窓シャッターは騒音を軽減しますか?

部屋や家の中に入るときに聞こえる騒音のほとんどは窓から入ってくることがよくあります。これは通常、ほとんどの窓が防音ではなく、窓を構成する材料が音を遮断するように設計されていないためです。

特に騒々しい地域に住んでいて、部屋を防音にする必要がある場合、窓は外からの音を軽減する絶好の機会です。

窓を交換せずに防音する一般的な方法は、窓シャッターを取り付けることです。 さまざまな形やスタイルのカバーリング.

窓シャッターは、鳥のさえずり、車の通過、人々の会話などの日常騒音の一部を遮断します。窓シャッターは他のオプションほど防音効果はありませんが、より高価なオプションと比較すると、費用対効果に優れた代替品となります。

窓シャッターで騒音を軽減

窓シャッターがどの程度の音を遮断するかは、設置するシャッターの種類によって大きく異なります。どの窓シャッターを設置するかは、予算とどの程度の騒音を遮断する必要があるかに応じて完全に選択できます。さまざまな種類の窓シャッター スタイル、その価格、およびどれが最適であるかについて学びましょう。 窓を防音にする.

窓シャッターの種類

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

すべての窓シャッターはルーバーで密閉されているため、最も安価なオプションであっても、ある程度の防音効果があります。シャッターのもう 1 つの利点は、ほとんどすべての窓枠に取り付けられることです。 完全にカスタマイズ可能また、これらは単なるアドオンであるため、窓がどれだけ古くなっていても、劣化していても関係ありません。騒音を遮断するためにシャッターを追加することもできます。

部屋や家の防音を目的として設置できる窓シャッターにはさまざまな種類があります。幸いなことに、これらの窓シャッターは防音目的に効果的であることに加えて、また、 見た目にも美しいデザインつまり、自宅の装飾としても機能します。

どの窓シャッターを取り付けるかは、特定のスタイルが部屋にどのようにフィットするかに基づいて選択することもできます。これらのスタイルがどれだけ効果があるかを説明する前に、 料金 どれくらい防音なのか、購入できるさまざまなスタイルの窓シャッターをいくつか見てみましょう。

ソリッドシャッター

頑丈なシャッターは無垢材のパネルで作られているため、音を遮断するのに優れています。実際、古い時代には、これらのスタイルのシャッターは、外部の騒音を遮断するという唯一の目的でビクトリア朝の家庭で使用されていました。

という 固体 シャッターは、基本的にクローゼットのドアと同じように、引いて開く 2 つのドアであるためです。これが、泥棒を阻止し、家を断熱するために使用されてきた理由でもあります。

木製素材のおかげで、家のインテリアの様子に応じて、無垢のシャッターは見栄えがよくなります。

フルハイトシャッター

フルハイトのシャッターを使用すると、窓から取り込む光の量を選択して制御できます。フルハイトとは、シャッターに開けられない部分がないことを意味します。ソリッドシャッターと比較して、日光を楽しむ人にとっては素晴らしいオプションとなります。

このスタイルはほとんどの住宅に溶け込むクラシックなデザインで、おそらく最も人気のある窓シャッターのスタイルです。このスタイルは、インストールが最も簡単なスタイルの 1 つでもあります。

カフェ風シャッター

カフェスタイルシャッターはその名の通り、カフェやバー、レストランなどで特に人気があります。適度なレベルのプライバシーしか提供しませんが、閉じることができない開いた部分があるため、通常は他のスタイルのシャッターほど防音性がありません。

カフェスタイルのシャッターの場合、外を遮断する必要がある場合にはカーテンが必要になるでしょう。このスタイルのシャッターは他のシャッターよりも人気が低いことは確かですが、機能性よりも外観を重視して窓シャッターを選択している古い家に住む人にとっては、優れた選択肢となります。

ティア・オン・ティア・シャッター

ティア・オン・ティア・シャッターは、半分を閉じたまま半分を開けることができるため、多用途です。カフェスタイルのシャッターに似ており、一方を半分閉じ、もう一方を露出させることができます。ただし、ティアオンティアシャッターには、フルハイトシャッターやソリッドシャッターと同様に、完全に閉じることができるという利点があります。

フルハイトシャッターやソリッドシャッターほど防音性はありませんが、見た目と掃除のしやすさから、段重ねシャッターが選択されます。

窓シャッターの価格

ご想像のとおり、窓シャッターの価格は大きく異なる場合があります。窓シャッターの費用は、次のような要因によって異なります。

  • シャッターのスタイル
  • フレームとウィンドウのサイズ
  • 使用されている材料 (例: 木の種類)
  • シャッターの数

価格は異なりますが、一部のスタイルの窓シャッターは通常、他のスタイルよりも高価です。当然のことですが、窓シャッターにお金をかければかけるほど、品質は良くなり、長持ちします。

窓シャッターの一般的な価格を見てみましょう。

ソリッドシャッター

ソリッドシャッターの平均コストは約 ウィンドウごとに $200 ~ $350– この価格は木材のコストによるものです。

フルハイトシャッター

フルハイト シャッターの平均コストは、窓あたり約 $150 ~ $100 です。

カフェ風シャッター

カフェ スタイルのシャッターの平均コストは、窓 1 枚あたり約 $100 です。

ティア・オン・ティア・シャッター

ティアオンティアシャッターの平均コストは、窓あたり約 $100 です。

さまざまなスタイルの窓シャッターとその価格がわかったところで、どの窓シャッターが最適な用途に適しているかを見てみましょう。 部屋の防音.

防音に最適な窓シャッターはどれ?

一般的に使用されている4種類の窓シャッターの中で、防音性に最も優れているのがソリッドシャッターです。

先に述べたように、頑丈なシャッターはもともとビクトリア朝の家庭で騒音を遮断することだけを目的として作られました。技術の向上に伴い、シャッターは見た目が良くなっただけでなく、防音性も向上しました。

素敵な窓をお探しなら ほとんどの大きな騒音を軽減するシャッター 部屋や家の外から音が聞こえる場合は、頑丈なシャッターを最初に選択する必要があります。他のスタイルのシャッターよりも高価かもしれませんが、より良いものになります。 防音性能にはお金をかける価値がある.

すべてのシャッター スタイルと同様、ソリッド シャッターは窓に簡単に取り付けることができ、ほとんどのサイズの窓枠に適合します。このスタイルの窓シャッターを構成する無垢材のパネルは、入ってくる音のほとんどを軽減するのに驚くほど効果的ですが、ほとんどの住宅、特に木の色の色合いとよく合うインテリアによく似合います。

結論

窓があると、外からの騒音が部屋や家にたくさん入ってきます。特に、窓がない人はそうでしょう。 防音窓。部屋の防音化が生活の質に大きな違いをもたらすと考えている場合は、窓シャッターを追加することが効果的な方法です。

窓シャッターの 4 つの最も人気のあるスタイル (ソリッド、フルハイト、カフェ スタイル、ティア オン ティア) の中で、カフェ スタイルとティア オン ティアが最も安価です。しかし、部屋の中に入る騒音をできるだけ減らしたいのであれば、頑丈なシャッターが最良の選択肢です。

情報源

類似の投稿