部屋の仕切りは音を遮断しますか?

騒々しい隣人や気を散らす大きな騒音が生活の中で大きな迷惑であることは周知の事実であり、部屋を防音にすることはこれを軽減し、生活の質を大幅に向上させる優れた方法です。これは、オープンスペースに住んで仕事をしている場合に特に当てはまります。部屋の仕切りは、視線を排除するだけでなく、近くにいる他の人の音をかき消す目的でよく使用されます。

部屋の仕切り 遮断するのに役立ちます いくつかの (すべてではありません) サウンド それらは人と騒音源との間に障壁を作るからです。とはいえ、すべての部屋の間仕切りが防音目的で特別に作られているわけではないため、部屋の間仕切りの素材によっては、他の間仕切りほど効果的ではない可能性があります。

部屋の仕切りで音を遮断しましょう

騒音を軽減したい場合は、間仕切りが非常に便利です ファミリールーム、教室、オフィススペースなどのエリアでただし、すべての部屋の仕切りがうまくいくわけではありません。この記事では、間仕切りの上手な使い方、間仕切りの種類、防音効果が高いのはどれなのか、設置方法などを解説します。

部屋の仕切りの最適な用途

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

部屋の仕切りにはさまざまな用途や目的があり、購入されます。当然のことですが、間仕切りには非常に多くの種類があり、あらゆる形やサイズがあるため、多くの創造的な方法や新しい方法で使用されているのを見てきました。私たちが思いつかない間仕切りの使い方もたくさんありそうです!

部屋の仕切りを購入して活用できる理由は 1 つだけではないことは明らかです。設置は難しくないため、1 つの部屋の間仕切りは寿命が長く、長期間にわたりさまざまな目的に機能します。

ただし、今日は主に、部屋の間仕切りとして最も人気のあるアプリケーションのいくつかを見ていきます。これらには次のようなものがあります。

  • あなたと騒音源との間に部屋の仕切りを置くことで、すぐ近くの騒音を遮断します。
  • 1 つのベッドルームを複数のベッドルームに分割することで、スペースが限られている場合でもプライバシーを確保できます。
  • 壁を立てるだけで光やその他の視覚的なものを遮断する
  • 物置や散らかった場所など、他人に見られたくないスペースを隠します。

これらは、ルームディバイダーが使用され、使用されてきた多くの用途のうちのほんの一部にすぎません。前述したように、私たちはこれらの製品の用途のほんの表面をなぞっただけです。

間仕切りの一般的な用途については理解できたので、次に、購入できるさまざまなタイプの間仕切りのいくつかを見てみましょう。

さまざまなタイプの間仕切り

ほとんどの人が使用する部屋の間仕切りには主に 2 つのタイプがあります。

  1. カーテン、そして
  2. 折りたたみ可能なパネル。

この記事では、カーテンについてのみ説明します。これは、折りたたみ可能なパネルがあるためです。 しない 視覚を遮断することのみを目的としているため、音を遮断するのに役立ちます。構造の性質上、防音効果はありません。通常、部屋の高さ全体を覆うことはなく、カーテンと同じ方法で取り付けることはできません。

したがって、部屋の間仕切りで音を遮断したい場合は、カーテンを購入する必要があります。これらにはさまざまなサイズ、価格、素材があり、他のものよりも音を遮断する能力がはるかに優れているものもあります。

間仕切りの価格は大きく異なり、カーテン 1 セットに数百または数千の費用がかかる場合があることに注意してください。これはすべて、どこから入手するか、カーテンのサイズ、素材によって異なります。カーテンに使用されている素材だけからコストを概算することさえ非常に困難です。

カーテンの部屋の仕切りに使用される最も一般的な素材のいくつかを見てみましょう。

ポリエステル

部屋の間仕切りカーテンに関しては、ポリエステルが最もよく使用されている生地と思われますが、それには十分な理由があります。見た目も良く、価格もそれほど高くなく、(他のものほどではありませんが)防音効果もあります。

他の生地と同様に、この素材は音を軽減するだけでなく、軽量でもあります。実際の生地の厚さにもよりますが、ポリエステル製のカーテンにはかなりの価値があります。

コットン

綿も部屋の間仕切りカーテンによく使用される素材です。ポリエステルと同様、それほど高価ではなく(ただし若干高価ですが)、同様の防音性と遮光性を備えています。

カーテンが綿の層で作られることは珍しいことではありません そして ポリエステル – このように複数の層で作られたカーテンは、1層のカーテンよりも防音性が高くなります。

断熱マイクロファイバー

断熱マイクロファイバーで作られたカーテンもいくつかありますが、素材が非常に厚いため、通常は「サーマル」として販売されます。断熱マイクロファイバーで作られたカーテンは、太陽光の多くを遮断し、家の断熱に役立つだけでなく、多くの騒音も遮断します。

断熱マイクロファイバーカーテンは非常に厚く効果的であるため、綿やポリエステルのカーテンと比較してより高価になることが予想されます。

間仕切りに使用される最も人気のある 3 つの素材を説明したので、次にどれが防音に最適であるかを説明します。

防音に最適な間仕切り

先ほど挙げた 3 つの素材のうち、間仕切り カーテン 断熱マイクロファイバーで作られており、最高の防音機能を備えています。

これは、素材が非常に断熱性と断熱性に優れているためであり、これらのカーテンはポリエステルや綿のカーテンよりもはるかに優れた騒音を軽減するのに十分な厚さと重量があることを意味します。

カーテンを購入したら、サードパーティに取り付けを依頼する必要がある場合があります。これにかかる費用を見てみましょう。

間仕切りの設置

ハンガーを壁に取り付けるのに必要な工具やスキルがない場合は、ゼネコンや便利屋の助けが必要になる場合があります。幸いなことに、これは比較的簡単な作業なので、それほど時間はかからないと思われます。 時間当たりの人件費はかなり高額になる可能性がある.

便利屋やゼネコンの場合、時給は下限で $15 から $100 以上になりますが、平均は $60 ~ $65 程度です。部屋の間仕切りを取り付けるこの作業には、平均して 1 ~ 3 時間かかります。

結論

オープンスペースや共用エリアに届く騒音の一部を遮断したい場合は、あまりお金をかけずに間仕切りカーテンを使用するのが最適な方法です。他のより侵襲的で高価なオプションほど効果的ではありませんが、部屋の間仕切りの利点は設置の容易さです。

部屋の間仕切りカーテンに関して言えば、防音目的に最適なものは断熱繊維で作られたカーテンです。これらの場合、材料費として (少なくとも) 数百ドル、インストールには 1 時間あたり $15 ~ $65 かかり、1 ~ 3 時間かかる場合があります。

情報源

類似の投稿