納屋のドアは防音ですか?

納屋のドアは今大流行しており、納屋やカントリースタイルのデザインの家では魅力的な機能です。見た目もゴージャスで家の中での素晴らしいアクセントになりますが、忙しくて騒々しい家では理想的でしょうか?納屋のドアは防音ですか?

納屋のドアは防音性があり、重いです。ソリッドコアのバーンドアには、音の伝達を軽減する機能があります。納屋の引き戸はその質量にもかかわらず、防音壁として機能しない理由にはなりません。納屋のドアの周りのスペースは、防音評価が低下する場所です。

納屋のドアは防音ですか_

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

良いニュースは、納屋のドアの防音性を高め、子供やパートナーの騒音で壁を登るのを防ぐ方法があるということです。このまま読み続けてください。その前に、防音がどのように機能するかについて説明しましょう。

納屋のドアを防音するときに何を考慮する必要がありますか?

音は、短波である光とは異なり、長波で構成されており、さまざまな方法で障壁を透過するため、遮断することが困難です。音波は振動で構成されており、光とは異なり、ほとんどすべての物質的な障害物を通過できます。それは彼らが入ったときと同じくらい強く現れることができます。

音はまた、壁、開口部、金属ダクト、通気口を通って曲がったり回折したりして、部屋から部屋へと迷惑に浸透する可能性があります。納屋のドアを防音にしようとするときは、4 つの重要な要素を考慮する必要があります。

私のものをチェックしてください 防音ドアのご案内 一般的に。

質量

納屋のドアを構成する材料の密度は非常に重要です。音は密度の低い媒体を介してより速く伝わります。

納屋のドアの質量が大きいほど、家の他のエリアに伝わる音は少なくなります。納屋のドアの防音性を高める 1 つの方法は、 吸音パネル そしてドアの厚みも増します。こうすることで、残響やエコーを軽減することができます。

減衰

特定の素材は音を減衰させる効果があります。木材は多孔質であるため、音を吸収するよりも反射します。ただし、木材はその縦方向の表面に沿って音を伝導するため、この吸音は完全な減衰には程遠いです。

吸収

吸音効果により室内の反響や残響を最小限に抑え、音の反響や増幅を軽減します。木製の納屋のドアのようなしっかりとした質量は素晴らしいです 吸音性 ただし、ドアに隙間ができると、この品質が無関係になることがないように注意してください。

音漏れ

バーンドア、特にスライド式バーンドアの性質により、音の伝達のほとんどはドアではなく、その周囲の隙間によって発生します。

納屋のドアの上および周囲のすべての隙間は、美観を妨げたり機能に影響を与えたりすることなく、できる限り最善の方法で密閉する必要があります。ドアやドアの周りにある小さな穴や隙間でも、音の伝達が大幅に増加します。

納屋のドアの素材は何ですか?

バーンドアの最も人気のあるタイプは木製のドアです。 私の記事をチェックしてください 防音に最適な木材.

ただし、木材や金属、ガラスで作られた納屋のドアもあります。モダンな雰囲気を好む人にとっては残念なことに、金属は音の超伝導体であり、音波を通過させます。 21,460 km/h (13,330 マイル).

納屋のドアのコアも、音響透過クラス (STC) に影響を与える可能性があります。納屋のドアには、中空のコアまたは中実のコアがある場合があります。中空コアバーンドアは吊り下げスライドドアとして人気があり、軽量で一般に安価です。これらのドアは中空ではなく、密度を低くするために合成材料と木材の芯が入っています。

ソリッドコアバーンドアは必ずしも無垢材である必要はなく、そのコアはさまざまな材料で構成されています。ソリッドコアの質量が重ければ重いほど、遮音効果が高くなります。

納屋のドアを防音するにはどうすればよいですか?

納屋のドア

音響学では、音の伝導の良し悪しに関して、壁または表面に特定の評価または数値が与えられます。この評価はと呼ばれます STCまたは音声伝送クラス。音響伝達基準は人間の声のデシベル範囲であり、 125~4000Hz 範囲。

25 STC 一般的に 隣の部屋の静かな会話がはっきりと聞こえるほど音をよく伝えるドアのことです。無垢材または無垢芯の納屋ドアの STC は 30 ~ 35 で、隣接するスペースで大声で話し声が聞こえることになります。

この木材本来の STC は隙間によって大幅に減少するため、これらの音漏れに対処する必要があります。納屋のドアを STC 規格に準拠させるには 5 つの方法があります。

ウェザーストリップ

ウェザーストリップは、ドア、窓、車を外部の要素から密閉するプロセスです。この場合、断熱効果を加えて音の伝達を軽減することになります。

幅木を乗り越えることが多いため、壁とドアの間に隙間ができてしまいます。この音漏れスペースをなくすには、粘着ウェザーストリップを貼り付けてドアと壁の間の隙間を狭くする必要があります。これは潜在的な音漏れの範囲が長く続くため、隣接する部屋から伝わる音の違いにすでに気づいているはずです。

フォームウェザーストリップはうまく機能し、ドアに簡単に取り付けることができます。ドアの側面の隙間がある部分に上から下に塗布します。ドアの色と干渉するのが心配な場合は、さまざまな種類があるので、納屋のドアにマッチするストリップを選択できます。ドアが自由に動かせるように、必ず小さなスペースを確保してください。

納屋のドアのウェザーストリップの方法と、対象となる重要な領域を視覚的に把握したい場合は、このビデオをご覧ください。

https://youtu.be/vGj3HTrjNbc

ブラシ式ドアスイープを設置する

ドアスイープは、スムーズなスライド動作に影響を与えることなく、ドアの底部と床の間の隙間を埋めるため、納屋のドアの底部に最適です。

特大ドアを設置する

納屋のスライドドアがまだ計画段階にある場合は、必ず特大のドアを購入してください。このサイズにより、音が伝わる空隙の一部が排除されます。器用な方であれば、引き戸の内側に木の層を追加して、木と同じ色に塗装することもできます。

最高品質のハードウェアを使用する

納屋のドアを掛けるために、さらに低品質の金具を購入してコストを削減しようとしないでください。品質により、しっかりとしたグリップ感が違いを生み、音の伝達を増幅させる可能性のある揺れやぐらつきが解消されます。

移動ブランケットを掛ける

納屋のドアを防音にするそれほど抜本的ではない方法は、騒音を抑えるために移動ブランケットを掛けるためのレールを設置することです。より高品質のムービングブランケットは、グラスファイバー、大量充填ビニール、およびポリエステルで作られており、外部の騒音を消すための優れたベースとなります。

専門家を雇う

費用は高くなりますが、専門家に依頼した方がメリットがあるかもしれません。 DIY の納屋ドアの多くは見た目は問題ありませんが、ドアのカットや取り付けにわずかな違いがあると、防音機能に大きな違いが生じる可能性があります。また、ドアの中心部が無垢材であることを保証することもでき、これにより質量が増加し、防音性が向上します。

結論

納屋のドアはあなたの家の特徴になるかもしれませんが、それは読書の時間が欲しいときに隣でサッカーを見ているパートナーの声を聞かなければならないことを意味するべきではありません。納屋のドアの防音性を高め、おまけに空間を暖かく保つために使用できるオプションはたくさんあります。

類似の投稿