材で充填します。これは通常、グラスファイバーを使用して行われます。グラスファイバーは素晴らしい仕事をします 吸収する 壁を通して伝わる音波。

切り離す あなたの壁、使ってください 弾力性のあるチャネル。それらは壁の間柱に取り付けられ、乾式壁層をフレームから切り離します。これにより、壁とフレームの間に隙間ができ、振動が構造物に直接伝わるのを防ぎます。

次のステップは乾式壁を取り付けることです。さらに追加するには 質量、サウンド付きの乾式壁を 2 層配置できます。 減衰 Green Glue などの中間の化合物。壁の断熱性をさらに高めるには、次の層を追加します。 MLV (大量にロードされたビニール)。この材料を追加すると、壁の吸収能力が向上し、防音室の断熱性がさらに高まります。

これは 1 つのオプションにすぎないことに留意してください。もう1つは使用することです 防音石膏パネル 通常、MLV がすでにインストールされています。ただし、これらのボードは安価ではありません。特別に設計されたものを使用して作成されています 防音材.

最後に、潜在的なエアギャップを音響コーキングで密閉することを忘れないでください。このステップは見落とされることがありますが、特に空気伝播音を低減するためには非常に重要です。

ご覧のとおり、壁を適切に防音するには、間違いなく大規模な再建作業が必要な作業です。ただし、防音環境には不可欠な部分です。

床の防音対策

私の詳細を読んでください 防音床のご案内.

この手順は、防音室が部屋の真上にある場合に特に重要です。 階下の隣人。しかし、どちらにしても、床を適切に遮音することは部屋の重要な部分です。すでに述べたように、部屋に弱点があってはなりません。

床を扱う場合は、衝撃音による振動を最小限に抑えることが特に重要です。床を正しく防音するには、再構築作業が必要になります。

床の防音工事は、既存の床材と下地床材を剥がすことで行われます。その後、根太の間にグラスファイバーや吸音ミネラルウールなどの断熱材を追加します。

床を下地床で覆うときは、その上に吸音ゴムの下敷きを追加することを検討してください。次に、さらに別の下地床層を追加します。 吸音下地.

床を仕上げるには、床全体をカーペットで覆うことを検討してください。そうすることで、床にさらに吸収層が追加されます。

このような作業に慣れていない場合は、専門家に依頼するのが良い選択肢になります。また、専門家はこれらの手順を少し変更して、別の製品を使用する場合があります。しかし、重要なのは4つの防音要素を組み込むことです。

天井を防音にする

天井防音

防音天井に関する私の詳細なガイドをお読みください。

床と同様に、天井も適切に断熱されていない場合、音が侵入しやすいルートになる可能性があります。上階に隣人がいる場合、隣人による衝撃音が防音環境に大きな影響を与える可能性があります。

このため、天井を適切に防音することが重要です。天井の再構築は専門家に依頼したほうがよい作業であることを覚えておいてください。ただし、天井の防音の原理は壁に使用される原理と似ています。

既存の乾式壁天井を取り外した後、根太の間に断熱材を追加します。その後、ジョイストに弾性チャンネルを取り付け、新しい乾式壁天井を配置します。

天井に制振要素を追加するには、Green Glue コンパウンドを間に挟んだ 2 つの乾式壁層を使用することを検討してください。天井を湿らせるだけでなく、質量も増加します。

専門家の中には、振動をより良く吸収する新しいジョイストの設置を推奨する人もいます。ただし、ジョイストを追加すると、部屋のスペースが失われます。反対側では、音の通過に対する保護層がさらに追加されます。

天井と床を適切に断熱すると、断熱効果が高まります。 STC (音響透過クラス)レベルは70以上で防音室に最適です。

ドアを防音にする

部屋を防音にするラグ

ドアは防音性を考えると大きな問題となります。通常は空洞であるだけでなく、端にも隙間があり、最も大きな隙間は底部にあり、これらの隙間から騒音が漏れます。

新しいソリッドコアドアに投資するか、既存のドアを防音にすることで、部屋の遮音性がさらに高まります。ドアが適切な遮音性を備えていない場合、これまでに行った他の防音工事が無意味になってしまう可能性があるため、これは非常に重要です。

この問題に対する最善の解決策は、中空ドアを中実ドアに交換することです。音楽スタジオなどで使われるプロ仕様の防音ドアの購入も検討してみてはいかがでしょうか。これらのドアは、ドアとして最高の遮音性を提供する高品質の素材で作られています。

そのようなドアを入手する可能性がない場合は、既存のドアを防音する他の方法があります。

ドアを防音にする低コストの方法を探している場合は、ドアに質量を追加し、音漏れの可能性がある隙間を塞ぐ必要があります。ドアから音が漏れる最も顕著な隙間は、下部の隙間です。

ドアを重くするには、ドアにMDFボードを固定することを検討してください。それは間違いなく違いを生むでしょう。また、間に MLV レイヤーを追加することも検討してください。そうすることで、ドアに吸収要素が追加されます。

下部のドアの隙間を覆うには、厚いゴム ストリップが付いた商用グレードの掃除機を使用します。防音効果に加えて、ほこりやその他の粒子が部屋の外に侵入するのを防ぎます。

部屋のドアがドア枠に対して十分にしっかりと閉まらないことに気付いた場合は、発泡ウェザーストリップで側面を密閉することを検討してください。

ウェザーストリップは、予算内でドアや窓の防音工事が必要な場合に最適なオプションです。非常に使いやすいため、人々も気に入っています。あなたがする必要があるのは、ドアの隙間の周りの剥離材を剥がして貼り付けるだけです。

これでも十分な遮音性が得られない場合は、防音層を追加する必要があります。ドアに厚手のカーテンを追加することを検討してください。

部屋から漏れる音を吸収し、部屋の防音性を確保します。ただし、これは審美的に最良の選択肢ではない可能性があります。それは確かに仕事をします。

この DIY 方法は、適切な防音ドアほどの効果はありません。したがって、防音環境に疑問を持ちたくない場合は、防音ドアへの投資を検討してください。これらのドアに加えて、次のこともできます。 防音カーテン 余分な吸収のために。

防音窓

私の詳細を読んでください 防音窓のご案内.

部屋の防音対策を計画するとき、人々は窓を見落としがちです。窓もドアと同じように、窓枠と窓自体の間に隙間がある場合があります。これらの隙間をウェザーストリップで覆うだけでは不十分な場合は、音響コーキングで側面をシールすることを検討してください。

窓を扱うのは確かに大変な作業です。窓の周りの隙間をすべて埋めた後でも、部屋の内外に音が漏れる場合があります。この場合、さらなる保護が必要になる可能性があります。

窓の防音対策に最適なオプションは、ウィンドウインサートを使用することです。窓インサートは透明なガラス板で、場合によってはアクリル板で、既存の窓の内側に取り付けることができます。そうすることで、ガラスの間に気密シールが形成され、騒音漏れが 50% 減少します。

このような窓ガラスは、窓を開ける必要があるときに簡単に取り外せるように設計されています。

部屋の遮音性に重大な影響を与える可能性があるため、防音カーテンを追加することをお勧めします。ダークカラーなのでホームシアタールームにもぴったりです。

徹底的にやりたい場合は、古い窓を新しい二重ガラスに交換することを検討してください。ただし、これらの窓口は安くないため、これには多額の資金が必要になります。

追加の防音対策

すでにリストした方法に加えて、次の手順が使用されます。これらの手順だけでは、誰にもあなたの声が聞こえない部屋を作るほど大きな違いは生じないことに注意してください。ただし、部屋の防音性能に良い影響を与える可能性があることは間違いありません。

吸音パネル

すでに述べたように、ノイズは硬い表面から最もよく反射されます。音の反射を防ぐための優れたアイデアは、壁、天井、ドアを柔らかいもので覆い、部屋の音があまり反射しないようにすることです。

吸音パネルはさまざまな素材(フォーム、ミネラルウールなど)から作られています。これらのパネルは、他の音の侵入を防ぐというよりも、音を部屋から出さないようにすることを目的としています。

薄いマイラーの穴あき表面を備えたグラスファイバー製のパネルを検討することをお勧めします。これらは顧客から最高の評価を受けており、適切なサービスを提供します。 吸音性 レベル。

これらのパネルを壁や天井に設置すると、部屋の音響性能が向上します。これは、ホームシアタールームを構築している場合に特に重要です。

防音カーテン

すでに述べたように、防音カーテンは窓の断熱をさらに高めるための優れたオプションです。部屋の他の表面に音が触れる前に、音を和らげて吸収する働きがあります。

重さは約 15 ポンド (窓のサイズによって異なります) で、壁または窓のトリムに直接置きます。このようにして、不要な音を遮断し、外側に戻します。

ラグとパッド

床を適切に断熱する機能がない場合は、ラグや防音パッドを使用することが優れた選択肢です。

ラグの特殊な構造が衝撃音をしっかり吸収してくれます。これは、ファイバー内に音波を閉じ込めることによって行われます。つまり、ラグは厚ければ厚いほど良いのです。

下にパッドの層を置くことで、床への吸収力がさらに高まります。これらのパッドは、ゴム粉、スポンジ、ポリウレタンフォームなどの材料から作られています。

床がすでに防音されている場合でも、パッドの下敷きと一緒にラグを使用すると、部屋の防音性がさらに高まります。

類似の投稿