部屋に音が出入りするのを防ぐ方法

部屋に音が出入りするのを防ぐ、または止めるには、多くの状況で防音対策が必要です。たとえば、集合住宅に住んでいて、常に騒々しい隣人と付き合っていることに気づくかもしれません (あるいは、実際に自分が騒々しい隣人である可能性もあります)。

あるいは、現在不動産を改装中で、利便性を考えて防音対策が常に頭の中にあるかもしれません。

結局のところ、部屋の防音性は次のとおりです。 4つの要素: 質量、デカップリング、吸収、および減衰。 この記事では、これらの要素については詳しく説明しませんが、ここにリストされているテクニックはすべて、それらの要素を組み合わせて使用しています。

可能な限り最高の仕事をしたい場合は、できるだけ多くの要素を使用しますが、防音工事は安価なプロジェクトではないため、設定した予算は必ず守るようにしてください。

音が部屋に出入りするのを防ぐ方法

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

ここでは、部屋に音が入ったり出たりするのを防ぐ最も役立つ方法をいくつか紹介します。

  • 部屋の弱点を特定する
  • 窓を防音にする
  • ドアを防音にする
  • 壁、床、天井を防音する
  • 防音通気口
  • 隙間を密閉して空気中の音漏れを防ぐ
  • 防音バッフルや防音カーテンなどを利用する
部屋に音が出入りするのを防ぐ

部屋の弱点を特定する

どの部屋にも音の出入りに関して弱点があり、通常は隙間が存在するエリアです。

部屋の中で最も明らかな弱点は窓とドアですが、正しく設置されていないと床も弱点になる可能性があります。

あまり目立たない弱点の 1 つは乾式壁間の接合部であり、部屋を改装する場合、これは最初に対処する必要がある箇所の 1 つです。

ウィンドウズ

窓からの音が出入りするのを防ぐ究極の方法をお探しの場合、最善のステップは、窓を完全に取り外して、隙間を乾式壁で埋めることです。ただし、これは常にオプションであるとは限りません。特に部屋に自然光を取り入れたい場合は、次のヒントを試してください。

  • まだお持ちでない場合は、Windows を UPVC にアップグレードすることを検討してください。 UPVC はガラスよりも吸音特性がはるかに優れており、より優れた断熱性を提供するように設計されていますが、同じ理論の多くが遮音性にも適用されます。
  • UPVC を買う余裕がない場合は、必ず二重窓を使用してください。これらは 2 枚のガラスで構成されており、中央に空気層があり、音が通過するための別の層ができています。
  • 最も重要な手順の 1 つは、窓枠の周囲の亀裂を防音シーラントで密閉することです。隙間や亀裂は騒音公害の主な原因の 1 つですが、部屋の防音工事では見落とされがちです。吸音シーラントは通常のコーキング材とは異なり、柔軟性が保たれるため、時間が経っても反ったりひび割れたりする可能性が低くなります。

私の記事を読んでください 防音窓 同じためのさまざまなテクニックについて説明します。

ドア

防音性を重視する場合、最終的には部屋から取り除くことができる窓とは異なり、常に少なくとも 1 枚のドアが必要です。このため、部屋への音の侵入や部屋からの音の流出を防ぐという点では深刻な弱点となり、その方法をより創造的にする必要があることを意味します。

ドアの機能が制限されているため、ドアを防音するときにデカップリングなどの防音技術を使用することはほとんど不可能です。結局のところ、ドアは開閉する必要があります。代わりに、質量の原理に頼って、非常に重いドアを取り付ける必要があります。 ドアが重ければ重いほど、より多くの音を吸収します。

ドアの素材についても考える価値があります。密度の高い素材はより多くの音を吸収するため、同じ論理がここにも当てはまります。金属は以上のものを吸収します 木材、しかし明らかに重くて高価です。

この目的のために設計されたドアは存在しますが、高価であり、自分でできる以上のものはありません。

どのような種類のドアを取り付けたかに関係なく、ドア周囲の隙間に対処することでより大きな成功を収めることができます。

騒音公害は、ドア周囲の隙間やドアフレーム周囲の隙間から侵入および流出する可能性があります。防音シーラントを使用して隙間や亀裂に対処しますが、ドア枠にはさらに多くの作業が必要です。

このジョブにはさまざまなオプションが利用可能です。単純に隙間を埋める防音シーラントテープを購入することも、より永続的な方法を使用することもできます。

取り付けられたドアシールは高価ですが、騒音公害をブロックする効果もはるかに優れています。オンラインで購入するのは非常に簡単ですが、取り付けは自分で行う必要があります。

私の記事を読んでください 防音ドア 同じためのさまざまなテクニックについて説明します。

壁、床、天井の防音対策

部屋の主要な弱点を特定して治療したら、次はより大きな空間に対処します。壁と天井はほぼ同じ方法で防音できますが、床は少し異なる方法が必要です。

壁や天井の場合は、質量を増やすだけで済みます。これを行う最も簡単な方法は、乾式壁の層をもう 1 層追加し、2 つの層の間に十分な断熱材があることを確認することです。

乾式壁を追加すると、質量が増加するため、部屋に出入りする音が妨げられます。

乾式壁の層をわざわざ追加する場合は、必ずデカップリング マウントを使用してください。これは基本的に、2 層の乾式壁をそれぞれのマウントに取り付けることを意味します。これにより、壁を通る音波の振動が防止されます。

のような製品を使用することも価値があります。 緑の接着剤、防音プロジェクトのために特別に設計された製品です。

緑色の接着剤を重ねます (下の画像を参照してください)を壁の内側に当てると、音波が熱に変わります。これは音の減衰に役立ち、あらゆる防音プロジェクトの効果を大幅に向上させます。私のを読んでください Green Glueの詳細記事.

半戸建て住宅間の防音対策

乾式壁を設置した後は、窓やドアと同様に、パネル間の隙間を防音シーラントで確実に密閉してください。

防音床の場合、質量を増やすことは必ずしも簡単ではありません。

乾式壁とは異なり、既存の床を覆いたくない場合があります。ただし、床を剥がしても構わない場合は、断熱材の層を追加すると、騒音公害に大きな違いが生じます。

そのような永続的な調整をしたくない場合は、重いカーペットやラグを敷くと、それほど大きな変化ではありませんが、違いが生じます。

防音通気孔

防音に関して、部屋の中で最も見落とされがちな場所の 1 つは、通気口です。

HVAC システムは、音波がオープンスペースを非常に伝わりやすいため、騒音公害の主な原因となる可能性があります。これに、HVAC システムが外部に通じていること、および使用されている主な素材が原因で、音漏れが大きな問題となります。

では、音の侵入や漏れを防ぐにはどうすればよいでしょうか。 空調システム?

フレキシブルパイプを使用する

標準的な HVC システムでは多くの場合、剛性の高い金属ダクトが使用されており、これにより音波が簡単に跳ね返ったりエコーしたりすることができます。ただし、フレキシブルダクトに置き換えると、音がダクトに沿って伝わりにくくなります。また、より柔軟な素材は、多くの場合、音の減衰に優れています。

私のガイドを読んでください 防音通気孔.

隙間を塞ぐ

部屋の他の部分と同様に、HVAC の通気口の周りの隙間をふさぐことから始めるとよいでしょう。

システムの動作方法により、振動が HVAC システムに伝わることは珍しくありませんが、この影響は音響シーラントによって軽減できます。通気口の周りにこれを適用すると、壁に伝わる振動が止まります。

防音複合材を設置する

防音複合材料は事実上、非常に密度の高い材料であるため、そこを通過するあらゆる騒音公害を吸収します。

可能であれば、通気口をこれらの材料で内張りすると、ダクトを通過する騒音公害が少なくなるため効果的です。

サウンドバッフル

サウンドバッフル 入った音が漏れないように設計されています。これは、音波を閉じ込める迷路のような構造を利用して行われます。

これらのいずれかを HVAC ダクトに取り付けると、通気口に出入りする騒音が止まりますが、見た目はあまり魅力的ではないかもしれません。

その他のオプション

ここでの提案は広範であり、システムのほとんどの側面をカバーしていますが、 防音が必要な部屋、 まだ説明されていない方法が他にもいくつかあります。これらの方法は効果の尺度では劣りますが、特に予算が限られている場合には、試してみる価値はあります。

防音カーテン

買えるのに、 特別な防音カーテン, これらはかなり高価になる可能性があります。より費用対効果の高いオプションは、厚手のカーテンを使用することです。

繰り返しますが、これは音波を妨害するためにより多くの質量を追加することに基づいているため、重いほど優れています。ベルベットのカーテンはこれに特に効果的です。

私のを読んでください 購入ガイド 防音カーテンの上に。

ウェザーストリッピング

これらは断熱性を向上させるように設計されていますが、騒音公害に対しても同様に効果があります。

ウェザーストリッピング 屋外のドアや窓用ですが、屋内のドアにも設置しても問題ありません。これらは、ドアや窓の周りの隙間を埋めるという点で、前述のドアシールとよく似た働きをします。

結論

部屋に音が出入りするのを防ぐ最も簡単な方法は、隙間を塞ぐことです。これには時間がかかりますが、それだけの価値は十分にあります。ただし、プロジェクトに費やすお金が多ければ多いほど、より良い仕事ができるようになります。

ただし、卵パックや音響フォームは効果的な方法ではないことを覚えておいてください。 部屋の防音.

私のものをチェックしてください おすすめ商品 防音対策に。また、この記事が気に入った場合は、共有することを忘れないでください。

こちらもお読みください: バルコニーからの交通騒音を軽減する方法

類似の投稿