ドラム用の部屋を防音にする方法:ドラムを静かに演奏するための 7 つのヒント

周囲に人がいない僻地に住んでいない限り、いつでも遠慮なくドラムを演奏することはおそらく不可能でしょう。

隣人との友好的な関係を維持しながらドラムを演奏したい場合は、自分の出す騒音が隣人に聞こえないようにする方法を見つける必要があります。 

近所の人にドラムの音を聞かないようにする方法

こちらもお読みください: 防音ドラム小屋の構築ガイド

近所の人にドラムの音を聞かないようにする方法

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

隣人にドラムの音を聞かせないようにするための 7 つのヒントを次に示します。

  1. プロの防音設備に投資しましょう。
  2. 音漏れを遮断します。
  3. プレイするのに適切な場所を選択してください。
  4. ドラムミュートとシンバルパッドを入手してください。
  5. 音を吸収するためにカーペットや毛布を使用してください。
  6. エレクトリックドラムの演奏を考えてみましょう。
  7. ドラムスティックをホットロッドまたはブラシに交換します。

ジャムセッションを楽しみながら、隣人と調和して暮らすためのヒントをさらに詳しく見てみましょう。 

1. プロの防音設備に投資する

余裕があれば、練習室を防音にすることで、ドラムの音を確実に抑えることができます。プロの防音工事はすぐに解決できるものではなく、通常は床、天井、壁の改修が必要になります。

シートロックをより密度の高いものに交換する必要があります 吸収性素材。別のオプションは、部屋の中に部屋を構築することです。これにより、音波が最初に減衰されることなく、家の他の部分や隣の家に接続されている壁に伝わるのを防ぎます。 

以来 プロの防音 これは時間と費用がかかるプロセスです。熱心なドラマーで、長期的にドラマーに取り組む場合にのみ検討してください。グランジ期を迎えているティーンエイジャーのために防音室を建てると、数か月後にドラム演奏はもう自分には向いていないと判断したときに不満を抱くことになるでしょう。 

部屋を完全に変えたくない場合は、いくつかを戦略的に配置します。 防音パネル 壁に置くだけで大きな違いが生まれます。すべての音を遮断するわけではありませんが、確実に軽減されます。

2.音漏れを遮断

音漏れは部屋の小さな隙間であり、そこから音が漏れて周囲の人に伝わります。ドアと床の間の隙間、密閉されていない窓、その他の小さな隙間から音が漏れる可能性があることを考えてください。これらはどの家庭にも標準的な設備ですが、ドラムを演奏するときにこれらの隙間を塞ぐことは、ドラムの音を抑えるのに非常に役立ちます。

床とドアの隙間、窓や壁の隙間にマットや丸めたタオルを敷くことで隙間をふさぐことができます。 

3. プレイに適した場所を選ぶ

ドラムを演奏する場所は、近所の人にどの程度聞こえるかに影響します。持っている場合は、 地下室または屋根裏部屋、理想的な場所になるはずです。

地面は自然に音を遮断し、伝わる音量を下げるため、地下室は最適です。窓があまりない屋根裏部屋でも音は閉じ込められ、通常は音があまり問題にならない程度に遠くにあります。 

屋根裏部屋や地下室がない場合は、窓がない部屋、または窓ができるだけ少ない部屋でドラムを演奏してください。

理想的には、プレイしている部屋と隣の部屋の間に部屋がある必要があります。間に空気が多くなると、伝わる騒音が少なくなります。階下に隣人がいるアパートに住んでいる場合は、下に伝わる音の音量を最小限に抑えるためにドラムを表彰台または台の上に置きます。 

4. ドラムミュートとシンバルパッドを入手する

キック、スネア、タム、シンバルに合わせて特別なサイズのドラムミュートパッドを購入できます。ミュートパッドをオンにしてドラムの練習をするのはそれほど楽しいものではありませんが、音をかき消して周囲に迷惑をかけずに演奏できる簡単かつ効率的な方法です。 

5. カーペットや毛布を使って音を吸収する

練習室を半防音にする安価な方法は、厚いカーペットと毛布を使用することです。床には分厚い毛むくじゃらのラグや毛布を置き、壁には厚手の毛布を貼り付けます。

これは決して見た目に美しいものではありませんが、周囲の家に音が届くのを効果的に防ぎます。 

ドラムの上に厚い毛布を敷くこともできます。使用するブランケットの数が多いほど、音をかき消す効果は高くなりますが、テクニックを練習するのはより困難になります。 

6. エレクトリックドラムの演奏を検討する

多くのドラマーは、エレクトリックドラムの演奏はアコースティックドラムの演奏と同じような本格的な体験ができないと感じているかもしれません。しかし、エレクトリックドラムは音量を調整することができ、ヘッドセットを装着して演奏すると、誰にも聞こえずに好きなだけ音量を上げることができます。 

電子ドラムの方が高価だと思われるかもしれませんが、よく調べてください。様々なオプションをご用意しておりますので、お得なセットをご用意しております。標準のスネア、タム、キック、シンバルの組み合わせに加えて、追加サウンドなどの追加機能が付属しているものもあります。

7. ドラムスティックをホットロッドまたはブラシに交換する

ドラマーであれば、おそらく使い慣れたドラムスティックのセットを持っているでしょうが、これらのドラムスティックは非常に大きな音を発する可能性もあります。ドラムセットのノイズを軽減したい場合は、ドラムブラシを使用してみてください。ドラムブラシでドラムを叩くと出る音は、キビキビとした明るい音です。

あるいは、ホットロッドドラムスティックを使用することもできます。通常のスティックよりも柔らかいですが、ブラシよりも音が大きくなります。

さまざまなスティックを使用することの素晴らしい点は、隣人を満足させながら、さまざまなサウンドを作成し、テクニックを変化させることができることです。 

最終的な考え

熱心なドラマーとその隣人は調和して共存できます。ドラム演奏への情熱を諦める必要はありませんが、騒音レベルを抑えるために少し調整を加えると効果的です。

自分でできることとしては、専門的に防音環境を作るか、毛布やカーペットを使って騒音をかき消す、音漏れを遮断して音があまり漏れないようにする、窓のない部屋で遊ぶ、暖房器具を使うなどがあります。ロッドのドラムスティックやブラシ、ドラムミュートやシンバルパッドに投資してください。 

類似の投稿