部屋の防音工事にかかる(実際の)費用 – 詳細な内訳

騒がしい近所に住んでいる場合、特に音楽やその他の種類のオーディオを録音しようとしている場合は、部屋を防音にすることが最善策です。費用は部屋の広さ、材質、労力、そしてもちろん近隣の状況によって異なります。

部屋の防音工事には $300 から $ 45,000 の費用がかかります。平均して、$1000 ~ $ 3000 は、適度に防音された部屋を提供します。費用をかければかけるほど、防音性能は向上します。

部屋の防音工事にかかる費用

次のセクションでは、費用について詳しく説明します。予算が限られている場合に、より安価に部屋を防音する方法も紹介します。

部屋の防音費用: 内訳

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

部屋の防音とは、質量を増やすことです。目的は、空洞部分をパッドし、すべての開口部を密閉することです。防音したい部屋の部分によって必要な資材の費用が異なります。

天井

天井の防音材が最も高価です。使用できる素材には、吸音フォーム、テクスチャード ペイント、大量充填ビニールなどがあります。別の天井を建てることに決める人もいます。

  • 音響泡 パネルあたりのコストは約 $15 ~ $120 です。
  • テクスチャーペイント 費用は約 $250 ~ $350 です。
  • 大量にロードされたビニール 天井の裏地に使用できます。最大 50 平方フィートの場合、約 $100 ~ $200 で購入できます。

より詳しい記事を作成しましたので、 天井の防音費用 チェックしてみてください。

城壁

防音壁の材料はそれほど高価ではありません。 

  • 乾式壁: $10 ~ $60 のドライウォールを 1 枚あたり検索できます。乾式壁の層をさらに追加すると、騒音が軽減されます。
  • 防音フォーム: 防音フォームはスタジオで人気があり、美しさを高めるためにさまざまな色があります。防音フォームの範囲は平方フィートあたり $1.50 ~ $5 です。
  • 吸音パネル: 吸音パネルの価格はサイズに応じて $8 ~ $12 です。

についてさらに詳しい記事を作成しました 防音壁にかかる費用 チェックしてみてください。

フロア

床の防音工事の主な目的は、衝撃音や振動の影響を軽減することです。床の防音対策としてはラグとカーペットが最適ですが、他にもいくつかの選択肢があります。

  • 吹き付け遮音材:吹き付け遮音材で床に設置すると音を遮断します。インストールするには $40 ~ $200 かかります。
  • 緑色の接着剤: グリーングルーは多目的に使用できる防音接着剤です。天井、壁、床、その他住宅部分の防音に使用されます。 28 オンスあたり約 $15 ~ $30 の費用がかかります。

窓は部屋に音が出入りする主な経路の 1 つであるため、防音対策を忘れないでください。

  • 音響コーキング: すべての開口部をコーキングして密閉します。 窓の周り。 $15 ~ $100 で購入できます。
  • 防音カーテン: 騒音や日光を遮断するために、ビニールやベルベットなどの厚手のカーテン、または遮光カーテンを使用する必要があります。これらのカーテンの価格は $100 ~ $450 です。
  • ウィンドウインサート: インサートは優れたノイズ低減素材です。価格は $250 ~ $500 です。インサートはカスタマイズ可能で、ウィンドウの元の外観を歪めることなく溶け込みます。
  • 防音窓: 窓を防音窓に変更すると、最大 80% の騒音を低減できます。価格は $125 ~ $2750 です。
  • 防音窓プラグ: 窓枠の側面に沿って防音窓プラグが取り付けられています。価格は $25 ~ $75 です。
  • ウィンドウシールキット: ウィンドウシールキットは約$20~$80で入手できます。 

より包括的なガイドは、 ここ.

ドア

防音ドアは、ちょっとした変更からドアの交換まで多岐にわたります。ここでは、ドアの防音アイデアとその費用をいくつか紹介します。

  • 防音ブランケット:ドアの上に防音ブランケットを敷くことができます。この追加レイヤーを追加すると、ノイズが抑制されます。価格は $300 ~ $500 です。
  • ウェザーストリップ: ウェザーストリップは窓の境界をシールするのに最適な方法です。料金は$35~$90です。
  • 大量にロードされたビニール: マスロードビニールはドアに使用される多目的防音材です。料金は$100~$200です。
  • 吸音パネルドア:パネルドアの価格は$100~$300となります。
  • 防音ドア: 中空ドアを中実ドアや防音ドアに交換できます。 $150 から $4000 までの幅広い範囲があります。

防音に代わる安価な代替品

これらのオプションの中には高価なものもありますが、大金を掛けずに部屋の防音対策は可能です。部屋を防音にするための経済的なDIYアイデアをいくつか紹介します。

  • 家具の位置を変更する:すでに部屋に家具があるかもしれないので、これは難しいことではありません。まずは家具の移動から始めます 壁に近い、室内装飾品、本棚、ドレッサー、ワードローブなど。壁から入ってくる音を吸収します。家具が柔らかくて厚いほど、吸収能力が高くなります。
  • 本棚を本でいっぱいにし、ワードローブを洋服でいっぱいにしましょう。充実しているほど、 より多くの音を吸収します.
  • カーペットに下敷きを追加する:部屋の床には厚いカーペットを敷いてください。ただし、床を敷く前に下敷きを敷いてください。下敷きは吸音効果があります。
  • 気を散らす音を使用する: バックグラウンドソングを再生して、周囲の騒音から気を紛らわせましょう。優れたステレオを使用すると、雨や風、または穏やかな音楽を聴くことができ、心を忙しく保つことができます。
  • 毛布を使用します。 防音毛布が手に入らない場合は、普通の毛布でも大丈夫です。毛布が重ければ重いほど、より多くの音を吸収します。壁、ドア、窓、その他の場所を厚い毛布で覆いましょう。
  • ファン速度を上げる: すでにファンがいるはずです。速度を上げると、悪い空気を吹き飛ばすだけでなく、外部の騒音を抑制する新たな制御された騒音も発生します。

チェックアウトすることもできます 部屋を安くDIYで防音する – 簡単なハウツーガイド

部屋を防音にしなければならない理由

外部騒音の発生源は、車、建設工事、騒音の隣近所、バーなど、無限にあります。防音工事により外部騒音が軽減され、多くのメリットが得られます。

  • 静かな: 防音の部屋はより静かで平和です。
  • より良い睡眠: 平和な環境にいると、眠りにつくのがより簡単で楽しくなります。眠りから目覚めるような不快な騒音はありません。
  • 集中力の向上: 防音の部屋は気が散りにくくなり、仕事に集中できます。
  • プレステージ: 防音の家はより価値があり、高級感があります。さらに快適です。

結論

部屋の防音工事の費用は、材質、場所、労力によって異なります。持続的かつ実質的な効果を望む場合は、予算を増やして高品質の材料を購入する必要があります。

ただし、投資する準備ができていない場合は、部屋の騒音吸収性を向上させるために実行できるヒントがいくつかあります。

費用はかかりますが、部屋の防音工事にはそれだけの価値があります。ぐっすり眠れるようになり、集中力が高まります。あなたの部屋が安息の地になります。

類似の投稿