車内の風切り音を6つの簡単なステップで軽減する方法

風切り音は運転中に非常に迷惑であり、会話やお気に入りの音楽を楽しむのが難しくなります。ありがたいことに、問題を解決するさまざまな方法があります。 

車内の風切り音を軽減する

車の風切り音は、発生源を特定し、すべての亀裂を塞ぎ、緩んだ窓やドアを修正し、ウィンドディフレクターを取り付け、車の防音を行うことで軽減できます。ウェザーストリップを交換または修理し、吸音窓を取り付けることもできます。 

こちらもお読みください: 車のタイヤからのロードノイズを軽減する方法

車の風切り音を減らす方法

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

このような経験がある場合でも、心配しないでください。解決策はあります。次のセクションでは、それを詳しく説明します。

1. ノイズの発生源を見つける

車内の風切り音を軽減するための最初のステップは、騒音源を見つけることです。これは 2 つの方法のいずれかで実行できます。

1 つ目の方法は、車をさまざまな速度レベルで高速道路でドライブすることです。他のすべての騒音源を遮断し、窓、ドア、サンルーフをすべて閉めてください。どこからか聞こえる甲高い音に注意してください。 

運転とリスニングに同時に集中できない場合は、友人を連れて騒音を聞いてもらうことを検討してください。 

2 番目の方法では空気圧縮を使用します。この方法では車を運転する必要はありません。友人の助けを借りた後、車の中に座り、エアコンプレッサーを使って外側から車の中に空気を強制的に入れてもらうように友人に頼みます。次に、ノイズがどこから発生しているかを聞いて感じることができます。

2.すべての亀裂をシールする

ほんの小さな亀裂や穴からも空気が車内に入り込み、運転中に風切り音を引き起こす可能性があります。車に亀裂や穴がないか注意深く検査することで、これを防ぐことができます。 

見つかった場合は、自動車用コーキング剤またはシーラントを使用して埋めてください。 

3. 車のドアと窓の緩みを修正する

車の窓やドアが緩んでいると、しっかりと閉まりません。これにより、走行中に小さな開口部から空気が侵入し、風切り音が発生する可能性があります。  

車のドアや窓がどのくらいしっかり閉まっているかを点検し、緩んでいる部分があれば締めて修正します。 

4. ウインドディフレクターを取り付ける

車にウィンドディフレクターがない場合は、ウィンドディフレクターを購入してドアの上部に取り付けてください。正しいサイズの長さを購入することが重要なので、事前に車のドアの両側の長さを測定してください。 

以下の手順に従えば、ウィンドディフレクターを簡単に取り付けることができます。

  • ウインドディフレクターのシールを剥がします。そうすると粘着部分が見えてきます。
  • 車の上部に取り付けますr.気泡が入らないように慎重に貼り付けてください。 
  • 有効性をテストする。ドアと窓を閉めて車に座って、ウインドディフレクターの違いを体験してください。   
  • ウェザーストリップの交換または修理

車の風切り音のもう 1 つの原因は、ウェザーストリップの破損、緩み、または磨耗です。車のウェザーストリップが塗布されている部分を検査した後、交換する必要があるか、または再度接着して修正できるかを判断します。ありがたいことに、新しいウェザーストリップを購入するのはそれほど高価ではありません。   

5.標準窓を吸音窓に置き換える

車の風切り音の原因が薄い窓または低品質の窓にあると思われる場合は、吸音窓に交換することを検討してください。これらは音響ビニールで構成される二重層のガラスです。ビニールには音を吸収する役割があり、この簡単な変更により、走行時の風切り音をブロックします。

6. 車の防音対策

運転中に車内の風やその他の騒音が気になる場合は、車の防音対策を検討してください。車の防音オプションが利用可能です。 

  • 消音スプレー: 消音スプレー 他の防音素材では到達できない狭い隠れた領域に到達することができます。車をコーティングし、空気が入り込む可能性のある小さな亀裂やへこみをカバーします。 
  • 消音マット: 防音マットは自動車ユーザーの間で広く普及しています。車の床にマットを敷くと、音や振動を吸収してくれます。
  • 減衰: 車のドアパネル、屋根、床などをコーティングします。 消音材。この製品は音や振動を吸収します。

車内の風切り音の原因

風切り音が車に入る原因としては、次のようなことが考えられます。 

  • ウェザーストリップの擦り切れまたは緩み: 使い古されたウェザーストリップ 車内への空気の侵入を遮断する能力が失われます。逆に接着保持が弱まって緩んでしまったり、破れが生じている可能性もございます。 
  • 錆びたり破損した自動車部品: 一部の自動車部品には、風雨や以前の事故によりへこみや錆がある場合があります。これらの開口部は、どんなに小さくても空気が入り込む可能性があります。
  • 窓またはサンルーフを開けてください: 窓を閉めたり、サンルーフを開いたりすると、運転がさらに楽しくなります。ただし、これらは空気の巨大な吸入口であるため、迷惑な風切り音が発生する可能性があります。
  • 単層ウィンドウ: 防音窓ではない窓は、完全に空気に抵抗する能力が限られています。 
  • 車のドアの修理が不十分: 過去に車のドアを交換したことがある場合は、はんだ付けが盛り上がっている可能性があります。この膨らみにより車のドアが完全に閉まらなくなり、車内の空気が自由に移動して騒音が発生します。
  • 高速での運転:速度が上がると風切り音が大きくなり、空気圧も高くなります。これが起こると、車の通気口は車内に集中する空気の量を制御できなくなり、空気は別の場所を通過しようとします。 
  • 車のメーカーと形状: 車が小さければ小さいほど、対処しなければならない騒音は少なくなります。 SUV やトラックなどの大型車は前部がより目立つため、空気音や風切り音の問題がより多く発生します。
  • 荒れた天気:強風や荒天では空気の強度が増すため、風切り音が発生することがあります。
  • 通気口に溜まったゴミ: 車のエアコン吹き出し口は時間の経過とともに汚れが蓄積し、異音が発生することがあります。 

結論

運転中に風切り音が煩わしい場合がありますが、次の方法で風切り音の強さを軽減できます。 

  • ノイズの発生源を見つける
  • すべての亀裂をシールする
  • 緩んだ窓やドアを修正する
  • ウインドディフレクターの取り付け
  • ウェザーストリップの交換または修理
  • 吸音窓の設置
  • 車の防音対策

上記の方法を使用すると、車内の風切り音の問題はなくなるはずです。 

類似の投稿