遮音綿は騒音を吸収しますか?

綿にはさまざまな用途があり、衣類、タオル、コーヒーフィルターなどに利用されています。ご存知ないかもしれませんが、綿は吸音製品の製造にも使用されています。しかし、綿は優れた吸音材なのでしょうか?

綿は音をよく吸収します。コットンは多孔質で繊維状であるため、音を繊維内に閉じ込めることで音を吸収します。適切に使用すると、フォームやポリエステルなどの他の吸音材と同じくらい効果があり、断熱や騒音低減の目的でよく使用されます。

綿は多くの音を吸収しますか

この記事では、綿が音を吸収する理由と仕組みについてさらに詳しく説明し、他の綿と比較します。 防音材。防音にコットンを使用することに興味がある場合は、参考にしていただける追加のリソースもいくつか紹介します。 

こちらもお読みください: 4 天然吸音材

綿はどのようにして音を吸収するのでしょうか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

綿は多孔質な素材なので音を吸収します。音響エネルギーは毛穴の開口部に入り、綿の中で跳ね返り、素材の側面を引きずります。これにより、音が熱エネルギーに変換されるため、最終的に振動が鈍くなり、聞こえるノイズも鈍くなります。 

ただし、この綿の位置が重要になります。として 吸音性 このエネルギーを熱に変換することで機能するため、コットンの配置と遮断しようとしている音が重要になります。

音響専門家のデニス・フォーリー氏によると、「万能」な吸音材は存在せず、これについては次のビデオで説明しています。

彼は続けて、空気の振幅は部屋によって異なるため、音の速度が他の素材の有効性に異なる影響を与えるため、最適な素材の選択は設置される部屋によって異なると述べています。

それにもかかわらず、彼は綿が最も効果的であることがわかっている素材の 1 つであると述べています。結局のところ、これは繊維状で多孔質であるため、音を熱に変換できるからです。  

吸音の仕組み

遮音または吸音は非常に複雑な科学的プロセスを通じて機能しますが、簡単に言えば、吸音は音を熱に変換することによって機能します。聞こえるノイズを生み出す音響エネルギーは失われるか最小限に抑えられます。 

このプロセスについて専門家の話を聞きたい場合は、Dennis Folley が吸音について語るビデオをご覧ください。

このビデオで彼は基本的に、吸音は正確には吸音ではなく音であると述べています。 損失、音が何か新しいもの(熱)に変わり、その過程で失われます。最終的に、このプロセスには空気の動きが必要になります (これは常に発生します)。空気の動きが音を熱に変えるのに役立つからです。 

コットンと他の吸音材の比較

音は空気を透過する必要があるため、最良の吸音材は主に空気になります。他のエアリー素材とコットンとの比較を見てみましょう。 

フォーム

フォームは吸音のための一般的なオプションです。 音響泡 と綿は両方とも騒音に対して非常に効果的であることがわかっています。唯一の本当の違いは、吸音フォームパネルと同じ量を吸収するには、より多くの綿が必要になることです。 

簡単に言えば、コットンはフォームとほぼ同じ効果がありますが、同じレベルの騒音吸収を達成するにはさらに多くのものが必要になります。 

ポリエステル

ポリエステルは吸音材として使用されることがある合成素材です。ポリエステルは綿と同じように機能し、孔を通して音を吸収し、熱エネルギーに変換します。吸音製品に使用されるポリエステルは綿に似ていますが、合成繊維です。 

この製品は合成繊維であるため、均一性が高く、天然綿よりもわずかに優れた音の吸収性を示します。 

綿は吸音のために商業的に使用されていますか?

綿は効果的であり、さまざまな形で入手できるため、吸音のために商業的に使用されています。吸音を専門とする企業では通常、綿製のオプションを用意しています。これらの形式はほとんどすべて、代替品と比較して経済的であり、ノイズに対して効果的です。 

綿は断熱性と騒音軽減に使用されます

一般に、綿は断熱用に作られた製品に商業的に使用されており、綿ベースの断熱材は効果的な防音能力で知られています。 

そのような例の 1 つは次のようなオプションです フロストキング多目的断熱材 (Amazon.com で入手可能)。

リサイクルデニムから作られており、高密度な織りを生み出す丈夫な縦糸繊維で、騒音低減に最適です。実際、ある評論家は「特定の防音用途に最適である」と述べています。 

それが十分な証拠ではないとしても、この断熱材は「ニードルパンチされた綿生地よりも音を吸収する」と判断されました。 研究者 American International Journal of Contemporary Research で綿素材の吸音効果について研究しています。 

綿吸音材をDIYする方法

綿を使って自宅で吸音パネルを作ることができます。ほとんどすべての DIY の安価な防音ガイドでは、タオルを使用するよう求めています。タオルは、ご想像のとおり、綿でできていることが多いです。これらのタオルを重ねて自作の木枠に差し込みます。 

前に学んだように、十分な量のコットンが使用されていれば、フォームとコットンは同等の機能を発揮します。したがって、チュートリアルで行っているように綿を重ねると、これらの DIY パネルがフォームよりもさらに効果的になる可能性があります。 

このチュートリアル自体が、綿が実際に多くの音を吸収することを示しています。音がこの綿に浸透すると、音が毛穴全体で跳ね返り、熱エネルギーに変換されます。コットンは騒音を軽減するための素晴らしく経済的な方法であり、信じられないほど効果的であることが証明されています。 

結論

部屋を防音にするものを探している場合でも、単に綿の吸音能力に興味がある場合でも、綿は実際に大量の音を吸収することを保証します。

これが可能になるのは、空気で満たされたその孔が騒音、つまり音響エネルギーを取り込み、それが綿に沿って引きずられて音を低減するからです。結局のところ、遮音綿は防音材またはノイズキャンセリング材として優れた選択肢です。 

類似の投稿